船最前線ブログ

2014年9月アーカイブ

〈林〉自分を追い越して・・・

今週より2014 DKO 1次予選が始まります。僕は毎年この時期、その船上でのシーンを想い、自然に口ずさんでしまう自分を鼓舞する歌があったりします。DKOに始めて参加させていただいた2008年は、デッド・オア・アライブのユー・スピン・ミー・ラウンドという、青春時代にディスコでこの曲がかかると、皆一斉にフロアに繰り出すユーロビートでした。

7174WsOYTfL__SL1500_.jpg

 

2011年は、ドラマ「ルーキーズ」の挿入歌でもあるGReeeeNのキセキで、孤軍奮闘する大会中に、あたかもチームプレイである野球のように、応援してくれる釣友の顔を思い浮かべながら竿を振りました。

images.jpg

 

2012年、第10回大会で優勝させていただいたときは、マイケルジャクソンのワナ・ビー・スターティン・サムシングで、会場に向かう車中で1人この曲を聴き入っていると、自然と力が湧いてくるようでした。

 51XSLnRvcAL.jpg

 

 

今年も間もなく始まるDKO1次予選。今年の曲はサザンオールスターズの東京 VICTORY。サビの部分での  ♪ 自分を追い越して それゆけ Get a chance !  のフレーズに勇気を貰っています!

 無題.png

 

DKOは1番ステイタスのあるカワハギ大会だと思っています。ご参加の皆様も是非、自分を追い越してチャンスを掴んで下さい! 僕も頑張ります!!

 140909_101344.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉TKB・えさ政釣船店さん

9月28日(日)、羽田のえさ政釣船店さんにて、えさ政さんにとっては今年の初戦となるTKB予選に参加してきました。湾フグが釣れ出していることもあり、夜も明け切らぬ宿の前には、TKB参加の方とフグ乗船の方クーラーが並びます。

140928_051228.jpg

当日は強い北風の予報だった為か、前日のキャンセルがあり、揃ったのは21名様でした。21名だと30%の四捨五入で6人抜けとなりますが、朝の宿でいつもの笑顔の女将さんの開口一番は、「今日は林さんも竿を出して下さいね。そう、参加ということでね。そうすれば7人が決勝に行けるし、もう林さんはもう抜けてるしね!」と、僕も参加決定です!

出船前皆さんの釣り座を回りご挨拶、色々とご意見を窺ったり、お話しをしたりと、船を一周いたします。

140928_064845.jpg

出船前はルール説明をするのですが、前日の萱沼さんのブログ記事からすると相当なタフコンディションが予想され、ご参加の皆様にはそんな状況、渋いながらのそんな時の1枚の釣り方なども交えてお話しさせていただきました。 

 10708288_660948584004130_1017220401_n.jpg

 

僕の釣り座は左舷の舳先。強い北風による風波を割る船底の音、すぐ隣で派手にはためくDAIWAののぼりの音とのほぼ2つの大きめな音だけを聞きながら(笑)、船の上下動に忙しく竿を上下していました。

 140928_092809.jpg船内の話し声などは風でかき消され聞こえてこない上、「バタバタバタバタ」とのぼりがはためいていますので、時折艫方向、右舷方向を見やりながら釣っていましたが、中々竿が曲らない状況が続きました。それではと、竿を置いて船内を回ってみると、あちらこちらでカワハギがバケツの中で泳いでいてホッといたしました。僕は釣り座に戻って25cm級を上げ一息、皆さんをしばらく見ていましたが、そんな時は中々竿が曲らないのでした・・・。

中盤を過ぎるとコッパも混じり出し、ワイドフックの2.5号を試してみることにしました。ハリスを短めにし、下バリにしてみました。するとすぐにコッパを釣ることができました! このハリはまた、今後コッパがわいているときに試してみたいと思っています。

 140928_112553.jpg

 

途中、僕の釣り座からは死角になっている右舷胴中の須川さんが様子を見に来てくれました。「須川さん、風が強くて、皆さんからの『釣れた~!』っていう声が聞こえず、写真がないんですよ~」と伝えると、「それでは」と、ポーズを取ってくれるのでした(爆)

 140928_112602.jpg

 

隣の釣座の佐藤さん、お見事です! 

 140928_113917.jpg 

強い北風に反する上げ潮が効き始め、海が悪くなる前に少しだけ早上りでした。帰港中に計測をしようと思いましたが北風に向かう航行の為船は大揺れ、桟橋での計測といたしました。 

 140928_143011.jpg

 

帰港後はフグのお客さんもいらっしゃるので、宿の裏手にテーブルを出していただき、仲間にお手伝いいただき、海の悪い中皆さんに一生懸命釣っていただいたカワハギを計測いたしました。 

 140928_152630.jpgのサムネール画像

 

計測、集計が終わった後、当日の総評を簡単に述べさせていただいた後に表彰式に移りました。予選を通過された方は。 

1.春川 潤様    71.3cm
2.大熊 宏様    66.6cm
2.白田 慎之祐様 65.8cm
4・ 中川 仁様    64.2cm
5.植木 保光様    63.0cm
6.名取 由佳様   60.3cm
7.巌 俊秀様    56.3cm

ビックワン賞 春川 潤様でした。 おめでとうございました!

 140928_154458.jpg

ご参加いただいた方、ありがとうございました。えさ政さんお世話になりました。えさ政さんでは今後、10月13日(月・祝)、11月9日(日)にTKB予選を開催いたします。奮ってご参加いただけたらと思います。 

 140928_154337.jpg

 

【カワハギ釣り教室予定】

10月13日(月・祝)に腰越の池田丸さんにて、10月19日(日)には長井の小見山丸さんにてカワハギ釣り教室を開催いたします。 ご参加希望の方は、直接船宿さんにご予約いただければと思っております。よろしくお願いいたします。 

 

 

| | コメント(0)

<萱>TKB52 バトル08 ミナミ丸さん

 9月27日、TKB52 ミナミ丸さん予選にスタッフで参加してきました。

今回の参加者は、21名。決勝へは、6名が進出となります。

お店で受付・釣り座の抽選をしてもらい7時に桟橋に集合。

みなさんが揃ったところで、ワタシの方から大会ルール説明をさせて頂きました。

2014.9.20_002_R.jpg

みなさんの準備が整ったところで、7時30分出船。

2014.9.27_004_R.JPG

ポイントの竹岡を目指します。南西風で竹岡の状況が良くなると期待しましたが、船宿さんのHPで確認したところ、変わっていないようでした。

2014.9.27_005_R.JPG

一時間半程で、竹岡沖到着。北東の風がかなり吹いていて、海は悪かったです。ミヨシの先にいたワタシは、おケツがムズムズ、ジェットコースター状態(笑) 耐えられず胴の間のキャビン後ろに移動しました。

今回、船長のご厚意で特別に枚数賞と早掛け賞×2を設定。先ずは、朝一から一回目の早掛けをやりました。

開始から5分程で、船中第1号を釣りあげ、早掛け賞をゲット!

2014.9.27_006_R.JPG

1流しで、5枚程出る流しもあれば、1、2枚の流しもあり、カワハギが固まっていない様子。一人がダントツに釣る感じではなく、均等にポツポツといった感じでした。

貴重な1尾を手にすると、笑顔がこぼれます!

2014.9.27_009_R.JPG2014.9.27_007_R.JPG2014.9.27_012_R.JPG2014.9.27_010_R.JPG2014.9.27_014_R.JPG2014.9.27_015_R.JPG

11時30分の時点で、トップ2枚が3人と渋い状況が続きます。

2014.9.27_008_R.JPG2014.9.27_011_R.JPG

ワタシは、海が悪くて船が揺れるのと、釣りをしていないせいか、やたらお腹が空いて、お昼前までに、持って行った食料、完食とはんぱない高活性(笑) まったく、竹岡のカワハギもワタシの高活性を見習って貰いたいもんです(笑)

とかアホな事を考えていると、「デカイ」との声が聞こえ駆けつけると上がったのは、30.7センチのBIGサイズ! これにはワタシも興奮しました。櫻井さんお見事でした!

2014.9.27_019_R.JPG

少し経つと最初のリミットメイク達成者がでました。 女性アングラーの上原さん流石でした!

2014.9.27_020_R.JPG

今度は、トモで「タモタモ」と声が聞こえ駆けつけると30.8センチと先ほど上がったBIGを1ミリ上回るサイズ!素晴らしい!小川さんお見事!

2014.9.27_022_R.JPG

13時30分に2回目の早掛けをしました。なかなか終わらないかと思いましたが、なんと開始1分でしかも良型を釣り上げ、早掛け賞ゲット!

2014.9.27_024_R.JPG

みなさんも良型をポツポツではありますが上げていました。

2014.9.27_016_R.JPG2014.9.27_017_R.JPG2014.9.27_021_R.JPG2014.9.27_025_R.JPG2014.9.27_023_R.JPG

その中でも抜けて掛けていたのがスーパーフレッシュアングラーの野口美和さん

外道がうるさい時は、宙で待ち、チクチクあたったら掛けにいってヒットに持ち込み、外道がうるさくない時は、錘を底に置いて、ゼロテンでじっくり食わせたそうです。

大きさ、数共にトップの成績!

2014.9.27_018_R.JPG

海が悪くなる一方だったので、早目の2時15分沖上がりとなりました。

運河に入ってから検量を行い。桟橋にて結果発表をしました。

決勝進出者のみなさん 女性陣強し!

2014.9.27_026_R.JPG

ビックワン賞 30.8センチ!

2014.9.27_027_R.JPG

参加のみなさん、北東の強風で海が悪く、カワハギの活性も厳しい状況の中、最後までがんばって頂き、ありがとうございました。感謝いたします。

2014.9.27_003_R.JPG

船長、海の悪い中、丁寧な操船、また特別賞を設定して頂きありがとうございました。

2014.9.20_001_R.jpg

みなさん、お疲れ様でした。

次回は、10月13日 つり幸さんに行きますのでよろしくお願いいたします。

 

| | コメント(0)

カワハギ釣り教室、宝生丸

カワハギ釣り大会も沢山開催されていて、

少人数での教室となりましたが、

その分、釣り時間も長かったかな?

今回は、ボクもちょっと竿を出させていただきましたが、

集中してやりたいような喰いもあって、

難しいやら、楽しいやら?

広島から飛行機に乗ってやって来た強者がいたりして、

昼食は、住吉飯店の、もやしそばを食べて来いと言われてきたそうで、

しっかり頂いてもらいました!

勝山、宝生丸よりカワハギ釣りでした。

DCF00004.JPG
DCF00005.JPGDCF00006.JPG
DCF00009.JPG

DCF00010.JPG

広島から来たのです!

楽しめたかな?DCF00011.JPGDCF00012.JPGDCF00015.JPGDCF00017.JPG

DCF00018.JPG

スタートはいきなりダブルから連ちゃんでしたね!

最後の写真は!!

ウマズラでこの写真のは初めて見ました!

カワハギは見た事ありますが、、、、

DCF00008.JPG

| | コメント(0)

<湯>TKB52 バトルNO,5 羽田・かめだや さんより!

前回、9/20のTKB予選敗退がかなり悔しく、

なんとか、良いも悪いも、その感触が残っているうちに

もう一度、竹岡カワハギに挑戦したい気持ちが高ぶり

なんとか9月23日の、羽田・かめだや さんの予選に

前日、ギリギリにエントリーする事が出来ました。

エントリーしたは良いのですが、何か策があるわけでもなく・・・

とにかくもう一度、竹岡沖へ出て、カワハギと対局したい気持ちで宿へ向かいました!

DSC_5614.jpg

この日の、スタッフはDAIWAテスターのお馴染み田淵さん。

気心知れているので、私もリラックス出来ました^^

大場さんも今年初のエントリー!

すでに予選を通過している、村上さんは、オープン参加でした!

オープン参加の理由は?とお尋ねすると・・・

「ビックワン賞狙いですよ!!」と頼もしいお言葉!

DSC_5615.jpg

ご参加人数は、22名で、上位7名が決勝進出となります。

座席は、クジ引きで、私は、左舷トモから3番となりました。

この日は朝から好天に恵まれ、気持ち良く竹岡沖へ向かいました!

DSC_5622.jpg

タックルは、極鋭カワハギ ボトムAGSエアドHで開始しました。

大貫~竹岡沖に掛けて、潮がやや濁りぎみで嫌な予感がしました。

開始早々は、やはり前回と同じく、カワハギからのシグナルは遠い状況でした。

前半の下げ潮が流れなく、メゴチなど釣れてくる状況でした。

なにやら、右舷で大騒ぎの様子!覗いてみると、村上さんが早くも

大物をGETしたようです!

左舷は沈黙が続きます。。。時折、根のポイントへ入ると、

外道の猛攻で皆さんロッドは曲がりますが、そのほとんどが外道・・・・

2時間くらい経過したところで、やっとワッペンサイズの顔を観れました。

その後も沈黙が続き、時折カワハギが上がると、

大歓声が上がる状況でした。

キャストし、仕掛けを這わせても、とにかく何をしてもカワハギが釣れない状況で

本当に焦りました。

ラスト1時間時点で、桶にはさきほどのワッペンが1枚。

「また、ダメか・・・どうすれば釣れるんだ・・」

頭の中では色々な事が交錯しました。

全てをリセットしようと、タックルを極鋭カワハギAGS-FスマックRTに変更しました。

針も、それまでのスピード7.5号から、万が一の1枚に備え

パワーフック4.5号に変更しました。

ラスト一時間は、上げ潮が結構効いていましたが、

相変わらず外道の猛攻がさらにヒートアップする状況でした。

ここで、24.5センチクラスがようやく1枚来てくれました!

バレずになんとかキャッチ!口元を見ると、パワーフックが良いところに

ガッチリ掛っていました。ラストまでパワーフックで行ける!と思いました。

まだリミットメイクは出来ていないものの本当にうれしい1枚でした。

残り40分程度でしたが、とにかく我慢の釣りを続け、

なんとか、23センチクラスをキャッチ、残り、15分位のところで

21センチクラスをキャッチして、ワッペンとの入れ替えが叶い、

終了となりました。

本当に痺れる一日でした。特に後半1時間は本当に集中、興奮しました。

DSC_5620.jpg

この3枚のお陰で、今回は予選を通過する事ができました。

最後まで諦めちゃいけないと、またTKBから学んだ気がします。

帰港中、真上を飛ぶジャンボジェット機は迫力満点でした!

こんな光景も東京湾奥の魅力ですね!

DSC_5623.jpg

さて、先ほどの、村上さんの大物はなんと29センチ!

見事、予告通りビックワン賞をGETでした!流石のビックハンターですね^^

おめでとうございました!

DSC_5630.jpg

予選通過の皆さまです。おめでとうございました!

DSC_5628.jpg

この日の竹岡沖も本当に厳しかった、私には難しかったです。。

決して楽な予選ではありませんでした。

何とか最後に3枚揃える事が出来ましたが、それが無かったらと思うと

ちょっと恐ろしくなります。でもTKB大会はこれが醍醐味です。

今回のシケで状況好転する事に期待ですね!

ご参加の皆さま、本当に難しい日でしたが、お疲れ様でした。

有難うございました!

10649601_764505960308773_6724157550238941715_n.jpg

船宿 かめだやさん 一日本当に有難うございました!

最終予選ではスタッフとして再度お邪魔する予定です。

何卒よろしくお願い致します!^^

DSC_5612.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>プレジャーボートでカワハギ釣り!

 釣り仲間でもあり、Facebookの友達でもある村上さんに、

御自身の所有するプレジャーボートで「カワハギ釣りをしませんか」と誘って頂き

三浦 水戸浜ビーチバムへ行って来ました。

ここに来たのは今回で2回目、やっぱ最高のロケーション(≧▽≦)

2014921ビーチバム4.JPG

2014921ビーチバム3.JPG

2014921 ビーチバム2.JPG

 

ポイントはTHEフィッシング収録で行った長井沖!

潮色も良く、浅い水深では底が見えるほど澄んだ海です!

始めに顔を見せたのは!ワッペ~ン(≧▽≦)

2014921ムラカミ&ハシモト.JPG

 

私にも!(≧▽≦)

2014921ワッペン.JPG

 

小さいのが動き始めたかな!?とも思ったのですが!

 今度は良型と小型のダブル~♪

2014921 nagai ハシモトw.jpg

 

私も良型ダブル~♪

時期的に小型が出てくるかなと思わせたのですが、中型中心!

2014921 nagai ikka.jpg

時々小型の長井沖でした!

2014921 ナガイ ハシモト&ホリエ.jpg

 

カゴカキだぶる~(≧▽≦) 

2014921タカノハダイ.JPG

 

初めて釣ったマハタ~♪ 美味しくいただきました♪(*^^*) 

2014921hata.jpg

 

今回の船中釣果は橋本さん34枚!私34枚!中型主体、時々大型!ワッペン3枚、キープは2人で8枚、残りはリリースでした(^^)v

2014921チョウカ.JPG

 

村上さん 今回は操船に専念して頂きありがとうございました!感謝しますm(__)m

久しぶりに、他の事は何も考えずにカワハギ釣りを楽しむことが出来ました♪(*^▽^*)

リアルタイムで船長と話しながらの釣り!嫌いではありません(^^ゞ

また乗せて下さい('◇')ゞ

ありがとうございました!

 

| | コメント(0)

〈林〉サンスポフィシング・チャレンジ2014

9月23日(火・祝)、カワハギ釣り教室でお世話になっている腰越の池田丸さんより、「サンスポフィシング・チャレンジ2014」に仲間と参加してきました。3匹に重量で競うこの大会、相模湾東地区大会ということで、茅ケ崎の船なども参加していて、6艘立ての大規模な大会です。

 140923_054158.jpg

 140923_051646.jpg

 

朝、沖合で集まる船は、開始時間の6時半の合図と共に、それぞれの船長の意図したポイントに向います! 

 140923_062938.jpg

 前回池田丸丸さんに乗船したときは70枚の釣果でしたので、やおら気持ちは高ぶります。僕は今回、ここのところの相棒のAGS-ボトムエアドの組み合わせで臨んでみました。

 140923_103315.jpg

七里ヶ浜沖の6mからスタートです。が、・・・。カワハギからも、エサ取りからもアタリがありません・・・。徐々に深い水深に流しかえす大船長ですが、前回の時とは全く海の様子が変わっているようです。カジメの上の宙を探っても食って来ないばかりか、カジメの根元にオモリを置いてのゼロテンションでも、中オモリを付けているとアタリが取り辛く、たまに小型を追加して行きますが大型が出ません・・・ 

前回と異なるところは、若干の濁りは入った様子ですが、後半大移動して狙った江ノ島沖の潮はクリア、ここはやや深場で大型が食ってくる予感がしましたが、僕は小さなベラを釣ったのみでした・・・。そうやら潮が全く効いていなかったことも、カワハギに口を使わせない一因だったようです。

 140923_104637.jpg

終了時間に計測係の方にお聞きすると、枚数的には釣友の松浦さんと同数でトップでしたが、それでも12枚でした。ただ松浦さんは大型を釣り上げ、船別3位と大健闘でした。おめでとうございます!

 140923_120604.jpg

 10439323_365438543613225_2934085679815182047_n.jpg

 

カワハギのご機嫌は??でしたが、日並良く、和気あいあいとした大会でした。 

 140923_114950.jpg

 

さて今後は、9月28日(日)にエサ政さんのTKBにスタッフとしてオープン参加、30日(火)にはDKO A予選に参加いたします。よろしくお願いいたします。

 

【カワハギ釣り教室予定】

10月13日(月・祝)に腰越の池田丸さんにて、10月19日(日)には長井の小見山丸さんにてカワハギ釣り教室を開催いたします。 ご参加希望の方は、直接船宿さんにご予約いただければと思っております。よろしくお願いいたします。 

 

 

 

| | コメント(0)

2014カワハギバトルin東京湾 入舟予選

9月21日
TKB52(2014カワハギバトルin東京湾)の入舟予選へ参加して来ました。

今回お世話になった入舟さんには昨年のTKB予選以来となります。
上野方面から向かうと隅田川に架かる千住大橋を渡り終えてスグ左手の大橋公園の中に受付があります。
 

20140921 231.JPG

左折禁止(交番あり)なのでご注意ください。
 

20140921 234.JPG

この日の参加者は24名。
抽選で引いたワタシの釣座は12番。左舷大艫です。
 

20140921 236.JPG

ポイントの竹岡沖まで航程一時間とちょっと。
水深18mから実釣開始。

タックルは極鋭カワハギレッドチューンボトムにエアドレッドチューン100L。
PEはハイパーメガセンサー1.0号。
仕掛けはいつもの快適カワハギMV幹糸仕掛け
ハリス止めの位置を動かせて宙~ボトムまで状況に応じて鈎の位置を変える事ができるので、愛用しています。


竹岡沖の状況は。と言うと、潮は濁り外道の活性が高く、カワハギのアタリが少ない。
誘わないと食ってきませんが、誘い過ぎるとカワハギには嫌われるようで適度な誘いが大切だと感じました。

軽くキャストしてテンションフォールでヤル気のあるカワハギをポツポツ拾ってリミットメイク(3尾)。
潮が流れ始めたので集寄を使った釣りにシフト。

この日の状況では3枚集寄をそのまま使うのではなく、2枚にしたり1枚にして、シンカーを合わせて
潮に合うように組み合わせて行きます。
船も流れるので小まめにセッティングを変えながら仕掛け操作ができるようなバランスを模索しながらの釣り。
上手く馴染んだ感触を得るとまずまずの確率でアタリが訪れます。

この時最初のアタリで合わせても鈎掛かりには持ち込めず、ゼロテンションでゴンゴンと言う本アタリまで
送り込むと掛ける事ができました。

食いが浅く渋いので小鈎を使いたくなるところですが、あえてスピード8.0号10㎝ハリスをチョイス。
鈎を吸い込んだ時に鈎先が刺さるイメージです。
ハリス10cmだとちょっと長い感じでしたので、8cmくらいのところをハリス止めに挟んで使いました。

終日竹岡沖の15~25mを攻めて、後半上げの潮が入ってくると潮色が徐々に回復し活性も上がってきました。

ここで入舟さんが早掛け賞を提供してくれました。
 

20140921 242.JPG

 
 こんな小さなカワハギでしたが・・・w
早掛け賞頂いちゃいました。ありがとうございます。
 

20140921 243.JPG

篠原さん さすがの勝負強さ!おめでとうございます!
 

20140921 244.JPG

タチバナさん おめでとうございます! TKB的にもTOPタイでした。お見事です!
計測もお手伝いいただきありがとうございました。

20140921 246.JPG

星野さんおめでとうございます!

 

20140921 248.JPG

タチバナさんと同寸TOPタイのカナヤさんも早掛け賞ゲット!
おめでとうございます!

20140921 251.JPG

おケイさんもいつものドヤ顔でw おめでとう!
 

20140921 250.JPG

デビル船長、ご配慮ありがとうございました!
おかげ様で和気あいあい盛り上がりました。

全体的には渋く、釣果は0~10枚。
24名乗船で船中96枚。平均4枚とたいへん厳しかったです。

3尾合計寸長は67.4㎝がお二人。タチバナさんとカナヤさん。
以下、66.4㎝・65.6㎝・65.0㎝・64.1㎝・62.5㎝・62.3㎝がおふたり。と続きます。
ビッグワン賞は25.8㎝を釣った鈴木さんでした。おめでとうございます!


20140921 254.JPG


決勝進出はこの方たち。※辞退された方がいたのでひとり繰り上がり。
おめでとうございます!

ご参加の皆さんお疲れさまでした!
 

 

20140921 257.JPG


私は3位で通過できました。釣果は8枚。
今回は釣座に恵まれた感がありますが、毎年予選通過に何戦か掛かるので緒戦で突破できてホッとしていますw


 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉激渋の竹岡沖でのカワハギ釣り教室

9月21日(日)、えさ政釣船店さんにてカワハギ教室を開催いたしました。当日ご参加の方は24名様、いつも沢山のご参加ありがとうございます。今季2度目の竹岡沖でのカワハギ釣り教室となりますが、直前の釣果情報は芳しいものではなく、トップでツ抜けをしていない厳しいものでした。教室の1週間前にTKB初戦で竹岡沖で竿を出しましたが、やはりトップで7枚、本命のカワハギよりもエサ取りの活性が高い状態でした。

そんな前情報も織り交ぜ出船前のレクチャーを開始いたしました。レクチャーでは、同様な状態でのカワハギ釣りの攻略法に重きを置き、通常の秋のカワハギとの攻め方の違いを中心に、カワハギタックルの特長などを述べさせていただきました。

140921_065515.jpg 

レクチャー終了後は岩越船長が舵を握る大型船で、えさ政さんの桟橋から竹岡沖まで概ね1時間半の航程です。僕は舳部分に座り、ご参加の方々と談笑しながらポイントに向います。海堡の手前よりTKBの入舟さん、吉久さんなどの船と並走しながら、まずは大貫沖の浅場より釣りを開始しました。

しばらく舳部分に立って両舷を見守っていると、船中1匹目はコッパながら、左舷舳2番の秋保さんにヒット! このエリアもコッパがでてきましたね~!!

 140921_082929.jpgのサムネール画像

そのすぐ後、右舷胴中の久下さんにもヒット! これは良型、TKBでは強い味方となりますね。

 140921_083127.jpg

これまた良型を川崎達ちゃんが抜き上げます! 「ひょっとして、今日はイイかも!」と、勝手に思っていた朝一なのでした(苦笑) 

 140921_083211.jpg

ここでしばらく釣り、その後は竹岡沖の水深20~25m前後に移動しました。エサ取りのウルサイポイント、アタリの遠いポイントなど、船長は数回船を移動しながら流し替えますが、どうやらレクチャーでお伝えしたように厳しい状態を引きずっているようです・・・。僕は皆さんを3巡位した後、自分でも竿を持って更に皆さんを回らせていただきました。その時3枚ほどカワハギを釣ったのですが、やはり食い方が遅く、アタリがあってアワセても、クチビルに浅く掛かることが多いようで、皆さんは少ないアタリにバラシが煩瑣で、「ん~、難しい・・・」と苦笑いされていました。

そこで、朝のレクチャーで述べさせていただいた、適正な号数(迷ったらやや重めでも良い)の中オモリを仕掛け上部に付けて、「ちょっと弛ませる⇔大きく弛ませる」を繰り返し、「コンコン」とアタリが出てもそのままやや送り、ちょっと聞いてみて、また「コンコン」ならまた送り込みと、コンコンではなく、重みのある「グッグッという引き」に変わったところでユックリと竿を立てリールを巻き始めることを再度お伝えして回りました。

すると、釣り教室の時には、いつも何かを持ち帰っていただいている高橋さんにヒット! このサイズのカワハギを釣るのは難しいものです。

 140921_091351.jpg

周防さんの奥様にもヒット! 良い笑顔ですね~~!! カワハギ釣り2回目にして、旦那さんを抜いちゃったかな!?(冗談ですよ・笑) 

 140921_094603.jpg

同じくご夫婦でご参加いただいた水白さん、ご本人は「ヘボなもので・・・」とおっしゃっていましたが、いやいや、もうベテランの風格ですね! 

 140921_105407.jpg

えさ政さん常連でカワハギ名手の溝口さん、終盤の渋い時合に流石の1枚、拍手でした! 

 140921_122852.jpg

 

今回DKOの、そしてTKBの練習にとご参加いただいた方もいらっしゃったかと思います。ただ当日は、カワハギよりエサ取りの方が活発にエサを取って行き、数も圧倒的に勝っていた状態で、盛期のカワハギ釣りにはまだ時期尚早といったところでした。今週の台風接近で、海をかき回してくれると一気に様相が様変わりすることもありますが、そうして良くなることに期待いたしましょう。

 

今回は釣果的にはかなり厳しいカワハギ釣り教室となりましたが、そんな時こそ「なぜ釣れないんだろ?」と考え込むではなく、折角乗船料を支払い乗った船なのですから、「なぜ釣らないんだろう?」から浮かび上がった疑問を是非質問していただければと思っています。僕でよろしければ、何なりとお応えいたします。

 140921_155730.jpg

 

また、えさ政さんでは10月26日(日)に、毎年恒例のカワハギ釣り大会を開催とのことです。優勝賞品は何とAGS-ボトム! 3艘出し60名で競う大会だそうです。詳しく歯はえさ政さんのHPにて。 

 140921_053925.jpg

 

今後は10月13日(月・祝)に腰越の池田丸さんにて、10月19日(日)には長井の小見山丸さんにてカワハギ釣り教室を開催いたします。 ご参加希望の方は、直接船宿さんにご予約いただければと思っております。よろしくお願いいたします。

 

 

| | コメント(0)

<湯>TKB52 バトルNO,3 葛西橋・第二泉水さんより!

TKB52 (東京湾・カワハギ・バトル)予選会が始まりました!

私は、9月20日 葛西橋の船宿 第二泉水さんからまずは行ってきました。

140920_062355.jpg

当日の参加者は、計22名 内30%上位の方々に決勝大会への切符が授与されます。

30%という事で、この日は7名様が進出となります。

TKBは、カワハギ3枚の長さの合計で競いあいます。

型勝負という事で、朝から皆さん和やかムードで、これもTKBの魅力でもあります。

竹岡沖へ向けて7時に出船となりました!皆さん頑張りましょう!^^

140920_065604.jpg

釣り情報 社長の根岸さんは、旧ロゴのDAIWAジャンパーを

引っ張り出して着てきてくれましたよ(笑)

140920_071228.jpg

TKB大会に向けて、エサのアサリを船べりに置ける、船ベリトレイを

今回発売となった、フタ付きの新しい物に新調しました!

(注:ステッカー類は製品には貼っておりません)

140920_064213.jpg

雨天での釣りでは、せっかくのアサリが水浸しになってしまったり、

逆に、日差しの強い時、アサリが乾いて干からびてしまったり、

等々、皆さんもご経験あるかと思います。

また、TKBでは湾奥からの出船がメインとなりますので、

ポイントへ到着するまでに、波しぶきなどでトレイが水浸しに

なる事もしばしばです。

こんな悩みを解消してくれる、今回の船ベリトレイは気に入っています!

また、フタが邪魔な時は、ボタンとマジックテープで簡単に脱着出来るのも便利ですよ!

カワハギ釣り以外にも、様々なエサ釣りで使用出来ますので

是非、一度釣具店さんでお手にとってみてください。

140920_075532.jpg

さて、竹岡沖に到着し、9時頃から実釣開始となりました。

序盤、外道も含め、エサ取り悪く、厳しい幕開けとなりました。

たまに釣れても、メゴチ、メゴチ・・・

私の経験ではメゴチが掛ってくる時は、潮が効いていないか、

あまり良い状況ではない感じです。

約2時間そんな状況が続きましたが、ようやくポツリポツリ、カワハギが顔を

出すようになってきました。

当の私はというと、掛けバラシに悩み、針、ハリス、アワセ、誘い、等々

色々と試しましたが、全然釣れないていたらく。。。

時折掛っても、ほとんどバレてしまう地獄を味わいました(泣)

終盤、右お隣の方が、1枚、2枚と掛けていきます。

私の頭の中は・・(何で釣れるの・・???)

本番さ中での質問は大変失礼なので、本当の終盤に

大変恐縮でしたが、針は何をお使いかお尋ねさせていただきました。

快く教えていただいたのは、パワースピード7.5センチ 8センチハリス。

なるほど、、私は、アタリが欲しくて、同ハリの6センチに拘ってしまっていました。

もちろん、針だけではなく、誘い~アタリ感知~アワセまで

お隣の方は見事でした!

ただ単に同じタイプのハリを使えば、釣れるわけではなく

誘い~アワセ等々、その時の状況にマッチングしていないと、ですね!

でもその答えが見いだせない私でした。。。

終了間際、残り数分でさほど大きくはないのですが、カワハギを掛けましたが、

やはり、バレてしまいました。

この時は、本当に悔しくて、情けなくて天を仰ぎました。

バレてしまうのは、何か原因があるハズなんです。

でもその原因が何なのか修正出来ず、最後まで解らず、終わってしまいました。

結局、手中に納められたカワハギは、2枚。リミットメイクも出来ませんでした。

私には物凄く、手強く、難しい当日の竹岡沖でした。

でも、これもカワハギ釣りですね、難しい!

終始小雨混じりの、やや寒い日でしたが、TKB大会は無事終了し

こちらの皆さまが、見事決勝への進出となりました!おめでとうございました!^^

140920_162800.jpg

また、今年から設けられている、当日のビック1賞!おめでとうございました^^

140920_162623.jpg

仲乗りスタッフの皆さま、有難うございました!お疲れ様でした!

140920_065649.jpg

第二泉水 小玉船長 TKB初戦でしたが、一日お世話になりました!

有難うございました!引き続き次回予選からも宜しくお願い致します。

140920_081410.jpg

というわけで・・・敗退組みの、私、うめさん、松永さんと・・・

140920_172418.jpg

昨年と、同じお店、同じ席、同じメニューで「涙のラーメン」で開きとなりました(号泣)

号泣は冗談ですが、皆で美味しくいただき、談笑し、解散となりました^^

さて、気を取り直して次回からの予選も頑張っていきましょう!

今日は、沢山のお知り合いの皆さんにも、お会い出来て

釣りは厳しかったですが、有意義で楽しかったです!

あらためて、有難うございました&お疲れ様でした^^

 

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>2014TKB52 浦安吉久 予選会

9月15日 2014TKB52開幕戦に浦安吉久さんに行って来ました。

今回はTKB選手兼ダイワスタッフとしての乗船。

やる事が沢山あって大変なのですが、今回はとても頼もしいこの方が!

気持ち的にも少し余裕が持てての乗船です(^^)v

 

 2014915tkb リョウ.JPG

 

今回は選手23名!

2014915TKBジュンビ(2).JPG

 

ダイワのぼり旗を掲げて出船です! 

2014915TKBジュンビ(1).JPG

 

ディズニーシーを横に見て2014TKB52スタートです(^O^)/

2014915TKBディズニーシー&リョウ.JPG

2014915ディズニーシー.JPG

 

今シーズンのカワハギ釣りは釣果、型とも上々!

かなり期待をしていたのですが、吉久さんの前日の釣果はトップで7枚(;´Д`)

海中ではカワハギの活性を下げてしまう何かがあったのかな?と感じました。

しかし、大貫~竹岡のポイントに着き、釣りを開始すると魚の活性は上々でした!

ベラ、ベラ、キタマクラ、ベラ、トラギス…

この中にカワハギは必ず居ると、様々な釣り方を試しますが…

その後、船長さんも何とか釣らせようと、様々なポイントに船を向けてくれ、ポツリポツリではありますが、

中、良型のカワハギが姿を見せてくれました!

2014915TKB(1).JPG

2014915TKB(2).JPG

2014915TKB(3).JPG

2014915TKB(4).JPG

 

紅一点、玉城さん!胴中ではありましたが、良型ゲット!お見事でした(^O^)/

2014915TKB(5).JPG

 

途中、やはりTKB52出船のまる八丸さんに接近!知り合いが沢山乗ってます!(≧▽≦)

2014915TKBマルハチ(2).JPG

 

私と同じ右舷ミヨシから4番目に家もっちゃんの姿!

勝利のピースに見えましたが…

2014915TKBマルハチ(1).JPG

 

陽気も良く、凪の海でしたが、海中の変化の為か非常に厳しい一日でした。

2014915TKBヨイテンキ.JPG

 

参加の皆さん、とても厳しい状況の中、お疲れ様でした。

様々な事に協力して頂き、有り難う御座いましたm(__)m

惜しくも決勝進出を逃してしまった皆さんも、まだまだチャンスはあります!

御都合の良い日を見つけ予選会にチャレンジして下さい!

2014TKBヨシキュウサンカシャ.JPG

 

そして、本日見事決勝進出された皆さん、おめでとうございます!(^^)v

決勝戦でお会いしましょう!(^O^)/

2014915 tkb ファイナリスト.JPG

 

そして、今回のTKB52で設定された「ビックワン賞」獲得の小林様!

船中最大の27.5cmのカワハギを釣り上げ、賞品ゲット!おめでとうございました!

 

| | コメント(0)

<萱>TKB52 まる八さん 予選

9月15日、TKB52開幕戦にまる八さんからスタッフ兼選手で参加してきました。

2014.9.15_001_R.JPG

参加者は、22名。受付を済ませた後に集合してもらいルール説明をさせて頂きました。

その後、釣座の抽選を行い乗船。

2014.9.15_003_1_R.jpg

みなさんの準備中にタックルチェックとお話をさせて頂き、出船となりました。

2014.9.15_005_R.JPG

ポイントの竹岡沖を目指します。航程約1時間15分。

2014.9.15_006_R.JPG

9時前に竹岡沖に到着。スタート!

カワハギの活性は、低く、水温が高いこともあり外道のオンパレード。ベラ、トラのダブル、トリプルもあり、棚を切っても飛びついてくるので、苦戦。外道対策で、みなさんが仕掛けを入れてからリールをサミングして、上で待ち、外道を釣ってくれてから仕掛けをいれたり、小ぶりのエサを何個かつけて外道のアタリをやり過ごしたり、姑息な手段も使いました(笑)

ワタシが一枚目をキャッチしたのが開始から20分程経ってからです。効果があったのか?

みなさんも外道に悩まされながらも船中ポツポツとカワハギが顔を見せ、笑顔がこぼれます。

2014.9.15_012_R.JPG 2014.9.15_013_R.JPG 2014.9.15_009_R.JPG

左舷で「デカイ」という声が聞こえたので、駆けつけると良い型のヒラメ!嬉しい外道ですね。

2014.9.15_008_R.JPG

途中、同日に予選を開催していた吉久さんの船長が、私たちの船の近くに、船を回してくれて、吉久さん乗船の堀江さん、林さん、みなさんと挨拶できました。

2014.9.15_011_R.JPG

状況は変わらないままお昼を迎え、昼食を取るためにミヨシのスペースに行くと、村上さんがスピニングタックルで広範囲を探り、良型を揃えて数を伸ばし、結果的に数トップの釣果でした。竹岡は、スピニングタックルが強いのか?流石です!

終盤に差し掛かり、お隣の藤田さんがスパートを掛けます。前半は、仕掛けの動かしすぎが原因で釣れなかったそうですが、竿一本分からの誘い下げの繰り返し、ゼロテンより少しマイナスで待ち、アタリがあっても直に合せないで我慢して首を振った時に聞きあげる釣り方が嵌って良型4枚を仕留めました。お見事です!

2014.9.15_014_R.JPG

そして沖上がりの2時30分を迎え、港に戻ってから検量。

2014.9.15_015_R.JPG

今回予選では、特別賞として「ビックワン賞」が設けられ、船中で1番大きなカワハギを釣られた方へ贈呈されます。

集計を終えて、高橋船長から発表してもたいました。

先ずは、ビックワン賞 24.4センチ

大石達也さん おめでとうございます!

2014.9.15_016_R.JPG

そして予選通過者の発表です。

優勝 藤田敏弘さん  67.9センチ

2位 宮沢敦史さん  66.7センチ

3位 村上 功さん  60.7センチ

4位 塚田博喜さん  60.6センチ

5位 永長照美さん  59.2センチ

6位 萱沼昌樹    56.9センチ

7位 渡辺武博さん  52.8センチ

決勝進出のみなさんおめでとうございます!

2014.9.15_020_R.JPG

予選通過ならなかった方もまだ始まったばかりです。予選会は沢山ありますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

今回、カワハギのご機嫌は、悪く厳しい状況でしたが、トラブルもなく無事終了できたことを参加のみなさん、船長、まる八スタッフのみなさん、感謝いたします。

お疲れ様でした。

2014.9.15_004_R.JPG

次回は、9月27日(土)ミナミ丸さんに行きますのでよろしくお願いいたします。

 

| | コメント(0)

〈林〉TKB初戦・吉久さん

今年は9月15日(月・祝)に開幕した 2014 TKB 52、初日は浦安の吉久さんと、決勝の表彰会場となるまる八さんでの開催となりました。当日はTKBの船を峰岸船長が、カワハギ乗り合いを昭久船長が担当しましたが、その乗り合い船に、厚意にしている居酒屋さん「魚河岸料理 初恋屋」さん達7人が乗船、出船前から賑やかで楽しそうです!

 140915_064740.jpg

初恋屋さんのマスターの周東さんと、奥さんで女将さんのひとみさんと。 

 140915_064709.jpg


さて、話題をTKBに戻しましょう。今年も去年同様の大会ルールですが、決勝ではダイワのりールを使っていただくことが追加されています。また予選では「ビッグワン賞」も用意されていて、船中で1番大きなカワハギを釣られた方に目録が用意されています。当日は23人の参加ですので、決勝には7人が残れることになります。

初戦僕は、2013 DKOチャンプの堀江さんと参加いたしました!

10649633_344746902354860_2503718810434396624_n.jpg

堀江さんからルール説明の後、定刻7時に峰岸船長が舵を取り出船となりました。

140915_065126.jpg

140915_065138.jpg

140915_113645.jpg

 

僕らはお互い左舷右舷に分かれ乗船、比較的左右を見渡せる胴の間です。竹岡沖まで航行約1時間半、ご参加の方々(特に斉藤さん・笑)と談笑しながらポイントに到着いたしました。竹岡沖は秋を思わせる青空、乾いた空気と相まって気分爽快です!

140915_083157.jpg

ところが釣りを始めてみるとカワハギの活性は低く、それに反比例してエサ取りの活性は高いようで、船中ベラやトラギスの嵐です・・・。でもそんな中、ポツリ、ポツリとではありますが、カワハギが顔を見せ始めます!

140915_102218.jpg

140915_102234.jpg

僕は当日、20m前後の水深を鑑みRTボトムエアドの組み合わせで臨みました。シンカーを揺らしてアタリが出てもアワセを入れず、アタリが引きになった時に聞き上げリールを巻く釣り方が嵌り、割と早い段階でリミットメイクできました。

 140915_094629_ed.jpg

途中峰岸船長が船を回してくれ、萱沼さんや釣友も沢山乗船しているまる八さんの周りをぐるっと回ってくれました! 

140915_104628.jpg

 140915_104620.jpg

後半戦、渋いながらカワハギが顔を出します。 

 140915_103701.jpg

 140915_121055.jpg

さて、14時半に沖上りとなりましたが、総評するとエサ取りが早くカワハギが遅い様相で、カワハギのエサの食べ方も遅いような印象を強く受けました。この辺りは堀江さんが細かに書いてくれると思います。

浦安までの帰港、兵どもが夢の後・・・ 

 140915_082854.jpg

 

表彰結果は堀江さんにバトンタッチいたします。乞うご期待です!!

140915_161211.jpg

 

 

そうそう、乗り合いに乗られていた初恋屋さんのマスターは、生涯初の尺ハギをGET! おめでとうございます!! 

 yoshikyu_20140915172235_22_small.jpg

 先日宮澤さんと、初恋屋さんでのワンショット! 

 10625148_690677144345939_8511072701218122810_n.jpg

僕は次回、9月28日(日)にえさ政さんで乗船予定です。当日の予定の方々、よろしくお願いいたします。次からは順位に絡まずのオープン参加となります。 

 

 

| | コメント(0)

<湯>水深3~7メーターのカワハギ釣り!小見山丸さんより!

9月13日は、長井・新宿港の小見山丸さんへ行ってきました!

かねてからこの長井エリアのカワハギ釣りをやってみたいと思っていました。

たまたま、今日は夕方に「ザ・フィッシング」で宮澤さん、堀江さん、林さんの

長井沖でのカワハギ釣りでしたね!ご覧になられた方々も多いと思います^^

140913_195359.jpg

140913_195352.jpg

140913_195320.jpg

さて、朝、長井港へ着く前にコンビニストアでコーヒーで一息ついていると、

お隣に、ツッキー登場!

今日は、別船の午前カワハギとの事で、朝から爽やかなツッキーとお話してから

港へ向かいました~^^

140913_052804.jpg

長井沖でのカワハギの特徴は、なんといっても非常に浅い水深です。

ざっくり5~7メーター位が今のところメインとの事で、浅いところでは3メーター!

かなりダイレクトなやり取りを想定して、タックルは2種用意しました。

共に、極鋭 AIR1234RTボトムAGS

140913_062257.jpg

ハリは、良型~中型メインとの事で、この辺りをまずは主体としました。

140913_062413.jpg

お気に入りのRTボトムAGSで開始しました!

140913_063452.jpg

欠かせないアイテムとしては、ヒラヒラスカート!

BASSのラバージグのフラスカートをカット調整するイメージで

1センチほどカットして、よりタイトな動きがでるようチューニングする時もあります。

140913_063510.jpg

さて、実釣開始!とにかく水深浅く、驚きました!

開始早々は、この浅い水深にちょっと戸惑い、早やアワセなどで

掛けバラシが結構ありましたが、潮色、潮流共に良好なお陰で

次第に連発モードとなりました!

メインの釣り方としては、底からちょっとオモリを切った宙で、

ユラユラ~ガガガ!でした!その際ハリはワイドフック、パワーフックが良かったです。

スピード系は一旦口に入るのですが、カワハギが首を振ったアタリに

持ち込めず、終始フック系に私的には部がある一日でした。

140913_091020.jpg

20~24センチ程の中型がメインで、浅場ゆえに横走りも凄く、

非常に面白いカワハギ釣りでした!

浅いところでは、3~5メーター!ボトムの様子も見えます。

140913_121447.jpg

140913_121459.jpg

比較的海藻類は少なく、硬いロックエリアで、

泳いでいる魚までは見えなかったですが、仕掛けが落ちてくると、

岩盤、根の隙間からカワハギが飛び出してくるイメージでした!

7割方、宙でこんなサイズメインでしたから面白いというか、面白すぎです!

10616030_290206551185193_8110011472006886022_n.jpg

宙ですと、1個、やられても2個のエサで勝負できるので、

その浅い水深も手伝い、手返し良く楽しめました!

140913_134855.jpg

トータル91枚で、3割はキープ、残りは元気に海にお帰りいただきました~

今日は、とても良い凪で、潮も晴れていて好条件揃い、

ダイナミックかつパワフルなカワハギ釣りを楽しめました!

140913_095521.jpg

小見山船長 とてもシビレる一日でしたね!有難うございました!

あの強烈な引きで、今も指がしびれています(笑)

楽しい一日を有難うございました!^^

140913_121640.jpg

今日の長井港も、とても穏やかで爽やかな空気いっぱいでしたよ!

140913_135548.jpg

水深5メーター程でのカワハギとの攻防!

めちゃめちゃ面白いですよ!

手返し良い故に、針数は結構使用しますので、予備針は多めにご準備ください^^

今日は、同船いただいた皆さま、小見山丸さん、楽しい一日を有難うございました!

140913_140740.jpg

 

 

| | コメント(0)

いよいよ開幕 2014 TKB 52

先程放映されたザ・フィシングの興奮も冷めやらぬままですが、いよいよ明後日、9月15日(月・祝)より、2014 TKB 52 が開幕いたします!

kawahagi_battle2014.png

昨年同様3枚のカワハギの全長の合計で競うこの大会、乗船者数の上位30%が決勝大会に進むことができます。また、今年は当日お楽しみのサプライズ賞品も・・・(内緒)

 

僕の参加予定日程は

 9月15日(月・祝) 吉久さん
 9月28日(日)   えさ政さん
10月22日(水)   須原屋さん
11月14日(金)   吉久さん

の4日程です。ご一緒の日程方々、船では是非気軽お声かけください。よろしくお願い致します。

 

ザ・フィシングのナレーション 『林だけ波にのれない・・・』 には笑いました~! マイッタ(笑)

140913_194319.jpg

 

【長井エリアでのカワハギ釣り教室のご案内】 

イカ釣りでその名を馳せる神奈川県長井港ですが、カワハギ釣は数少ない仕立て船のみだったそうです。去年よりカワハギ乗り合いを始め、港前は長井の船しか入れない場所もあったりと、相模湾をして手付かずの場所よろしく、カワハギのサンクチュアリとなっているようです。

そんな長井港の小見山丸さんにて、カワハギ釣り教室を開催いたします。

日 程:10月19日(日)

時 間:6時半頃より船上でレクチャー開始 7時出船

当日は出船前に船上でレクチャーを行い、カワハギ釣りに適したタックル、釣り方などの他、当日考えられる攻め方などを解説させていただいき、質疑応答の後出船となります。ポイントでは、随時ご質問をお受けし、皆様のお手持ちのタックルでの最適なカワハギの釣り方をアドバイスさせていただきます。先日同エリアで釣行の時も、数、コンディション共に最良なカワハギが素直にアタリを出しハリ掛かりしてきました。このチャンスにご自分のカワハギ釣りの答え合わせを、そして是非ステップアップしていただければと思っております。

【ご予約は】

小宮山丸さんに電話連絡(℡ 046-856-2310)でご予約をお願いいたします。複数でご参加希望の場合で連座をご希望の方は、ご予約の際にお伝えいただければと思います。

よろしくお願いいたします。
 
 

 

 

 

| | コメント(0)

<萱>カワハギバトルin東京湾2014

 いよいよTKB52予選が9月15日に開幕!

eKtop2014S260_R.jpg

今年もデカハギもとめて盛り上がりましょう!

ワタシもまる八さんから参加します。

同船のみなさまよろしくお願いいたします。

 

| | コメント(0)

〈林〉プレジャーボートで湾蛸へ

釣友の中にはプレジャーボートを所有している方々もらして、春には村上さんのボードに乗せていただき、シーボニアのキス大会に参加させていただきました。今回は、チャリティー釣り会でお知り合いになり、釣り教室にもご参加いただいている高沢さんのボートで、タコ釣りデビューの松永さんと3人、木更津出港で行っていました。

140910_064128.jpg

 140910_064556.jpg

マダコ釣りは太い渋糸を使った手釣りなのですが、渋糸の先に30号前後の極太の先糸を1mほど結び、その先にテンヤを付けた仕掛けを使います。今回その先糸と渋糸の結び目部分に、テンヤを手繰り上げている時の目印に、また、目印をタコに目立たせ寄せる意味合いも込めて、えびせんの袋を細く切り自作してみました。 

 140910_070851.jpg

名付けて「ヒラヒラスカート・かっぱ」!(笑) 自然とえびフレーバーなのが笑えます!! 

さて、のんびりと7時半頃の出船。高沢船長は航程20分ほどの海ほたるに向います。

 140910_140834.jpg

海ほたるでは、梶を握りながら小突いていた高沢さんに当日最初のマダコがヒット! 流石キャプテン!! 

 140910_075617.jpg

それから1時間位粘ったのですが、主にゴロタ場を狙うタコ釣りのこと、たまに根掛りでヒヤッとする以外は3人とも沈黙の時間が続きました・・・。そこで、吉久さんでは岸寄りの堤防の際なども狙うことを思い出し、ボートをを姉ヶ崎方面の岸よりに向けてもらいました。その間吉久さんの峰岸船長とメールのやり取りをし、タコのポイントのことや、当日からカワハギ船担当の峰岸船長との情報交換をしながら姉ヶ崎付近の岸壁に到着しました。

だがしかし、最初のポイントは2m位と超浅場で、小突いているテンヤが見えます・・・。程なく見切り、入り組んだ堤防のある場所に入って行きました。そこで開始するも底は泥のよう・・・、テンヤを上げてみるとヘドロのようで、ここも早々に見切り、5分程走って近くに見えた堤防へ・・・

ここは切り立った堤防沿いにゴロタのかけ上がりがあり、5m~8m位をユックリと流していると、松永さんに待望の初ヒット! 「やったね~、来たね~~!!」と彼に声を掛けますが、松永さんはただただ必死に、上州屋渋谷店さんでのカワハギミーティングの時に買った渋糸を手繰っています(笑) そして顔を表したのは中型のマダコでした! 松永さんお見事! おめでとうございます!! 

 140910_092318.jpg

 流して行くと高沢さんにもヒット! あとは僕だけです(焦) 堤防の終わり、角部にはテトラ帯があり、ここで僕もようやくタコの顔を観ました(安堵) 

 140910_103153.jpg

効いたか!? ヒラヒラスカート・カッパ(笑) 

この場所で、角を曲がり込んで流し込み、またボートを戻しては流してみました。「新しいポンとが開拓できた~!」とは高沢船長。この場所でしばらく粘り15杯程のマダコを釣ったでしょうか。最後はまた海ほたるに向いました。

 140910_134804.jpg

終始凪の楽しいタコ釣りでした。夕方前にはボートの係留場所の木更津に戻りました。 

 140910_151904.jpg

高沢船長ありがとうございました。松永さん、お世話様でした。 

 140910_153004.jpg

帰宅後はタコで早速・・・、鹿児島の焼酎のロックがほど良く合い、当日の追憶も肴に、含み笑いと共に胃の腑に落ちて行くのでした・・・ 

 140910_191902.jpg

 

さてさて、これでマダコも一段落です。これからはカワハギ一辺倒と言いたいところですが、スミイカが始まれば、アナリスター・エギスミイカも使いたいし、イイダコも始まれば、試したいスッテもあったりと、秋は体が3つ欲しいところです(笑) 

 

 

| | コメント(0)

ワラサばかり行ってるな~!

今日は、腰越で、カワハギの予定だった。

台風の影響があると、船長から、凪の日に、

カワハギ釣りをしましょうと連絡があり、

多希志丸のカワハギ取材は延期となったので、

暇をこいても仕方がないと、五力さんと、

松輪、成銀丸から、ワラサ!

DCF00009.JPG

天気予報は、晴れのはずが、雨雨、風風でしたが、

DCF00008.JPG

丸丸太って成長しているのか?

引きも強い!

リーディング73 MH-200に、300JOGで、一気巻ですが、

止めてくれる引きの強さ!

DCF00007.JPG

毎日ワラサ三昧です!

この他に、今日は、照り焼きとカマの塩焼きで、食べ過ぎてしまいました。

基本的に、

ハリス8号 6メーター、ビシ80号 タナ取りは、潮が速い時は、底からとると良いでしょう。

糸フケが出てしまうので、糸を張ってから、タナ取りが必要です。

電動のカウンター数字だけを信用しないようにしましょう。

必ずPEのマーカーを確認して正確にタナ取りしないと釣れませんよ!

底まで40メーターでもリールの誤差では、35メーターから45メーターの違いがある時があります。

5メーター違ってしまうと、タナボケです。

自分で修正していきましょう!

コマセはせっせと巻きましょうね!

タナが合って、コマセを撒けば、反応を止めて、バクバクも夢ではありません。

みんなで協力して、船下にワラサを止め置きましょう!

本日は、お疲れ様でした!

| | コメント(0)

<堀>ぷらっと小網代

仕事の予定が変わり、土曜日は休みに♪

釣りの支度はやってないし、どうしようかな~と考えながらPCで天気予報を見ると、

週始めには雨予報だった天気も曇り予報に! 風も弱い北寄りの風

急遽 釣行決定!

こんな時は出船AM8:00で私の家からは1時間、しっかり寝て、焦らず行ける 小網代丸十丸!

朝食は衣笠SAでかけうどんを食べてのんびり向かいます♪ 

船酔いしてしまう方は消化の良い、朝うどんがお薦めです!(^^)v

船宿に到着すると、釣り仲間の姿!横浜皮研メンバーの平さんに高橋さん♪

ヨロシクで~す(^^)v

201496taira&tt.JPG

 

アサリの準備も出来なかったのですが、良質の剥き身常備で安心です! 

201496mukimi.JPG

 

スタートロッドは極鋭カワハギRT AGSボトム&スマックRT

201496rtagsbottom&smakrt.JPG

 

そして、エサ置きは新調したチョイ置き船べりトレイ フタ付きM

 私は少々改造してます(^^ゞ

201496funaberitorei.JPG

 

スタートポイントは小網代沖水深17mくらいだったかな?

魚の活性は良いようで、バンバン掛かります!

キタマクラ~ ベラ~ (≧◇≦) 

平さん、キタマクラ研究会設立です! 入会希望は初代会長 平さんに直接お願いします!   ウソです(*^^*)

201496kitaken.JPG

 

 序盤ゲストに悩まされますが、確実にカワハギは居ます!

そんな事を証明してくれたのが高橋さん!ダブル~♪♪

高橋さん、沖揚がりまでに3度のダブル達成でした!(≧▽≦)

201496ttw.JPG

 

平さんも実力発揮で見事、良型ゲットです!

 201496tairagett.JPG

 

しかし、キタマクラ、ベラ、カワハギ共に元気の良かったのは開始1時間くらい

海底近くの水温が表水温より低い為か、底潮があまり動かなかった為か

カワハギ独特の「カンッカンッカンッカンッ」という引きを見せてくれません。

ベラやキタマクラの方が元気で、特に大型のベラには何度も騙されました(^^;)

海面まで来たらカワハギと気付く事も何度かありました。

掛かりも浅く非常に苦労する時間がありましたが、アタリが途切れる時間は少なく、何ともムズカ面白いカワハギ釣り!

 

201496asakakari.JPG 

 

途中、掛けるのが非常に難しくなり、これは釣り人の微調整で何とかするよりも、

ロッドに仕事をしてもらった方が掛かるのでは、とチェンジしたのは、

非常に柔軟な穂先を持つ愛竿AIR1234! これにNewエアドをセット!

これがまずまず上手くゆき、ポツポツではありますが、拾い続ける事が出来ました!(^^)v

2014961234&aird.JPG

 

 

途中まで右舷ミヨシに座る 高橋さんとデットヒートを続けていましたが、残り1時間

高橋さんが連続でダブルゲット(≧▽≦)

それを見て思いつく事があり、早々に外したピラピラ集奇(L1号3枚)を再びセット。

ハリも、これまでの釣果をほぼワイドフック4.5号で掛けていましたが、パワースピード7.5号にチェンジ!

そして釣り方も、底中心の集奇の釣り(フワフワ?ヒラヒラ?ピラピラ?)

5連チャンで40枚を釣り大満足! 少々残り時間はありましたが、小物の片付けを始めました。

しかし、終了の合図が掛からないので、2つエサの残っていた仕掛けを再投入!

すると~!!!ジャン!!!

201496 30cm.JPG

 

巻き上げ途中、あまり引かないので半信半疑ではありましたが、そこそこの重量感!

裕二船長にタモ取りしてもらい、今シーズン最大の30cmゲットです♪♪♪(≧▽≦) 

20149630cm2.JPG

 

201496 30cm v.BMP  

 ↑ 上の画像は容量が大きい為、画像としてアップできませんでした。 ポチッとして下さい(*^^*) 

オマケにタグ付きもゲットして、釣果41枚!最大30cm!タグ付きゲット!(賞品あり!)

イイとこ全部いただいちゃいました(^^ゞ 

201496taguhagi2.JPG

 

今回は小網代沖、諸磯沖、三崎堤防前と、様々な場所でとても楽しめました♪(^^)v

小網代丸十丸では、小網代沖だけではなく、ごく近くにカワハギ釣りの1級ポイントでカワハギ釣りを楽しめます。

比較的潮の流れも穏やかで、初心者からベテランまで満足させてくれるフィールドです!

私の釣行日には釣り人4名の大名釣り、今シーズンはどこのフィールドも好調なのもありますが、最近お客さんが少ないとか。

穴場かも(^^)v

今回釣ったカワハギは30cm含めすべて放流。

201496houryuu.JPG

 

丸十丸ではカワハギの生態調査の為に、持って帰らないカワハギにはタグを打って放流します、

普通はそれぞれバラバラに泳いでゆくのですが、

何故か小型のカワハギは3~4枚の群れで暫く海面を泳いでいました(*^^*)

なんか微笑ましいので写真を撮りましたが、写りませんでした(^^;)

201496houryuugo.JPG

 

堤防下をのぞくと3cmくらいのアオリの赤ちゃん?

  

201496koaziro aoribaby2.JPG 

 

海の生き物の「ゆりかご」でもある小網代、今回も色々癒されました

 

おしまい (*^▽^*)

| | コメント(0)

〈林〉DKO強化カワハギ釣り教室

去年は1泊しながらのDKO強化合宿を開催いたしましたが、今年は9月7日(日)に1日の日程でDKO強化カワハギ教室を行いました。目的はDKOの初戦突破、目指すはファイナリストです。今回も久比里の巳之助丸さんにて、去年ご参加いただいた方々を中心に、21人のご参加をいただきました。

早朝の岸壁側の大船長の船では、ご参加の皆様がアサリを剥いたりタックルを準備したりと、忙しくも楽しい時間が過ぎて行きます。

10690131_687794541309782_8876626324670046447_n.jpg出船前は恒例のレクチャーを行いましたが、カワハギのタックルなどは割愛し、DKOの舞台となる竹岡沖の特長、 当日の予想出来うる攻め方に重点を置き述べさせていただきました。

 10641221_633536233431660_5426619733281414458_n.jpg

当日の竹岡沖は水温も25℃と高く、まだコッパは出ていない様相でしたが、中型主体であるものの、アタリを出しアワセ、掛けるのがとてもテクニカルな状況でした。そんな中、RTボトムとエアドのタックルで早々にカワハギを釣り上げる村上さん! この後スピニングタックルでもバンバンカワハギを掛け暫定トップへ!! 

 140907_083216.jpg

左舷艫のTommyちゃん。風が強く雨の降る中頑張っています! AGS-Fとスマックの組み合わせでこの通り!! 

 140907_084458.jpg

よく見れば、中指し指にもう一匹、青く可愛いカワハギちゃんがいました(微笑)

 140907_084506.jpg

吉内さん、コッパのお兄ちゃんサイズに苦笑い。でも、このサイズは掛けるのが難しいんですよね~! 

 140907_084604.jpg

カワハギクイーンの井ノ内さん、前半は小型カワハギに翻弄されていましたが、後半は良型を連発! 流石のクイーンに、「ねぇ、クイーンさあ」と呼びかけると、いつもの元気の良い笑い声での後に「やめてよ~、もぉ~~!」とはいうものの、満更ではないご様子でした(楽) 

 140907_091921.jpgのサムネール画像

さて、竹岡沖では前日の予報よりも風が強く、それも、ポイントを直撃してしまう南西風に加え、そう強くは降らないものの終始雨の中の釣りとなり、薄手のレインでは寒ささえ覚える船上でした。釣り上げるカワハギが温かく感じられ、体感気温と海水温の差がかなりある印象でした。そんな中、大船長はゲバチ根付近の水深15~20m位を攻め、砂地や根、根際など、DKOを想定して様々なポイントを流し替えてくれました。

船中を回っていて感じたことは、水温の割にはカワハギが口を使わず、ゲストの方が早く口を使ってしまったり、いざアタリが出ても、カワハギの口の中の良い所にハリ掛かりさせるためには、何回かのマイナステンション状態を作り優しく聞き上げ、決して掛けにいったり、早アワセは厳禁な感触でした。

中盤より実際に僕も竿を手にし皆さんを回わらせていただきましたが、明らかにカワハギのアタリなのですが、アサリを小さく千切りながら、少しづつチマチマと食べているようで、早アワセではクチビルに浅く掛かってしまい、巻き上げ途中で口切れしてしまうか、口の中にハリが入っても、ハリ先が歯の内側を滑り出てスッポ抜ける状態のようでした。

そんな時は、アタリの初動が出たら、中オモリ等を使って仕掛けを送り気味に=マイナステンション状態にしカワハギにエサを食べる主導権を渡しそっと聞き上げてみます。まだ同じアタリが続いていたら、決してアワセにいかず再度マイナステンションに。そうしている内に、「コンッ」とか「モゾッ」というアタリから、コンコンコン断続する、カワハギがかぶりを振る「引きの序章」になったところで聞きアワセのように竿を立てながらアワセを入れリールを巻き始めます。

そんなことをお伝えしながら皆さんを順々に回わらせて行きました。すると、アドバイスを実践していただき、今まで以上にカワハギを釣り上げる方もいらしたりで、不肖講師としては、釣果に貢献できる=ご参加の方に響けた感があり、嬉しくもあり、達成感もあったりし、「釣れました~!」との声に、ついつい目尻が下がってしまうのでした(元々たれ目ではありますが・・・) 

 

金子さん、快心の1枚にこの笑顔! やはりカワハギ釣りは楽しいですね!! 

 140907_095018.jpg

井上さんはピラピラ集器で前半の渋い時間帯に連釣しましたが、後半はなぜか手が合わずでしたが、でも、渋い時に釣ることは自信に繋がりますよね。 

 140907_100923.jpg

左舷舳の「やっさん」こと安井さん。中盤まで村上さんとデットヒートを繰り広げました! 

 140907_101122.jpg

尾崎さんは毎回回る度に、確かめるように質問をされてきました。当日の遅いアワセの釣り、もうマスターいたしましたね!

 140907_105259.jpg


少々風雨に翻弄されたものの、定刻の15時の沖上りまで釣りができました。TOPは22枚の鈴木さんでした。当日は潮が高く、平作川の橋と船の間はほんの10cm位の所もありました。 

 140907_153155.jpg

 

「楽しく、真剣に、真剣に!」のDKO強化カワハギ釣り教室でした。不肖講師ではありますが、皆様の中からDKOのファイナリスト、果ては優勝者を輩出できればと切に願っております。 巳之助丸さんお世話になりました。ご参加の皆ありがとうございました。今年、僕も予選からエントリーいたします。

140907_155549.jpg

 

教室解散後は、行ける方々だけで恒例の「緊急反省会」と称して、巳之助丸さん対岸のリンガーハットへ。ここでも尽きない釣り談義なのでした・・・(笑)

 140907_162254.jpgのサムネール画像

 140907_162337.jpg

 

RYO'S METHOD ステッカー 新色です!!

 140822_103813.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

<湯>内房・勝山カワハギ好模様です!宝生丸さんより!

9月6日 内房 勝山のカワハギが気になって宝生丸さんへ行ってきました!

当日は、ワラサ船は満員でしたが、カワハギ船は私と

常連の中村さんと二人で大名釣り~

右舷に私、左舷に中村さんと別れて勝山探索です!

タックルは、レンドチューンAGSボトムエアド100H

140906_051830.jpg

140906_052207.jpg

針は、まずは標準サイズを意識してこの辺りをミックスして

試していきました。

140906_051819.jpg

今シーズン発売の、ワイドフックのノーマルハリスは

これが欲しかった私には嬉しいアイテムです!

今の時期の勝山は、水深の浅い10~20メーター辺りの

根やカジメ帯のポイントがメインとなります。

釣り方としては、オモリを竿1本分切ったところからの

誘い下げがメインで、朝から中型メインでアタリました!

こんなサイズが宙でバシバシきましたよ!

140906_081830.jpg

途中、音もなくエサを取られてしまうシーンが幾度もあり

やっぱり居ますね、こんなカワイイのが(笑)

140906_082837.jpg

この時期、こんなサイズのカワハギが沢山居てくれるのは

今後、秋~冬にかけてのシーズンに期待できますね!

カワハギの喰いが良い時は、外道の喰いもいいですね、

他にショウサイフグの子供も沢山居ました。

多彩なゲストが多いのもエリアの状況が良い証拠ですね!

140906_080145.jpg

140906_100537.jpg

カワハギは掛けて楽しい18センチクラスから最大25センチクラス、

バッチサイズ、ワッペンサイズは2割程度で、

ほぼ中型メインで釣り味自体も楽しめた一日でした!

140906_081734.jpg

今日は、割り当ても良く、54枚のカワハギに遊んでもらえました^^

終日アタリ途切れず楽しかったです!

左舷の中村さんもレッドチューンAGSボトムで、65枚と大釣りでしたね!

140906_125952.jpg

賢一船長 終日良い凪で、のんびり楽しめました^^ 有難うございました!

やっぱり勝山のカワハギ釣りも、色々な釣り方が出来て面白いですね!

楽しい一日を有難うございました!

140906_130009.jpg

勝山のカワハギ!今後、目が離せませんね!^^

 

 

| | コメント(0)

〈林〉ザ・フィシング カワハギロケ

9月1日、神奈川県長井の光三丸さんにて、宮澤さん、堀江さんと共に、ザ・フィシングのカワハギロケに行ってきました。当日は生憎の雨模様でしたが風はそうなく、去年よりカワハギ釣りの乗り合い船を出している長井沖での、非常にコンディションの良いカワハギが遊んでくれました。

乗船前、声を拾うマイクを付けられ、おどける堀江さん(笑)

 140901_062654.jpg

僕は当日、ロッドは1455AIR、リールはスパルタンの組み合わせで撮影に挑みました。そして、雨天には持って来いのチョイ置き船べりトレイ フタ付きにアサリを入れ雨水に浸らないようにし、磁石には夜光玉付きバリを置き、浅場なのですが、雨天で光量が少ないと思われる海底付近でのアピールを狙いました。 

 140901_071801.jpg

時折強く降る雨に取材スタッフ もやり辛そうです・・・、ですが、カワハギの機嫌はすこぶる良く、元気の良い個体を自分の間合いに入れ込み、解説しながら釣り進めて行きました。

 140901_071808.jpg

右舷舳より僕、宮澤さん、堀江さんの並びで、一時止んだ雨を見計らい撮影は進んで行きます。 

 140901_110349.jpg

これは当日同船していたかやごんさんのバケツです。開始して二時間半位だったでしょうか、もの凄く良いペースです! 流石!!

 140901_122123.jpg

時間一杯撮影は続き、7人で300枚ものカワハギを釣り上げたでしょうか。下船後は、光三丸さんの待合室で最終打ち合わせ等をしてロケ終了となりました。 

 140901_160046.jpg

ザ・フィシングのスタッフの皆さん、光三丸さん、お世話になりました。宮澤さん、堀江さん、かやごんさん、家もっちゃん、五力さん、寺西さん、ありがとうございました。

1551732_695792913834362_4180429511303788072_n.jpg

当日の攻略法などは、9月13日(土)、テレビ東京17:30からの「ザ・フィシング」をご覧いただければと思います。 よろしくお願いいたします。

 7046_597874300322227_4365387018513039453_n.jpg

 

 

【長井エリアでのカワハギ釣り教室のご案内】 

イカ釣りでその名を馳せる神奈川県長井港ですが、カワハギ釣は数少ない仕立て船のみだったそうです。去年よりカワハギ乗り合いを始め、港前は長井の船しか入れない場所もあったりと、相模湾をして手付かずの場所よろしく、カワハギのサンクチュアリとなっているようです。

そんな長井港の小見山丸さんにて、カワハギ釣り教室を開催いたします。

日 程:10月19日(日)

時 間:6時半頃より船上でレクチャー開始 7時出船

当日は出船前に船上でレクチャーを行い、カワハギ釣りに適したタックル、釣り方などの他、当日考えられる攻め方などを解説させていただいき、質疑応答の後出船となります。ポイントでは、随時ご質問をお受けし、皆様のお手持ちのタックルでの最適なカワハギの釣り方をアドバイスさせていただきます。先日同エリアで釣行の時も、数、コンディション共に最良なカワハギが素直にアタリを出しハリ掛かりしてきました。このチャンスにご自分のカワハギ釣りの答え合わせを、そして是非ステップアップしていただければと思っております。

【ご予約は】

小宮山丸さんに電話連絡(℡ 046-856-2310)でご予約をお願いいたします。複数でご参加希望の場合で連座をご希望の方は、ご予約の際にお伝えいただければと思います。

よろしくお願いいたします。
 
 

 

 

| | コメント(0)

またまたワラサ!

その昔を思い出して、最近ワラサです。

宝生丸からワラサでしたが、

朝方はマダイ!

その後にワラサ!

DCF00001.JPGDCF00003.JPG

ところで、どんなロッドがいいのかな?

最近やっていなかったので、ちょっと不安でした。

前回は、リーディング82を使っていましたが、

今回は、73 MH-200をチョイス。

ちょっと柔らかいかと思ったのですが、主導権はこちらにありました。

案外バットがしっかりしているんですよ!

ライトタックルと思っていたのですが、良い感じのロッドでした。

DCF00004.JPGDCF00006.JPG

次回の釣行もワラサですが、

82MH-160MTをつかってみようかと、

短いと言われそうですが、この長さが、誘って食わせるのには良いかな~って思うのですが、

やってみなければ分かりませんからね!

カンパチのカッタクリに良いかと思ったロッドなんですが、

いろいろ応用が出来ます。

釣り手が自分で考えて、何に使えるか判断していけるバリエーション!

何釣り用とその魚の名前の付いた特化したロッドもありますが、

いろいろ広がっていきそうなロッドです。

次回もワラサの予定ですが、、、!

ヒラメも行きたいですよね!

そろそろカンパも、、、

カワハギやらないのですか?

浮気はしないで?

言われてしまいましたが、

カワハギも忘れてはいませんから、、、、

 

| | コメント(0)

〈林〉カワハギ釣り教室のご案内 at 【小見山丸さん】

イカ釣りでその名を馳せる神奈川県長井港。カワハギ釣りでは以前、数少ない仕立て船のみだったそうですが、去年よりカワハギ乗り合いを始め、港前は長井の船しか入れない場所もあったりと、相模湾をしてカワハギのサンクチュアリとなっているようです。

そんな長井港の小見山丸さんにて、カワハギ釣り教室を開催いたします。

日 程:10月19日(日)

時 間:6時半頃より船上でレクチャー、7時出船

当日は出船前に船上でレクチャーを行い、カワハギ釣りに適したタックル、釣り方などの他、当日考えられる攻め方などを解説させていただいき、質疑応答の後出船となります。ポイントでは、随時ご質問をお受けし、皆様のお手持ちのタックルでの最適なカワハギの釣り方をアドバイスさせていただきます。先日同エリアで釣行の時も、数、コンディション共に最良なカワハギが素直にアタリを出しハリ掛かりしてきました。このチャンスにご自分のカワハギ釣りの答え合わせを、そして是非ステップアップしていただければと思っております。

【ご予約は】

小宮山丸さんに電話連絡(℡ 046-856-2310)をしていただき、ご予約をお願いいたします。複数でご参加希望の場合で連座ご希望の方は、ご予約の際にお伝えいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

 

写真は9月1日、長井沖で同船していたかやごんさんの2時間余りでの釣果です!

140901_122123.jpgのサムネール画像

 

 

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。