船最前線ブログ

<堀>おもりヒンヤリ金谷沖

2月11日、金谷光進丸へ行って来ました。

当日は昼頃から西風が吹くとの予報が出ていたので、

出船前はゆうじ船長と「午前中釣りが出来れば良いかな」 なんて話をしていたのですが、

予報はハズレ、昼頃には北風微風

一日穏やかな海でカワハギ釣りを楽しむことが出来ました♪

朝 船着き場前の駐車場に車を止め支度をしていると、後ろの方で不気味な聞き覚えのある笑い声…

世の中には似たような笑い方をする奴もいるんだな~、可哀想だな~、なんて思っていると!

ベルツノ師匠ご本人でした!(≧▽≦) 

ベルツノ.jpg

今回は会社の皆さんと仕立てカワハギ釣り!

楽しんで来て下さ~い♪(^O^)/

15211ベルツノ御一行.JPG

 

同船左艫にはDKO初代チャンプ!名手菅澤さん!お久しぶりです(^^)v 

15211菅澤.JPG

 

2月の中旬、朝は冷え込み釣果も少し落ちてきてはいるのですが、

金谷光進丸ファンのカワハギ熱は冷めません! 

 15211出船.JPG

 

 この時期、朝の船上、船縁はとても滑りやすいので気を付けて下さい。

 15211霜.JPG

 

 AM7:00出船です

15211朝日.JPG

 

 今回のタックルは、前回釣行のイメージから極鋭カワハギAIR1234

手感度より目感度優先!

捕食の遅いカワハギの喰いを、極めて柔軟な穂先の動きから判断し、

違和感なくエサを喰わせ、合わせ所を間違えない様に!

こんな事を考えてのロッド選択です(^^)v

 15211タックル.JPG

 

 前回の金谷釣行で良い思いをさせて頂いたので♪

150118金谷BIG2.jpg

 

今回もほんのちょっとだけ、ビッグサイズ連発の期待をしていたのですが…甘くはありません

しかし!オモリの冷たさから感じる低活性を予想していたのですが、

序盤、漁礁際の水深30mで予想もしていなかった高活性!

状況を見極める為に、ゼロテンで待つと…ツルテン…(≧▽≦)

 

 ふと後ろを振り向くと、親子で乗船されていたお二人のロッドに同時ヒット!!

今回は息子さんが肝和えを食べたい!という事でのカワハギ釣行♪

でも、このサイズだと肝は…  

15211親子.JPG

 

その後すぐに!しっかり肝和えサイズゲットでした!(*^^*) 

 15211良型.JPG

 

今回の釣行でもう一つ試したかった事が「集奇の釣り」

 低活性時は有効な釣り方ではあるのですが、 

金谷ではなかなか成立させる事の出来なかった釣り方。

集奇の釣りを一日通してチャレンジしてみました!

15211集奇.JPG 

 

序盤の高活性時には、ゆっくりとした集奇の誘いの最中にバイト!3連チャン!

そんな反応は短い時間で消えてしまったのですが、

トラギスが掛かった後に、そのまま大きく送り込み、静かに聞き上げると!

ダブル~♪ 

 15211ダブル.JPG

誘いのスピード、食わせの間、合わせのタイミング等が合えば!

こんなに飲みこんでるカワハギも!(゚Д゚) 

15211のみ込み.JPG 

 

集奇の釣りを成立させるには集奇を「送り込む」「聞き合せる」の「間」を如何に作る事ができるか!

動いているエサに対して、カワハギがどの様な反応をしてくれるかがカギなのですが、

序盤、適度な潮流!低水温の中での高活性!金谷というフィールド!ゆうじ船長の操船にも助けられて、

非常に面白い釣りをさせて頂きました♪

しかし、徐々に重~い2枚潮に…

2枚潮も集奇の釣りには天敵(>_<) 

仕掛けをコントロールできる重さ、喰いを妨げない重さを見つけ出すにはとても苦戦しました(^^;)

その2枚潮が運んできた?序盤とは明らかに違う、手感でも分かる冷たい潮にも邪魔をされ、

残り2時間で2枚…

結果19枚で沖揚がりとなりました。

後半釣れないという疲れるパターンになってしまいましたが、

序盤の高活性を楽しめ、集奇の釣りを1日通しそれなりの釣果をあげることができた!

納得の金谷カワハギ釣行でした!(^^)v

 

まだまだ潮次第でイケる!と感じた金谷沖でしたが、残念ながら2月15日で光進丸、今シーズンのカワハギ釣りを終了とのこと(T_T)

ゆうじ船長、今シーズンも楽しいカワハギ釣りを有り難う御座いました!

 

今回のポイント(^^)!

集奇の釣りでは、仕掛けをコントロールできる重さを見つける事が大切です!

仕掛けを「送り込む」⇒「聞き上げる」の間を作れる重さを、

潮の動き、船の動きなどを感じ取りながら見つけ出しましょう(^^)!

序盤は比較的活性の高いカワハギに集奇の釣りが嵌りましたが、

その後は集奇の重さを見つけ出すのに苦労しました。

しかし、一日を通して「集奇の釣り」を実践してみましたが、

改めて「集奇の釣り」が有効と感じた釣行でもありました。

そして、カワハギロッド最大の穂先の表現力を持つ、

極鋭カワハギAIR1234いうロッドにも助けられた1日でした!(^^)v

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。