船最前線ブログ

<湯>剱崎沖マルイカでした!小網代港 大和丸さんより

2月21日 三浦市小網代港 大和丸さんへ行ってきました!

http://www.turiyado.com/report.asp?cid=yamato

昨シーズン以来久しぶりの大和丸さん。

とても綺麗な船宿さんで、出船まで皆さんマルイカ談義に花が咲きます^^

DS001.jpg

DS019.jpg

今日は大和丸さん常連の、押川さん谷戸さんと楽しんできました!

タックルは、極鋭ゲーム91AGS極鋭マルイカAGS MH147A

DS003.jpg

スタートスッテは話題のNEWカラー混ぜて、

実績あるスッテで開始しました!

DS002.jpg

ポイントは、ここ二日間、模様の出ている剱崎沖です!

僚船も集結していて期待膨らみました!

DS004.jpg

DS005.jpg

DSC012.jpg

水深65~80辺りをやりましたが、予想以上にアタリ小さく

乗り目もイマイチといったところで、マルイカのサイズも

小型メインでの序盤戦でした。

DS020.jpg

こんな日は、乗り棚も低く、下2本がメインとなり

スッテサイズもMD43Sをメインとし、なんとか拾い釣りという展開でした。

そんな状況下でも新色のライトブルーの43Sが活躍しました!

下から2番目に配置しましたが、7割はこのスッテで掛ける事が出来ました!

IMG012.jpg

小さいスポット的な反応に、タケル船長、上手く当てていただき

一流し、1回、出来て2回といった感じでしたが、

凄く集中できる面白いマルイカ釣りでした!

着低で触り無くても、巻き落としなど繰り返していると

突然アタリが出る事もありましたので、

諦めない気持ちで釣る事の大切さをあらためて実感しました

また、タタキは良い場合もあったのですが、活性が低いせいか

あまり効果がなかったような感じもありましたので、

この辺の判断が、反応ごとのヤル気と想像しながらの釣りで

ある意味、とても面白いマルイカ釣りでした!

ポツリポツリですが、なんとか1パイづつ大事に釣って

21ハイでした!凄く面白いマルイカ釣りでした!

DS007.jpg

出口タケル船長 反応小さく探索も難しい日でしたが、

一日頑張っていただき、有難うございました!

明日は、カメギ、三戸輪??期待ですね!^^

DS010.jpg

押川さんは、思わず食べて?しまいましたね(爆)

DS009.jpg

同船いただいた皆さん、有難うございました!

DS011.jpg

宿に戻ると、未来の大和丸船長?航大くんが大きくなって

元気いっぱいでしたよ^^

DS014.jpg

DS015.jpg

DS016.jpg

私も航大くんにたっぷり遊んでもらいました^^

 

さて、明日の後半からのシケでまたマルイカの同行が

好転する可能性は大と思います。

また、最近日替わりですが、今日はカメギ根

模様良かったようですので、今後に期待できますね!

今日は、大和丸さん女将さん、タケル船長、押川さん、谷戸さん

楽しく愉快な一日をありがとうございました^^

まだまだこれからが楽しみなマルイカですね!

IMG018.jpg

 

 

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。