船最前線ブログ

〈林〉僕のマルイカ備忘録

毎年カワハギシーズンが一段落する年明けの頃より便りが聞こえてくるマルイカ。カワハギはギアを落としながらスローダウン、マルイカに乗り換え水温の上昇と共にシフトアップして行きます。
カワハギ→マルイカとタックルをチェンジする時、半年位時間が経っている訳で、そんな中、僕なりのマルイカ備忘録をまとめてみました。

先ずは竿とリールですが、この時期は100mオーバーの水深になることもあり、シーボーグ150Jなどの小型電動リールをAGS-Aに、それよりも浅い水深用にと、手巻きのミリオネアにはAGS-Aより柔軟なAGS-Fをセットします。
 

150216_060734.jpg

 

PEラインは今年からメガセンサー12ブレイドの0.8号を、電動のシーボーグには最低200m、ミリオネアには100mは巻いておきたいところです。
PEラインには予め、ラインシステムでフロロカーボンの5号をリーダーとして(結ぶではなく摩擦で)結節し、1~1.5m程取っておきます。
リールを竿にセットし、リーダーをガイドに通し、トップガイドから出たリーダーには、パワーサルカンを取り付けた快適イカフックを結び、余ったヒゲを編み付け、ヒゲを残さずにカットしておきます。このイカフックに、仕掛けの1番上のスッテを直結で取り付けることになります。

 150220_084440.jpg

 

仕掛けは基本6本スッテ仕様ですが、状況により7本に増やしたり5本に減らしたりもいたします。
直結の場合は、スッテの前にはイカフック、カンナ部にはケイムラビーズを使ってループを作り、カンナの半分に引っ掛け絞り込み固定します。この仕掛けの仕組みは永田さんの発案によるもので、直結⇔直ブラをワンタッチで使い分けでき、僕も使わせていただいております。 

 150220_084601.jpg

 

カンナ部は、ビーズが抜けないように8の字結びでコブを作り引き締めます。

150220_084631.jpg

 

僕はイカフックの直前に、やはり8の字結びでコブを2つ、隣接させて作っています。

150220_084641.jpg

 

直結⇒直ブラにするには、先ずはカンナ部で絞り込んだループを弛めてスッテ上方に。

150220_084704.jpg

 

そして、イカフック前方の2つのコブの間でループを引き絞めれば直ブラとなり、引き締めたループはコブとコブの間しか移動しないので、オマツリ時等、引き締めたループ部が大きく幹糸を移動することは無くなります。

150220_084835.jpg

 

枝間を深場では1m、浅場になってくると80cmほどとし5~7本スッテ仕様とし、最後にはシンカー脱落させることなくを取り付けるための、ヨリモドシを介したスプリットリングを取り付け完成となります。
深場ではドラゴンシンカーTGの60~40号を、浅場では30号位も使います。

 150220_084543.jpg

 

 

出来上がった仕掛けは、スプリットリングと、次の仕掛けの最上部となるループをジョイントさせ数組、大径の空きスプールに、スッテはセットしない状態で巻き込み収納しています。

150220_085236.jpg

 

イカ釣り特有の道具である投入器は、全てのスッテを直ブラにすることも想定し6本を使っています。 

 150216_093054.jpg

 

その他忘れやすいものに、スッテにイカのスミが付いてしまった際に取り去る歯ブラシ。カンナの先がめくれ加減になったり、鈍くなったりしてときに手直しするシャープナー。船縁にスッテを並べる為に敷くマットなどがあります。
また、電動リールを使う際は、ロッドキーパーもあると便利だと思います。

 

以上、僕のマルイカ忘備録でした。

 150216_063549.jpg

 

 

| | コメント(0)

<文>マルイカ釣りの基本って?

マルイカ釣りをした事がある方は、

穂先に出る微妙なアタリで合せることを知っているだろう。

慣れないうちは、アタリが見えない事も!

一生懸命にアタリを見ようとして、集中するのだが、

これは釣り手が船の上でやっていることである。

水中ではスッテにマルイカが抱き付いているのだから、

もっと大きくアタリが出て良いのではないかと考えた事がある人は居るかな?

実際に水中では、スッテを抱くときスッテはかなり動くのだが、

船上の竿先には微妙な動きしか見られない。

なぜ?

PEの抵抗が、アタリを消しているためである。

試しに、PE3号で同じ仕掛け、同じオモリでやって見てください。

潮の流れなどの抵抗がアタリを消しているのです。

なぜ、ライトタックルが発展しているのか?

それは今までのPEより細いものが使えるようになったからです。

強度が増して、細い糸軽いオモリを使えるから、ライトタックルで、

太い糸のままオモリを軽くしても釣りになりません。

現在のマルイカ釣りに置いてはかなり細いPEを使うようになりました。

それもいろいろな抵抗を減らすためで、0.8~1号のPEでマルイカ釣りをしています。

10930025_1519479844982044_3018391017031375721_n.jpg

ダイワ船最前線の宣伝ブログと感じるかもしれませんが、

使ってみると分かると思いますよ!

ツルツルな表面は、潮の抵抗を受けにくく、

アタリの阻害が少ないのです。

リールからの糸の出も、べたつきがなくスムーズで速い。

着底即乗りには強い味方です。

最近はどの釣り物のPEも細くなってきています。

強度が増しているからです。

極端な物は別ですが、細くて表面処理が良く抵抗が減れば、

釣り手に有利になるのは誰でもわかる事でしょう。

12ブレイドは、勧めたいPEです。

それなら、16本、20本のが良いのか?

1本の太さ×12本で号数が決まります。

、本数を増やせば増やすほど1本が細くなります。

号数の小さい物は現状ではこれがベストだと感じます。

船釣りでは、垂直に糸が立っているわけでは無く、

潮に押されてたわんだ状態なんだから、

真っ直ぐになればなるほど敏感に穂先に表現が伝わってくるでしょう。

マルイカシーズン始まります?始まってます。

楽しく、マルイカ釣りをしましょう。

港であったら是非声を掛けてください。

 

 

 

| | コメント(0)

<宮>初マルイカ

2月28日(土)
17時30分〜
TV東京系列
ザ・フィッシング

『(仮)今年も盛り上がるぞ!マルイカ釣り!』

ロケ、無事終了いたしました!

シーズンスタートに先駆け、一足お先の取材でしたが、乗合スタート当初はかなり良かったものの、ここ数日ほんとうに低調で、ロケ自体成立も危ぶまれる不安もありました。

が、蓋を開けてみれば、ご覧の通り!(2人分の釣果)

 船長や同船メンバーのご協力のおかげを持ちまして、いい番組ができそうです。
高槻くんの繊細な誘いテクニックは必見ですよ!!

 

注目のヒットスッテは!
鉄板のケイムラハダカ、ピンクハダカ、まっちゃはもちろんのこと、今年の新色、ギョクロとライトブルー(通称ラムネ)は引けを取らずいい仕事してくれます。


 

今年もたくさんの新製品スッテカラーが発売されていますが、ダイワのこの新色2色は一軍ローテーション入り太鼓判押せるカラーです。

是非お試しくださいませ!

| | コメント(0)

〈林〉自作の仕掛けで価値ある1枚を! 第2回 カワハギ仕掛け作り教室 & 懇親会

 先月のカワハギ仕掛け作り教室 & 懇親会に引き続き、2月14日(土)に第2回目の仕掛け作り教室を開催いたしました。
今回お集まりいただいたのは12名様。釣り教室でお知り合いになった方やそのお友達方々、奥様が「自分で作った仕掛けでカワハギを釣ってみたい!」と、ご夫婦でご参加された方もいらっしゃいました。

仕掛け作り教室は、主に居酒屋さんの小上りを貸し切りにしていただき行っています
僕オリジナルの4個のフックビーズを使った、根掛りしてもPEラインを高切れさせないよう、ウイークポイントを持たせたカワハギ仕掛けの作成法を詳細に記したレシピをお配りし、それに沿って質疑応答を随時お受けしながら仕掛け作りをいたします。
この仕掛けの利点をご理解いただき、ご自分でお作りになる際の勘所、コツをお持ち帰りいただいております
概ね1時間半ほど仕掛け作り教室を行い、その後は懇親会(飲み会)をしております。

21240240_2075993606_102large.jpg

 

仕掛け作り教室では最初に、仕掛けの使用法、特徴を、実際の仕掛けを使って解説させていただきます。
最初にそれをご理解いただくことにより仕掛け作りの勘所が明確となり、その後僕が皆さまの前で実際に仕掛けを作る時により深く制作工程をご覧いただけると共に、いざご自分で仕掛けを作る時の大きな糧となると考えております。

また、仕掛け作り教室が始まると、ご参加の皆さんの眼差しは僕の手元に集中します。
自宅で仕掛けを作る時とは全く違ったシチュエーションのこと、毎回ながら気持を落ち着かせようとする反面、適度な緊張からくる高揚感とが交差しながらの進行なのです。

仕掛け作り教室は、随時ご質問をお受けしながら進めて参ります。
今回はこんなご質問をいただきました。
「幹糸にフックビーズを結びコブを作って止める時、8の字結びで止めれば、作った仕掛けは直線的になるが、一重結びの場合は結び目毎に『くの字』に曲った仕掛けになってしまいますよね。その辺りはりょうさん、どのようにお考えですか?」
「りょうさんは、ワンタッチシンカーのような中オモリを多用するようですが、集寄などを仕掛けの上部に取り付けた場合、この仕掛けをどのように使えば良いですか?」
「仕掛け上部の幹糸の長さを決める時、編付けを3セットとありますが、3セット編付ける意味は?」
「ケミホタル取り付け用の誘導式のエダスを幹糸から出す場合、エダスを強く結んで誘導させると幹糸が傷んでしまうんですよ。その結び加減はどれくらいですか?」
等々、かなり細部に分け入ったご質問もいただきました。

そんな「真剣な」仕掛け作り教室、1時間半はあっという間なのです!
その後は「楽しく、楽しく!」の懇親会です。皆さん中ジョッキを持ち「カンパ~~~イ!」と、渇いた喉にビールを流し込みニコニコです!!

 150214_165831.jpg

 

左より、マラソンランナーでもある伊藤さん。伊藤さんのお友達の津田さん。消防士の佐藤さん。 

 150214_172640.jpg

佐藤さんからは、自らが主宰するフィシング・サークル「TURI TOMO 」のステッカーを皆さんにいただきました。ありがとうございました。

 150215_122825.jpg

鈴木さんとはお知り合いになってからもう4年位でしょうか、初めて飲みましたね! ジョッキを(竿も)握る姿が似合うね~、ゴウちゃん。遠方よりありがとうございました、猪股さん。 

 150214_172652.jpg

初恋屋さん名物の刺し身盛り、これが3盛り、ドド~~ンと皆さんの前に! 美味しい刺身に舌鼓を打ちながら、杯を重ねながら、楽しい夜は続いて行きます。

10445514_527479684059845_6263184784201785738_n.jpg

つり情報さんで掲載された僕の記事を、スクラップしたファイルを持ってきてくれた冨永さん、たいへん嬉しかったです! カワハギだけでなく、タチウオ釣りも得意な三上さん。 

 150214_172702.jpg山崎 規夫さん、真由美さんはご夫婦でのご参加、「手作りの仕掛けでカワハギを釣ってみたい」とは真由美さん。 

 150214_172712.jpg

当日はバレンタインデーでもありました。真由美さんから皆さんに、嬉しいチョコレートのプレゼントです!

150214_180431.jpg

真由美さん、ありがとうございました!

150214_180519.jpg

夏にはタコ釣りに行きましたね~、松永さん。同じ職場でお友達の嵯城さん。 

 150214_172721.jpg

 

飲み進めているうちに「そうそうりょうさん、こういった時はどうすれば・・・」等々、やはり鋭いご質問をお受けする時もあり、その時ばかりはグラスを置いて酔った頭をフル回転! 過去の引き出しを開けまくりで対応させていただいております(汗・苦笑) 

 10945570_638905836243368_9155922788564583669_n.jpg

 

僕は時々席をかえながら、皆さんからの釣り談義に耳を傾けます。時には真剣に、また時にはスベッタ、コロンダと大笑いしながら、楽しい時は過ぎて行きます・・・ 

 1795519_638978176236134_6779758373962452708_n.jpg

 11001851_1529791837284178_8978919283905074799_n.jpgのサムネール画像10346101_638935802907038_4702623933936439138_n.jpg

 

17時頃から22時半位まで、短めの乗合船位の時間飲み、話しましたでしょうか。楽しい初恋屋さんでのひと時は沖上りの時間を迎えました。
最後にお店の前でパチリ! 皆さん良い表情です。 

 150214_225127.jpg

 

「でも、もうちょっと呑りましょうか?」と、午後船・・・、いや、2次会へ突入! 「では、ちょこっとだけね」と、 楽しい夜の再燃です!!

 150214_230323.jpg

 


真剣な仕掛け作り教室、その後の懇親会も時折真剣な釣りの話題が飛び出しました。 

いや~、飲みました、そしてしゃべりましたね~! ご参加の皆様、今後の釣行にお役に立つことはありましたでしょか?

今後も仕掛け作り教室 & 懇親会も、釣り教室同様続けて行こうと思っております。よろしくお願い致します。
 

 150214_232018.jpgのサムネール画像

 

追記

このブログを書いている今は、仕掛け作り教室翌日の15日(日)、16時を過ぎたところです。
上の写真の三上さんより、「今浅草釣具さんに来ています。昨日の教室で、仕掛け作りに必要なパーツを買い求めにきました」とご連絡をいただきました。
 

また、山崎さんからは、真由美さんが仕掛け作りをしている写真をお送りいただきました。
 

10994747_465763246905167_1823889923_n.jpg


頑張って、真由美さん! ご自分でお作りになった仕掛けで、価値ある1枚を釣って下さい。応援しております。

不肖講師ではありますが、心より嬉しい限りでございます。ありがとうございます。

 

 

| | コメント(0)

<湯>相模湾サイド マルイカ!長井・小見山丸さんより

2月14日は、三浦市長井の小見山丸さんへ行ってきました!

亀城根の状況など、気になっていました。

亀城根が目の前に位置し、南下すれば諸磯~城ケ島、

西へ行けば、葉山~江の島、烏帽子沖と

マルイカ釣りの拠点として魅力ある長井港です。

 

昨日からの、西風が未だ吹いていましたが、

凪る予報に期待し、やや海悪い中、出船となりました!

DSC_122.jpg

亀城根では80メーターラインで何度か仕掛けを

入れますが、マルイカからの応答なし、です。。。

少々南下し、小網代沖の深場も探索するも

反応とぼしく、時間だけが過ぎていきました。

約2時間半、船長も我々も頑張りましたが、

船中マルイカ1ハイのみ。(私はこの時点でゼロでした)

10時前に、茅ヶ崎沖でマルイカの模様が良い、との情報入り

すでに向かっている僚船とともに、烏帽子岩沖へ大移動しました!

DSC_133.jpg

約40分走り、烏帽子沖へ到着!僚船も集結しています!

DSC_144.jpg

直ぐに反応に当り、ブッコミから乗りっぷり上々でした!

おまけに、型揃いで、船中一気に盛り上がりました!

DSC_177.jpg

ロッドは、極鋭マルイカAGS MH147Aをメインに使用しました!

DSC_166.jpg

型揃いなので、烏帽子での序盤は、MD48スッテをメインに使用しました!

ケイムラ系を軸に、パープルイエローギョクロの赤ヘッドが活躍しました。

活性ある反応故に、動いているのか、出来て2、3回でしたが、

外れ流しがほとんどなく、ダブル、時にトリプルなど交えて

船中まんべんなく釣れました!

終盤は良い凪で、ポカポカ陽気に!

DSC_155.jpg

終盤はやや叩かれてしまったせいか、触り少なくなり

スッテもMD43Sなど取りいれました。パープルは良かったですね!

最終スッテはこんな感じでした。

DSC_188.jpg

型も良く、活性もあり、新群れでしょうか

今日は、烏帽子沖がマルイカ最前線でした!

釣果は、31ハイ 良型に恵まれました!

DSC_199.jpg

同船いただいた皆さんも、バッチリ楽しんでおられました^^

DSC_191.jpg

DSC_192.jpg

今シーズンの開幕模様をみていると、日によりムラはあるものの

各エリアにまんべんなくマルイカが来ている印象を受けます。

また、本来この時期は水深100~120位がメインですが、

今年は、80メーター前後がすでにメインです!

楽しいですよ!^^

今日は、沖で友人や船長さんにもお会いできて楽しい一日でした!^^

小見山船長 前半厳しいスタートでしたが、後半巻き返しで

楽しませていただき、有難うございました!

まだまだ始まったばかり、これからも楽しみですね!

IMG_20150214.jpg

DSC_194.jpg

 

| | コメント(0)
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。