船最前線ブログ

〈林〉僕のマルイカ備忘録

毎年カワハギシーズンが一段落する年明けの頃より便りが聞こえてくるマルイカ。カワハギはギアを落としながらスローダウン、マルイカに乗り換え水温の上昇と共にシフトアップして行きます。
カワハギ→マルイカとタックルをチェンジする時、半年位時間が経っている訳で、そんな中、僕なりのマルイカ備忘録をまとめてみました。

先ずは竿とリールですが、この時期は100mオーバーの水深になることもあり、シーボーグ150Jなどの小型電動リールをAGS-Aに、それよりも浅い水深用にと、手巻きのミリオネアにはAGS-Aより柔軟なAGS-Fをセットします。
 

150216_060734.jpg

 

PEラインは今年からメガセンサー12ブレイドの0.8号を、電動のシーボーグには最低200m、ミリオネアには100mは巻いておきたいところです。
PEラインには予め、ラインシステムでフロロカーボンの5号をリーダーとして(結ぶではなく摩擦で)結節し、1~1.5m程取っておきます。
リールを竿にセットし、リーダーをガイドに通し、トップガイドから出たリーダーには、パワーサルカンを取り付けた快適イカフックを結び、余ったヒゲを編み付け、ヒゲを残さずにカットしておきます。このイカフックに、仕掛けの1番上のスッテを直結で取り付けることになります。

 150220_084440.jpg

 

仕掛けは基本6本スッテ仕様ですが、状況により7本に増やしたり5本に減らしたりもいたします。
直結の場合は、スッテの前にはイカフック、カンナ部にはケイムラビーズを使ってループを作り、カンナの半分に引っ掛け絞り込み固定します。この仕掛けの仕組みは永田さんの発案によるもので、直結⇔直ブラをワンタッチで使い分けでき、僕も使わせていただいております。 

 150220_084601.jpg

 

カンナ部は、ビーズが抜けないように8の字結びでコブを作り引き締めます。

150220_084631.jpg

 

僕はイカフックの直前に、やはり8の字結びでコブを2つ、隣接させて作っています。

150220_084641.jpg

 

直結⇒直ブラにするには、先ずはカンナ部で絞り込んだループを弛めてスッテ上方に。

150220_084704.jpg

 

そして、イカフック前方の2つのコブの間でループを引き絞めれば直ブラとなり、引き締めたループはコブとコブの間しか移動しないので、オマツリ時等、引き締めたループ部が大きく幹糸を移動することは無くなります。

150220_084835.jpg

 

枝間を深場では1m、浅場になってくると80cmほどとし5~7本スッテ仕様とし、最後にはシンカー脱落させることなくを取り付けるための、ヨリモドシを介したスプリットリングを取り付け完成となります。
深場ではドラゴンシンカーTGの60~40号を、浅場では30号位も使います。

 150220_084543.jpg

 

 

出来上がった仕掛けは、スプリットリングと、次の仕掛けの最上部となるループをジョイントさせ数組、大径の空きスプールに、スッテはセットしない状態で巻き込み収納しています。

150220_085236.jpg

 

イカ釣り特有の道具である投入器は、全てのスッテを直ブラにすることも想定し6本を使っています。 

 150216_093054.jpg

 

その他忘れやすいものに、スッテにイカのスミが付いてしまった際に取り去る歯ブラシ。カンナの先がめくれ加減になったり、鈍くなったりしてときに手直しするシャープナー。船縁にスッテを並べる為に敷くマットなどがあります。
また、電動リールを使う際は、ロッドキーパーもあると便利だと思います。

 

以上、僕のマルイカ忘備録でした。

 150216_063549.jpg

 

 

| | コメント(0)

CODE(0x3413780)

CODE(0x3413780)
CODE(0x3413780)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。