船最前線ブログ

2014年3月アーカイブ

<文>28日 小湊、寿々木丸に行ってきたよ!

28日に、

小湊、寿々木丸に行って来た。

友人の話しでは、40~50メーターをやったそうで、

今回は、電動リールを、バックから降ろして、手巻きで挑戦と、

小湊に向かったのでした。

前回乗った地域から検索したのだが?

船長が、おかしい?

潮が晴れて、居ないとか?

だんだんお深場を探して、

100メーターになってしまった。

手巻きリールは、この日にするのが、

ほとんど初!

参った!手が痛い!

最後まで釣りが出来なかったよ!

Dcf00040

こんだけ釣れればいいよね!

竿を持つ左手が腫れてました!

次回は、両方持って行こうと心に決めたのでした。

次回は、4月1日に佐島の予定!

明日だった!

エイプリルフール!!??

 

| | コメント(0)

〈林〉雰囲気を共有する

外食をするとき、何を食べに行こうかと思考をめぐらすのは楽しいものです。僕はラーメンが好きで、一人で、時として釣友と、行き付けのラーメン屋さんに行くことがあります。また、お酒にも目がなく、こちらは圧倒的に釣友との同席が多いのです。

そんなお店では、見ず知らずの方2人が座っている4人掛けのテーブルに、僕と友達の二人で後から、相席として座らせていただくことがあります。そのようなとき、大抵お店の人の誘導でその席に座ることになるのですが、座る前には決まって「失礼します」とか「隣、よろしいですか」などと、先着の方にお声かけすることがマナーだと思っています。

それは、ある程度の時間を、すぐ間近で共有することの、合意を得られることが前提の合図でもあるのではないでしょうか。そしてこれには、「雰囲気を共有する」要素が多分に含まれているからだと考えることができます。

琥珀.jpg

逆に、短い時間しか共有しない場合、例えばガソリンスタンドで隣り合った方には、目が合えば軽く会釈はするかも知れないものの、大抵はお互いを認識しつつ、給油作業が終わればそのまま車に乗り、ことセルフスタイルのスタンドであれば、誰とも言葉を交わすことなくスタンドを後にするのではないでしょうか。これは雰囲気を共有するというより、個人でできる作業であるので、これで良いのだと思います。

 

船釣りでは、公共のバスや電車と同じ「乗り合い船」を利用することも多く、楽しい1日の大半を決まった釣り座で過ごすわけで、釣りをする≒雰囲気を共有する ことにもなり、やはり隣り合った方々に挨拶して釣り座に着き、気の合う同士であった場合はそこから釣友が生まれ、お互いの釣りの幅が増えてゆくこともあるのではないでしょうか。

2008年、DKOの予選に初めて出場したときは、どこの釣り宿、どんな大会にも、今より心細い思いで1人で参加していましたが、最近では、雰囲気を楽しむベクトルが同方向の方々との出逢いも多く、どこに何を釣りに行ってもお知り合いの方がいらっしゃり、より楽しい雰囲気を共有できるようになりました。

釣りは「楽しく、楽しく、真剣に!」。船に乗って沖に出るという胸逸る気持、そんな雰囲気を仲間と共有しながら、いつもEXPERT を目指し 、そしてEPICURIAN であってください!

130914_152209.jpg

 

 

| | コメント(0)

<湯>小湊マルイカ!海悪く撃沈!

今日は、小湊・鯛丸さんからマルイカでした!

予報では、南西10メーター以上の風!

とりあえず、みなさん宿に集結~

集まってみれば、皆さん顔見知り(笑)

全員で座席をクジ引き!

こんな時に限ってミヨシ側を引いて泣く人?

胴の間を引いて喜ぶ人?

海は悪くとも、気持ちはもうバクバク・マルイカな皆さんでしたが!??(笑)

DSC_3904.jpg

海へ出ると、やっぱり荒れていました。。。

何とか、ギリギリ出来ない事は無かったですが、

悪くなる予報を考えると、前半戦勝負は間違いない状況です!

DSC_3905.jpg

昨日あたりから、潮が澄んだせいか、ヤル気ある反応は

幾分水深が落ちたようです。

100メーター前後で開始!

ちょっとこのウネリで100メーターですと

正直、キツかったですね!

繊細なアタリを取りにいくマルイカ釣りが成立しませんでした。。。(泣)

なんとか掛けたマルイカをウネリの中、バラしながらも

バラシ対策の練習にはなりました!

こうして写真で観ると、良い海に見えるのですが、

実際には、かなり荒れていましたね!

どこかにつかまらないと立っていられない程でしたね。

DSC_3908.jpg

DSC_3909.jpg

DSC_3911.jpg

今日の、うめちゃんは勿論タンクトップ姿!(笑)

DSC_3907.jpg

9時前に、さらに南西風吹き込み、前回と同様に早揚がり!残念!

結果3ハイ!厳しいマルイカロード続いてます!

DSC_3914.jpg

船長!今日の海は厳しかったですね!また次回に期待しましょう!

有難うございました!^^

DSC_3915.jpg

それにしても、撃沈でしたが、こうして写真を眺めていると

楽しい一日でしたね!これも良いアングラーの皆さんのお陰です^^

皆さん海悪い中、お疲れ様でした!

DSC_3917.jpg

DSC_3920.jpg

今日は、ちょっと早揚がりでしたので、南房の干物を

お土産に帰路に着きました。(クーラーの中身も寂しいので^^;)

DSC_3921.jpg

さぁ、また次回に期待!マルイカの反応はバッチリあります!

海の良い日にまたチャレンジしたいです!^^

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>2014 横浜 国際フィッシングショー

みなとみらい、パシフィコ横浜で行われた国際フィッシングショーに行ってきました。

と言ってもそれは、夢にも見ないダイワ船チームスタッフとしての参加!

それともう一つ、船コーナーでのカワハギ釣りトークショーまでさせて頂きました(≧▽≦)

2014yfs d-boos ms.JPG

 

この様な場所でトークショーが出来る事&DKO優勝をお祝いして、極鋭友の会の有志に花束をプレゼントして頂きました!

初日、21日には極鋭友の会のアイドル、Miki Abeさんにプレゼンターをして頂きました(*^▽^*)(下のトークショー動画を御覧下さい)

2日目、22日は直前までプレゼンターがいないと聞いていたのですが、いざトークショーが始まると、そこにはなんと!!!

それはそれはカワユイ、秋丸 美帆さん!みっぴのお姿!(≧▽≦)

10003438_388415437964939_2105255900_n.jpg

 

調子に乗ってハグをお願いすると、快く受けてくれました(≧▽≦)♡♡♡ みっぴファンの皆さんゴメンナサイm(__)m

1555501_534420196674474_469852119_n.jpg

  

2012DKOチャンプもハグをしようとしたので、それは私が阻止しておきました(^^)v

2014yfstook miya&ryo&hori hag.JPG

1381744_256346984538246_953681048_n.jpg

155180_611005985642477_343359719_n.jpg

21日のトークショーの動画です!こちらをクリックして下さい➡トークショー 長田さん ありがとう!(^O^)/

MCをしてくれた宮澤さん!良いフリ、そして所々笑いを散りばめてくれたくれた良さん! ありがとうございますm(__)m

ダイワ船チームの一員としてダイワブースに立てた事、そしてトークショーまでさせて頂いた事、大変光栄に思うと共に感謝致しますm(__)m

これからも私のモットーである「探究心」を忘れずに精進していきたいと思います!(^^)v 

2014yfs ryo&hori.jpg

 

家元っちゃん、ありがと~!(^^)v 

 2014yfs ryo&hori2.JPG 

2014yfs iemoto&boon.JPG

 

釣具キャスティングから応援にきてくれた井筒 静香さん!

これまたキュートなお嬢さん!こんな可愛くて華奢な体でジギング大好き!

ワラサ、カンパチ、マグロもバリバリ釣っちゃうそうです!!!(≧▽≦)

2014yfs idutu&hori.JPG

 

北本さん、田淵さんのトークショーではマグロ釣りのお話。

この釣りはもっと面白くなっていきそうですね!!

2014yfs took kitamoto&buchi.JPG

 

こちらはカリスマ村越さん!

この方のお話は本当に興味を引くし勉強になります! 

2014yfs murakosi.JPG

 

永田さん、宮澤さんのマルイカトークショー!

大変勉強になりました!

1555501_534420203341140_1458113535_n.jpg

 

 

船ブースには様々なニュータックルが勢揃い!

2014yfs d-boos rod.JPG

2014yfs d-boos reel.JPG

 

そんな中、私が見る限り、来場者の興味を特にひいていたのは電動リール!

2014yfs d-boos reel2.JPG

 

デモンストレーションに用意された巻き上げ体感コーナーでは、子供たちの表情が印象的でした! 

 2014yfs boys1.JPG 

2014yfs boys2.JPG 

2014yfs boys3.JPG 

2014yfs boys4.JPG

 この少年は150メートル程の巻き上げ体感を10往復以上!?

その眼差しは真剣でした(*^▽^*)

2014yfs boys5.JPGのサムネール画像

 

現代魚拓コーナー

いつ見ても本当にリアルで綺麗です(*^^*) 

 2014yfs gyotaku.JPG

 

 釣りの世界にもキティちゃん!(≧▽≦)

2014yfs kity2.JPG

2014yfs kity1.JPG 

 

 こちらはスポーツライフプラネッツSLP WORKSブース!

2014yfs slp-works.JPG

 

これからもカッチョイイ カスタムタックル!スペシャルパーツをヨロシクです!(^O^)/ 

2014yfs slp-works2.JPG

 

2014横浜フィッシングショーに来場頂いた皆さん、有り難う御座いましたm(__)m

「NO FISIHING NO LIFE」 釣りに出かけましょう♪(^^)v

 

ダイワ船チームの皆さん、お疲れ様でした!

これからも頑張って行きましょう!(^O^)/ 

2014 daiwa fune team.jpg

 

その後、船チームでの親睦会!

児島玲子さん♪ 秋丸美帆さん♪ 井筒静香さん♪  幸せです(≧▽≦)♡

 

 近藤先生も合流して頂き、それはそれは盛り上がりました!(^O^)/

 

 

 いやぁ~本当に風通しのイイ素晴らしいチームです!(≧▽≦)/

 

初めてのトークショー、お花を用意して頂き、体を気使ってドリンク剤を差し入れてくれた極鋭友の会の皆さん、本当に感謝しています!

これからも宜しくお願い致します(^^)v 

2014yfs ohana.JPG 

2014yfs tomonokai.JPG

 

そんな夢のようなひとときの翌日は横浜皮研例会 !

2014.3yk reikai tackle.JPG

 

 現実に引き戻されました、大撃沈でした(T_T)

雪代の影響か、水温低下、オモリはキンキンに冷たく濁り潮。

私は普段あまりやらない、誘導仕掛けを底に集中させほぼ動かさない釣りに終始しましたが、結果1枚…

2014.3yk reikai sikake.JPG

 

全体でも0枚が十数人出てしまう本当の激渋りでした。

 

おしまい(≧▽≦)

 

| | コメント(0)

〈林〉悪天延期 LTマルイカ釣り教室 at 五エム丸さん

明日、3月30日(日)に開催予定だった五エム丸さんでのマルイカ釣り教室ですが、先程鈴木船長から連絡をいただき、明日は悪天予報の為延期とさせていただきました。

予備日は4月13日(日)です。明日ご予約をいただいている方に、本日五エム丸さんより連絡させていただくようになっております。その際、優先的に予備日でのご予約をお伺いいたしますので、日程が許すようであれば、是非再度ご予約いただければと思います。それからキャンセル待ちの方に連絡させていただきます。また「この日(予備日)なら大丈夫!」との方も、五エム丸さんに連絡いただければと思います。

安全第一、よろしくお願いいたします。

 bn_school.jpg

追記

五エム丸さんより連絡がありました。 「3月29日(土)、09:30現在で8名様のご予約」とのことでした。まだまだ空きがあります! よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

| | コメント(0)

<湯>とことんフィッシングな3連休でした!

まずは、3月20日(木) 国際フィッシングショー横浜前夜は!

渋谷・上州屋さんにて

「宮澤さん&秋丸さんのマルイカトークショー」に参加してきました!

IMG_20140324_190317.jpg

2014マルイカ最新タックルのご紹介は勿論ですが、

それ以上に、「マルイカ釣り!」に焦点を当てた、

非常に有意義なイベントでした。

また、本当に大勢のマルイカフリークの皆さんに

お集まりいただき大変盛り上がりました^^

DSC_3805.jpg

中には、メモを取りながら、時に真剣に聞き入っておられる

方々も居ましたね!

マルイカ釣りは、シンプルでライトな釣りです!

是非これから始められるアングラーの方も、

あまり難しく考えず、とりあえず仕掛けを海に

放りこんでみてください!

きっと、その先には楽しいマルイカパラダイスが待っていますから!^^

その後の打ち上げも盛り上がったのは言うまでもありません(笑)

*三上さん、渋谷駅までありがとうでした!^^;

 

さて、お次は、3月22日 フィッシングショー2日目に行ってきました!

わがDAIWA船ブースでは、ご存知テスターの皆さんの

トークショーが各開催され、こちらも盛り上がりましたね^^

永田さん&宮澤さん!

IMG_20140324_190924.jpg

北本さん&松永さん!

IMG_20140324_190832.jpg

宮澤さん、堀江さん&林さん!

IMG_20140324_190748.jpg

フィシングショーでは、最新タックルは勿論主役ですが、

普段なかなかお会い出来ないアングラーの皆さんとの

交流も楽しみの一つです。久しぶりにお会いできた

皆さん、有難うございました!

10013920_601683173259330_429865423_n.jpg

そして、終了後は、船チームの懇親会!

釣り界のカリスマ女性アングラー・児島玲子さん

DAIWAは女性や子供たちを応援しています!

IMG_20140324_192803.jpg

そして、長きに渡りDAIWAフィッシングスタッフでもある

ドクター近藤惣一郎先生も登場!でさらに盛り上がりました!

大変恐縮ですが、ツーショットさせていただきました^^

有難うございました!

IMG_20140324_192551.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎていき、皆で団結して

今宵、宴は終了しました!

1510529_474912572610725_121766704_n.jpg

さて、お次は、3月23日(日)

昨日、DAIWAの、田淵さんと石塚さんが、小湊マルイカを

か・な・り・お楽しみだったとの事で(笑)

私も、行ってきました!

でも、行った先は、三浦!

城ケ島沖のマルイカが気になっていました!

賛同してくれた、同じくDAIWAの小泉さんと、

松輪の成銀丸さんから城ケ島沖マルイカ行ってきました!

DSC_3870.jpg

フィッシングショーで、永田さんのスッテセレクトのレクチャーを

参考に、ケイムラ→ピンク→ケイムラ→布巻き→シルエット系ハダカ

下2本で見せて、上3本にマルイカを乗せたい、

こんなイメージのセッティングです!

DSC_3879.jpg

開始1投目、着低し少し聞きあげたところで、

小さなアタリでしたが、幸先良く1ハイ取れましたが・・・

潮の汚れのせいか、マルイカの反応あるも、なかなかスッテに

興味を示してくれません。。。

上2本はあまり変えず、下3本を色々なスッテに交換して

いきましたが、これといった改善は見つけられませんでした。

また、叩きを入れてスッテを動かし、誘いましたが、

これには、ほとんど無反応な一日でした。

静かにスッテを置いておく位の方が良かった気がします。

しかし、静かにステイさせて居ても中々アタらず

時にアタっても、触りが非常に弱く、難しかったです。

結局、最後まで攻略できず、釣果は8ハイとなりました。

IMG_20140324_195248.jpg

今日は、難しい一日でしたが、振り返ってみると

大変勉強になった一日でした!

小泉さんも貧果に終わりながらも、

「釣れなかったけれど、最高の天気の下で、釣りが出来た事が

嬉しかった」と、おっしゃっていたのが印象的でした!

2011・DKO(ダイワ・カワハギ・オープン)チャンプ小泉さん

私も楽しかったです!^^有難うございました!

IMG_20140324_192851.jpg

三浦・城ケ島界隈も、マルイカの反応は随所にありました!

潮がもう少し、良くなれば間違いなく楽しいマルイカ釣りが

出来ると思います!いつ爆発するか非常に楽しみです!

 

この3連休は、本当にフィッシングな連休でした!

フィッシングを通して、沢山のお友達にもお会いでき

本当に有意義で楽しい連休でした!

お会いした皆さん、本当にありがとうございました!

 

| | コメント(0)

横浜 国際フィッシングショー2014

3/22(土) パシフィコ横浜で開催されている国際フィッシングショー2014に行ってきました。

釣り具メーカー、マスコミ各社、関係団体などのブースが立ち並び、大盛況!
顔見知りやお友達も数多く、写真を撮るのも忘れてすっかり楽しんでしまいました。

20140322FS 017.JPG


ダイワのブースでは新商品などの展示や、その特性を体感するコーナー。
有名プロ、テスター陣によるトークショーも行われ大変盛り上がっていました。

20140322FS 011.JPG

私は今年ダイワから新しく発売される、マグロゲーム用のNEWロッドやマグシールドを搭載したNEWシーボーグ750に大注目!!

20140322FS 022.JPG

 

20140322FS 021.JPG

今年はますますアツく燃えちゃいそうです。

20140322FS 016.JPG

DYFC(ダイワヤングフィッシングクラブ)のコーナーでは小菅綾香ちゃんも頑張っていました。

 

10013920_601683173259330_429865423_n.jpg

2014ダイワ船チームは新たに児島玲子さん、ブチさん、福田さん、矢野さん。と言った強力なメンバーを迎え、ますますパワーUP!
何と言っても個性豊かなメンバーと抜群のチームワークが自慢です。

改めて、私自身もっともっとブラッシュアップして行かなくちゃ。と思いました。
これからも楽しい釣りを広めて行くお手伝いができるよう頑張りますので宜しくお願いします。

| | コメント(0)

〈林〉マルイカミーティングとカワハギトークショー

3月20日(土)、上州屋渋谷店さんでの宮澤さんの「マルイカ・ミーティング」と、21日(祝・金)、22日(土)、横浜フィシングショーでの「カワハギトークショー」の模様を、写真中心でどうぞ!

140320_185724.jpg

右は永田さんのカラーチューンスッテ。左は秋丸さんのカスタムスッテです。共に、ご参加の皆さまのプレゼントに!

140320_184456.jpg

140320_192716.jpg

動画を撮っている方を盗撮(笑)

140320_193255.jpg

最後は恒例のジャンケン大会! 僕のステッカーも出品させていただきました。

140320_202703.jpg

その後は居酒屋さんで打ち上げです!

 10013822_610540629026258_218172235_n.jpg

 

この後、明日のフィシングショーに備え帰途につきますが、途中JRが人身事故で止まってしまい、就寝できたのは2時過ぎ、5時には起床してパシフィコ横浜に向います!

開場1時間前のDAIWAブースはこんな感じです。まだ室温も低く、凛とした感じでした。

140321_080318_ed.jpg

140321_100809.jpg

初日、船フ―スでの最初のトークショウーは、DKOのときの心境やカワハギ釣りのスキル、チョッピリお笑いも交えてのトークショーでした。

 1966743_388022741337542_923520336_n.jpg

1555418_552037741561882_561956522_n.jpg

初日のカワハギ最前線トークショーの動画はこちらをクリックしてください。

そしてこんな場面も! 嬉しいやら、恥ずかしいやら、トークショーより緊張です(笑)

10006592_1404604563140044_733859488_n.jpg

宮澤さん、永田さんのマルイカトークショー 

 140321_140344.jpg

 ブチさんと北本さんは、マグロです!

140321_120433.jpg

2日目は、オープンングから、晴夫ちゃん(堀江さん)と熱い抱擁・・・(爆!) 

 2014032214020002.jpg

家もっちゃんのタオルです!

 2014032209160000.jpg

スーパーメタルトップ、エアー・ガイドシステムのコナーにて。 

 140322_133219.jpg

若手のホープ、品っちと! 

 1468726_10203663935183677_1850971663_n.jpg

近藤先生と、RYO'S METHODステッカーと一緒に!

 

140322_214123_ed.jpg

 僕は2日間のお手伝いでした。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。これからも「楽しく、楽しく、真剣に!」頑張ってきます!!

 1513719_611443825602605_105183628_n.jpg

 

 140322_223948.jpg

 

| | コメント(0)

<萱>横浜フィッシングショー2014

国際フィッシングショー2014に行ってきました。2014.3.22_001_R.JPG

船ステージで、永田さん、宮澤さんマルイカ最前線トークショー2014.3.22_003_R.JPG秘密の話まで、たいへん勉強になりました。2014.3.22_004_R.JPGじゃんけん大会も盛り上がりました!こっそりだしてみたけど相変わらずの弱さ(笑)2014.3.22_006_R.JPGみっぴと写真を撮ってもらおうと思ったら、スタッフに呼ばれて、行ってしまって残念がっていたら、りょうさんが代りをしてくれました(汗)2014.3.22_008_R.JPGお昼は、クイーンズスクエアの陣麻婆豆腐に行きました。4人で、4種類のランチをシェアして食べました。メチャ辛かったけど、旨かったです。2014.3.22_007_R.JPG北本さん・松永さんによる「JOG IS JOY」 ジョグは楽しいですね!新しいマグシールド新搭載のシーボーグ300Jも欲しくなっちゃいました。
2014.3.22_020_R.jpg

2012チャンプ 林りょうさん 2013チャンプ堀江さん 2014チャンプ宮澤さん(自己申告!?)によるカワハギ最前線トークショー 笑いあり、真剣ありで、大盛り上がりでした。2014.3.22_012_R.JPGじゃんけん大会で商品ゲットおめでとうございます!2014.3.22_013_R.JPG2014.3.22_014_R.JPG村越さん・西野さん いつも楽しい釣りカッコいいですね!2014.3.22_016_R.JPGDYFCで丸十丸の綾香ちゃん。 綾香ちゃんは、湘南丸遠洋航海実習で4月半ばから3ヶ月間、マグロ延縄漁業をしにハワイに行くそうです。ガンバレ~!帰ってきたらまた釣をしましょう!2014.3.22_017_R.JPGワカサギ最前線の根岸さん・石塚さん&磯貝さん(マーティ)2014.3.22_018_R.JPG横浜フィッシングショー楽しかったです!

たくさんの方に声を掛けて頂きありがとうございました。

フィッシングショー終了後は、DAIWA船チーム懇親会が行われ、いちだんとチームの団結が強まりました。2014.3.22_019_R.JPG
2014.3.22_022.jpgまだ開催中なので、よろしくお願いいたします!2014.3.22_021_R.jpg
 

| | コメント(0)

〈林〉カワハギ最前線トークショー

2014横浜フィシングショー初日、DAIWA船ブースにて、宮澤さん、堀江さん、僕の3人での最初のトークショー、「カワハギ最前線トークショー」の動画です!

 2014032214020002.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

<文>日本の魚釣りのロケ

金谷、さえむ丸より

久々に、アオリイカのしゃくりのロケ!

港には、重油がべっとり!

DCF00029.JPG

おいおい やばいぞ!!!

リールは3個持って行った!

釣っていると、糸が出なくなる!

ロケじゃなきゃ止めちゃうよ!

PEはべとべとでみんなダメになってしまいます!

DCF00031.JPG

後半は、早めに終了でしたが、

この重油はどこまでいくのか?

アサリの季節も来ているのだけど!?

一応仕事はやっつけました!

参ったな~!

そんな感じです。

ガイドにもこびりついてしまった!

洗うのが大変です!

ロケ流れにならなくて、よかったけど、

船舶の事故ですが、行方不明の方々がまだいるとか?

ニュースでもあまりやっていないような気がします。

状況が分からないですが、

大変な事故なんですよね!

これから被害も広がるのではないでしょうか?

| | コメント(0)

〈林〉相対距離 ゼロテン・パーミング

相対の意味を調べてみると、「あるものが、ほかのものと関係して存在すること」とあります。釣りでまず、対象魚と釣り師との関係が思い浮かびます。また、船に乗って釣りをする船釣りでは、海底と釣り師との相対距離は常に変化していて、凪であればその変化は少なく、船が揺れるほど変化は大きくなっていきます。

堤防で釣りをしているとき、多少風波が立ち海面がざわついても、海底と堤防の相対距離は何ら変わらず、同じ場所に仕掛けを投入して底立ちを取れば、ラインは毎回一定の長さだけ出るわけです。船でも、アンカーを入れ定点に船を固定した場合など、堤防と同じように、安定した状態で釣りができるかと考えることができますが、実際は、ウネリによる船の上下動があり、舳から1本だけのアンカリングの場合は、艫が左右に振られることもあり、やはり相対距離は常に変化しているものです。

そこで、揺れる船上でも、オモリを着底させてからラインを一定の長さに保ち、船の上下動を打ち消すかのように竿を上下動することにより、トップガイドと海底の相対距離は変わらず、僅かに穂先だけを曲げた状態=ゼロテンションを維持できたなら、海が荒れているときほど、仕掛けコントロールが難しいほどアドバンテージがあるものです。

以前こんなことがありました。 マルイカ釣りでのことですが、舳突っ込みのその日、当然舳からマルイカが釣れ始め、数人おいて艫2番の釣り座の僕には中々アタリが来ませんでした。そして、舳側の釣友を羨むよう見やってしまう時がしばらく過ぎ、後半に差しかかった時に徐々に風が増し、体感で10m位の風になってきました。すると、オモリを切った釣り方で、より揺れの激しい舳近くでは仕掛けが暴れすぎてしまい、きっとマルイカが抱き付こうにも、動き続けていて止らない=食う間のないスッテには抱き付こうにも抱きに行けず、そんな数人のスッテを見ながら僕の仕掛けの前に来たマルイカは、ピタッと止っているスッテをすぐに抱いてくるようで、その日、最後の1時間で30杯余りのマルイカを釣ることができました。

これは何も、ゼロテンションが万能の釣り方だと謳っているのではなく、効果的なことがあるという程度なのです。

揺れる船上でゼロテンションを維持するには、リールを装着したロッドの前方、丁度重心となる部分(写真の極鋭カワハギAIR1455ではフォアグリップ(リールを絞め込むネジ部)の前)を、人差し指と中指で挟み込み、中指を支店としてロッドは支えられていて、小指はトリガーの前に持ってきます。

130902_113213.jpg

これを「ゼロテン・パーミング」と呼んでいますが、リール、ロッドを外すとこんな手の格好となります。

130902_113334.jpg

中指がタックルの重心の直下にありますので、ゼロテン・パーミングでは、ウネリなどで船が上がった場合はパーミングを緩めてやると、自然に竿先は下に引かれるように動き、反対に、船が下がった場合には、リールのハンドルが逆転しないことを利用し、パーミングしている掌とは反対の手を使って、ハンドルを逆転させる方向に優しく力を加え竿を越こします。

僕はこの方法を、マルイカはもちろんカワハギ、湾フグ、アナゴ、イイダコなどでも用い、オモリを切るスミイカのエギングなどでも使っています。

船は、プロである船長が好敵手の真上まで連れて行ってくれることを思うと、それだけで釣り人にはかなりのアドバンテージがあります。ただ、陸地と違って様々な揺れをする船上のこと、その揺れを制することは、船釣りのスキルのなかでは見過ごすことのできない要素だと思っています。

 

【RYO'S METHOD ステッカー】

明後日3月20日(木)、上州屋渋谷店さんでの宮澤さんのマルイカミーティングの際と、横浜フィシング・ショー、DAIWA船ブースにてのカワハギ最前線トークショー(3月21日 11:00~11:40、22日 14:00~14:40 )の際、僕のゼロテン・パーミングをモチーフにしたオリジナル・ステッカーをジャンケン大会に出品させていただきます! 

131223_100903.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉マルイカ釣り教室 at 多希志丸さん

予てから開催を予定してた3月16日(日)、腰越の多希志丸にてマルイカ釣り教室を開催いたしました。今回は2年振りに開催のマルイカ教室となり、多希志丸さんの常連である新さん、坂巻さん、松原さんを含む19名の皆さまにお集まりいただきました。

140316_101253.jpg

当日は後半、南よりの強めの風の予報の為、出船前のレクチャーは下船後とし、人数が揃い次第定刻より早めの出船となりました。

1743560_727506497294664_1930354238_n.jpg

雅船長が目指すのは亀城根。前日の情報では、潮色は濁っているものの40杯オーバーの釣果だった船もあったようです。しばらく航行すると、ポイントには多くのマルイカ船が捜索中、期待が高まります!

140316_073700.jpg

 140316_073940.jpg

天気良く微風。ミヨシで数分皆さんを見守りますが、ファーストヒットは訪れないようで、皆さん巻き落としに入ります・・・

その後、右舷舳の新さんより船中を回ってみますが、中々アタリが無い状況で、アタリ→アワセ→巻き上げであえなくバラシ×2回・・・、抱きが弱いようで、活性が低いことが窺えます(写真は、バラシた新さんを攻めているわけではありませんので・笑)。

 1932416_262653637237586_126427688_n.jpg

それでもポツポツと、インターバルは長いですが、ヤリイカ混じりでマルイカが顔を出します!

 140316_084441.jpg

 140316_084555.jpg

 140316_085812.jpg

 140316_102524.jpg

アタリがかなり遠い釣りでしたが、やはり予報どうりに南風とウネリがユックリと上がってきて、雅船長のジャッジでタイムアップ、早上りとなりました。

気象条件とはいえ残念、それではと、下船後は皆さんにクーラーを椅子にしていただき、時間もあることなので、堤防でジックリとマルイカ釣りのレクチャーをさせていただきました。

 10009905_634349916638932_446542109_n.jpg1013862_634349936638930_311943416_n.jpg

 1920219_634349959972261_624686330_n.jpg

レクチャーの内容は、冒頭は今日の総評の後、【今年のマルイカ釣りの今までの概要】、【LTマルイカ・タックル】、【釣り方】、【スッテのチョイス】、【アワセ・、巻き取り、取り込み】などに分け、実際のタックルを手にしながら解説させていただき、随時質問もお受けしながら、時間が取れる分、より細かく述べさせていただきました。

 

今回、気象条件とはいえ早上りになってしまいました。そして、海の状態もマルイかの活性も前日よりかなり悪くなってしまっていて、実釣ではかなり厳しい状況となりました。そんな中、お集まりいただいた方々には、申し訳なく思っておりますが、条件の良い日ばかりではなく、こんな日も釣りなのだと、ご理解いただけたら幸いです。

この後は、21日(金・祝)、22日(土)のフィシング・ショー、30日(日)の五エム丸さんでのマルイカ釣り教室が控えております。その後もまた、状況を見ながらマルイカ釣り教室を開催して行きたいと思っております。

 140316_123048.jpg

 

 

| | コメント(0)

<湯>今シーズン初の小湊マルイカ!

3月16日は、南房・小湊港の寿々木丸さんへ行ってきました!

仲間内6人で左舷に並びますが、まずはジャンケンで座席決め!

笑ってしまったのは、ジャンケンで初めに負けた、小泉さんが

なんと大艫GET!(笑) 私は、左舷3番目となりました!

右舷には、ブチさん等が入っています!

結構きついシケだったようで、ウネリ残りますが

小湊という事で、アカイカクラスも含め、皆さん期待満々の出船前です!!

DSC_3756.jpg

DSC_3754.jpg

DSC_3753.jpg

DSC_3758.jpg

昨年、小湊で好調だったスッテ陣を軸に直結5本 

オモリ ドラゴンTGシンカー40号でいきます!

DSC_3749.jpg

DSC_3761.jpg

6時の竿入れと同時に、仕掛け投入の合図!

期待高まります!水深は50メーター前後。

ずいぶんと浅く感じます!

しかし・・・・アタリ、触りがありません。。。

イカが速く、間に合っていない訳ではないようです。

反応は出ています。

小型のサバ、アジの群れの下に着いたマルイカ、

少しおびえているのか?

直ブラ仕掛けの方は、アジやサバが上がりますが、

肝心のマルイカが全く上がりません。。。

船長もヤル気ある反応求めて、広く探索していきます!

ようやく1ハイGET!すでに1時間半経過していました。

しかし、後が続かず。。

予報では、10時頃から南西風が吹き込む、との事で

早く決着を付けたいところです。

ウネリ高い中、僚船も今年も頑張っていています!

DSC_3774.jpg

DSC_3767.jpg

DSC_3769.jpg

その後、単発を何回か繰り返した後、着乗り4連装の流しが1回ありました!

しかし、中々その後も好転せず。

皆さんが上げるマルイカを見ると、どれも一番下か、下から2番の

スッテです。私の上げるマルイカもほとんどが一番下でした。

反応は、幾分上にも出ているようでしたが、

スッテを抱いてくるイカは下のようです。

また、アタリも極小さいので、前回同様に5本から4本に減らしました。

(左が上です)

DSC_3775.jpg

終盤は、中2本のスッテをローテーションして、なるべく

飽きさせないように意識しましたが、ほとんどが下2本に乗りました。

朝一よりは、少しヤル気の気配出てきたところでしたが、

予報通り、南西風が一気に吹き込んできて

たちまち、海が壊れて行き、残念ながら10時早揚がりとなりました。

釣果は、ムギ2混じりで16ハイ。活性が低い時はサイズも小ぶりですね。

DSC_3778.jpg

小湊といえば、アカイカクラスを想像してしまいますが、

模様により、マイクロマルイカが相手になる時も結構あります。

スリム形状のDAIWA  MDスッテはこんな時強いですね!

今日は、MD48S 赤帽 ブルーヘッド 

定番中の定番ですが、厳しい中でもこれが非常に良かったです!

(上の写真の一番右側のスッテです)

鈴木船長、今日は海悪い中、頑張っていただき有難うございました!

DSC_3788.jpg

帰港すると、みんなでリベンジ話で大盛り上がりでした(笑)

今日は、うめさんのタンクトップ姿も、あまり違和感ない温かい陽気でした^^

みなさん、お疲れ様でした!^^

DSC_3791.jpg

DSC_3792.jpg

それにしても、マルイカは様々な状況で我々アングラーを迎えてくれます。。

時に、豹変したようにスッテに飛びついてくる高活性時もあれば、

反応はバッチリでも、全くスッテに興味を示さない?そんな状況も多々あります。

そんなところが悩ましく、非常に面白いところです!

今週末から開催されます、横浜フィッシングショーでは、

宮澤さんと永田さんが、この辺りをどう攻略していけば良いのか

トークショーでバッチリ解説してくれると思います!

お楽しみに!

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

移動の速いマルイカをボートランガン!

3月15日
先週に続き伊東へマルイカ釣りにGO!

今回はいつもお世話になっているよしゆき丸さんです。
ご一緒したのは、つまり君。静岡のたまちゃん。そして今回マルイカ初挑戦のよんよんさん。
6:00に出船し、宇佐美のがけ下かけ上がり50~70m付近でマルイカの反応を探します。

前日はシケでしたが、海上は良い凪。
潮色も先週とは違いイカの好きそうな赤いささ濁り。
爆釣のための条件が揃って期待しちゃいます!

しかし!コレが大外れで、前半は先週よりも渋く…と言うより、船が停まりません。
第一投の投入は7:30頃だったでしょうか。

何とかマルイカが顔を出したものの、。。。。胴長12㎝級。期待したサイズじゃありません。

ここでよしゆき船長、手石島~川奈沖と捜索範囲を広げ走り回ります。
でも、どこもダメ。イワシの大群が入っていてイカの群れがイワシを追いかけまわしているため、移動が早いようです。

中盤を過ぎ、宇佐美沖へ戻ると、ようやくイカが落ち着きでかい群れを捉えました!
着ノリ連発!小ベンケイ級乱舞!ダブル頻発!

いったい何回流し替えた事でしょうか。
まるでボートランガン!
「何とか釣らせてやりたい!」との、よしゆき船長の熱いハートが伝わってきます。

20160316 014.JPG

良型ダブルを取りこもうとして上のヤツにやられました(´;ω;`)ブワッ
脇の下から顔にかけて墨だらけ。

トイレに行く暇もないようなショートピッチの移動を挟んだランガンが続きます。

20160316 013.JPG
そんな船長の思いに応えるかのように、初挑戦のよんよんさん頑張りました。
飲み込みが早く、集中力が抜群!
投入~着底~合わせ~巻き上げ。までは100点満点。
バラしゼロの15杯は立派です!

20160316 012.JPG

つまり君もデカイの揃えました!おまけに自己新記録。おめでとう!

 

乗せた瞬間、思わず声が出ちゃうような、このサイズの引きを一度味わっちゃうと、クセになりますよ。

20160316 011.JPG 

伊東エリアには、でかいマルイカの群れが大量に入っていると思われます!
今はイワシを追い掛けて捕まえるのが難しいのですが、マルイカが落ち着けば、大爆釣も?
このサイズですから、覚悟してお出かけください(笑)



 

| | コメント(0)

<文>宝生丸にて、マルイカ釣り教室でした。

昨日までは大時化!

朝方北風が8メーターほど!

時化の影響で、水温は上がってきましたが、

濁りがひどく、反応探しに苦戦の教室でした。

マルイカより、ヤリイカのが多かったとか?

皆さんとお話する中で、次回につながればと、

そんなことが多かったです。

連続してのアタリがなく、説明するのも難しかったですね?

今回は、マルイカ釣りが初めての方が7人いらっしゃいましたが、

なかなか難しい状況に一日お付き合いありがとうございました。

DCF00013.JPG
DCF00014.JPGDCF00015.JPGDCF00016.JPGDCF00017.JPGDCF00018.JPGDCF00020.JPGDCF00021.JPGDCF00022.JPG
DCF00019.JPG
| | コメント(0)

<宮>横浜フィッシングショー船ブーストークショースケジュール

  
FUNE STAGE 船ステージ  ブースマップ
 
横浜フィッシングショー船ブース スペシャルトークショースケジュール!!
 
3月21日(金)
11:00 - 11:40【船】 「カワハギ最前線」 - 林 良一・堀江 晴夫・宮澤 幸則 -
12:00 - 12:40【船】 「キハダ GAME」 - 北本 茂照・田渕 雅生 -
13:00 - 13:40【船】 「JOG is JOY」 - 北本 茂照 -
14:00 - 14:40【船】 「マルイカ最前線」 - 永田 文生・宮澤 幸則 -
 
3月22日(土)
11:00 - 11:40【船】 「マルイカ最前線」 - 永田 文生・宮澤 幸則 -
12:00 - 12:40【船】 「ライトヒラメ&テンヤGAME」 - 北本 茂照・福田 豊起 -
13:00 - 13:40【船】 「JOG is JOY」 - 北本 茂照・松永 直己 -
14:00 - 14:40【船】 「カワハギ最前線」 - 林 良一・堀江 晴夫・宮澤 幸則 -

3月23日(日)
11:00 - 11:40【船】 「ライトヒラメ&テンヤGAME」 - 北本 茂照・福田 豊起 -
12:00 - 12:40【船】 「キハダ GAME」 - 北本 茂照・田渕 雅生 -
13:00 - 13:40【船】 「JOG is JOY」 - 北本 茂照・宮澤 幸則 -
 

どれも、今船釣り界では、ホント熱い釣りばかり!!

絶対いいお話聞けると思います!!

みなさま、お誘い合わせの上、この時間ダイワ船ブースにご来場をお待ちしております!
| | コメント(0)

<宮>今年も盛り上がりましょう!第二回マルイカミーティングIN渋谷

今年も横浜フィッシングショー前日木曜の夜!

今年も秋丸美帆さんをお招きして第二回マルイカトークショーIN渋谷を行います!

渋谷の上州屋さんで3/20(木)18:00~20:00くらいまで行います!

1013-maruika2014.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 恒例じゃんけん大会では『秋丸ちゃん自作特製オリジナルスッテ』や『魔法のオモリ』、『極鋭友の会ステッカー』、ダイワオリジナルステッカーなんかもプレゼントいたします!

http://www.johshuya.co.jp/news/event/open320daiwa.html

いよいよその第二回マルイカミーティングin渋谷まであと約1週間となりました。

マルイカフリークのみなさま、秋丸さんファンのみなさま、是非お時間都合つけて、ご来店くださいね!

昨年大好評だった『秋丸さんスペシャルスッテ』
世界にこのスッテは2つとない激レアスッテ!

ジャンケン大会にてゲットして下さい。

しかし今回も凝りに凝ってます!

是非会場にみなさまの自作のオリジナルスッテも披露してみてください!

武勇伝があればなおよし!!

優秀賞にはいいことあるかも???

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

松輪から連チャン釣行

3月11日は常宿瀬戸丸からマダイ船で出船。

水温低下の影響でしょうか。
真鯛の活性は低く、アタリが少なかったようです。
そんな中、私の竿に真鯛のアタリ。

慎重に巻き上げて取りこもうとしたところ、でかいトラフグが真鯛を追ってきました。
常連の丹羽瀬さんが、真鯛とともにタモで掬ってくれました。

20140312 008.JPG
1.7kg。直径40cmの桶に入れるとこんな感じです。

20140312 011.JPG

天然の大型トラフグ。 知り合いの寿司屋さんにお願いして捌いて頂きました。

車中泊しての翌12日は、仲間たちと一緒に前日と同じく瀬戸丸さんからマルイカで出船。

鈴木弘親方船長操船の瀬戸丸10号船。

20140312 015.JPG

向かった先は城ケ島40~65m付近。

今日は根掛かりしての高切れ全損が3回。
1-1.5mほど底を切り宙で釣っていたのですが、捨てロープにかかってしまい、対処の仕様がありませんでした。

そんな訳で、何度もリーダーを結び直したり、仕掛けをセットし直したりで、釣果的にはパッとしませんでしたが、船上でのアクシデントは付き物ですので、リーダーの結び直しなども素早くできるようにしておくと、焦らずにリカバリーできるので家などで練習しておくと良いと思います。

20140312 016.JPG

船中、ポツポツと良型が上がりました。

20140312 022.JPG

中にはベンケイクラスも!

私は外しちゃった感じですが、城ケ島にも新群れが入ったと思われます。
また立て直してリベンジしなくっちゃ。

| | コメント(0)

<湯>今シーズン初の城ケ島沖マルイカ!

3月9日は、三浦 小網代港の翔太丸さんへ行ってきました!

一昨日、模様良かった城ケ島沖。昨日の内房につづき単独釣行です!

果たして今日はどうなんでしょう??

今シーズンのマルイカは好調も手伝ってか

お客さんの数も、各港で凄いですね!

この日も、16名限定満船 私は、左舷ミヨシから3番目に入りました。

哲也船長もお客さんも、朝から元気いっぱいです!^^

DSC_3640.jpg

今日は、極鋭マルイカAGS 147Aをメインとしました!

DSC_3649.jpg

ここ三浦界隈では、今の時期、基本オモリ50号位でしょうか。

ただ、このエリアはマルイカの反応がいつ何時、どの水深で出ても

おかしくないので、前後の30号、35号、40号、60号と

一応持参した方が良いと思います。

とりあえず、基本50号のドラゴンTGシンカーで開始します!

DSC_3646.jpg

朝の小網代の静かで、落ち着く風景にはいつも癒されます。

DSC_3647.jpg

港を出て、城ケ島沖を目指します!

僚船すでに集まっている辺りに到着すると

哲也船長、直ぐに反応に当てました!

開始早々、4連装!これは今日は期待できそうです!

その後、2,3回の流しでも各1,2ハイづつ追加しましたが、

その後、急速に沈黙していきました。。。

まず、先ほどまでのような着乗りはほとんど皆無。

いや、おそらく着低と同時に触ってきていても、察知できていないかもしれません。

着低後、わずかな触りで掛けないと、もう後が無い状況です。

イカの足が速いわけではありませんでした。

反応はしっかり出ている状況です。

桶のマルイカはつヌケ程度。

マルイカ釣りでは良くある状況、

「反応はあるも、マルイカのヤル気が無い状態」です。

DSC_3660.jpg

ここから、試行錯誤の連続でした。たまに弱い触りがあるも、掛けられません。

そんな中、ミヨシ側の森さんが、超小型マイクロを3連装しました!

水深60メーター以上で、このマイクロ相手は非常に難しい。

頻繁に触ってくるのであれば、少しはやりようもあるのですが

時折、ジャレついてくるか程度です。それとも触りが解っていないのか・・・・

スッテが気に入らないのか・・?どうすれば少しでも活性上がるのか?

巻き落としでのリアクションバイトはあるか?

叩き止めによる反応はあるのか?ロッドの角度を変えれば

アタリが見えるのか?他でたまに上がるマルイカはどんなスッテに?

とにかく頭の中は様々な事を考えながら、釣りに集中しました。

長い流しで、ようやくアタリが出たり、9ハイ以降は1ハイ1ハイが

地道な追加でした。

 

今日は城ケ島界隈で各僚船も頑張っていましたよ!

DSC_3663.jpg

中盤から潮がやや速くなり、頻繁に巻き落としをしなければ

オマツリしてしまう状況。

本来、スイープに合わせてやれば掛る、マイクロマルイカが

全然掛けられません。水深が深く速い潮が立ちはだかりました。。

水深がやや浅い50メーター辺りにきた時、シンカーを40号に変更。

両隣のお客さんとほぼ同じ着低タイミングでしたので、

40号で続行しました。

スッテを見せ過ぎてしまうと、見切られてしまい

まったく興味を示してくれない気がしたので、

少し弱めの叩きを入れてみたところ、止めた瞬間、アタリが出てきました。

水深が深めなので、弱い叩きでもスッテが動くよう、

また、アタリを少しでも察知できるように

ツノ数を5本から4本に減らしました。

そんな辺りから少し釣れてきました。

DSC_3666.jpg

後半は、この4本でほとんど通しました。左のグリーンハダカが上です。

DSC_3678.jpg

結局最後まで、地道に追加して、ヤリイカ1、ムギ2混じりで

28ハイでした。

私自身にとっては非常に難しいマルイカ釣りでしたが、

それ以上にやり甲斐あり面白かったです!

DSC_3681.jpg

哲也船長!今日は船長も大変でしたね!でもしぶとく反応乗せていただき

思い切りマルイカと遊べました!というか、遊ばれてしまいましたね^^;

楽しかったぁ~!ありがとうございました!^^

DSC_3683.jpg

今日は、難しいマルイカゲームでしたが、同船の皆さん、

なんとかマルイカを仕留めようと、ロッドを変えてみたり、

スッテを変えてみたり、仕掛けを変えてみたり、

最後まで皆さん諦めず、マルイカと対局していたのが印象的でした。

また良い経験をさせていただきました。

同船いただいたお客さん、有難うございました!

最後は笑って!!!


DSC_3685.jpg

DSC_3644.jpg

 

 

| | コメント(0)

<湯>遊び心でハダカスッテにペイントしています。

前回のブログでのスタメンスッテの写真をご覧いただいた友人から、

オリジナルカラーではないようですが?

との質問をいただいたので記載しようと思います。

DSC_3591.jpg

上4本全て、単色ハダカスッテ MD43Sですが、

これは単純に、ヘッド部分にマジックでペイントしています。

もちろん、単色でも使用OKです!

単純に遊び心という感覚で簡単にペイントしています。

オリジナルと比較するとこんな感じです。

DSC_3695.jpg

左から、ケイムラには青マジック。ゴールドには緑マジック。

パープルには青マジック。ピンクにはピンクマジック。

DSC_3697.jpg

もともと、ツートンカラーが好みなので、遊び半分で楽しんでいます。

DSC_3699.jpg

なんとなく、角度により見え方も違い面白いです。

これではたして釣れるのかは、マルイカに聞いてみないと

解りませんが、マジックでペイントしたり楽しいですよ^^

もちろんカラーリングは好みで無限大ですから!

DSC_3700.jpg

友人のアングラーの中には、もっと凝った、綺麗な仕上がりの

ペイントを施している方たちも多いです。

いつも良くこんなに綺麗に仕上げるなぁ、と感心してしまいます。

私は、無精なので簡単にヘッド部だけ塗っておしまいですが

これだけでも楽しいものですよ^^

遊び心で楽しめる単色ハダカスッテです^^

| | コメント(0)

<萱>佐島からマルイカ

3月9日、佐島港 つね丸さんからマルイカに行ってきました。今回のメンバーは、井ノ内さんと野川さんです。2014.3.9_019_R.JPG

3月7日にキャスティング横浜磯子店で開催されたマルイカミーティングで宮澤さんの話を聞き、上手くなった気分で臨みます。2014.3.9_003_R.JPGその時、気に入っていて、なかなか入手できなかったアナリスターマルイカ73 M-150をゲットしました。マルイカミーティングのために掻き集めてくれたそうで、まだ73、82両方在庫はありました。2014.3.9_004_R.JPG

出船時間が近くなり、ハシケで船に向かいます。2014.3.9_006_R.JPG12名乗船で方舷6名。ワタシ達は、左舷に座りました。ミヨシから偶然お会いしたカワハギ名手 平松さん、井ノ内さん、ワタシ、野川さん、これまた偶然お会いしたマシコさんと並びました。マシコさんは、マルイカミーティングの時に購入された極鋭マルイカAGS-Fに入魂しにきたようです。2014.3.9_008_R.JPG使用タックル 竿:アナリスターマルイカ73 M-150  リール:シーボーグ150J  スーパーリチウム9200WPバッテリー 2014.3.9_011_R.JPG

スーパーAIRコードを初めて使用しましたが軽くて邪魔にならず、快適でした。
※ダイワバッテリーと電動リールの間に入れて使用。2014.3.9_001_R.JPG 7時半出船。ポイントの城ケ島沖に到着すると、すでに各港のマルイカ船が集結していましたが、群れが散っているようで、仕掛けを入れている船が疎らでした。

何度か旋回を繰り返して「ハイ、どーぞ」の合図。投入中、いいおっさんがワクワクドキドキです(笑)
着底後、着乗りに期待して、ゆっくり聞きあげますが、異状なし、再び竿をゆっくり起こしていくと竿先にふわふわっとアタリ、合わせると乗りました!2014.3.9_012_R.JPGしかーし、幸先よい出だしでしたが、ワタシは、この後、掛けれなかったり、巻き上げ途中バラシなどながい沈黙・・・

周りも渋い状況でしたが、ポツポツ当たり、お隣の井ノ内さんは、ダブルで上げたり、2回できる方もいました。
マシコさんもAGS-Fに入魂完了! 写真をお願いしたら墨をかけられてしまい、すみませんでした。

2014.3.9_013_R.JPG10時過ぎにカメギ根に移動しました。水深40M。こちらは、小型が多かったですが、城ケ島に比べて活性が良い感じで、ワタシもなが~い沈黙から覚めることができしました。カメギ根エリアは、水深が比較的浅いので手巻きタックルが良さそうです。
風も止み、ベタ凪状態。2014.3.9_015_R.JPG以前、湯澤さんが書かれていたケイムラソフトビーズを真似させて頂きました。
マルイカの乗りにも影響なく、穂先の保護になって良かったです!2014.3.9_016_R.JPG秋谷定置網の内側水深30mを攻めたときです。アタリがあり合わせるとドスっと重量感があり、思わず、来ちゃった弁慶と思いましたが、やりとりしていると、身に覚えあるストローク、上がってきたのは、450g程のアオリでした。前に釣った人を見たことがありますが、ワタシは今回が初めてでした。 アオリ水深30mにいました!ティップランそろそろ行けそうですね(笑)2014.3.9_018_R.JPG前半苦戦していた野川さんも終盤に連荘してお見事でした!2014.3.9_017_R.JPGミヨシの平松さんは、順調に数を伸ばし竿頭!カワハギだけでなくマルイカも流石でした!2014.3.9_014_R.JPG結果:0~18杯  ワタシは、マル8 アオリ1でした。

課題の残る釣りでしたが、天候にも恵まれて、楽しい一日を過ごせました!

船長、スタッフのみなさんお世話になりました。

井ノ内さん、野川さんありがとうございました。またお願いします!

 

| | コメント(0)

トークショーから宇佐美へGO!

3月7日はキャスティング磯子店で宮澤幸則さんをゲストにお迎えしてのマルイカミーティング。

 

1780653_602213479858973_1269814763_n.jpg

今季の最新情報やトレンド。ニュータックルのインプレッション。
おすすめスッテの使い方やスッテローテーション&着ノリを確実に取るためのマル秘メソッド。
気になるアイテムを実際に手に取りながらの解説。などなど。
盛りだくさんの内容に、たくさんのマルイカファンが集まりました。
 

20140309 008.JPG

今季はマルイカにマジです!と、皇帝かやごんもアナリスターを購入~!

20140309 011.JPG

愉快な仲間が続々と。

20140309 012.JPG

こ、これじゃあ美女と野獣ですね(汗)

20140309 017.JPG

50枚限定!の特注ステッカー。

参加された皆さん、お疲れさまでした!
マルイカミーティングは今後も各地で開催されるそうですので、是非参加してみてくださいね。

 

1959240_603972056349782_1382283981_n.jpg  

 

マルイカミーティング終了後はおねいさま方のお供で焼き肉屋さんへ~。

20140309 019.JPG

ここでも楽しい釣りの話は尽きません。気付けばもう22時。
翌8日は伊豆の宇佐美でマルイカ釣りなので、早く帰らなくては・・・

睡眠2時間。いざ宇佐美へ。

お世話になったのは治久丸さん。

先日、関東休日漁師会のつまりんから「いま(釣果的に)一番堅いのはどこでしょう?」と尋ねられ、伊東~宇佐美エリアだと思うと返事したことで今回の釣行となりました。

漁師会のさむらいさん、昨日に引き続きMAKIさんも参加。

治久丸は船の前に車を停められるので荷物の上げ下ろしが楽チンです。

6:00出船。ポイントまでの航程は10分ほど。
心配したうねりもなく。天気も良さそう!

まずは、マルイカデビュー二戦目のMAKIさんにマルイカのアタリを覚えて貰いましょう。
釣り座のセッティング。オモリの投入。着底からアタリを取るまでの一連の流れをレクチャー。

極鋭マルイカAGS-Fに昨日購入した宮っちおススメスッテをセット。

20140309 021.JPG

お見事!飲み込みが早い!釣りセンス抜群ですね~!

20140309 027.JPG

つまりん、いきなりダブルGET!

MAKIさんが、バッチリ釣ってくれたので、私も実釣スタート。

評判のアナリスターマルイカ73。そしてアナリスターマルイカ82を使ってみました。
ところが、調子が良かったのは朝イチだけで、潮が流れず誰にもアタリが無いような流しが続きます。
そんな状況でしたので、インプレッション的にはデータ不足ながら、特に印象的だったのは。

アナリスターマルイカ73は、持ち重りしないバランスの良さと乗り感に優れたセッティング。
バットがしっかりしているので、潮流れの速いエリアでアドバンテージとなりそう。

アナリスターマルイカ82は、しなやかで感度の良い穂先が持ち味。
デッドスローの聞き上げやビタ止めでアタリを捉えるような釣り方で真価を発揮してくれそうです。

どちらもメーカー希望本体価格22,400円とのことですが、相当にお値打ちだろうと思います。

20140309 024.JPG

さむらいさんには極鋭マルイカAGS-Aを使って貰いました。途端に3連チャン。
活性低く、船中誰も釣れていない時間帯に、胴の間でお見事です―!

皆さん頑張ってくれましたが、イカのご機嫌は良くならず、船中2-8杯で終了の時間となりました。

20140309 025.JPG

と言う訳で、傷心のラーメンを食べてから干物屋さんに寄ってお土産を買ったりして、遠足みたいな釣行となりました。

釣果はイマイチでしたが、凪良く天気も良くワイワイと楽しめました。
また潮が変われば上向くと思うので、次回、リベンジしましょうねー!

| | コメント(0)

<湯>内房・勝山のマルイカと遊んできました!

3月8日は、内房・勝山の宝生丸さんへ行ってきました!

宝生丸さん、賢一船長、スタッフの皆さん^^

DSC_3587.jpg

前回の勝山は吹雪きの中での釣りでしたが、今日は良い凪で出来そうです!

極鋭マルイカ AGS 147F

DSC_3605.jpg

DSC_3591.jpg

スタメンはこんな感じで行きました!

(向かって左側が上です)

島周りから開始し、終始勝山沖をやりましたが、

反応はあちらこちらにあり、反応により差はありましたが、

良い反応では、マルイカの触りもまずまずでした!

DSC_3604.jpg

DSC_3595.jpg

DAIWAイカヅノ投入器!

軽くて、持ち運び便利で長年愛用しています。

ステッカーも時々貼りかえたり、楽しみながら愛用しています。

私は、ショートに4本で使用していますが、2本づつ追加出来ます!

(標準仕様6本です)

DSC_3589.jpg

このエリアは、場所にもよりますが、浅いところで30前後、

非常にダイレクトなアタリ、触りを楽しめます!

長く流し込んだ際には、スッテを見切られる(飽きられる)ので

スッテを1個でも入れ替えてやると、再び乗ってくる事が多いですね!

今日は、賢一船長の粘り強い探索のお陰で、ムギ少々混じりで

38ハイのちびっ子たちが遊んでくれました!

DSC_3618.jpg

また、このエリアでは、館山沖も含めて反応出だしています!

これから益々期待のエリアですね!

DSC_3625.jpg

良い凪で、内房の素晴らしい自然の景色を眺めながら

一日、楽しく過ごさせていただきました。

皆さん、ありがとうございました!

2014-03-08T15_00_39-1.jpg

(船宿さんHPより写真拝借しました)

今、勝山港では、新鮮採れたてのワカメをお土産にいただけます。

これが美味しいんですよ!

DSC_3637.jpg

DSC_3631.jpg

雑な盛り付けですが、味は天下一品の、新鮮ワカメ&マルイカ刺身です^^

 

 

| | コメント(0)

〈林〉濁り、水温低下に苦戦

釣場速報さんのマルイカ取材を受け、3月8日(土)、神奈川県走水の吉明丸さんに行ってきました。当日、ほぼ片舷が仲間と、雰囲気は乗り合い船ですが、そこは取材、朝から気合いが入ります。

1972493_472568192844245_1840298188_n.jpg

当日はこの、電動、手巻きの2タックルを用意、港を出て南下した久里浜沖からスタートしました。

140308_062803.jpg

ただ、水温が下がってしまい、潮も濁り、久里浜沖の後剣崎沖を目指しますが、魚探には海中のゴミが多く映し出される方で、しばらくすると久里浜沖へ、その後竹岡沖へ移動しながら苦戦いたしました。

140308_080836.jpg

イカの活性も良くないようでアタリが出難く、AGS-Fの柔軟な穂先で、スッテを動かさないゼロテンテンションからややマイナステンションに分があったようですが、そういった極微妙なアタリを捉えるには、より軽量な手巻きタックルが有効で、今回はミリオネアが活躍、掌にすっぽりと包み込めるコンパクトボディーであり、素材をマシンカットした剛健なフレームは、深い水深からの、強力なパーミーングでのハイスピードな空巻きにも歪むことはなく、手巻きでのマルイカ釣りにおいて、かなりのアドバンテージを実感いたしました。

 140308_062823.jpg

だがしかし、仲間内でマルイカデビューが3人、2回目が1人を含め、中々気難しいマルイカに苦戦、皆リベンジを誓うのでした(笑) 

 1959500_472694462831618_1827816143_n.jpg

 

さて、3月16日(日)は、腰越の多希志丸さんにてマルイカ釣り教室開催です。こちらはお蔭さまで満員御礼となっております。3月21日(祝・金)、22日(土)は、横浜フィシングショーにて、宮澤さん、堀江さんと共にDAIWA船ブースのステージにてトークショーを行います。30日(日)は五エム丸さんでのマルイカ釣り教室、こちらはまだ若干名空きがあるようですので、参加ご希望の方は、直接五エム丸さんに予約をお願いできればと思います。

釣り教室にご参加の皆さま、トークショーにおいでになる皆さま、両方とも頑張ります。よろしくお願いいたします。 

 140308_074012.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

<宮>本日18時より、第1回2014マルイカミィーティングIN磯子

いよいよ今年も始まります!!

2014マルイカミーティング

今年はマルイカ豊漁の間違い無し?!

ミーティングだからいろんな角度からマルイカ釣りを語りましょう!

入門者~名人まで、何かいい話が聞けることうえあいデス?!

| | コメント(0)

〈林〉【参加者募集・LTマルイカ釣り教室 at 五エム丸さん】

3月30日(日)、神奈川県葉山の五エム丸さんにて、LTマルイカ釣り教室を開催いたします。

当日、出船前(6時半位~)のレクチャーでは、マルイカ釣りに適した竿、話題の軽量電動リール、様々なタイプがあるスッテの意味やマルイカ仕掛け、効果的な釣り方、アタリの出し方等を述べさせていただき、ポイントでの実釣では、皆さまがお持ちのタックルでの、より良い釣り方をご指南差し上げたいと思っております

参加ご希望の方は、直接五エム丸さん(046-875-2349 または 080-4366-4047)にご連絡いただき、ご予約をお願いいたします


140217_071922.jpg

 今年好調なマルイカ。この度に是非スキルアップしていただければと思っております。よろしくお願いいたします。


| | コメント(0)

〈林〉カワハギ最前線トークショー

来たる横浜フィシングショーですが、【カワハギ最前線トークショー】を、宮澤さん、昨年度DKO優勝の堀江さんと僕で、DAIWA船ブースのステージにて開催いたします。

去年のトークショーも沢山の方にご覧いただき、かなり盛り上がりました! 先日宮澤さんより、facebook上での極鋭カワハギ友の会にも案内が出されましたが、既に沢山参加を予定されている方々がいらっしゃり、今から身が引きしまる思いです!!

320547_429266593829246_2083431055_n.jpg

トークショーは

3/21(金)・・・11:00~11:40

3/22(土)・・・14:00~14:40

公演内容は
*2013DKOを振り返って
*DKOは魔物が・・・。
*DKOで予選を抜ける7つの習慣
*チャンプホリエモンがあかすバラシ激減釣法とは etc

堀江表彰台.jpg

また、宮澤さんより「極鋭友の会ステッカー」もこのお時間集まっていただいた方のみ配布とのことです

ご覧いただいた方々に、「見に来てよかった」と言っていただけるよう、精一杯頑張ります!!

 

| | コメント(0)

<文>浅場から深場へ

4日は、

太海、聡丸さんからマルイカ釣りロケ

Dcf00011

相変わらず、若船長はマルイカ釣りが上手いです!

何でも聞いちゃいましょう!

 

前日の後半からの影響で、

ウネリがでかかったよ!

水深は80~90メーターといったところか?

まだ先陣のマルイカの釣りだったが、

そろそろ、アカイカクラスのデカイカが釣れ出す頃!

楽しみだよな!

中小型が多かったので、アタリのでも悪かったが、

それはそれ!

スレイカとは違って、しっかりアタリが出ていた。

我が家から太海まで走っても、他の地域に行くのと

ほとんど変わらないのだよな?

遠くはないのですね!

スレイカ相手にしたら、今度はウブなマルイカに会いたくなるね!

| | コメント(0)

小田原沖は良型揃い!

3月になりました。
今年はマルイカ当たり年!?

3月2日(日)。マルイカ釣りを覚えた頃によく通った小田原おおもり丸へ行ってきました。

テクニカルな小型のマルイカ釣りも面白いのですが、私は乗った瞬間に思わず声が出ちゃうようなでかいマルイカ釣りが大好きです!
おおもり丸では2月上旬より良型のマルイカが釣れているそうなので楽しみ~♪

前日(3月1日)は関東休日漁師会(高山会長)の面々が集まり横浜で飲み会。

20140302 022.JPG
大盛り上がりで二次会へ向うメンバーに後ろ髪を引かれながら早目の帰宅をしました。
だって、マルイカ釣りに行きたいから。

20140302 031.JPG

幹事のつまりんが、作ってくれた漁師会のTシャツを防寒ウエアの下に着込んで出撃!

 

20140302 023.JPG

マルイカは、気立ての良いタクミ船長操船のおおもり丸3号船。
右舷4人の前から3番目。左舷は5名。都合9名のお客さんを乗せて6:30に出船。

20140302 026.JPG

タックルは極鋭マルイカAGS-F + シーボーグ150J-DH-L
春潮特有の濁りが見られたため、グリーン系と布巻き系のスッテを中心に直結3+直ブラ2の5本ヅノ仕掛けでスタート。

港前50mから探索しますが、なかなか反応が無いようです。
1時間近くのクルージングののち、国府津~二の宮~大礒まで実績のあるポイントを中心にマルイカを探してくれました。

 

国府津沖50mでは胴長35㎝を超える良型マルイカも顔を出し、合わせと同時に強烈な引き込み!

しかしあとが続かず単発の拾い釣りが続きます。
半分は着ノリ。そして下二本の直ブラに乗りが集中。

そこで、仕掛けの落下速度UPを図りドラゴンシンカーTG60号にチェンジ。
直結を2+直ブラ2の4本ヅノにしました。

ラスト1時間。港前に戻ると良い反応。
群の移動が早く、相変わらず着ノリ一回勝負でしたが、良型の引きを満喫できました。
 

1904123_266245240211288_629941255_n.jpg

最終釣果、マルイカ13 ヤリイカ4 ムギイカ3. イカ類合計20。
最大は胴長35㎝!一番小さいマルイカでも胴長14㎝と、まずまず。

氷雨が降り続き、北風も吹きつける寒い一日でした。


※翌、3月3日(火)。おおもり丸の釣果は、マルイカ18-30cm24-40杯 小田原沖40-60m
 こんなサイズを40杯も釣ったら幸せになれそうですね~!
 しかも、船長によれば、着ノリ一発だけではなく、流し込んで良型を拾うような展開だったそうです。
 良型マルイカが好きな方には小田原エリア、おススメですよ~!

 


 

 

| | コメント(0)

<宮>いすみ市大原港ヒラメ釣り大会

雨の釣り。

昨年に続き、今年もいすみ市大原港ヒラメ釣り大会へ

参加して参りました!

今年で2回目!

段々参加の船宿さんも増えて来ました!

27船宿さん400人以上と、ドカンと盛り上がり!

 

自身も3キロクラスを2枚釣らせていただき、満足した釣りとなりました!

終日雨でびちょ濡れでしたけど・・・。

仕掛けは捨て糸長さを調整出来る『快適ヒラメ移動式仕掛けサクサス』を使用!

親バリも孫バリもサクサスフック採用で掛かりも抜群ですし!

ライトヒラメ対応の工夫もしてありますから絶対オススメ!

 捨て糸長さを調整できる移動式!!

型狙いだから枚数は出なかったけど良型メインでしたね!

りょうさん、ブチさん、チャンプ長田さん、アジミキさんはじめ顔見知りメンバーもたくさん参加されてました!

めっちゃ寒かったけど、大変盛り上がりました!

来年も出場したいと思います!!

帰りのSAにて!

夜中出発だったので、ダイワオヤジ組みはくたくた・・・。

スタバでブレイク!

| | コメント(0)

〈林〉大原ヒラメ大会

去年のヒラメ釣り( ヒラメではどうだ!極鋭ギア!!)が忘れられず、いつ行こうかと思案していると、ありがたいことにヒラメ釣り大会のお誘いをいただきました。お誘いいただいたのは、先日のマルイカ釣行でもご一緒いただいた、同大会前年度チャンプの長田さんと、レディース賞2連覇の阿部さんで、僕らは他に及川さん、斉木さんと共に長福丸さんに乗船しました。朝の宿では、長田さん自作の「NASAのあみだ」で釣り座を決めました(笑)

140302_040339.jpg

140302_040823.jpg

別船にはTERUさん、佐藤くん、大塚さん。我らが宮澤さん、長田さん、ブチさん、釣り情報社の根岸さんも参加されています。

1961548_605627272847794_17752724_n.jpg

漁協での開会式の後乗船、タックルの準備をしますが、前日昼までは中止も視野に入れた風雨でしたが、そこは皆さん防寒バッチリ+逸る気持ちで頬を赤らめテンションは高めです! 

僕のタックルは、ロッドは極鋭 GEAR M-210、リールはミリオネア ICV100LUVFハイパーメガセンサー1号を250m巻き、仕掛けは快適ヒラメ仕掛けSS  トリプルと同替えバリを用意、オモリは60号、エサは生きイワシを使います。

140302_044103.jpg雲が厚く暗い中5時半に出船です。ポイントまでの航行中、仲間で艫寄りにて釣り談義ですが、時折速度をスロー に落としウネリをかわしながら、30分程でポイント到着です。

 

右舷側の僕らは、最初は船下に仕掛けが入る横流しから始まりました。すると、開始10分、隣の斉木さんに大物の引きが訪れました! メタリア・ヒラメ270Hをしっかりと握り、時折訪れる強い引きを凛々しい表情でいなす斉木さん!!

 140302_061231.jpg

10分近くのやりとりの後、上がってきたのは5.6キロの見事な大ヒラメでした~!! 

 140302_061517.jpg

「これは入賞に絡むぞ~! いや、もしかしたら優勝かも!!」と、仲間始め船長も大喜び、斉木さん本人もこの笑顔です!!

その後、船は左右交互に横流しで流し替え、厳しい時間帯も続きましたが船中ポツポツとヒラメが上がります。そして、何と斉木さんはこの後4キロも釣り上げました!!

沖上り20分で「キタ~!」との声に振り向くと、流石レディース賞2連覇の阿部さん、良いサイズのヒラメGET、流石でした!!

 1898007_605713462839175_1849694699_n.jpg

予報よりは荒れていなかったような海でしたが、皆さんずぶ濡れになりながら健闘いたしました。沖上り後は漁協で、暖かな豚汁をいただきながら弁当を食べ、表彰式を待ちます。

集計中、宮澤さんはがステージ上に。ダイワのヒラメタックル、関連商品をアピールです。

 140302_115358.jpg

 そうそう、気になる斉木さんの順位ですが、堂々の準優勝! 斉木さんの名前を呼ばれた時、これも長田さんが用意いただいたクラッカーを仲間で一斉に鳴らし、笑顔で表彰台に向かう斉木さん。彼がこちらを向き表彰台に上がる時、仲間も皆、満面の笑顔で彼を見ていたのでした。

 140302_123503.jpg

 140302_123441.jpg

その後も入賞者表彰、ジャンケン大会、クジ引きなどでの賞品授与が続きます。

 140302_120117.jpg

 140302_122413.jpg

 140302_130954.jpg

 

久し振りのヒラメ釣りでした。天候は良いとは言えませんでしたが、それよりも仲間との笑顔の釣行はやはり楽しく、今回は何たって、準優勝のヒラメのやり取りを間近で見ることができました。そして今後はまたマルイカ釣りです。まずは8日に取材で出船いたします! 

 1981837_601351739945147_840653169_n.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

<文>25日、1日、2日

25日は、腰越 多希志丸でした。

1日は、勝山 宝生丸でした。

2日は、多希志丸よりつり丸のロケ!

先の二日は、渋井中ではあったが、

なかなか楽しい釣りでした。

2日の取材は、西へ行くか?東か?

カメギ根方面になりましたが、

葉山で釣れているようで、

そちらにお邪魔してきました。

水深30メーター前後と、

この時期としては、チョー浅場!

ちょっかいが多いのですが、

電動しか持って乗ってなく、

難しかった。

オモリも、軽いものも持参しないといけなかったな?

帰りには、勝山でも、24~5メーターで反応が出て、

良い釣果だったとか?

今回の浅場のマルイカは、汚れ潮の影響か?

潮が変わると深場か?

これからは、両方の道具を用意しないと!!!

DCF00002.JPG
| | コメント(0)

<堀>2014横浜皮研2月例会&バラシ激減法

 今シーズンの冬はとても寒いですね(^_^;)

公園のハトも丸いです

 PAP_maruihato.JPG

 

2月23日、横浜皮研2月例会に行って来ました。

1月の例会は荒天で中止になったので、一か月ぶりの皮研例会、個人的な釣りも週末に天候が荒れる日が多く久しぶりの釣行でした。

今回の参加者は27名、2隻(A船、B船)に分かれて出船です。

PAP_2014223yk2.JPG
PAP_2014223yk1.JPG

PAP_2014223yk3.JPG

 

出船前の情報では、いまだに小型が多く、時折大型が顔を出すとの事。

最近の丸十丸の釣果情報では、この時期にしては良い釣果が上がっていますが、やはりカワハギ釣り厳冬期、あまり期待はせずにスタートしました。

ポイントは小網代沖水深30M

スタートタックルは久しぶりに使う極鋭カワハギRTボトムスマックRT100SH 

PAP_2014223takkuru1.JPG

 

底中心の展開を考え、ゼロテンで良く動く極細メタルトップを持ち、穂持ちから後ろのパワーでしっかり掛ける、そんなイメージでこのロッドを選択しました。

ハリは序盤、以前はこのハリ一辺倒だったフック、3号 4号 パワー4.5号 ロングハリスも使用。

一投目で小型を釣り上げ、イケるかな!?と思ったのですが、その後アタリはあるのですが、掛けられず(T_T)

暫く粘りますが…

スタート1時間ほどは、横浜皮研大長老 内藤さんに5対2の差をつけられてしまいました(^_^;)

PAP_2014223yktyourou.JPG

 

もう少しアタリは遠く、単発かと思っていたのですが、以外にもアタリは多く、フックに拘っていては答えが出ないと判断し、1時間程で見切りを付け、ハリをスピードに交換してからイイ感じ!

喰いは浅いのですが、適度な誘いから喰わせの間、極丁寧な合わせ、巻き上げ時のリーリングを工夫すれば実にテクニカルで面白い!

喰いが浅く、合わせが非常に繊細なので極鋭カワハギAGS-Fが良いのではと考え、暫く悩んで悩んでロッドチェンジ!(このロッドチェンジが正解だったのかは判断できませんでした)

PAP_2014223takkuru3.JPG

 

その後ある程度の活性を掴み、バラシなく19枚を釣る事が出来ました!

序盤の獲りこぼしが悔やまれますが、極低活性と思われた状況とは違い、非常にテクニカルで面白い展開でした!

私の乗るB船では高橋さんが24枚を釣り上げB船トップ!

A船では後半、良いポイントを見つけ、一人感覚を掴み釣っていた赤坂さんが29枚を釣りダントツトップ!

皮研入会以来初優勝を飾りました!

おめでとうございました(^O^)/ (左 赤坂さん 右 高橋さん)

PAP_2014223yktop2.JPG

 

今回の例会、また最近のカワハギ釣りの様子で多く耳にするのが「バラシ」

水温低下に伴って、カワハギのエサの喰い方も非常に浅く、掛けるのにはとても苦労します。

優勝した赤坂さんの話では、アサリの水管を取り、アサリをコンパクトに、アサリの肝をハリ先に丁寧に付けるなどの工夫をしていたようです。

それでも「バラシ」は多くあったと聞きました。

そんな状況で、私の実践している「バラシ激減法」を紹介します。

この方法は2013DKO2次予選、ファイナルでも実践してきた方法で、ほぼバラシなく釣果を伸ばす事が出来ました!

DKOの開催時期なら高活性なのでは?

と言う方もいらっしゃると思いますが、潮が動かない時など、様々な場面でカワハギが掛かった後に「首振り」が非常に弱い状況が多々あります。

ハリをフッキングさせる為には鋭いハリ先、パワーのあるロッドと思われがちですが、私はカワハギの「首振り」がフッキングを促す一番の要因と考えています。

通常カワハギ釣りでは、掛けた後 大きくロッドを持ち上げ、首振りをした後にリーリングを開始するのですが、この方法では合わせの為に大きくロッドを持ち上げる事はせず、アタリの後は最大でもオモリが立つ程度の合わせで、その後でる「本アタリ」でゆっくりリーリングを開始します。

と同時にほぼ真下に竿先を下げゆっくりリーリング、スマックRTSHのようなギア比の高いリールで、2秒で1回転ぐらいの巻き上げ。

ゆっくりリーリングするとカワハギは途中、何度か首振りをします。

通常のように早いリーリングでは、低活性時のカワハギは上を向いてしまい、首振りをせずに、ハリ先は歯の上に乗ったまま、ハリ先のベクトルはフッキング方向には働かず、もう一つのフッキングさせる為の要因、オモリを背負わせる事が出来ずに巻き上げ途中にバレてしまいます。

如何にフッキングを促す為のパワーを無駄なくハリ先に働かせるか!これが「バラシ激減法」の目的。

特に私の様に穂先の柔らかいロッドを好む人間には、時にその柔軟さがデメリットに働いてしまう事があります。

それを補う為に本アタリ後にロッドのクッション性を出来るだけ殺すために ロッドを真下に向けリーリングする!

この方法はファーストコンタクトで唇に刺さってしまった時にはあまり効果がありません

しかし、「バラシ」=「口切れ」と思ってしまいますが、実はフッキングを促せなかった為にハリ先が刺さらずにバレてしまう状況もかなりあると考えています。

それを確認するには、バラシた後はハリ先は必ずチェックします。

ハリ先が甘くなっていれば口切れでは無く、フッキングを促せなかったと判断できます。

 

少々難しい事を書いてしまいましたが、この方法を文字で説明すると、こんな感じになってしまう事をお許しください。

 

・餌付けは丁寧に、時に水管を取ってしまうなどの工夫も必要

・合わせは丁寧に、大きく持ち上げるような合わせは避ける

・ロッドの特性を生かし掛ける

・リーリングは極ゆっくり(2秒で1回転)低活性時のカワハギに出来るだけ首振りをさせる(最低でも1カラー10メートル)

 

 この時期まだまだカワハギ釣りを楽しんでいる「本当のカワハギ釣り師」の皆さん!

堀江晴夫はウソはつきません!

お試しください(^^)v

どこかでお会いしましたら遠慮なく直接ご質問下さい(^^)v

 

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。