船最前線ブログ

前田さん記事一覧

極鋭ゲーム91実戦投入!~ 200m超のLTタックルヤリイカ

2月3日、4日と連チャンで松輪瀬戸丸からディープレンジのLT(ライトタックル)ヤリイカに出撃しました。

3日は北風強く、うねりの影響で船べりバラシを連発。
釣果的にはマズマズながら、反省点の多い釣行となりました。
取り込み時の仕掛け操作をマルイカ釣りの間合い(100cm)で覚えてしまっているため、ヤリイカ釣りでは枝間が170cmと広くなって、スムースな取り込みができないのが原因。。。凪なら誤魔化せてもシケ気味だとメッキがボロボロ剥がれました。
 

20150205 005.JPG

仲間と2人並んでバラしまくり・・・・

20150205 006.JPG

この日もミッドスティックミラー5本ヅノ。
良く乗るんですが半分くらいしか獲れなかった。

一所懸命操船してくれた昌士船長に申し訳なかったです。

と言う訳で、反省点を修正して翌4日も出撃しました。

20150205 012.JPG

この日初お目見えの貸し出し用投入器。
お客さんが作ってくれたそうです。

20150205 011.JPG

数も揃っているので、助かりますね!
ワタシも使ってみましたが、なかなか使い易かったです。

そしてこの日は極鋭ゲーム91を実戦投入。

20150205 014.JPG

前日の反省から取り込み時には硬めの竿の方が良さそうだと感じました。
141cmと言う短さゆえに仕掛けを掴むのが容易で取り回しも良く、極先調子のこの竿のアドバンテージで
バラしはゼロ!!

また期待以上の感度で200mを超える水深からのヤリイカのシグナルがビンビン!

バットパワーでフッキングもスムース。
巻き上げ途中は意外にもしっかり曲がりこんでくれて大型スルメイカのジェット噴射をもラクラクいなしてくれました。

正直、ここまでの竿だとは思いませんでした。

141cmと言う中途半端(!?)な長さは、実は永田bunさんが試作したロッドの長さが141cmだったことに由来している由。
AGSガイドとX45ブランクスを実装しESSシステムによって細部に至るまでこだわって作り込んだ、永田イズムを継承し忠実に再現したロッドだそうです。

生粋のアングラー永田bunさんが、自分の理想の竿をプロデュースした、まさに釣り人目線の一本。
それを商品化してくれたダイワスタッフの努力に敬意を表したいと思います。

ディープレンジのマルイカ釣り、外房のフグ釣りでも大活躍してくれそうですね。
楽しみになってきました!

 

20150205 019.JPG

実釣の方はと言うと、後半は入れ乗りになる時間帯もあり、220mで5連チャン!
とても楽しい釣りを満喫できました。

次の課題はLTでの多点掛け。
極鋭ゲーム91なら・・・と期待でテンション上昇中。

週末が楽しみです!

 

 

| | コメント(0)

タフコン下のLTヤリイカ

2月1日
2回目のLT(ライトタックル)ヤリイカへ。
常宿、松輪瀬戸丸から出船しました。

ポイントは、洲崎~沖の瀬の190~270m。

夜半過ぎまで北の強風が吹き荒れ、海上は大きなうねりが残っていました。
ヤリイカの活性も低く、難しい釣りに。
 

20150202 007.JPG

後半は風とうねりが収まり、活性も徐々に回復。
良型混じりでポツポツ獲れるようになったところで時間となり終了。
型の良いスルメが3割ほど混じりました。

空いていた事もあって、この日はオマツリ無し。
渋い時は微妙なアタリを捉えることができるLTのアドバンテージが活きてきます。
タフなコンディションでもアタリを捉えて掛けるLTでのヤリイカ釣りはとても楽しく、この日LTヤリイカに
初挑戦したフジノさんも楽しめたようです!

20150202 010.JPG

枝間をひとヒロ(約1.6m)取って、ミッドスティックミラー直結5本ヅノ。

いつも枝間は矢引き(1m)でやっているので、取り込みでバタバタしての船べりバラシが多発。
うねり&強風下では普段のようには行きませんでした。
 

20150202 014.JPG

うねりで小型ヤリイカのノリがイマイチ分かり辛かったです。
小型が多い時は堅めの竿の方が良かったかも?

近いうちにまたチャレンジしたいと思います。
 

 

 

 

| | コメント(0)

そこにシビれる!あこがれるゥ! ~ディープレンジでのライトタックルヤリイカに挑戦!

1月25日
常宿の松輪瀬戸丸が、このたびヤリイカ乗合船をスタート。
ライトタックルも大歓迎ですよ~!と連絡を頂いたので早速行ってきました。

水深200m以上。270m付近を攻める事もあるそうです・・・。

色々な釣りに大活躍してくれている愛機シーボーグ150JのPEライン。
何度か高切れしているので、釣行前日キャスティング寒川店へ巻き直しに。

20150125 060.JPG
副店長の高野さんにお願いして予備リールのPEラインもチェックして頂きました。
 

20150125 065.JPG

準備万端整いました!
いざ出船~♪

ポイントは洲崎沖。水深190mからスタート。

朝イチはデカイスルメの着ノリで始まりました。
その後、イカからのシグナルが遠ざかりました。

ノーマルタックルの皆さんはアタリが出にくそうでしたが、LT(ライトタックル)だとバッチリ!
ミッドスティックが良いのか? ワタシだけポツポツ取れる流しもありました。

後半は水深220-240mへ移動。
スルメメインでヤリイカ混じり。
潮が効きだすと徐々に活性も上がり、ノーマルタックルのエキスパートの皆さんが多点掛けで連チャンするようになると一気にぶっちぎられました。
 

20150125 082.JPG

 

 

それでも、コレだけ釣れれば大満足!
モタレアタリで掛ける釣りは、マルイカ釣りと同じ。
ビタ止めからデッドスローの聞き上げや、刻みながらの落とし込みで上手く掛けられると最高です!

デカいヤリイカの引きは強烈でムチャクチャ面白かったです!
やり取り中の動画 ⇒ YOUTUBE



********************************

ディープレンジのライトタックルヤリイカ。私にとっては初めて挑戦した釣りなので、考えた事、注意した事、気付いた事が色々ありました。
新しい釣りでもあり、備忘録的に書きとめておきたいと思います。
ご参考になれば幸いです。

◆前提&必須
・船宿、船長の理解、承諾が必要&大前提。
・船宿のルール厳守。釣座の指定やオモリやPEラインの号数など。
・混雑時や早潮時はノーマルタックルを使う。
・仕掛け回収(巻き上げ)の指示には速やかに従う。・・・ノーマルタックルよりも巻き上げ速度が遅いため。

◆高切れリスク対策
A)細いPEを使うため高切れを回避する。
・投入時、オマツリしないよう工夫、気を付ける。
・周りのお客さんとの良好なコミニュケーション。 = オマツリをスムースに解決するため。
・連チャン時でも毎回投入器にツノをセットしてオモリを投げるなどの工夫。

B)高切れしてしまった時の対策、準備。
・予備リールの準備。 = 高切れしてしまうとゲームオーバー。

◆高切れの要因となるオマツリ回避&対策。
・直結推奨。・・・・サバが多いとブランコはサバに食われオマツリに繋がる。
・ツノ数は5本程度までにする。

【まとめ】
自分の身は自分で守る。と言うとちょっと変?ですが、高切れ(オマツリ)回避は自分の為なので、配慮すれば、想像以上のとても楽しい釣りを堪能できると思います。
「高切れは自分持ち!」


また、数を狙いたい方にはこの釣りは向いていないと思いました。
ノーマルタックルとの比較をしたところ200mで約20秒着底が遅く、早く着底させた方が有利な釣りゆえに、数で勝負しようとしても、そもそも勝負にならないと思われるからです。
微妙なアタリをきっちり捉えて掛けることを楽しいと感じる方にはお勧めの釣りだと思います。

 

 

| | コメント(0)

肝ぱんオフ会~♪

1月11日(日)は恒例の肝ぱんオフ会でした。
準備のため、ワタシは前日から松輪入り。

元旦から体調を崩していたため、この日が2015年の初釣りとなりました。

 

20150111 065.JPG

今年も楽しい釣りができますように~!

20150111 072.JPG

富士山がキレイでした。

20150111 078.JPG

今年の一尾目~♪

終日剱崎~城ケ島エリアを攻めましたが活性はいま一つ。
それでも丁寧な釣りを心がけてポツポツ。
潮が緩かったためキラキラ集寄を潮に乗せるように操作するパターンが効果的で、丁寧に餌付けして丁寧に誘うと、口を使ってきました。

後半は宙で餌を取るようになりましたが、鈎合わせするのが億劫になってしまいアタリを出せずに終了~!

fa04628d9891f355b39381be550de737.png

 

良型は居食いパターンで鈎掛かりが浅く、バラしまくり。
バケツの中は小型が多くなりました。

34枚でフィニッシュ!
バラしと後半の鈎合わせ対策ができていたら50枚は獲れたと思います。
でも他船はTOP15~25くらいだったようなので、枚数的にはまずまずの初釣りとなりました。

その都度、エア抜きしていたため、沖上がり時の生存率100%!
小型はリリースできました。

********************************
さあ、いよいよお待ちかねの肝ぱんオフ会です♪

20150111 104.JPG

今回の肝ぱんオフ会では餅つきをするので、フジノさんが4tユニック車に石臼を積んで来てくれました。
タックルボックスや竿もユニック車の荷台です!

1090KAKO6059_422523247905185_4342905501270907836_n.jpg

20150111 106.JPG

くじ引きで釣り座を決めて♪

KAKO20150111 109.jpg

KAKO20150111 112.jpg

美人さん達に囲まれてすっかりゴキゲンです♪
幹事の特権?すみません(笑)

20150111 135.JPG

MAKIちゃんダブルお見事です!

20150111 121.JPG

4代目アングラーズアイドル晴山由梨ちゃん

20150111 139.JPG

もっちさんは良型をゲット!

20150111 143.JPG

よんちゃん26㎝の良型カワハギ!

20150111 132.JPG

MAKIちゃんは甘酒を作ってきてくれました。
船上で頂く甘酒は絶品!

20150111 140.JPG

フジノさんのアルポットでお湯を沸かして~♪

20150111 125.JPG

友人から貰った世界一高価だと言うコーヒー“コピ・ルアック”。
ジャコウネコの○○○から作るそうです(!)
なかなか好評でした♪

 

20150111 138.JPG

今回、準備で大活躍の太ちゃん。バンバン釣ってます!

20150111 155.JPG

家元っちゃんも好調~!

20150111 156.JPG

枚数TOP(?)はキングくん。
由梨ちゃんにアドバイスする余裕も♪
今度は目を見て話せるように頑張りましょう!(笑)

20150111 157.JPG

ポカポカ陽気でうとうとしてたのはうおまささん。

20150111 158.JPG

初参加の木の実さん。ありがとうございました~!

20150111 160.JPG

木の実さんと由梨ちゃんの間のスーパーシートを引き当てたきんちゃん。
終始ニコニコご機嫌でした♪

20150111 123.JPG
 

フジノさんはアオリ狙いでしたが・・・
ほとんど釣りせず人の邪魔ばかりしてたような(?)

20150111 149.JPG

船上は大盛り上がり♪
そこかしこで笑い声が絶えませんでした。

かなり早めの12:00に上がって餅つきのスタートです♪

20150111 167.JPG 20150111 168.JPG 

 

20150111 171.JPG

20150111 177.JPGのサムネール画像

みんなでぺったんぺったん。

20150111 165.JPG 20150111 179.JPG

 

つき上がるのを待つ間に串揚げも♪

 

20150111 188.JPG

本物の生わさびを擦って・・・

20150111 192.JPG

 

 

瀬戸丸常連さんから頂いた剱崎天然真鯛で鯛茶漬け~♪
昆布とかつおできちんと出汁も取ったホンモノ!

 

20150111 194.JPG

納豆餅。

20150111 196.JPG

前日観音崎で釣ってきてくれたタチウオの塩焼きも。
生わさびを乗せて頂くと悶絶の旨さ♪

20150111 197.JPG

中ぴょん手作りのアップルパイも抜群に美味しかったです!

20150111 209.JPGのサムネール画像

天然真鯛のアクアパッツア。
ムチャクチャ美味しいのにお腹いっぱいでもう入りませーーん!

KAKO20150111 206.jpg

みんなでワイワイ楽しかったです!

瀬戸丸さん、真鯛を釣って差し入れてくれた常連さん方。
そしてご参加いただいたみなさん。

本当にありがとうございました!
次回はマルイカシーズンにまたやりましょう♪
お疲れさまでした~!

 

| | コメント(0)

2014竿納め~

12月30日
松輪瀬戸丸からカワハギ釣りで出船。2014年の竿納めをしてきました。

その前に。
めっきり寒くなってきたのでDW-6004(PUオーシャンサロペット ウィンタースーツを新調しました。

20141230 005.JPG

軽くて暖かく動き易いし、ジャブジャブ水洗いもできてこれからのシーズンに最高ですね!

タフコンディションでも辛くないから、釣りに集中できて良い釣りができそうです♪

 

20141230 011.JPG

11920349_591390300993021_1765707402064450029_n.jpg

松輪の港は大勢の釣り客で大にぎわい。

ワタシも愉快な仲間たちとワイワイ楽しんできました。

20141230 018.JPG

MAKIさんのカワハギPB-2000

20141230 021.JPG

防水パッキンを施して

20141230 020.JPG

ふたの密閉のためにこんな工夫も!
この熱心さ。ホントに釣りが大好きなんですね~!

20141230 039.JPG

ポルチーニ茸のスープを作ってきてくれてみんなで頂きました。
いつもありがとうございます。とっても美味しかった~!

DW6004は期待以上の高性能!
とても暖かくてお天気が良かったこともあり暑いくらいでした。

カワハギの活性はイマイチで、なかなか口を使ってくれない状況。。。予報より早く西の風が強まり少し早めに沖上がりとなりました。

釣果は10枚と微妙でしたが、良い釣り納めになりました。

沖上がり後は、瀬戸丸の皆さんと常連さん達が集まって納会です。

 

20141230 047.JPG 10881485_591390604326324_8690780091467150701_n.jpg

20141230 084.JPG

10885476_591390407659677_1518566402736551675_n.jpg20141230 085.JPG20141230 061.JPG20141230 070.JPG

美味しいごちそうが盛り沢山。
海を。そして海釣りを愛するメンバーが今年一年を振り返り、カワハギ、真鯛、マルイカ、そしてマグロ釣り・・・。
いつまでも話は尽きることなく、大盛り上がりでの納会となりました。

20141230 089.JPG

今年一年、大変お世話になりました~!
おかげ様で楽しい釣りに彩られた思い出深い一年となりました。

来年もまたヨロシクお願いいたしま~す!!

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 »
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。