船最前線ブログ

<湯>相模湾サイド マルイカ!長井・小見山丸さんより

2月14日は、三浦市長井の小見山丸さんへ行ってきました!

亀城根の状況など、気になっていました。

亀城根が目の前に位置し、南下すれば諸磯~城ケ島、

西へ行けば、葉山~江の島、烏帽子沖と

マルイカ釣りの拠点として魅力ある長井港です。

 

昨日からの、西風が未だ吹いていましたが、

凪る予報に期待し、やや海悪い中、出船となりました!

DSC_122.jpg

亀城根では80メーターラインで何度か仕掛けを

入れますが、マルイカからの応答なし、です。。。

少々南下し、小網代沖の深場も探索するも

反応とぼしく、時間だけが過ぎていきました。

約2時間半、船長も我々も頑張りましたが、

船中マルイカ1ハイのみ。(私はこの時点でゼロでした)

10時前に、茅ヶ崎沖でマルイカの模様が良い、との情報入り

すでに向かっている僚船とともに、烏帽子岩沖へ大移動しました!

DSC_133.jpg

約40分走り、烏帽子沖へ到着!僚船も集結しています!

DSC_144.jpg

直ぐに反応に当り、ブッコミから乗りっぷり上々でした!

おまけに、型揃いで、船中一気に盛り上がりました!

DSC_177.jpg

ロッドは、極鋭マルイカAGS MH147Aをメインに使用しました!

DSC_166.jpg

型揃いなので、烏帽子での序盤は、MD48スッテをメインに使用しました!

ケイムラ系を軸に、パープルイエローギョクロの赤ヘッドが活躍しました。

活性ある反応故に、動いているのか、出来て2、3回でしたが、

外れ流しがほとんどなく、ダブル、時にトリプルなど交えて

船中まんべんなく釣れました!

終盤は良い凪で、ポカポカ陽気に!

DSC_155.jpg

終盤はやや叩かれてしまったせいか、触り少なくなり

スッテもMD43Sなど取りいれました。パープルは良かったですね!

最終スッテはこんな感じでした。

DSC_188.jpg

型も良く、活性もあり、新群れでしょうか

今日は、烏帽子沖がマルイカ最前線でした!

釣果は、31ハイ 良型に恵まれました!

DSC_199.jpg

同船いただいた皆さんも、バッチリ楽しんでおられました^^

DSC_191.jpg

DSC_192.jpg

今シーズンの開幕模様をみていると、日によりムラはあるものの

各エリアにまんべんなくマルイカが来ている印象を受けます。

また、本来この時期は水深100~120位がメインですが、

今年は、80メーター前後がすでにメインです!

楽しいですよ!^^

今日は、沖で友人や船長さんにもお会いできて楽しい一日でした!^^

小見山船長 前半厳しいスタートでしたが、後半巻き返しで

楽しませていただき、有難うございました!

まだまだ始まったばかり、これからも楽しみですね!

IMG_20150214.jpg

DSC_194.jpg

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。