船最前線ブログ

<文>マルイカ釣りの基本って?

マルイカ釣りをした事がある方は、

穂先に出る微妙なアタリで合せることを知っているだろう。

慣れないうちは、アタリが見えない事も!

一生懸命にアタリを見ようとして、集中するのだが、

これは釣り手が船の上でやっていることである。

水中ではスッテにマルイカが抱き付いているのだから、

もっと大きくアタリが出て良いのではないかと考えた事がある人は居るかな?

実際に水中では、スッテを抱くときスッテはかなり動くのだが、

船上の竿先には微妙な動きしか見られない。

なぜ?

PEの抵抗が、アタリを消しているためである。

試しに、PE3号で同じ仕掛け、同じオモリでやって見てください。

潮の流れなどの抵抗がアタリを消しているのです。

なぜ、ライトタックルが発展しているのか?

それは今までのPEより細いものが使えるようになったからです。

強度が増して、細い糸軽いオモリを使えるから、ライトタックルで、

太い糸のままオモリを軽くしても釣りになりません。

現在のマルイカ釣りに置いてはかなり細いPEを使うようになりました。

それもいろいろな抵抗を減らすためで、0.8~1号のPEでマルイカ釣りをしています。

10930025_1519479844982044_3018391017031375721_n.jpg

ダイワ船最前線の宣伝ブログと感じるかもしれませんが、

使ってみると分かると思いますよ!

ツルツルな表面は、潮の抵抗を受けにくく、

アタリの阻害が少ないのです。

リールからの糸の出も、べたつきがなくスムーズで速い。

着底即乗りには強い味方です。

最近はどの釣り物のPEも細くなってきています。

強度が増しているからです。

極端な物は別ですが、細くて表面処理が良く抵抗が減れば、

釣り手に有利になるのは誰でもわかる事でしょう。

12ブレイドは、勧めたいPEです。

それなら、16本、20本のが良いのか?

1本の太さ×12本で号数が決まります。

、本数を増やせば増やすほど1本が細くなります。

号数の小さい物は現状ではこれがベストだと感じます。

船釣りでは、垂直に糸が立っているわけでは無く、

潮に押されてたわんだ状態なんだから、

真っ直ぐになればなるほど敏感に穂先に表現が伝わってくるでしょう。

マルイカシーズン始まります?始まってます。

楽しく、マルイカ釣りをしましょう。

港であったら是非声を掛けてください。

 

 

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。