船最前線ブログ

<萱>2015年始動!

 2015年初釣りに松輪港 一義丸さんから行ってきました。

宿でご挨拶を済ませ港に行くと偶然、成銀丸さんに乗船の新さんにお会いしました。

2015.1.3_001_R.JPG

今回のメンバーは、釣友の仁さんと東のメンタルトレーナーの3名。

21号船の左舷胴の間に前から仁さん、メンタルトレーナー、ワタシの順で並びました。

2015.1.3_002_R.JPG

出船前、2015年の釣行も安全にできるようにお願いしました。

2015.1.3_003_R.JPG

朝日が気持ちよく、最高の釣日和!

2015.1.3_004_R.JPG 2015.1.3_005_R.JPG2015.1.3_015_R.JPG

ポイントは、剣崎沖の水深40m前後から始めました。活性は低く、ウネリもかなり高くて釣り難かったです。しかし、左となりの方がおとなしい縦の釣で3連チャン。魚は、いますが誘いが合わないと食ってこない感じで難しかったです。

しばらくして、少し浅い水深30m前後のポイントに移動。すると良いポイントに入ったようで、船中あちらこちらで竿が曲がり、剣崎サイズの良型の心地よい引きをみなさん楽しまれていました。

2015.1.3_006_R.JPG 2015.1.3_007_R.JPG

ワタシも今年最初のカワハギをゲット!

2015.1.3_008_R.jpg

その後は、船中ポツポツ上がる感じでしたが、時にはダブルやビックサイズも顔を出しました。

ダブルお見事!

2015.1.3_010_R.JPG

ナイスビックサイズ!

2015.1.3_011_R.JPG

メンタルトレーナーも前半は、調子がつかめず、おとなしくしていたのですが、後半調子を上げると、口撃も絶好調になり、ワタシのメンタルは、ボロボロ・・・釣果もボロボロ。

時には、ダブルなのだからドヤ顔をしろと要求されました()

2015.1.3_014_R.jpg

終了時間の1時間くらい前になると、少し活性が上がったのか、船中バタバタと上がりだし盛り上がりました。

2015.1.3_013_R.JPG

親子でカワハギ釣りいいですね~!娘さんも自力でカワハギをゲット!素晴らしいです(^^)

2015.1.3_012_R.JPG

 結果 トップ仁さんで16枚 城ケ島沖に行っていた別船のトップ24枚。 

このところ、ワタシは、調子が悪くトンネルから抜け出せませんが、天候も良く、みんなでワイワイと楽しい初釣りとなりました。

一義丸スタッフのみなさんお世話になりました。

 

 

| | コメント(0)

<文>あけまして初釣りfです!

DCF00113.JPG

 

あけましておめでとうございます

こちらから出船しました。

小網代、丸十丸です。

DCF00115.JPG

早掛け賞なんかあったりして、ワイワイ楽しんで来ました。

乗合なのに、知り合いばかりで楽しい初釣行でした。

DCF00119.JPG

11時過ぎまで、5対12と負けてました!

ダブルも2回あるとか?!

 

DCF00114.JPG

DCF00116.JPG
DCF00117.JPG

水温が上がってしまい、

マクラさん頑張ってました!

もう! 降参だよな~!!!

DCF00118.JPG

DCF00120.JPG

DCF00121_1.JPG

良いサイズ ゲットしました。

新年早々の釣りも楽しかった~!!

朝の気温は、マイナス1~2℃ 船の回りは凍っていました。

これからの時期デッキが凍っていることもあるでしょう!

十分注意して乗り込もうね!

朝、船に行くとまだ乗らないでくれと船長より!

海水をガンガン流していました。

氷が解けてかtら乗ってよ~!!

とのことでした。

朝晩はかなり寒いです。暖かくして楽しみましょうね!!

マルイカの模様も出てきています。

駿河湾「石花海」や、沼津では、ヤリイカがいい感じです。

こちらも楽しみです!

 

| | コメント(0)

〈林〉募金先の保育所さんからの年賀状

去年11月に行った釣りの大好きな友達の会 チャリティー釣り会(前・後編有)で集まった義援金は、仲間のお知り合いの宮城県の保育所さんへ、その後にあるクリスマスにでもお使いいただければと寄付させていただきました。

その後、「釣りの大好きな友達の会」に保育所長様より電話をいただきました。その時、メンバーに発進した内容は・・・

まずは保育所に募金が届いたことのご報告並びにお礼を所長様よりいただきました。たいへん喜んでおられました。

こちらからは、釣りの大好きな友達皆で募金した旨と、去年同様園児さん達にクリスマスプレゼントの一部としてご活用いただけるようお話しをいたしました。

また所長さんからは、高台移転の為工事をしているようなのですが、工事が思うように進まないようで、まだすぐには移転できないとのお話しや、園児さんは今年18名、来年は20名となることなどをお話し下さいました。
また、「こちらにいらっしゃるときは、是非ともお寄りください」とも言っておられました。

毎年お心づかい、大変ありがとうございます。
子どもたちのために使わせたいただいています。
皆様によろしくお伝えください。

との内容でした。

 

元旦には、年賀状も同会宛てにいただきました。

150102_091744.jpg

 

これからも続けて行ければと思っております。

 

 

| | コメント(0)

〈林〉本年もよろしくお願いいたします

2015年もスタートいたしました。今年も、皆様にお楽しみいただけるようなブログを書いて行きたいと思っております。よろしくお願いいたします。

 

さて、僕は去年、12月30日(火)に行われた宮澤さん主催の忘年カワハギで納竿となりましたが、その内容は既に堀江さん、萱沼さん、湯澤さんがほぼ網羅してアップされていますので、僕は当日のカワハギ釣りの状況について書いてみたいと思います。

僕の乗った船は庄幸丸さん。萱沼さんを含む19名乗船でした。
僕は当日、愛竿1455AIRスパルタンをメインタックルに、湾フグXエアドを試しで使ってみてたくてサブタックルとしました。

 141230_063810.jpg

萬栄丸さん、宝生丸さんと三艘立てで、勝山の港前から富山方面で展開した釣りとなりましたが、概ね水深は20m以下と、この時期としては浅い水深での釣りとなりました。

当日はおしなべてコッパが多い展開で、不意の良型を気にしつつも、コッパに標準を合わせた釣りの展開をいたしました。 

 141230_090058.jpg

 

開始はから数回の流しの内に、その日その時のパターンを絞り込んで行くですが、当日は、開始直後はアタリがあるものの、群れが固まっている様相は薄く、1枚釣っても後が続かない時が多く、複数で競って食っている感も少なかったように感じました。

最初は湾フグXの、しなやかな穂先にひときは大きく出るであろうゼロテンションのアタリを期待し、誘った後はピタッとゼロテンションを続けていると、トップガイド1個近くを動かすアタリに即アワセ! カワハギ竿に比べると錘負荷も軽く、穂持ちも柔らかな為に追いアワセを入れ1枚獲りました。
印象としては、ゼロテンション時のアタリは大きく出るものの、その柔らかさゆえのアワセのタイムラグ、掛けた時のアワセのパワーが足りない印象で、この後竿を1455に替えました(湾フグXの名誉の為に記しますが、湾フグでは秀逸な竿この上かりません)。

仕掛けでは、ハリはスピードの7号をメインとし、下バリをワイドフックの3.5号に、ハリスは2号5cm、長ハリスのタルミで、より口の奥にハリを入れる釣り方とは対極となりますが、カワハギからの僅かな挙動で掛けて行く釣りを、ゼロテンションの精度+1455の穂持ちのパワーで展開、食っては吐き出すのが早いコッパと対峙、釣り手とコッパ、どちらが早いか、前半は凪の海での神経戦でした。

基本的にはオモリ着底⇒素早く底を切り⇒「ステージ4~5」のように、仕掛けを上下に揺すりながら再度オモリ着底⇒オモリをパタパタと、しばらく揺すり、カワハギが目の前のエサを食べられないようにし⇒ピタッと止めてゼロテンション、カワハギに食う間を与える⇒直後~数秒後に、トップガイドのリング幅程のアタリ⇒即アワセ! で、コッパ~小型のカワハギの数を重ねて行きました。

 IMG_20141230_094053.jpg

ただ、左舷の舳の釣り座のこと、南西風が強く吹いてきた後半は上げ潮、潮裏となり失速してしまいましたが、最大魚の全長+枚数の忘年カワハギルールで、船中3番目となれました。

 

下船後、庄幸丸さんにご乗船の方々と。

 141230_130456.jpg

 

楽しい表彰式が終わった後、ご参加の皆さんと。 

 DSC_1479.jpg

 

去年を締めくくる、楽しい釣り会となりました。
企画いただいた宮澤さん、ありがとうございました。庄幸丸さん、萬栄丸さん、宝生丸さん、お世話になりました。
皆様、また今年1年、よろしくお願いいたします。 

 

 

 

| | コメント(0)

<萱>2014極鋭カワハギ友の会忘年OFF会

 12月30日、2014年最後の釣行。毎年恒例の忘年カワハギに参加してきました。

今回の開催は、勝山港 宝生丸さん、萬栄丸さん、庄幸丸さんの3船。参加者は57名。

ワタシは、庄幸丸さんに乗船です。

5時半に集合し受付をすませた後、釣り座抽選をして乗船しました。

DSC_0005_R.JPGDSC_0006_R.JPG

6時半出船。港前に3船集合して、宮澤さんのアナウンスでスタート!

DSC_0008_R.JPGDSC_0009_R.JPG

港の左側のポイントから流しますがイマイチ活性が悪く、本日もブラサーが健在でした()

DSC_0010_R.JPG

良いポイントに入ると、同時ヒットや良型も顔を出しました。

DSC_0012_R.JPG DSC_0014_R.JPGDSC_0019_R.JPG

9時過ぎに富浦に移動しました。こちらは小型も混じりましたが全体的に型が良く、みなさん楽しまれていました。

DSC_0027_R.JPG DSC_0020_R.JPGDSC_0021_R.JPGDSC_0023_R.JPG

りょうさん ダブルお見事!

DSC_0025_R.JPG

中でも品田さんは、空気を読まずにバシバシ掛けていました。キャストしてサビキながら叩きを入れて、マイナスに送り込んでタイミングで聞き合わせる釣り方でした。針は、飲ませ系の小針を使用していたそうです。ワタシが最も得意とするパターンの一つですが、ワタシにはぜんぜん釣れませんでした()

DSC_0022_R.JPG

終了30分前からりょうさんと一緒に検量に回り、終了時間の12時30分を迎えました。

10時過ぎから吹き始めた風で海は次第に悪くなってしまいましたが、なんとか最後までできて良かったです。

沖上がり後、庄幸丸メンバーと船長で記念写真を撮った後、対岸のプレセント交換会場に移動しました。

DSC_0029_R.JPG

宮澤さんと石塚さんの進行で交換会スタート!

DSC_0030_R.JPG

船中トップの方からプレセントを選んでいきました。

全体のトップは、「今日はユルク楽しみましょう?」と言っていたこの人です。

2014年!最後まで輝き続けました。流石です!

DSC_0031_R.JPG DSC_0032_R.JPG

船中1位

DSC_0037_R.JPG

2位

DSC_0038_R.JPG

3位

DSC_0039_R.JPG

ツッキー&五ノ井さんはお揃いの袋!

DSC_0041_R.JPG

斉藤さんは、お菓子、のり、しょう油と実用品

DSC_0044_R.JPG

リールの箱の中身は、羊さんでした~。年々巧妙なトラップが(笑)

DSC_0043_R.JPG

きんちゃん おっぱい!

DSC_0042_R.JPG

今年もあります18禁!

DSC_0045_R.JPG

輝さん 竿袋の中身は自然薯!

DSC_0046_R.JPG

宮ママは、バイアグラ?宮澤さん飲んでガンバってください()

DSC_0051_R.JPG

プレゼントは、高価なものからやや嫌がらせまで、いろいろあり盛り上がりました!

極鋭友の会スッテカーをかけてじゃんけん大会。

DSC_0047_R.JPG DSC_0048_R.JPG

最後に集合写真を撮り家路に着きました。

DSC_1479_R.jpg

山下さんいつもお土産ありがとうございます!

DSC_0052_R.JPG

ワタシの頂いたプレゼントは、矢口高雄さん直筆サイン入りカレンダーでした!

DSC_0056_R.JPG

参加のみなさんお疲れ様でした。

萬栄丸さん、宝生丸さん、庄幸丸さん、幹事のみなさん、お世話になりました。

 

船ブログをいつもご覧い頂きありがとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

萱沼昌樹

| | コメント(0)
« 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 »
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。