船最前線ブログ

2013年11月アーカイブ

<堀>横浜皮研11月例会(秋季大会)

11月24日 横浜皮はぎ釣り研究会11月例会に小網代 丸十丸へ行って来ました。

10月の秋季大会が台風で中止になった為、11月の例会を秋季大会に振り替えました。

参加者は33名、2隻 A号船16名 B号船17名に分かれて乗船しました。

今回のポイントは城ケ島沖水深50M前後、終日底潮 動かずで誘いの最中に触ってくるような反応にはなりませんでしたが、複数のカワハギが船下に現れると、ほぼ同時に3~4人のロッドが曲がるシーンも何度かありました!

2枚潮で少々釣りにくい状況ではありましたが、上手く嵌まった方は好釣果を上げる事ができました!

私は久しぶりの深場の釣り、水深50Mに対応出来ず54枚で終了でした(^^)v

優勝はは鈴木さん69枚!1日コンスタントに釣果を伸ばしていました!おめでとうございます(^O^)/

丸十丸の三女 美香ちゃんにプレゼンターをやって頂きました♪

PAP_ykk11243.JPG

2位は御手洗さん、急用が入り表彰式に出られませんでした(^_^;)

 3位は松井さん!おめでとうございます(^O^)/

PAP_ykk11244.JPG

 

 各船竿頭の皆さん、おめでとうございます!(^O^)/

 PAP_ykk11245.JPG

PAP_ykk11246.JPG

 PAP_ykk11247.JPG

PAP_ykk11248.JPG 

PAP_ykk11249.JPGのサムネール画像

 

 

PAP_ykk112410.JPG

 

優秀船長は小網代の名船頭!小菅正春船長!

底潮動かない中、丁寧な操船のおかげで船全体で好釣果を上げる事ができました!

ありがとうございました(^O^)/ 

PAP_ykk112411.JPG

 

そして今回、横浜皮研例会 20年間皆勤を記念して、横浜皮研副会長 内藤氏に ダイワGORE-TEXレインウエアDR-1603&ネオデッキブーツDB-3404を横浜皮研からプレゼントさせて戴きました!

これからもお体を大切に、元気で 記録を伸ばして下さい!(^O^)/

PAP_ykk112412.JPG

 

そして私も、横浜皮研のお仲間、大場さん、井上さん、林さん、五ノ井さん、佐藤広一さん、坂本さんにDKOの優勝のお祝にこんな素敵なグラスを作っていただきました♪

「2013DAIWA KAWAHAGI OPEN WINNER」と刻印されてます! 

大切に使わせて頂きます(ToT)/ ありがとうございました(^O^)/

PAP_ykk11242.JPG

| | コメント(0)

旬のターゲット アマダイ

小田原おおもり丸さんから旬のターゲット、アマダイ狙いで出船。

瀬戸タクミ船長操船のおおもり丸3号船が向かったポイントは早川港をでてスグ。
仕掛けを降ろしボトムを小突くように誘うとさっそくアタリ。
強烈な引きをロッドワークでいなしながらやり取りします。

2313-11-2324 2013 018.JPG

38cmの良型アマダイ。幸先の良いスタートです!
 

2313-11-2324 2013 027.JPG


アマダイ釣り初挑戦のたまちゃんも!
この日の彼女は大活躍で、次々に良型アマダイをGET!
アマダイが餌に絡んでくる前アタリが「手元に伝わってくる!」とメタリアGAME73/ 190の感度に感激していました。

この釣りで大切なのは良い餌のチョイスと丁寧な餌づけ。
コマセを使わない釣りなので、鈎に付けたオキアミだけでアマダイを誘惑します。
それだけに餌の良し悪しには気をつけたいところ。

そして、アカボラ(ヒメコダイ)、トラギスと言った定番ゲストの食い方からアマダイの遊泳層を推測し仕掛けを操作。
アマダイの遊泳層に的確に餌を送り込む必要があります。

仕掛けは自作フロロ2.5号。全長は2m。途中1mのところにスピードサルカンを配しエダスを30cm。
鈎は自然なフォールを意識して細軸のチヌ3~4号を使用しました。

この日は、潮が濁っていてチモトに入れたビーズが有効でした。
 

2313-11-2324 2013 024.JPG

 

ワタシのタックルは極鋭GAME82 / MH-175  シーボーグ150J 
張りのあるバットはボトムを小突くの際の余計なブレがなく、繊細なメタルトップがもたれアタリを伝えてくれます。
アマダイが掛かってからのやり取りはJOGの操作性と相まって軽快そのもの。
あー楽しい!!
このところ、仕事の追い込みで数字を追いかける日々が続いていましたが、ストレス完全発散に成功!

仕掛け投入~誘い~合わせ~やりとり。全て片手でラクラクこなせるJOGの釣りは想像以上に楽し~い!

 

 

2313-11-2324 2013 042.JPG
塩見さんも良型を連発!

2313-11-2324 2013 047.JPG

これは嬉しい一尾!思わず満面の笑みが溢れます!

2313-11-2324 2013 048.JPG

初挑戦ながら、たまちゃんの快進撃はとどまるところを知らず、14尾をGETして見事この日の竿頭でした!
これって、メタリア効果?(笑)

2313-11-2324 2013 051.JPG

ワタシは9尾でフィニッシュ!
最大は朝イチに上がった38cmでした。


沖上がり後は都内のお寿司屋さんで仲間と合流!
2313-11-2324 2013 055.JPG


釣りたてのアマダイに舌鼓を打ちました。

2313-11-2324 2013 057.JPG

アマダイのお刺身~♪

2313-11-2324 2013 060.JPG

カブトは塩焼きで♪ アマダイは熱を通すと旨みが増幅されますね!

テクニカルで楽しく美味しいアマダイ釣り。
今が旬です!

 

 

| | コメント(0)

<宮>2013カワハギ新米杯 IN 勝山

ご参加のみなさま、船宿様、そして準備から当日まで骨を折っていただきいたダイワスタッフに感謝いたします。

関係者全員のご協力を持ちまして、177人という途轍もない大会を大きなトラブルも無く無事終了することが出来ましたが手かずが足らず、不満の残る方も多いかと思いますが、今年に向けてチェックして参ります。

また来年もやりた〜いね!

 2013カワハギ新米杯!!

 まだまだカワハギシーズン真っ最中!益々『楽しく、真剣に!』いきましょう!

改めてまして、『カワハギ地獄へようこそ!』

 

ad826f48.jpgd135634b.jpgc166595f.jpg
ee170128.jpg282804b1.jpg8ad41658.jpg
133eb8b9.jpgeccc9d33.jpgc2cb81c7.jpg
d82a3546.jpg8a7862bb.jpgd7039c54.jpg
5d9e6cab.jpg8e05abd6.jpg7949fb1d.jpg
e9036014.jpge47d82a4.jpg490d19ac.jpg
3f882087.jpg17e92fee.jpg011bfbb2.jpg
7c3207f8.jpg6453b825.jpg03a257d5.jpg
515eefe1.jpg09206dbc.jpg91fb9359.jpg
69d4b06b.jpg470e3a54.jpg34452f6e.jpg
981be4ce.jpg048807b6.jpg56711aea.jpg



 

 

| | コメント(0)

〈林〉2013新米杯

今年の新米杯は大規模でした。総エントリー者数177名、賞品の新米は合計1200キロ! まさに会場の勝山港を圧巻する規模でした。

11月24日(日)、午前3時の勝山港に到着すると、前日から到着している前乗り組みを含め、まだ暗い最中、いつもより人影が多く、ご参加の皆さんの期待が窺われます。集まっては談笑している多くの方々の活気に押され、4時の受け付けを待たずしてエントリー開始です! 船リーダーの僕は、勝山港を半周した新盛丸さんに速やかに移動しました。(この後は萱沼さん、湯澤さんが沢山写真を掲載してくれていますので、当日の釣況を書こうと思います)

全ての船は6時出船、まずは港を出てやや南に下ったエリアに船団ができました。水深は12mと浅く、船中コッパが上がる中、僕のファーストヒットは22cmのやや良型のカワハギでした。小1時間ほど経ったとき、右舷舳の高橋さんが5匹、左舷舳3番の僕はこの1匹のみで、彼いわく「2m位タタキ上げた後、ユックリと下して行き、その間のアタリを取り底まで連れて行って掛ける」だそうで、そのパターンでしばし釣ってみますが残念ながらアタリは出ず、ややカジメの中をキャストを繰り返してしまうのでした・・・。

2時間位経ったところで一時食いが立ちコッパを連釣、一気にツ抜けに近づきました! コッパ対策は色々とありますが、個人的には釣り方とハリの選択ではないかと思っています。例えばハリであれば、ワイドフックで太くて短いハリスを使い、ハリ先だけで掛けて行く釣り方や、スピードの小バリでオーソドックスに、はたまたマルチの小バリが有効な時もあり、それらを状況に応じて使い分けています。

さて、後半は富浦沖に移動中、船内を回ってみましたが、右舷艫の鈴木孝さんが19枚でトップ、その時僕は13枚でした。富浦沖では船団より離れ、やや浅い25m付近(僚船は35m付近を攻めたそうです)を攻め、時折掛かる中~大型にハリを伸ばされたりしますが、「枚数勝負」と小バリを貫き16枚で終了いたしました。

帰港中集計をしてみると、トップは鈴木孝さんでしたが、16枚が僕を含め船内3名、内1名は24cmを持っていて、僕は22cm、後のお1人は特に大型も小型もいないとのことで、船内5位で新米をいただくことができました(嬉)

1235248_536446873113170_1397175115_n.jpg

 

大規模な大会ながら、皆さん楽しく、楽しく、真剣に! 来年の新米杯も今から楽しみです!!

131124_061429.jpg

 

 追記

11月25日発売の「つり人」誌に、〔ゼロから始める船釣り超入門〕と題し、カワハギ釣りの講師を担当させていただきました。

ここでも RYO'S METHOD 全公開です。是非ご覧いただければと思います。

 

131125_132728.jpg

 

 

| | コメント(0)

<萱>2013新米杯カワハギ大会

11月24日、2013新米杯カワハギ大会に参加してきました。
勝山港の萬栄丸さん3船、宝生丸さん2船、利八丸さん、新盛丸さん、庄幸丸さん2船で開催。参加者は、昨年の101名を大きく上回る177名となりました。

増澤さんと美穂ちゃんと横須賀を1時に出て勝山港に向かいました。3時前に到着するとすでに到着している方がちらほら。3時半になるとスタッフも到着して受付の設営をし、4時過ぎに受付開始。同時に参加の皆さんもぞくぞくと到着しました。
ワタシの担当は、第3庄幸丸。対岸まで移動して、受付を済ませた方から乗船名簿を記入してもらいました。少しして船の準備ができたので、みなさんに乗船していただき準備にかかってもらいました。2013.11.24_002_R.JPG

出船時間の30分前になりミヨシに集まってもらいルール説明をさせて頂きました。2013.11.24_002_1_R.JPG

大会ルール
6時出船 12時沖上がり
①釣った枚数(センチ制限なし・同数なら最大・最大も同じならじゃんけん)
②タックル制限なし
③針数3本
④エサは自由
⑤リリースは隣の方に確認をとって検量カードに正の字を書く

説明を終えワタシも準備にかかります。釣り座は、右舷4いつもの辺(笑) 

使用タックル 竿:メタリアカワハギMH-175  リール:スマック
自作中オモリ2号弱 ハリ:SSフック4.0 7センチ SSスピード7.0 7センチ

6時となり出船。2013.11.24_003_R.JPG2013.11.24_004_R.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントは、港前の水深15mからスタート。活性はあまり良くないようです。
そんな中、銅の間にいた藤岡さんが船中1枚目ゲット!2013.11.24_007_R.JPG

周りでもポツポツ上がりだします。中でも抜けていたのが勝山をホームとする右ミヨシ2番の山口さんでワッペンをバシバシ掛けていました。

お隣にいた木村さんは、最小となる8.9㎝。2013.11.24_011_R.JPG

ワタシは、序盤少し苦戦しましたが、仕掛けをあまり動かさずにゼロテンより少しマイナスで揺すっているとアタリが出始め徐々に取れるようになり、時には25㎝の良型もきました。2013.11.24_008_R.JPG

生田目さん 1つの針にトラギスとカワハギのダブル! 初めて見ました。ビックリ!2013.11.24_010_R.JPG

利八丸さんが隣にきたので、撮影しました。リアクションしてくれてありがとうございます!2013.11.24_013_R.JPG

26㎝の大型ゲット!この日の船中最大!2013.11.24_009_R.JPG

スピニングタックルの山下さん ダブルお見事です。バイオワームおそるべし!2013.11.24_012_R.JPG

大型お見事!2013.11.24_014_R.JPG

増澤さんもチャンスを逃しませんね。渋い中のダブル素晴らしい!2013.11.24_015_R.JPG

終日、ポツポツといった拾い釣りでしたが、みなさん最後までがんばって釣ってました。みなさん真剣な中でも和気藹々と笑いありでいい雰囲気でした。ワタシもみなさんといろいろお話させて頂き楽しかったです。

12時の沖上がりとなり、サブリーダーの増澤さんと生田目さんに手伝ってもらい検量。

帰港後、みなさんには、ご足労お掛けしましたが、駐車場の関係、歩きで表彰式会場に移動してもたいました。
移動前に船長と写真を撮らせていただきました。丁寧な操船ありがとうございました。2013.11.24_016_R.JPG

集計中は紹介タイムとなりました。2013.11.24_016_1_R.JPG

片付け等で時間がかかってしまいワタシが対岸から表彰会場に到着すると、紹介タイムが始まっていて最初の方のチーム画像がなくてすみません。

チーム 錦のみなさん 2013.11.24_017_R.JPG

チーム 湯澤のみなさん2013.11.24_019_R.JPG

からの~ササピー 最高です!2013.11.24_020_R.JPG

チーム 栃木のみなさん2013.11.24_021_R.JPG

新米杯発足人の鹿子嶋先生からご挨拶。2013.11.24_022_R.JPG

チーム 馬海のみなさん2013.11.24_023_R.JPG

チーム マスターズクラブのみなさん 2013.11.24_024_R.JPG

チーム 関西東海のみなさん2013.11.24_025_R.JPG

チーム パクチーのみなさん2013.11.24_026_R.JPG

いよいよ結果発表!
★褒賞新米合計約1200キロ
各船 優勝者 30キロ
 5位     10キロ
10位     10キロ
全体最大賞 30キロ
全体ミニマム賞 30キロ
全体レディース 1~3位 各10キロ
大抽選大会  50名 10キロ
全員参加のジャンケン大会1名 30キロ
当日賞(対象者は当日発表) 30キロ2013.11.24_026_1_R.JPG

大物賞 26.7㎝ コミちゃん おめでとう!2013.11.24_027_R.JPG

ミニマム賞 8.9㎝ はお二人いて、木村さんは、女性に譲ってくれました。2013.11.24_028_R.JPGミニマム賞2013.11.24_029_R.JPGレディース賞3位2013.11.24_030_R.JPGレディース賞2位 レディース賞1位2013.11.24_032_R.JPG第3庄幸丸の部 ワタシが30キロ頂いちゃいました!2013.11.24_032_1_R.jpg庄幸丸の部2013.11.24_034_R.JPG第1萬栄丸の部2013.11.24_035_R.JPG第3萬栄丸の部2013.11.24_036_R.JPG第18萬栄丸の部2013.11.24_037_R.JPG第11宝生丸の部2013.11.24_038_R.JPG宝生丸の部2013.11.24_039_R.JPG利八丸の部2013.11.24_040_R.JPG新盛丸の部2013.11.24_041_R.JPG当日賞は、11月24日、誕生日だったお二人。 おめでとうございます!2013.11.24_042_R.JPGそして抽選会 50人おめでとうございます!

2013.11.24_043_R.JPG2013.11.24_045_R.JPG 2013.11.24_044_R.JPG

2013.11.24_046_R.JPG2013.11.24_048_R.JPG2013.11.24_047_R.JPG

2013.11.24_049_R.JPG2013.11.24_051_R.JPG2013.11.24_050_R.JPG

2013.11.24_052_R.JPG2013.11.24_054_R.JPG2013.11.24_053_R.JPG

2013.11.24_055_R.JPG2013.11.24_057_R.JPG2013.11.24_056_R.JPG

2013.11.24_058_R.JPG2013.11.24_060_R.JPG2013.11.24_059_R.JPG

2013.11.24_061_R.JPG2013.11.24_063_R.JPG2013.11.24_062_R.JPG

2013.11.24_064_R.JPG2013.11.24_066_R.JPG2013.11.24_065_R.JPG

2013.11.24_067_R.JPG2013.11.24_069_R.JPG2013.11.24_068_R.JPG

2013.11.24_070_R.JPG2013.11.24_072_R.JPG2013.11.24_071_R.JPG

2013.11.24_073_R.JPG2013.11.24_075_R.JPG2013.11.24_074_R.JPG

2013.11.24_076_R.JPG2013.11.24_078_R.JPG2013.11.24_077_R.JPG

2013.11.24_079_R.JPG2013.11.24_081_R.JPG2013.11.24_080_R.JPG

2013.11.24_082_R.JPG2013.11.24_084_R.JPG2013.11.24_083_R.JPG

2013.11.24_085_R.JPG2013.11.24_087_R.JPG2013.11.24_086_R.JPG

2013.11.24_088_R.JPG2013.11.24_090_R.JPG2013.11.24_089_R.JPG

極鋭友の会 大ステッカー当選者

2013.11.24_091_R.JPG2013.11.24_093_R.JPG2013.11.24_092_R.JPG

2013.11.24_094_R.JPG

最後に宮澤さんとじゃんけん大会! Winner2013.11.24_095_R.JPG

ご参加の皆さま、船宿様、運営スタッフのみなさんお疲れ様でした。
最高に楽しい1日をみなさん御協力のもとに無事終了できたことを感謝いたします。
ありがとうございました。来年も開催できるといいですね!

| | コメント(0)

<湯>2013 カワハギ新米杯 勝山港より

11月24日 我らが宮澤さん主催の『カワハギ新米杯』に参加してきました!

今回も舞台は、千葉県鋸南町勝山港です。

参加者人数、過去最大180名余りの大規模な会でした。

新米30キロ、10キロ単位で、各船1位、5位、10位

または、レディース賞、抽選会、当日賞、大物賞、ミニマム賞、ジャンケン大会等々で

合計1200キロの新米が用意されました!

 

DSC_2142.jpg

ご賛同いただいた船宿さんは、

 

萬栄丸さん*3艘、宝生丸さん*2艘、庄幸丸さん*2艘、利八丸さん、新盛丸さん

合計9艘です!

私は船リーダーとして、利八丸さんを担当させていただきました。

利八丸さんは、合計21名 内、女性アングラーが6人と、とても華やかな船を

担当させていただきました!当然、和気あいあいムードの船でしたよ^^

6時に港をスタート!数釣りメインなのでポイントは勿論、勝山沖。

ここは、岩礁+カジメ(海藻)の比較的浅いエリアで、

バッチサイズ~ワッペンサイズが主体でありながら、

カワハギが発育する条件がそろっているので、非常に魚影の濃いエリアです。

DSC_2111.jpg

私の座席は、左舷ミヨシから4番、右にはひとつ飛ばしでY子さん、

左隣りにはRさんと勝山でもお馴染みの女性アングラーに囲まれました!

DSC_2131.jpg

右舷の皆さん、元気いっぱいです!

DSC_2119.jpg

左舷の皆さんも負けず元気いっぱいです!^^

DSC_2117.jpg

さて、当日のタックルですが、ロッドは極鋭カワハギAGS 170A 

快適ピラピラ集奇Mサイズ1号 1枚集奇でやりました。

針は、ワッペン主体という事で、スピード7号フック3号(ハリス4センチ)を

メインとしました。

DSC_2124.jpg

開始早々やはり小さいのが居ます、勝山チルドレン!

DSC_2122.jpg

利八丸さんは勝山~岩井袋 界隈のごく浅いエリアを中心に攻めました。

特にカジメの発育が良好なのか、カジメが針に掛ってくる事もたびたびありました。

また、このカジメに仕掛けが擦れる感じが、ワッペンがまとわりついてくる感じに

似ていて惑わされてしまいます。

特にカジメ林での釣りの際は、魚がカジメの外に居るのか、中に居るのか?

こんな観点から、当日は比較的、中に居ると判断し、AGS175Fよりも、

やや硬調子のAGS170Aをセレクトしました。

カジメの中に仕掛けが入っても、やや硬めのロッドの方が仕掛けをコントロールし易いわけです。

カジメの中で育つカワハギはこんなに鮮やかなオレンジ色でした!

船べりトレイと同色です^^

DSC_2133.jpg

中には、船中ナイズサイズも釣れていました!

DSC_2130.jpgDSC_2114.jpg

利八丸さん最大は25.5センチ!鹿子嶋先生がキャッチでした!

 

DSC_2135.jpg

 

また、最少サイズは、利八丸さんでは、8.9センチでした!本当に可愛いカワハギでした^^

利八丸さんの結果は、21枚トップが2名!サイズでY子さんが見事1位抜けでした!

私は、19枚で3位 この時点で新米はナシ!^^;

とにかく和やかに、時に真剣にという感じの船中でとても楽しめました!

同船いただいた皆さん、有難うございました^^

DSC_2137.jpg

さて、港へ戻り各船の結果が集められ、スタッフ総出で集計作業に追われます。

その間、各チーム紹介が宮澤さんのMCで行われました。

DSC_2140.jpg

 

DSC_2144.jpgDSC_2149.jpgDSC_2151.jpgDSC_2154.jpgDSC_2157.jpgDSC_2160.jpgDSC_2161.jpgDSC_2143.jpgDSC_2147.jpg

さてさて、ちびっこカワハギを制したのは!?利八丸さんから水白さん!

8.9センチ!この日の最少サイズでした!

DSC_2164.jpg

最大は!?我チームからkomiちゃん!おめでとう!

*この時、ちょっと呼ばれて写真撮れなくてゴメンナサイ^^;

 

そしてレディース賞は!?

Y子さんにH美さん!毎年持ってくなぁ~!(^^)

DSC_2171.jpg

遠征してこられた、愛ちゃんも!持ってくなぁ~(^^)

DSC_2165.jpg

そして、各船1位、5位、10位と皆さん新米GET!

みなさん知ったお顔がズラリ!持ってくなぁ~(^^);;

DSC_2174.jpg

DSC_2176.jpg

DSC_2177.jpg

DSC_2178.jpg

DSC_2182.jpg

DSC_2185.jpg

DSC_2186.jpg

DSC_2188.jpg

DSC_2189.jpg

DSC_2191.jpg

当日賞!大島さん 最後におめでとうございました!

DSC_2192.jpg

ラスト!ジャンケン大会では我チームから坂本くんが勝ち上がり30キロGET!

*写真撮れなくてゴメンナサイ^^;

最後は、新米杯 本家主催の鹿子嶋さんよりご挨拶いただき無事滞りなく

お開きとなりました。

DSC_2152.jpg

今年の新米杯は、180名余りの参加者ということで、運営スタッフの皆さんは

以前からの準備等々、本当にお疲れ様でした。

DAIWAスタッフの皆さまもお疲れ様でした。無事に終了できて安心されている事と思います。

今年も、船リーダーという形で参加させていただき、また良い経験をさせていただきました。

不手際等々、お許しください。。

何より滞りなく無事に終了できた事は、ご参加の皆さまのご協力とご理解の賜物です。

本当にありがとうございました!

勝山港、関係の皆さま、各船宿様、ご理解、ご協力本当に有難うございました。

最後に、宮澤さん 本当にお疲れ様でした!&有難うございました! 

DSC_2199.jpg

 

 

| | コメント(0)

<文>21日、22日

相模屋さんの、実釣会、

志平丸さんから出船でした。

前日からの風の影響で、出船時間を遅らせました。

前半はチョット渋い感じも、

中盤からのチョット深場で大当たりでした。

連チャンする方、

大型を釣る方、

みなさん笑顔でしたね!

みなさんとお話をさせて頂いたら、

カワハギ釣りの講習会なのに、

何人かの方が、マルイカの話しをされていました。

カワハギ釣りの好きな人は、

マルイカ釣りも好きなんですね!!

Dcf00009Dcf00010

帰りにはこんな夕日が!!

Dcf00007
 

 

22日は、完全なプライベートで、

館山のくろしお丸さんよりカワハギ釣りでした。

3日続きの時化で、水温が下がり、

オモリも冷たく、喰いの方もどうかと、、、、、

中盤にチョット深めで、

中、大型が、バクバク喰ってきました。

一日釣れなかったので、枚数はそこそこでしたが、

大型のカワハギの引きを堪能させていただきました。

この3日の時化で集まりだしたのかな?

久し振りに、強い引きのカワハギの連チャンでした。

楽しい一日をありがとうございました。

Dcf00006

小型は放流しても、

21リッターがこんな感じ!

まぁ 3人の釣果ですが、

楽しかったですよ!!

大型、有望です。

 

| | コメント(0)

<宮>相模屋さんカワハギ実釣会!!

今年も開催!

毎年恒例の神奈川県相模原の相模屋さんのカワハギ実釣会です。

こちらも『継続は力なり』

今年で3年目です。

前半戦うねりと低活性で釣果的にも苦戦でしたが中盤以降は48メートル前後の深場狙いが的中!

20センチクラス以上メインでバクバク!

楽しく、真剣に!
カワハギ釣りが出来ました。
 




03dfbb65.jpgfcc74fd2.jpg55b96588.jpg

2c64a31f.jpg658ac8cc.jpg6b794051.jpg

ce0d608d.jpg34c87682.jpgb9525dce.jpg

9e6a68c5.jpgc4ec6646.jpg01338c16.jpg

8a4a8473.jpg3bb76673.jpg7e4c05ea.jpg

19d862c7.jpg3f7cd1f0.jpg7c018531.jpg

4785963c.jpg51d78c4f.jpg20a7f2c7.jpg

eb6d95b9.jpgf4470906.jpg51aa90f1.jpg

ご参加のみなさま、相模屋さん、永田さん、佐島港志平丸さん、ありがとうございました!

 
| | コメント(0)

<宮>三重県鳥羽国崎K-1カワハギ2012-13年グランドチャンピオンシップ大会

金曜日からのロードも最終。

金曜日キャスティング南柏店さんでプチカワハギミーティング

終了後木更津泊まり。

土曜日は鋸南町カワハギ大会

羽田空港まで送ってもらい、品川→名古屋→津の実家へ顔出し。

そして日曜日は三重県鳥羽市国崎港にて、Kー1カワハギ大会2013グランドチャンピオンシップ大会でした。

もうこの大会もダイワカワハギオープンと同じ11年の歴史があります。
 
今年は昨年2012年大会が荒天で中止になったため、2012・2013の合計ポイント上位18名が集まりました
 

 
ef67f225.jpg
ee85a8dd.jpg
3b5ae3c7.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもの『東海カワハギ凄腕メンバー』+新たに新規も加わりさらに厚みも出てきた1。
d2600939.jpg
15be5e0e.jpg
f63201e1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
くじ引きをしたらまたまた左オオドモ!

またいやな予感はもちろん的中します。
 
やはりミヨシ側の潮です・・・。

朝のスタートダッシュにいつものように大きく出遅れ、後半多少追い上げるもちょっと半端な成績。
 
 

31d6e968.jpg7662e094.jpg東海カワハギ界の4M
 
森さん、三宅さん、三鬼さん、宮澤!!
 
そしてもう一人の森さん!!
 
国崎は流石に良型揃いデス!!
 
 
当日のタックルですが
 
ロッドは自身でももっともお気に入りの極鋭カワハギAGS170A
 
特に30号負荷にはこのロッドです!!
 
仕掛けは朝イチのモーニングタイムはパワースピード、食い渋りにスピード7.5号10cmハリスで決め打ちでうまくハマリました。

9b79348e.jpgd8cf69c2.jpg2456abd5.jpg
 
 

7cbec32a.jpg54ee0d0f.jpg0222880c.jpg
 
 
 
優勝は!!東海3Mの一人!森啓至選手が終始リードを守り、2012-13チャンピオンに!
 
永田名人、寝ずに運転→大会→東京戻り、ほんとにお疲れ様でした。

cf700e84.jpg1d34e34f.jpg0396fbe4.jpg

 
f79ec5a7.jpg8cb854f1.jpg私も金曜日からのロードも無事終了。
 
長かったです・・・。
 
ですがもう1回あります!
 
 
 
 
 
 
また12月から2014年K-1グランプリがスタートします。
 
今、中京地区もカワハギが大ブーム!!
 
もう一戦目の12/8(日)は満員御礼ですが二戦目は1/12(日)です。
 
人気の大会で定員もありすぐに満員になってしまいます。
 
詳しくはプロショップかつきさん、フィッシング遊さんのHPをチェックしてみてください!


 
| | コメント(0)

<宮>2013ラストカワハギミーテイングINキャスティング東久留米店さん

TKB(東京湾カワハギバトル)決勝戦前日の
2013年12月6日(金)18:00-20:00

いつもお世話になっているキャスティング東久留米店さんにて!!
行います!!

18:00過ぎから店舗におりますが、コアタイムは19:00-20:00
恒例ジャンケン大会でプレミアグッズをゲットしてください。

<当日コアタイム向けのご質問も募集してます>
*カワハギ地獄へようこそ!もっとカワハギ釣りを知りたい!初心者大歓迎!
*5ステージセオリーを復習してみましょう!
*数釣りと型狙いの釣り方とタックル選びについて(DKOかTKBか?)
*新企画!カワハギタックル、どっちがいいの?
①ハリはスピードか?フックか?、ハリスは長いか?短いか?
②ロッドは長いか?短いか?硬いか?柔らかいか?
③スピニングは?
④宙か?底か?
⑤ゴリ巻きか?ゆっくり巻きか?ドラブ巻きか?

*ボーナスでカワハギ用品を充実したいけど自分に何が必要か?
*TKB決勝戦前日、その傾向と対策 

f82102059761158b371c1932e0509e82.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

など、興味深い内容今回も満載です!

 

 

| | コメント(0)

<宮>2013鋸南町カワハギフェスティバル!!

第三回鋸南町カワハギ釣り大会、盛り上がりのうちに終了!

非常に好調な内房勝山のカワハギ釣りなんですが!!

『天気良く、カワハギ喰い渋り』は恒例ですね。

なぜでしょう(笑)

だけど開会式前から盛り上がってましたよ!!

なんせ今回の150名近い方々にお集まりいただきました!!

6e487d07.jpg

a280a3b6.jpgcdf32ca4.jpg
 

 

 

 


自分にとっては「サイズ狙い」は「数釣り」より難しいかもしれません。

しかし今回はそれなりに作戦もはまり、

サイズ(48.1cm)も枚数(15枚)も、全体からするとまあまあの出来だったのではないかと思います。

 

その作戦とは!?


①アサリが小さかったので3個付け、4個付けであまり水管やベロは意識せずボリュームで見せました。

②少し早めの誘いメイン。コンタクトがあったり、トモ側に人が釣れたら少し止めの時間を長めに入れて食い込んで持って行くアタリを待ちます。

③活性の高いデカハギはエサが目の前に落ちたら飛び付くと思っているので、船の流れをみながら、なるべく他の釣り人の仕掛けが入って無いところを探るべく、遠投して船の外側をメインで探ります。

④太軸・大バリ系は一番下。上に行くほど小針へ。

⑤誘いは誘い下げメイン

他にも小さいメンテはやりましたが、メインはこんなとこでしょうか?

 

◎ロッドは型狙いで40mの深場をやると見込んでメタリアMH175をチョイス。

穂持ちも硬く、全体にデカハギが食うと曲がり込んで行くのでばらさず上がって来ます。

これからのシーズンには非常に使い勝手の良いロッドでオススメです!!

◎ハリはパワースピード7.5とパワーフック5.0号のミックス、ただし


cff035a1.jpgec755b4f.jpg09932c99.jpg

1660a554.jpg3c0b0faa.jpgcf7c40f4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

良型2枚揃えるのは今回もむずかしかった・・・ですね。

 

入賞者のみなさま!!

福ちゃん、なぎさちゃんお疲れ様でした。
 

この後、新幹線で三重に移動です。


 

| | コメント(0)

<萱>ハギマスター2013

11月17日、釣友の村上さんからお誘いを頂き、家元さんと3人チーム「アリエス号」で 
リビエラカップハギマスター2013に参加してきました。2013.11.17_013_R.JPG

参加チーム、123チームと大規模な大会。
競技方法は、カワハギ4匹の総全長で競います。スタートは、各ホームポートより自由スタート。
朝日を浴びながら7時に出船しました。2013.11.17_001_R.JPG

極鋭シリーズを積込み、村上キャプテン操船で、予め作戦を立てていた剣崎沖を目指しました。2013.11.17_003_R.JPG

2013.11.17_020_R.jpg

最初のポイントは、水深15メートル前後の磯際を攻めました。開始早々、バクバクです。
家元さんダブル4回トリプル1回と絶好調!しかし、今日は、数釣りじゃない・・・(笑)2013.11.17_002_R.JPG

このままやっていれば、束釣り確定でしたが、仕方ないので、徐々に東に移動しながらポイントを叩いていきます。入りたいところには、大会フラッグを付けたボートが先に入っていたりと、みなさん考えることは同じようでした。前半浅場中心に攻めましたが活性は良いものの、肝心の型が出ないので、徐々に沖の筋に細かく打ち変えていきました。
水深30mくらいのところで25センチほどの良型がでましたが後が続かず・・・水色が濁っていて潮悪く大型がなかなか口を使ってくれない感じでした。途中、いつもボートエギングでお世話になっている横田キャプテンのSun Squareチームに会い状況を聞くと、深場もチェックしたそうですがあまり芳しくないようでした。
そうこうしていると、すでに10時過ぎ、時間がたつのが早いこと。予報通り南の風が上がりだし風裏での釣りを苛まれました。そして城ケ島の水垂れ前に移動しました。ここでは、22~23センチの中型が何枚か出てくれて、ストップフィッシングの11:30になりシーボニアに向かいました。

シーボニア特設会場には、小網代湾にアンカーリング係留して和船で送迎してくれる形式です。
小網代湾に到着すると、すでに横田さん達が到着しており、船を横付けさせてくれました。2013.11.17_004_R.JPG

しばし待っていると迎えがきて桟橋から会場に入るとフラでお出迎え!2013.11.17_005_R.JPG

さて検量の結果は?先に検量してくれていた家元さんに聞くと924mmと目標にしていた1000mmを大きく下回ってしまいました。残念。

 みなさんの検量が済んだ後にダイワフィールドテスター小野信昭さんと石田江利さんの司会で表彰式パーティーが始まりました。2013.11.17_006_R.JPG

リビエラリゾートの渡邊副社長挨拶の後、乾杯!2013.11.17_008_R.JPG

集計がでるまでご歓談です。いろいろなオードブル、カレー、ビーフシチュー、パスタ、ソフトドリンク、ビール、ウイスキー、焼酎、ワイン、そしてデザートと豪華でした。2013.11.17_022_R.jpg

 豪華賞品の数々。2013.11.17_012_R.JPG

上位入賞者には、カワハギトロフィー!カッコいいですね!2013.11.17_011_R.JPG

みなさんのお腹が落ち着いた頃にじゃんけん大会。丸十丸さんの無料乗船券やレストランの無料お食事券などがあり盛り上がりました。2013.11.17_014_R.JPG

そしていよいよ順位発表です。下位からのコールとなり私たちのチームは44位でした。カップラーメン、ジプロック、双眼鏡をいただきました!2013.11.17_015_R.JPG

横田キャプテンチームは、27位と健闘。2013.11.17_016_R.JPG

20位からのチームは、メーター超えの成績となりました。

レディース賞 上位5名の方おめでとうございます!
優勝322mm 準優勝319mm 3位296mm 3位296mm 5位295mmと凄い成績。2013.11.17_017_R.JPG

大物賞 なんと350mm!流石です!おめでとうございます!2013.11.17_023_R.jpg

第3位 NOZOHIYO ~Monkey Boo~ A 1150mmおめでとうございます!2013.11.17_019_R.JPG

準優勝 つれもて丸 1246mmおめでとうございます!2013.11.17_020_R.jpg

優勝 ペピエ 1273mmおめでとうございます!2013.11.17_021_R.JPG優勝チームは、なんと平均318mm ワタシは、カワハギ釣りを始めて15年ほど経ちますが、15年間にワタシが釣った尺ハギ9枚よりこの日に上がった尺ハギの数が多いのにはビックリしました。
今回初参加でしたが、チームで協力し合って一つの目標に挑戦する一体感は、個人戦では味わえない楽しさがありました。また、自分たちでポイント探しをして大型を釣る難しさも実感。普段は、遊漁船でお世話になっていますが、船長も釣らせるために苦労しているのだと思いました。

優勝者発表の後にもジャンケン大会があり盛り上がりました!

最後に小野さんと記念写真!2013.11.17_022_R.jpg

参加のみなさん 大会運営スタッフのみなさんお疲れ様でした。 

楽しい一日を過ごすことができました。村上さんありがとうございました。

| | コメント(0)

〈林〉TKB第4戦・えさ政釣船店さん

今年のTKBは11月17日(日)を持って予選は終了となり、決勝を待つばかりとなりました。そんな予選最終日、大田区羽田のえさ政釣船店さんにオープン参加させていただきました。当日は2艘出しで参加者数39人と大盛況! 僕は岩淵船長が舵を握る大型船に乗船させていただきました。

暖かな朝。宿沿いの多摩川の護岸に腰掛けアサリを剥く方々の表情も和んでいます。出船前のルール説明には、カワハギ船の船長からお聞きした昨日の状況を織り交ぜ述べさせていただき、その後出船となりました(寄りかかっているように写っていますが、上着が触れているだけです)。

esamasa-2013-11-17T17_20_43-1-thumbnail2.jpg

航行中も暖かく、もうじき12月とは思えない位の気温で、僕は防寒ウエアーを着こんで行きましたが熱い位、ポイントの竹岡沖もべた凪、DAIWAののぼりがはためいた時にパチリ!

131117_083830.jpg

僕の船は6名の予選通過者が乗っており、今日通過できる方も6名なので、計算によってはかなり高確率で決勝へと駒を進められることになります。

131117_083818.jpg

女将さん、船長さん達のご好意で、僕も胴中で竿を出させていただきます。すると、1匹目のカワハギと一緒に上がってきたのは・・・ ヒラメの稚魚? ちょっと「ふなっし~」に似ていてかなり可愛いなっし~(笑)

 

131117_084408.jpg

最初は20m辺りを攻めましたが、外道が多く、カワハギの形が揃わず、程なくすると航路に移動します。潮止まりも近づいていることから、ここでは宙から誘い良型を連荘、アタリが小さく遠くなると宙から底へ、オモリを着けたままのゼロテンションで、目感度では出ない手感度での、カワハギがハリを噛んだアタリを掛けに行き数匹追加します。

愛竿 極鋭1455AIRは、スーパーメタルトップとXトルク、軽量チタンガイドを装備していて、10年前に華々しいデビューを飾った旧1455の良い所はそのままに、ぜい肉をそぎ落とし、カーボン繊維をスパイラルに巻き付け感度アップしたことにより、感じられなかった竿先に出ないアタリでもシッカリと手感度として感じることができ、今まで獲れなかった1枚を手にできることを、またあらためて体感できました。

 

 131117_102956.jpg

 

 

 

 131117_103713.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型船の航路脇のポイントでは、東京湾ならではの風景も楽しめます!

131117_094926.jpg

 べた凪の海でしたが、ウネリを伴う南西の風が予報よりも早く、11頃より吹いてきてしまい、大型船の往来の引き波などもあり、海底付近での仕掛けを安定させる意味で、シンカーを重めに打ってみました。

 131117_115440.jpg

尺ハギも出て大賑いの船内。そここで、たまに大型が顔を出しています。 

 131117_104149.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定刻30分前より検量を行い沖上り、果たしてどなたが決勝に進出するのでしょうか!?

桟橋に着き、船2艘を横並びに係留したまま表彰式です。僕の乗った船ではこちらの6名様。何と女性の方が4人決勝進出です!!

131117_154928.jpg

普段乗り合いのカワハギ船の舵を握る船長の船はこの方々が決勝進出を果たしました。おめでとうございます!

 131117_155120.jpg

 そして、この船では、こんな大型も釣り上げられていました! お見事です!!

 esamasa-2013-11-17T17_03_20-1-thumbnail2.jpg

 

その後は宿でお茶をいただきながら、さめやらぬ釣り談義をする方、喜んでいる方、はたまた苦笑いをしている方など、もう皆さん、次の釣りに向かっての想いを馳せているようです。

えさ政さんでは、在庫があればシジミなどの販売もしていて求めて帰途につく方の姿も。そんな僕もアサリを分けていただき、今後の新米杯、TKB決勝の為に、帰宅後せっせとアサリを剥くのでした・・・(笑)

 131117_173136.jpg

 さて、いよいよ12月7日(土)はTKB決勝戦です(予備日14日・土)! 決勝進出された方々、楽しく、楽しく、真剣に! よろしくお願いいたします!!

 

 

| | コメント(0)

良型バクバク!伊東ユルハギ釣行

11月16日(土)
静岡県伊東市からユルハギ釣行!

お世話になったのははるひら丸さん。
持参したアサリを剥いて出船を待ちます。

20131116 007.jpg

7:30出船。
ポイントは川奈ホテルゴルフコースの沖合い30~40mダチ。
陽が昇ると気温が上昇。ポカポカ陽気で防寒ウエアを着ていると暑いほどでした。

抜けるような青空の下、川奈ゴルフコース越しに霊峰富士を遠望しながら、仲間とワイワイ無垢なカワハギと遊んできました。

宙で良型がバクバク!
ボトム狙いのピラピラ集寄を使った横の釣りではひったくるようなアタリも多く楽しむことができましたよ。

20131116 018.jpg



今日は、隔週刊つり情報誌の沖藤編集長も取材で乗船されていて、リリースの際のエア抜きのコツを教えて頂きました。

 

お腹のとがった部分のスグ上をエア抜きニードルでぷすっと刺すと簡単にエアが抜けて元気な状態でリリースできる由。早速試してみましたが、バッチリでした!
 

20131116 016.jpg

キープ32枚。平均22cm級。良型カワハギとのパワフルなやり取りを堪能。

伊東エリアの最新情報や詳しい当日の状況は12月1日発売の隔週刊釣り情報誌で紹介されますので、ご確認くださいね。


さてさて、充分にユルハギを楽しんだ後は大和の新家さんに移動して2013DKOで優勝された船最前線ブロガー堀江さんの祝勝会に参加してきました。
 

20131116 021.jpg


店主新さんが腕をふるったご馳走に舌鼓をうちながら、新チャンプ堀江さんを囲んで楽しい時を過ごしました。

堀江節もますます絶好調で、終始笑いの絶えない愉快な会になりました。

20131116 038.jpg


堀江さん改めておめでとうございまーす!

 

| | コメント(0)

<湯>第3回 鋸南町カワハギ・フェスティバル!

11月16日は、千葉県鋸南町勝山港で開催の

第3回 鋸南町カワハギ・フェスティバルに参加してきました!

1回目から毎年参加させていただいていますが、年々ご参加人数も増えて

今回も150名もの参加者が勝山に集まりました!

内房の朝は早く、未だ暗いうちから開会式がスタートします。

宮澤さんと、あべなぎさ さんの元気なトークで開幕しました^^

DSC_1928.jpg

DSC_1933.jpg

各船宿船頭さんも朝から気合い満々です!

大会ルールは、カワハギ2枚の長寸で競います。

各船別1位、総合1~3位を競います。

 

 私は、賢一船長の宝生丸さん、座席はくじ引きで左舷トモ3番でスタート!

DSC_1936.jpg

DSC_1941.jpg

 

各船、大型カワハギ狙いという事で、まずは富浦沖へ向かいました!

DSC_1945.jpg

富浦沖で何度か仕掛けを落としましたが、カワハギからのシグナル遠く、

勝山~保田へ戻りました!

こちらは潮色も澄んで良い感じでしたが、潮が速くなかなかカワハギが喰ってきませんでした。

潮が速いので、オモリ1個分、底を切った宙釣りをメインに展開しましたが

良いサイズには恵まれずでした。

それでも、ラスト30分は宙でアタリ出し、3、4連などもありもう少し釣りがしたいところでした~

 

なかなか難しい日で、数は15枚 2枚のサイズは、19センチ+23センチ=44センチで

今一歩、、、というところでした!

 

お待ちかねの表彰式と、これまたお楽しみの抽選会が始まりました~

この大会の一番の盛り上がりどころでもあります^^

DSC_1947.jpg

 

DSC_1954.jpg

まずはレディース賞!お見事総なめでしたね!^^

DSC_1956.jpg

今年も、お父さんと参加してくれた茉弥ちゃんも見事レディース賞でした!一日頑張りましたね^^

DSC_1958.jpg

そして総合3位~1位の発表~

DSC_1959.jpg

 

DSC_1960.jpg

総合優勝は、第11号 宝生丸さんから 佐藤さん!おめでとうございました!50.8センチでした!

DSC_1963.jpgDSC_1968.jpg

第11号宝生丸 船頭トシくんは、今年船頭1年生 佐藤さんの総合優勝は

船頭としても喜んでいました^^

DSC_1973.jpg

さてさて、ここからはお待ちかねの抽選会!

伊勢海老、サザエ、他 さまざまな賞品が飛び交い盛り上がりましたね^^

DSC_1979.jpg
DSC_1987.jpgDSC_1982.jpgDSC_1985.jpg

私にはサザエが当りました! うれしぃ~

DSC_1984.jpg

今日は、先日甚大な水害、被害があった大島へ向けて、

各船宿の船頭さんたちの思いを込めて募金も集められました。

最後は、庄幸丸さんよりお礼のお言葉でお開きとなりました!

DSC_1994.jpg

ここ鋸南町は、自然豊かで本当に良いところです。

私も、釣りでたびたび訪れますが、日常の雑踏からここへ来ると癒されます。

今日はお天気にも恵まれ、楽しい一日をここ勝山で過ごせました。

ご参加の皆さま、お疲れ様でした。有難うございました!

 

DSC_2000.jpgDSC_1998.jpg

さて、来週は!またまた勝山です!お米です!新米杯です!

次週は、関東のカワハギ野郎!(失礼!笑)に東海からもカワハギマスター

総勢180名が集結します!

私は、利八丸さんの船リーダーとして乗船予定です。

こちらもよろしくお願いします!

DSC_1965.jpg
| | コメント(0)

〈林〉スミイカのエギングに適した竿とは!?

ここ数年秋になると、夏から始めるカワハギ釣りがトップシーズンに向かう中、釣趣はテクニカルであり食味も良いスミイカやイイダコの釣果が気になり出します。以前は毎秋数回づつ、スミイカやイイダコの乗合船に乗っていたものでした。今回は「餌木で釣るスミイカに適した竿は?」と考えを巡らし、11月14日(木)、浦安の吉久さんに行ってきました。

スミイカ船担当の峰岸船長。恒例の出船前のレクチャー開始です! 良く見ると、今回はテレビカメラが回っています。当日は何と、釣りビジョンの取材が入っていました。

131114_065930.jpg

僕も釣り教室の祭などは、出船前にレクチャーをさせていただきますが、スミイカ釣りの場合基本的には中オモリ10号、ハリス1.5mに餌木を付けたシンプルなタックルで、釣り方のキモは正確なタナ取り、餌木のチョイス、アワセにあり、カワハギ釣りと比べるとこちらもシンプルではありますが、更に噛み砕きながら乗船されているお客様にレクチャーをする峰岸船長を見る度に、今後の釣り教室に生かせる部分を多々感じられ、プロ意識が良い刺激となります。

さて、今回のタックルですが、①10号のオモリ+餌木を背負う ②スミイカが2本の食腕で餌木にコンタクトの直後、8本の腕で餌木を抱く挙動が(できれば手感度でも)察知できる柔軟な竿先+アワセでカンナをガッチリ掛けられるバット ③水深は20m以浅でラインはPE08 などを鑑み思案、「湾フグ竿の中に一部、スミイカ釣に適した良い調子があるとのことだけど、その竿は湾フグ釣り用としては柔らかすぎる」をヒントに、DAIWAのカタログで絞り込み、手持ちの竿ではどれが理想に近いか、これぞと思うものに10号オモリを下げてみたり、バットパワーを試す為に曲げてみたりして2本に絞りました。

その1本はメタリア マルイカ M-145+リールはスマックRT+ラインはハイパーメガセンサー0.8号の組み合わせと

131114_090156.jpg

もう一組は リーディング マルイカ M-140T3+ハイパーメガセンサー0.8号としました。

 131114_090608.jpg

ロッドは両方ともマルイカ用ですが、どちらかと言うと柔らかいタイプの俗にいう内房スタイルの調子で、マルイカ釣りではオモリを背負うと、柔軟な穂先ゆえトップガイドが真下を向く柔らかさで、その真横から見るトップガイドの上下動によってアタリを取る竿ではありますが、マルイカは軽くても30号位のオモリを背負うのに対して、10号オモリでは穂先が少ししか曲がらず、ガイドのリングを真裏から、文字通りリング状に見たままの上下動でアタリを取るスタイルとなります。

さてさて面白くなってきました! こうして新たなタックルや仕掛けで挑むときは、いつもワクワクするものです!!

まずはメタリアから試しますが、少し北よりの風が強く、舳の釣り座はやや揺れ加減です。前回までは180cmのロッドだった為、風波に対する竿の上下動がその時よりやや大きくなります。海底付スレスレをトレースするタナで、あたかも餌木が泳ぐかのように水平移動させることをイメージし、この上下動を宙のゼロテンションで極力抑えます。

タナを取ってみるとメタリアの穂先は、メタル部分と穂持ち部分が少し曲り込み、この状態では9:1調子に近い竿に見えます。アタリは割合大きく、1cm近くトップガイドを押さえ込むように出ました。それは、タナを低く取り過ぎて、カンナが海底の何かに一瞬引っ掛かったような大き目なアタリで、本アタリは「重みのあるツン」であるのに対し、底の何かに引っ掛けたアタリは「重みの無いツン」で判断できます(もちろん根掛り時は異なりますが)。

そんな感じで2、3杯獲った後、今度はメタリアからリーディングに持ち替えてみます。メタリアより竿先が柔軟なリーディング、やや風があり、風が穂先をはたく祭のブレはありますが、140cmとやや短いながらも、柔軟さで揺れを吸収しながらアタリを待ちます。その時の竿の曲りは7:3調子で、アタリはメタリアより大きな振幅となって表れました。

そして、どちらの竿もマルイカ用ですので、イカにカンナを刺すバットパワーは申分なく、巻き上げ途中や水面でのバラシは皆無でした。

そうそう、冒頭での釣りビジョンの取材の主は・・・、DAIWAフィールドテスター、北本さんでした! 北本さんとは今年のフィッシングショー、ミーティングでご一緒していました。ご活躍されていますね!

 131114_120330.jpg

 「メタルトップは餌木でのスミイカには向かない」という意見もあったようでしたが、今回メタリアを使ってみて体感できたことは、目感度はもちろん「プンッ」という、スミイカの食腕が餌木を捉えた挙動も手感度としてハッキリと伝わったことでした。メタリアはやや硬調、リーディングはやや軟調といったところで、個人的にはどちらにも合格点が出せました。今後、そんな新たなスミイカ・エギング専用ロッドが出ればと思っています。

帰港中の操舵室で、舵の下をふと見ると、最前線ステッカーと僕のステッカーを貼ってくれていました! ありがとうございます峰岸船長!!

131114_151822.jpg

 

新たな発見があるスミイカ釣行でした。今年、もう一度位は行きたいと思っています。

 131114_152743.jpg

 

 

| | コメント(0)

<宮>つり情報さん12月1日発売号取材!新製品ザクザク

今朝は神奈川県早川港長谷川丸さんよりシーズン初期のヤリイカ釣りに!
 
風強いから富士山もすっきり!!
 
これからのヤリイカ釣りに最適なパワーとスピードを兼ね備えた電動リールと、

新しいコンセプトの防寒ウエアーのインプレで、つり情報さんの連載取材でした。


<電動リール編>

12月発売予定の新製品『レオブリッツ400』

このモデル、ジョグパワーレバーは搭載されていませんが
ちょい巻きスイッチがパネルセンターにある所に、
この電動リールの使い方勝手の良さがあります!

ジョグパワーレバー同様、
 
クラッチOFF→クラッチON→巻き上げがワンハンドでできる上に従来のパワーレバーも装備されています。

ラインキャパもPE4号400m・5号300と汎用性も高く、いりわけこれからシーズンスタートとなるヤリイカ釣りにはもってこいです。
 
かっこいいアルミハンドも標準装備されていてメーカー希望小売価格68000円。
 

<仕掛け編>

開始直後からサバ地獄。途中で乗り悪くブランコ有利へ。

直結プラス仕掛けは直結⇄ブランができるお助け仕掛け!

意外な助っ人としていい仕事してくれますよ!
 
快適イカブランコプラス仕掛け
 
 
 マルイカのリーーダーの応用です。
 
 
本格的な直結仕掛けではありませんが、
 
①初心者でも扱える6本角(サバがひどいとブランコ仕掛けは落ちない)
 
②ブランコにしても乗りに影響しにくい幹糸6号(実際にブランコにして十分乗りました)
 
★1つバッグに忍ばせておくと役に立つ仕掛けです!!

<アパレル編>

新作の防寒服、DW2003フルキャストコンセプトという非常に動きやすいストレッチ性のある素材を使っていて、着た感じは防寒服とは思えません。
しかも暖かく、撥水性も抜群!!
 
ウエアーの詳しい機能説明はこちら
これは勉強になりますから是非みてください。

ヤリイカやカワハギ他、動きのある釣りには最適ですよ!


 
<サングラス>
 
普段オーバーグラスメインでしたが。
ちょっと度付きが欲しくなりましたね
 
<ロッド編>
 
もちろん極鋭ヤリイカ MH195 オールラウンダータイプです。
 
 
こちらは久しぶりのリニューアルされました。
ショートロッドの楽しさとグラスの粘りをポップな感覚で提案する。
デザインも一新!高級感もばっちり!!
 
ヤリイカのフワフワアタリも明確に出ました!
アジビシなんかにも使えそうで汎用性もありますよ!
 
 
 
新製品電動、アパレル、仕掛けや詳しい模様は
 
12月1日発売のつり情報さんを是非ご覧ください!


久しぶりに最高の一杯!

ママのお刺身テクニックも最高です!

 
| | コメント(0)

<文>14日 佐島 深田家さん

14日は、つり丸取材で、

佐島  深田家からの出船でした。

http://blog.fukadaya.mobi/

感謝デーとなり、特別乗船料でしたので、

満船での出船 (笑)

取材人としては、ありがたいことです。

Dcf00002船長!

割引デー、ありがとです!

後ろの方の船に、フラッシュが眩しいよ~~とか?

21日相模屋さんの教室で伺いますよ~~(*^。^*)

 

 

朝方、浅場からワッペンスタートで、

すぐに二ケタに達しましたが、

大型を狙う事にしたため、釣果が落ちてきました。

Dcf00005海は穏やかとなって、

この後無風に近く、

暑いくらいでした。

中盤は潮も流れなかった!

深場で朝からやっている船は良い釣果の様すです。
 

Dcf00004エサも喰われない、

釣れない時間に、

こんなサイズを釣らせてもらいました。
 

Dcf00003

この時間、ダブルの連チャン!

中型、大型、楽しかったね。

餌が取られないのに何故釣れたかって?

釣り方は、これから原稿書き!

取材だったので書かなくては、

毎回、ボクが釣るより、

滝ちゃんにアドバイスして釣らせるのって!

快感かも?

それはアドバイスが、当たりだったからと、

嬉しく思う瞬間でもあるのです。

自分で釣ると、微妙に調整して釣ってしまうので、

滝ちゃんに釣らせれば間違いない!

内緒で釣っていればよかったかな?

実際回りでは釣れていない、

エサも喰わない!

そんな時間でしたからね!!

釣り方が合っていたのでしょう!!

32枚ならOKでしょう!!

 

明日は、チョット早いけど、

時間が無かったので、スタットレスに履き替えます。

早すぎるかも知れないけど、 

中々そんな時間が取れないので、早すぎるこの時期に!!

翌17日は国崎 K-1 グラチャン

こちらも楽しみですが、

毎年この距離を走るのが大変になってきています?

本当か?

安全運転心がけましょう!!

 


 

| | コメント(0)

<堀>2013DKOファイナル

2013DKOファイナル当日、2次予選と同様、衣笠のすき家で朝食をとり、鉄人28号海岸に向かいました。

海岸到着後、ファイナル進出の皆さん、観戦船に乗船してくれる皆さんとも雑談しながら クジ引きまでの時間を過ごします。

そんな時間もあっという間に過ぎ、いよいよクジ引きが開始されました。

一次予選左ミヨシ、二次予選右ミヨシ、正直今回は良い席が引ける事は期待していませんでした。

無心でボックスに手を入れ引いたクジは!なななんと右ミヨシ1!

くじ運は悪い方では無いと思うが、自身ビックリした。

しかし、このダイワカワハギオープン決勝戦、良い席を引いたからといって、誰もが勝てるほど甘いファイナルでは無い。

私が心掛けていた事は、他の選手の様子に惑わされず、今まで自分の経験してきた事を信じて、様々な状況を判断して、自分の釣りを最後の最後まで集中して諦めずに、悔いの残らない1日にしようと思っていました。

しかし気になるのはやはり、昨年のチャンプ林さん(右艫2)、昨年2位鈴木さん(右4)、今回本気で狙いにきている宮澤さん(左大艫)

宮澤さんも予選から全て大艫を引くという強運!

反対舷の宮澤さん、艫寄りの林さんの様子は見えないのでプレッシャーにはならないと思いましたが、同じ舷の4番目に座る鈴木さんの動向は目に入ってしまうので少し気にはしていました。

しかし、実際 競技が始まると、殆どの時間 自分の事に集中出来ていたと思います。

ロッドは極鋭カワハギAGS-F リールはスマックRT100SHVFハイパーメガセンサー6ブレイド 0.8号

タックルに関しては迷いは無し!

ハリも二次予選同様スピード7.5号を中心に、状況によってパワースピード7.5号スピード8号、フック系のハリを織り交ぜようと考えていました。

釣り方は2次予選で良い感触を掴んだ誘い掛けを中心に、魚の活性に合わせて微調整していこうと考えていました。

当日の竹岡沖ではタックル、ハリの選択は自分の釣りを成立させる為には、間違えではない選択が出来ていたと思います(2次予選とほぼ同じ)

2次予選と少し違っていたのは、活性が下がった時の小型のカワハギの喰いが2次予選より更に悪く、非常に掛けるのに苦労したという点。

2次予選では誘いのスピードを徐々に落として行き、どんなに落としても数秒のゼロテンで対応出来たのですが、当日はゼロテンから仕掛け最上部に打った1.5号のシンカーをスローに落とし込み、アタリが出た所で極ユックリな合わせを入れる、こんな合わせ方で、良くて3回に1枚獲れれば良し!という、実にシビれるワッペンゲームが何度かありました。

正直言うと、スタート直後に良型とワッペンのダブルを獲れ、その後もポツポツ掛けられていたので、序盤から上位をキープ出来ていたと思っていたのですが、実際の流れは、私の思っていた流れとは違っていたようでした。

もしその流れを分かってしまっていたら、最後まで平常心で釣りが出来ていたのか…

私が上位に位置していると確信できたのは、残り20分を切ったあたりから、釣り雑誌さん、釣り新聞さんのカメラレンズが私に向き、シャッター音が「カシャッ!カシャッ!」と聞こえ始めた時、上位に喰い込んでいると確信しました。

しかし、2012年 林さんの大逆転劇のように、何が起こるか分からないのがDKOファイナル!

最後の1秒まで気を緩めずに集中しました。

 

そして、表彰式。

17位 田中 義弘さん お疲れ様でしたm(__)m

PAP_2013dko1.JPG

 

16位 森 啓至さん 石川県からの参戦!本当にお疲れ様でしたm(__)m

PAP_2013dko2.JPG

15位 木島 一朗さん お疲れ様でした、単独の画像を撮り忘れてしまいました、ゴメンナサイm(__)m 

1441454_466978153413434_202119178_n.jpg

 

14位 中園 智晴さん お疲れ様でしたm(__)m

PAP_2013dko3.JPG

 

13位 横浜皮研の仲間 荒井 浩さん!お疲れ様でした(^^)v

PAP_2013dko4.JPG

 

 12位 横浜皮研 佐藤忠男さん 師匠 お疲れ様でした(^^)v

PAP_2013dko5.JPG

 

11位 林 良一さん りょうさん、やっと終わりましたね、一杯やりながらの釣り談義、ヨロシクです(^^)v 

PAP_2013dko6.JPG

 

 10位 佐野 和哉さん お疲れ様でしたm(__)m

PAP_2013dko7.JPG

 

9位 片山 幸太さん お疲れ様でした!錦の皆さんとの釣行、いつか参加させて下さい(^^)v

PAP_2013dko8.JPG

 

 8位 服部 豊さん 愛知県からの参戦!本当にお疲れ様でしたm(__)m

PAP_2013dko9.JPG

 

 7位 相川 弘二さん お疲れ様でしたm(__)m

PAP_2013dko10.JPG

 

6位 中山 稔康さん 愛知県からの参戦!本当にお疲れ様でしたm(__)m

PAP_2013dko11.JPG

 

5位 鈴木 泰成さん 愛知県からの参戦!本当にお疲れ様でしたm(__)m 

PAP_2013dko12.JPG

 

4位 石井 康夫さん お疲れ様でしたm(__)m

PAP_2013dko13.JPG

 

 

3位 宮澤 幸則さん  2位 鈴木 孝さん  この御二人に挟まれての優勝!とても光栄ですm(__)m

 dkotop3.jpg

 

 もう何も言う事はありません!念願のDKO制覇!最高の気分です!!!(^O^)/ 

 2013dkogattspose.jpg

 

観戦ツアーに参加頂いた皆さん、船宿の皆さん、ダイワスタッフの皆さん、そして2013DKOファイナリストの皆さん、お疲れ様でした。

私にとっては一生記憶に深く残る、心に刻み込まれた1日になりました!

釣りを通じて私に関わってくれた全ての方に感謝したいと思います!

そしてこれからも宜しくお願い致します!(^^)v

2013dkosyuugou.jpg

 

 PAP_2013dkosyouzyou.JPGPAP_2013dkohtr.JPG

 

| | コメント(0)

<萱>TKB51羽田えさ政釣船店さん予選

11月10日、TKB51羽田えさ政釣船店さん予選に行ってきました。2013.11.10_003_R.JPG

2013.11.10_004_R.JPG

今回の参加者は、19名。出船時間の30分前にミヨシに集合して頂き、レギュレーション説明をしました。その後、みなさんにタックル調査を協力してもらい7時15分出船となりました。2013.11.10_001_R.jpg

ポイントの竹岡沖まで約70分、お知り合いの方とお話しながら向かいます。2013.11.10_005_R.JPG

観音崎を過ぎたくらいから海が悪くなってしまいました。ポイント到着。航路中の水深32メートルからスタート。2013.11.10_009_R.JPG2013.11.10_008_R.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタートしてからすぐに守先生にヒット!すぐにもう一枚追加。2013.11.10_006_R.JPG

船中、上がりだします。2013.11.10_007_R.JPG

2013.11.10_011_R.JPG

しかし、長くは続かず少し経つとポツポツといった感じで、たまに誰かの竿が曲がる程度でした。

そんな中、左ミヨシ1番の三浦さんがこの日最大の27センチを釣り上げました。2013.11.10_0010_R.JPG

良型とのダブル!河口さんお見事!2013.11.10_012_R.JPG

みなさんの釣りを見ていてわかりましたが、誘い下げからゼロテン、少しマイナスで待ちアタリを感じても即合わせせずにじっくり食わせる間を取る感じが良かったみたいです。誘いからアタリを感じてすぐに掛けに行くとバラシが多いようでした。

10時を過ぎたころから風が上がり波も大きくなってきたので、第二海堡まわりのポイントに移動しました。

到着してすぐに上がりだします。
型は小中でしたが竹岡沖よりは、活性が良い感じでした。2013.11.10_014_R.JPG2013.11.10_015_R.JPG2013.11.10_018_R.JPG2013.11.10_017_R.JPG2013.11.10_016_R.JPG13時くらいに状況を把握したかったのと試したいことがあったので船長の許可をもらい竿を出させて頂くと「あれ?」釣れる・・・釣れる!船中みなさんも釣れる!釣れる!カワハギのスイッチが入ったようで、終了時間までバクバクでした。あのタイミング、自分でもビックリでした(笑)試したいことがあったのに・・・なんとも嬉しい悲鳴。私は、1時間弱、楽しんだところで、終了時間の30分前になり検量に回らせて頂きました。

14時30分沖あがり。
桟橋で結果発表。オープン参加の羽佐間さんご兄弟が1、2フィニッシュ!流石でした!

6名の方が決勝進出!おめでとうございます!2013.11.10_002_R.jpg参加のみなさん、南西風でコンディションの悪い中、お疲れ様でした。
後半は、カワハギの活性が上がり楽しめたと思います。欲を言うと、もう少し型がでれば良かったですね。
また、タイミングが合わず写真を撮れなかった方すみませんでした。

岩越船長 えさ政釣船店スタッフのみなさん ありがとうございました。2013.11.10_020_R.JPG

TKB51予選 今週末でラスト!
11月16日 第二泉水さん
11月17日 えさ政さん 須原屋さん 松陽丸さん 
 

| | コメント(0)

<宮>カワハギミーテイングIN鹿児島県錦湾海晴丸さん

今年も年に一回の恒例行事!

カワハギミーティングIN鹿児島錦江湾海晴丸さんです。

昨年はめったに出船中止にならない錦江湾が!!

そのめったにがやってきてまさかの出船中止。


今年も前線通過で朝イチは土砂降り。今年も去年の再来か!?

いやいや、今年は出船を大幅に遅らせ、前線通過後の9時過ぎに集合!

2年ぶりの錦江湾カワハギ釣りへ!

5bca4607.jpg89a31c4a.jpg鹿児島市内のアーバンチックなビル街と
 
雄大な桜島をみながらデカハギを釣る!



a639746f.jpge9569e88.jpgハズでしたが生憎、桜島は雲が掛かってました。
(ただし、今年は噴火も活発でこの風向きで良かったのですが)



4e175860.jpgタックルは!

ロッド:AGS175F
 
リール:スマック100SH・SLPカラーチューン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f8506dc0.jpg
ハリ:サクサスパワースピード8.0号7センチ
         スピード7.5号10センチハリス
 
大きめにカワハギには長いハリスでイッテンポ遅らせた合わせと
 
早く緩めない巻き上げがバラシを減らすポイントですよ。




bd5d216d.jpgやはり便利!
 
剥き身の入手できないエリアでの釣りにはクオリティも高く強い味方、
 
『特選アサリ』と『アミノソルト』



57c49880.jpg船べり穴が無い場合
 



終始潮の流れなくポツポツ拾い釣り。

ただし平均サイズは20センチオーバーです!

ちなみに海晴丸さんレギュレーションキープサイズは22センチだそうです。

カワハギの保護も怠ってないところは流石です。
306e3a48.jpga2c16260.jpgc88ba862.jpg

283a317b.jpg60f74663.jpg982cc6bb.jpg

f2bc401a.jpgd7762daf.jpg7b23ecb1.jpg

6246c226.jpgadd3010f.jpgカワハギの神経シメ、鼻から通すと簡単に。

画像でおわかりの通り、一瞬でしまってましたね。


中田船長、今年もありがとうございました!

そして、鹿児島カワハギフリークのみなさま、改めてまして!

『カワハギ地獄へようこそ!』

66cc036f.jpg7583a916.jpg来月のカワハギトーナメント、頑張ってください。

来年は自分も頑張って参加したいと思います。



カワハギミーティングも全国規模です!
鹿児島錦江湾海晴丸さんのカワハギ釣り!

鹿児島市内と桜島を見ながらデカハギと戯れる!

こちら鹿児島でもDKO並のカワハギトーナメントも開催されており、みなさま、技術も優れています!

関東のみなさまも機会があれば是非一度遠征してみてはいかがでしょうか?!
| | コメント(0)

<湯>剱崎沖・カワハギ釣り本格シーズン突入です!

11月9日 松輪・成銀丸さんより本格シーズンのカワハギに行ってきました!

メンバーは、常連のごんちゃん、ブチさん、ハセやん、HKくん、私、5人で左舷トモから

並びました!皆さん、朝から元気元気です(笑)

向かって左は、成銀丸 山田社長です。いつもお世話になります!

DSC_1831.jpg

 

タックルは、今シーズン大のお気に入りコンビのこちらです。

DSC_1844.jpg

 

極鋭カワハギAGS 175F & 2013スマック(ブルーカラー・カスタマイズチューン)

快適ピラピラ集奇Mサイズ2枚、30号のオモリに、快適カワハギ・ヒラヒラスカート、

針は、スピード7.5号パワースピード7.5号 共にサクサス各7センチハリスを使用しました!

剱崎沖では、北東風が8~10メーター程吹いていたでしょうか。

潮色はクリアなのですが、曇天で暗い潮という感じでのスタートでした。

 

同行したHK君は、約10年ぶりのカワハギ釣り!タックルの進化にも驚いた様子でしたが、

早々に感が戻り、嬉しい1枚GETでした!

DSC_1832.jpg

 

昨日までは、バクバクの喰いだったようでしたが、今日はどうも今一つ・・・

と思いきや、ブチさんのロッドがガンガン海面近くまで叩かれています!

ウマヅラ&カワハギの一荷!

DSC_1835.jpg

 

「底から4,5メーターにウマがいるよ!」とブチさん

私も、このデカウマを釣ろうと、4,5メーター底を切り、ユラユラ誘っていると

ゴゴゴーンという感じで、デカウマが来ました!

これはこれで、迫力あって非常に面白いシーンで盛り上がりました^^

AGS175Fは、柔らかめの穂先と、強めのバットですが、その中間部に

程良いクッション性があるので、デカハギ、デカウマのバラシが少なくなるので

気に入っています!

 

今日は、ハセやんの静かな釣りがマッチングした感じでしたね!

DSC_1836.jpg

 

「おお!来たよ来たよ!」

DSC_1838.jpg

 

ロッドが絞り込まれます!「デカイかな!??楽しいぃ~!!」

DSC_1839.jpg

 

と思ったら、「ワッペンでした~!」とブチさん^^

DSC_1840.jpg

 

そのくらい、潮が速い時間帯もありましたね!潮の抵抗で重いんですね。

お昼前後にやや潮が緩み、しばしば連装もありました!

水深もやや深めでしたので、終始、縦の釣りを展開しました。

着低後、外道に喰われないうちに直ぐに1.5メーター程度、底を切り、

しばらくユラユラ誘い、誘い下げて、底に着く辺りで喰いました。

ゼロテンションにしてしまうと、外道が喰ってきてしまうので

テンションを掛けた状態で、カワハギが食い込むのを待ってから

ゆっくり合わせる感じが良かったです。

私的には一番面白く、好きな釣り方が展開出来たので楽しかったです!

 

ごんちゃんも来ましたね!ナイスサイズで綺麗なカワハギです!

DSC_1848.jpg

後半にHK君に良型がきました!堪りませんね!^^

DSC_1842.jpg

 

キープサイズも多く、さすが剱崎です!

また、肝も大きくなってきました!まさにキモパンです!

DSC_1847.jpg

 

今日は、バクバクタイムは残念ながらありませんでしたが、やや深場の縦系の

釣りが楽しめて非常に面白いカワハギ釣りを堪能できました!

釣果は37枚でした。面白かった~

DSC_1850.jpg

 

正美船長、一日頑張っていただき有難うございました!^^

皆さん、楽しい一日を今日も有難うございました^^

また、寒い一日でしたが、同船いただいた皆さまもお疲れ様でした!

これからの時期は、防寒着は必需品ですね!

DSC_1854.jpg

 

さて、来週の16日(土)は、千葉県・鋸南町勝山のカワハギ大会にエントリーしています。

カワハギ2枚のサイズ(長さ)勝負の大会です。こちらも今から楽しみです!

 

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>TKB51平和島 まる八さん 予選会

 11月7日、TKB51平和島まる八さん予選会へ行って来ました。

参加者は12名でしたので、状況を把握してアドバイス出来るように、私もロッドを出しました!

まる八さんは首都高速 平和島を出て5分、電車(京浜急行 平和島)釣行の方も車での送り迎えがあります!

船宿は船着き場のすぐ前、楽々です♪(^^)v 待合室には電子レンジ、湯沸かしポットもあって、暖かい朝食を食べながらゆっくりできます(^^)vPAP_tkb51m01.JPG

 

当日は朝から雨降り、南西風が吹くとの予報で船酔いをする私は少し心配でした。

PAP_tkb51m02.JPG

PAP_tkb51m03.JPG

 

船には前後にキャビンがあり、雨が降っていたので避難。

ポイントまでは1時間少々、後ろのキャビンには5名しかいなかったので、ポイントまでに船酔いしない様に横にならせていただきました。

しかし、思っていたより船は揺れず、竹岡沖到着10分前くらいに少し揺れを感じたくらいでした。

竹岡沖に到着して外に出ると、やはり南西風が吹いていて海面はバシャついています。

しかし第1投目からから中型のカワハギが姿を見せ、その後35分くらいでキーパーサイズを3枚揃えてしまいました(*^_^*)

PAP_tkb51m04.JPG

 

カワハギの反応はほぼ底付近なのですが誘いの後、しっかり喰わせの間をあたえないと、バラシを連発してしまう感じでした。

この喰い方はDKOファイナルの時と同様で、当たりの後 大きく合わせを入れずに、しっかり竿で溜めながら フッキングを促し リーリングを開始、リーリングも極ゆっくり巻く!(小型は少し違います)

最近のリールはギア比が高い物が多いので、その辺も頭に入れ やり取りしましょう!

ある程度の状況が掴めたので、アドバイスに廻ろうと ロッドを置き 腰を上げると、右舷胴の間で良型が掛かった様子!

タモ取りする間もなく抜きあげたのはデカハギ~!!お見事です(^^)v

PAP_tkb51m05.JPG

 

 その後、苦戦している方 数人にアドバイスに廻らせていただきました。

しかしその後、雨が強く降り出し撮影はできませんでしたm(__)m

昼ごろだったでしょうか?

雨も止み、さ~これから!と気合いを入れると左舷ミヨシで中型のダブル~!!イイですね~♪(^^)v

 

PAP_tkb51m06.JPG

 

こちらも中型ゲットです!(^O^)/

PAP_tkb51m07.JPG

 

こちらもゲット!サイズアップ狙いましょう!(^O^)/

PAP_tkb51m08.JPG

 

こちらも尾ヒレの大きなGOODサイズ! 

PAP_tkb51m10.JPG

 

南西風も収まり天気は回復!海上は凪!さ~これから!船上は少しの時間盛り上がりましたが、肝心のカワハギの活性が…

良型は口を使ってくれず、居食いをするワッペンサイズがポツポツの時間になってしまいました(T_T)

PAP_tkb51m09.JPG

 

2時30分 沖揚がりとなりました。  釣行中の画像を撮れなかった皆さん、ゴメンナサイm(__)m

 

PAP_tkb51m11.JPG

PAP_tkb51m12.JPG

 

悪天候が予想される中、参加してくれた12名の皆さん、お疲れ様でした!

前半は活性はある程度あるものの、雨風で寒い思いをしましたね(>_<)

後半は天気は回復しましたがカワハギの活性上がらず…(T_T) 何と言っていいやら(^_^;)

PAP_tkb51maruhati2.JPG

 

そんな中、見事に通過された4名の皆さん、おめでとうございます!

決勝戦では宜しくお願いします(^^)v

PAP_tkb51maruhati1.JPG

 

まる八船長、船宿の皆さん、御協力ありがとうございました!

残る予選会、決勝戦も宜しくお願い致します!(^^)v

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉つり人さんカワハギ取材 at くろしお丸さん

6日の水曜日、宮澤さんより「つり人社さんに連絡を入れてください」とメールをいただきました。担当の方に連絡を入れさせていただくと、カワハギ釣りの取材依頼で、なるべく早い取材がご希望とのことでした。それではと、早速の2日後の11月8日(金)、千葉県館山のくろしお丸さんにてカワハギ取材となりました。くろしお丸さんには去年の夏のインプレ釣行以来で、朗らかで、マイクパホーマンスが名物の船長とお会いすることを楽しみに、暗い館山道を走って行きました。

くろしお丸さんは堤防に車を降りてすぐ、10数歩歩けば乗船できます。船長に挨拶を済まし乗船、当日のタックルを用意します。

6時出船、微風、朝日が昇ったばかりの海、頬を気持ちの良い風がなぜ、期待が高まり最高に気分の良い瞬間です!

131108_062100.jpg

今回のタックルは、メインに1455AIRスマック・ムーブ、サブにAGS-FスマックRTを用意し、船長による事前情報では、「型はコッパ~小型中心で、時に大型も。ハリはスピードなら7~7.5号、フックなら4~4.5号位」とのことで、上からパワースピード7号・ハリス2号5cmを2本、下はパワーフック4.5号・ハリス3号4cmをセットし、まだ光量が少ない海底をイメージし、夜光タイプのオモリとケミホタルを付けました。

131108_061121.jpgのサムネール画像
131108_063243.jpg

 さて実釣開始です! ポイントは30m前後で潮は澄んでいますが潮流が早く、西よりの変なウネリの中、船長は船を決め辛く、流しながらのポイント通過も早く、釣り人もやや苦戦です。船長は潮の緩いポイントを探して移動を繰り返してくれますが、すると今度は潮色が緑色に、やがて灰色掛かった緑色になってしまい、目でエサを追うカワハギのこと、あまり良い潮色とは言えません・・・

ところが、カワハギの活性は低くはなく、極々小さなアタリを出しながらエアをかすめ取って行きます。そして、動くエサを追う気配はなさそうです・・・、それではと、短ハリスのワイドフックにチェンジしゼロテンション、トップガイドのリング幅程のアタリ≒変化にアワセを入れると小気味よい引き! この瞬間がカワハギ釣りの醍醐味でもあります。

10時前には20匹位釣り上げ、意図する絵(写真)も撮れ、記者の真野さんも竿を出します。

131108_094458.jpgすると、いきなりの3連荘、その後4連荘・・・、流石です・・・、参りました! 

 

131108_100011.jpgそのままポツポツと釣れ続け、時に上がる大型に船中沸きながら、船長のマイクパホーマンスに大笑い、または苦笑いしながら釣り続けて行くと、沖上がりの13時近くに急に食いが立ち始めました!30分近く残業してくれた船長、その間9枚獲り38枚、久し振りの館山のカワハギ釣り、十分に堪能させていただきました。船長ありがとうございました。

cimg2540.jpg

131108_142241.jpg沖上がり後は、タックルの写真撮影の後、船長、真野さんとしばしの釣り談義。船長のカワハギ釣りにかける熱い思いをお聞かせいただき、釣りを通し名船長と出会えたことに感謝し、くろしお丸さんを後にいたしました。

 

熱いカワハギ釣り、熱い船長。取材の模様は、11月25日(月)発売号のつり人誌に掲載される予定です。是非お読み頂ければと思います。

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉釣り教室にご参加いただいた方からのメッセージ

  1. 林さん

    先日のカワハギ教室終了後、私の所属するカワハギ同好会では大騒ぎになっています。
    その理由は以下の3点です。...

    ①小松原が林さんの指導のもと「つ抜け」した事。

    ②小松原が林さんとFacebookで友達になった事。

    ③林さんから次回、我が弱小カワハギ同好会の釣行に参加してくれるかもしれないとメッセージで言ってくれた事。

    林さんの知らないところで物凄く盛り上がっています。

    私が「林さんが私の横で2投して2匹カワハギを掛けた事」等を話すと当会の釣行に参加頂くのが難しければ是非とも次回のカワハギ教室には参加したいと、今年のDKOを1回戦で敗退してしまった同好会の2名が申しておりました (^^ゞ

    次回のカワハギ教室の日程等が決まりましたらお知らせください。

    今後ともよろしくお願い致します。

    小松原


    ここまで。

    今後釣り教室を続けて行くにあたり、何とも嬉しくありがたいメッセージでした。

    小松原さん、ご参加ありがとうございました。

    今後ともよろしくお願いいたします。
    131104_144004.jpg
| | コメント(0)

<堀>TKB51 南六郷 ミナミ釣船さん予選会

DKOファイナル翌日、TKB51 南六郷 ミナミ釣船さん予選会に、スタッフとして乗船してきました。

PAP_tkb510.JPG

 

 カモが泳いでます♪

PAP_tkb511.JPG

 

湾奥の船宿さんの船着き場には 珍しい景色が沢山♪ 

PAP_tkb512.JPG

 

 六郷水門をくぐり出船です!

横浜皮研の釣り仲間 大場さんは、一発勝負で通過を狙い、気合いが入ってます!

PAP_tkb513.JPG

 

 すれすれ~(゜o゜) どこかでも見ました(^^)

PAP_tkb514.JPG 

PAP_tkb515.JPG

 

水門を出ると葦が群生していて川辺には釣り人の姿も!何を釣っているのでしょう?ハゼ釣り?

PAP_tkb516.JPG

 

 釣りアイドル、あべ なぎさチャンも乗船です♪

PAP_tkb517.JPG

 

 はっはっは♪ 羨ましいでしょ~(^^)v

PAP_tkb518.JPG

 

PAP_tkb519.JPG

 

 ポイントまでは1時間20分程、当日は北風でしたので船外で大場さんと色々話しながら、DKO決勝の激戦!勝利!の余韻も楽しみながらポイントへ向かいました!

 

スタートポイントは大貫寄りの竹岡沖だったと思います、当日は靄がかかっていて、景色が見えませんでした。

 

スタート第一投!

着底と同時に大きくロッドを曲げ、上がって来たのは良型カワハギ!!!

早々に上がった良型に船上は盛り上がります!

PAP_tkb5110.JPG

 

前日のDKO決勝時よりも潮色は澄んでいて、今日は爆釣か!?!?

と思ったのですが、後が続かず…

少しの時間 沈黙が続いたのですが、左舷ミヨシで良型が掛かったと船上がザワつきます!

タモ捕りされて上がって来たのは!

マハタ~!!!

このロッドの曲がりがカワハギだったらと期待されましたが、残念(^_^;)

しか~し この外道、超高級魚!高級中華料理店で食べたら、いったい幾らするんだろー(≧▽≦)/ 

PAP_tkb5111.JPG

 

 その後爆釣とはなりませんでしたが、流し替えのたびに船中どこかで中、良型が上がります! 

PAP_tkb5112.JPG

 

 ナイスサイズです!

PAP_tkb5113.JPG

 

 本日船中最大の28cmを釣り上げ、ニッコリ(^^)v

PAP_tkb5114.JPG

 

ん~サイズアップ狙いましょう!!(^^)v 

PAP_tkb5115.JPG

 

 なぎさチャン、今回は苦戦していましたが中型を釣り、ニッコリ!(*^_^*)

PAP_tkb5116.JPG

 

 カワイイからもう一枚♪(*^_^*)

PAP_tkb5127.JPG

 

 ツッキーも大苦戦、底に張り付いてるカワハギ、難しいでしょ~!?

PAP_tkb5117.JPG

 

これは完全にキーパーサイズ!! お見事です!(^O^)/

PAP_tkb5118.JPG

 

 ん~ もうワンサイズアップ!頑張りましょう!!

PAP_tkb5119.JPG

 

 あちゃ~!やっちゃいましたね!(≧▽≦)

PAP_tkb5120.JPG

 

 と思ったら連チャン!お見事です!(^O^)/

PAP_tkb5121.JPG

 

このカワハギは小ぶりですが、尾ヒレが立派! 長さはありますね!

PAP_tkb5122.JPG

 

会長さん、私はこの方の近くにいる時間が多かったのですが、丁寧に餌付けする姿は感銘を受けました! 

PAP_tkb5123.JPG

 

このポイントには湾奥の船が集結していました。 

PAP_tkb5124.JPG

PAP_tkb5125.JPG

PAP_tkb5126.JPG

 

いいですね~!もう1枚!! 

PAP_tkb5128.JPG

 

大場さん、いいとこ座ってましたがかなり苦戦!頑張れ!(^O^)/ 

PAP_tkb5129.JPG

 

 この方はこの後、同サイズをもう一枚釣り上げました!!(^O^)/お見事です!(^O^)/

PAP_tkb5131.JPG

 

 良型、肝パン、目がクリクリ♪

PAP_tkb5132.JPG

 

ナイスサイズです!(^^)v 

PAP_tkb5133.JPG

 

 一日穏やかな陽気でしたが、ちょっと活性あがりませんでした。

こんな日に一番苦労するのが船長さん!

こまめなポイント移動と流し替えで釣果を重ねていきました!

初めてスタッフとして乗船したのですが、結構忙しかったけど楽しかった♪

良い経験をさせていただきました(^^)v かぎさん ありがとうございました(^^)v

 

皆さんお疲れ様でした!今回、残念ながら通過できなかった方にもまだチャンスがあります!

決勝戦で待ってます!(^^)v
 

PAP_tkb5136.JPG

 

予選を通過された皆さんお疲れ様&おめでとうございます!\(^o^)/

12月7日に開催される決勝大会も宜しくお願い致しますm(__)m
 

minami-23-2013-11-03T22-43-25-1.jpgminami-23-2013-11-03T22-43-25-2.jpgminami-23-2013-11-03T22-43-25-3.jpgminami-23-2013-11-03T22-43-25-4.jpgminami-23-2013-11-03T22-43-25-5.jpgPAP_tkb5135.JPG

 

決勝進出の皆さんの画像はミナミ釣船さんのホームページから拝借しましたm(__)m

| | コメント(0)

<文>6日、成銀丸、チューチューチュー!

6日、成銀丸に行って来た。

ブチさん、パン屋さん、ボク、

3人前から並んで、

楽しんで来ました。

吉野瀬の肩からの釣りでしたが、

朝一は良かったのですが、

潮の流れが速くなり、

中盤から、際よりの、

30~40メーター、

後半は、30メーターとやってきました。

一日、宙!!!

笑っちゃうのは、

3メーターも上から誘い下げをしようとしたら、

仕掛が下がらない!挙句の果ては、

その棚から食い上げされて、

楽しかった!!!!

パン屋さんは、

カックラ、クラクラクラ、ガガガガ!!!っと釣ってました!

45枚は流石です。

並びの真ん中なんですからね!!

72歳は健在でした!!

見習いたいな~!!

ボクは41枚でした。

バラシも多く、掛け損ないも多く、

ちょっと残念でしたが、

一日、楽しく過ごせました。

潮が淀んだで、朝のポイントを一日やれたら、

大変な釣果になってしまいそうな予感!!

Dcf00035Dcf00034Dcf00032

 

 

Gsm251106b

 

 

| | コメント(0)

<宮>2013ダイワカワハギオープン決勝大会

2013ダイワカワハギオープン決勝大会第三位入賞しました!

直後から手が合わず正直、最後尾17位からのスタートだったかもしれません。

しかし、集中力を切らさず今日は自分の釣りをしっかりやり抜き、結果を出せました。

応援してくださったみなさま本当にありがとうございました!

<今回のタックル>

〇ロッド:極鋭カワハギAGS MH175F→詳しくは

〇リール:13スマック100SH→詳しくは

〇ライン:UVFハイパーメガセンサー1号200m→詳しくは

〇仕掛け:快適カワハギMV直感仕掛け→詳しくは

〇中オモリ:ワンタッチシンカーⅢ0.5gと1.0g→詳しくは

〇シンカー:快適船シンカーTG(タングステン)→詳しくは

〇ハリ:D-MAXカワハギSS スピード7.0号ー7cm→詳しくは

 

改めまして!「カワハギ地獄へようこそ!!


やっぱり鈴木孝さんは凄い!準優勝!!実力は抜けてます。

 


優勝はダイワカワハギブロガー堀江さん!

今回は降参です。おめでとうございました。


堀江さん、ガッツポーズ!!

これから1年間はしっかり彼の講釈→いや、ノウハウをしっかり聞き、身につけましょう!



恒例、東海メンバーと集合写真!



17日は国崎でグラチャン、また今年のシリーズもよろしくお願いいたします!



大会終了後は相模原へ移動!

エギング&カワハギミーティングIN相模屋さんです!

なんといきなり花束が!(顔がめっちゃ喜んでる!!)


かなりサプライズ!!本当にありがとうございました!

緊急招集にもかかわらずたくさんのみんなにお集まりいただき、ありがとうございました!

また渋滞で大変お待たせして、さらにしゃべり過ぎて時間もオーバーしてしまい申し訳ございませんでした。


カワハギミーティングの方は21日の実釣会(申し訳ございません募集は締切らせていただいています)もよろしくお願いいたします!


| | コメント(0)

<宮>2013DYFC(ダイワヤングフィッシングクラブ)in 柳井

天気・釣果良く無事終了!
 
昨夜からの雨もすっかり止んで海もべた凪!最高のコンディション!

10船約80名でアジメインにいろんな大物が釣れました!

ご参加のみなさま、『楽しく、真剣に!』今日一日頑張りましたね!

子供たちの元気パワーもらってきたよ!

やっぱりこのイベントは自分のためにもなるなぁ。

完璧完璧!

ee4ee81f.jpgbf1f45b5.jpgfbe36f26.jpg

a15cb0a8.jpga8b99ce1.jpg03e41103.jpg

3551fe08.jpg9cda15e1.jpg










 
| | コメント(0)

〈林〉カワハギ釣り教室 at 池田丸さん

9月に宮澤さんと、つり情報さんの取材でお伺いした腰越の池田丸さん。その時の顛末は先に、アサリと取材とミーティングというタイトルでリリースいたしました。その日取材が終わり、宿で皆さんとお話ししながら一息入れていると、池田丸さんの大船長より「是非カワハギ釣り教室を開催したい」というお言葉をいただきました。そこでつり情報社の根岸さん、宮澤さんより僕を推薦していただき、後日大船長と打ち合わせの後、11月4日(月・祝)、池田丸さんでカワハギ釣り教室開催の運びとなりました。

当日は曇り予報だったのですが、残念ながら前日には雨予報に変わってしまいました・・・。でもそこは、ご参加いただく熱いカワハギ・フリークである皆さんのことを思い、まだ夜明け前、「アメニモマケズ」と、フロントガラスに打ちつける雨もなんのそのと、第三京浜を南へと愛車を駆るのでした。

今回ご参加の方は26名様、大勢の皆様、本当にありがたい限りです。前日の釣果は70匹超えということもあり期待が膨らみます!

131104_181850.jpg

出船前は恒例の船上レクチャーです。簡単な自己紹介の後、一昔前のカワハギ釣りから近代カワハギ釣りへの変遷、釣魚としてのカワハギの性質、カワハギ竿、仕掛け、釣り方などのご説明の後、事前情報とエリアの特性を鑑み、数は釣れているがコッパが多く、その攻略法、独特のカジメエリアでの釣り方などを解説させていただきレクチャーは終了、大船長が舵を握る池田丸7号船は舫いを解かれるのでした。

131104_063906.jpg

ポイントは5分ほど航行した江の島を西に見やる岩礁帯、水深は10数mから開始します。舳に1人立ち、しばらく両舷の様子を見守りますが、朝一は、カワハギからの反応はあまりなさそうです・・・

131104_070737.jpg

船中2~3枚釣れた後、右舷舳の菅俣さんより船内を回ってみます。すると菅俣さん、巻き上げてみるといきなりのダブル!素晴らしい!! 次回はご自分で掛けてみましょう! 練習あるのみ、応援していますよ!!

131104_071128.jpg

 

 

131104_072452.jpg

131104_072546.jpg

131104_091223.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潮が動かず、雨を抱えた雲が厚く立ちこめ海は暗く、やはり予想通りコッパが多いようです。皆さま小さなエサ盗り名人に、釣り上げても、ツルテンにされても苦笑いです。

船をゆっくりと3巡した後、僕も1455AIRスマックのスペシャルカラー・ムーブ、ワイドフック3.5号・ハリス3.5号3cmを下2本、上はスピード7号・ハリス2号5cmをセットし、暗い海底のこと、オモリは快適船シンカーSのパール/夜光をセットし船内を回ってみます。

すると・・・、ちゃはぁ~~! 出ました8cm!! 自己最小記録かもです(苦笑)

131104_101922.jpg

ではと、水深10m、カジメが密にではないですが点在するエリアで、海底の高低差も少しある、コッパ中心のエリア攻略です!! 

まばらなカジメの為、カジメの上っ面でオモリが止まることはあまりなく、カジメとカジメの間の海底にオモリを着け、そこから1m切りヒラウチしながらユックリと着底させます。その間カジメの上にも下にもいる好奇心旺盛のコッパが、オモリのホログラムのきらめきに、夜光のランダムな動きに興味を引かれ近づき→エサを発見→食べたいが揺れていておあずけ・・・→着底してもオモリパタパタ、上部のシンカーもランダムに揺れ、まだおあずけ→段々とイラつくコッパ≒活性が上がる→仕掛けをゼロテンでピタッと止める→直後食いに来たアタリで掛けに行く のパターンが良かったようです。ハリはワイドフックに短く太いハリスに分があり、後半はワイドフック+短ハリスを沢山携えて船内を回り、それを皆さんにお分けしお使いいただきながら釣り進めていただきました。

 131104_092418.jpg

 

 131104_092622.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には大型カワハギにヒヤッとさせられながらリールを巻く方もいらして、天気も段々と回復、皆さん穂先を凝視する目が真剣です。そんな中何度となく船内を回らせていただきましたが、ご自分の釣りを楽しんでいる方、山盛りの質問をご用意されている方、または釣りに対する熱い思いを語っていただいたりと、「カワハギ名人が10人いれば10通りの釣り方がある」の喩えがあるように、皆さん実に様々にカワハギ釣りを楽しんでおられていたようでした。

当日初カワハギ釣りの緒方さん。アナリスターの使い心地はいかがでしたでしょうか!?

131104_093128.jpg

定刻過ぎに沖上り、大船長ありがとございました。港で当日の総評などを述べさせていただき、集合写真を撮り解散となりました。

131104_144004.jpg

今回も「楽しく、楽しく、真剣に!」、ご参加の皆様はカワハギ釣りを楽しまれたのではないかと思っております(かくいう僕も楽しませていただきました・感謝)。

これからも、機会がある毎に釣り教室を続けて行きたいと思っております。

 

 

 

| | コメント(0)

<湯>TKB51予選第5弾!いわた釣船さん & 剱崎カワハギ

11月2日は、TKB51(東京湾カワハギバトル)予選会に

東大井の、いわた釣船さんへ行ってきました!

早いものでもう11月ですね、、このTKB予選会も後半戦に突入です。

この日の予選会ご参加者は22名 予選通過は7名となります。

さぁ、今日はどんな「ドラマ」があるのか、期待を込めて本日はスタッフとして乗船しました。

ポイントは竹岡沖 曇天模様ですが、良い凪でした!

DSC_1750.jpg

大会中、小雨降り寒さも感じる日でしたが、皆さま真剣そのものでした!

潮の流れやや早く、なかなか大きなカワハギは口を使ってくれません。

13~15センチクラスのワッペンは船中ところどころであがるのですが・・・

それでも掛けるには楽しいサイズ!皆さんそれぞれ楽しんでおられました!

 

ハゲバリ6号 大き目の針でワッペンサイズを結構釣られてました!お見事でしたね!

 

DSC_1690.jpg

数は結構でましたけどね!

DSC_1698.jpg

もうひといきでしたね!

DSC_1700.jpg

数はだいぶ釣られてましたね!型が出ませんでしたね!

DSC_1704.jpg

このくらいのサイズが多かったですね!

DSC_1713.jpg

ラストの入れ替えが効きましたね!粘りですね!^^

DSC_1722.jpg

使い込んだ和竿で良い釣りを拝見させていただきました!

 

DSC_1717.jpg

寒い中、見事カワハギ釣れましたね!

DSC_1727.jpg

次回があるさ!大島さん!^^

DSC_1726.jpg

私も大好きなロッド 極鋭AIR1332で良い釣りを拝見させていただきました!

DSC_1742.jpg

 

渡辺さんは、なんと福島県からのエントリー!健闘しましたね!^^

DSC_1751.jpg

き~よんさん、思わず細かいのを掛けにいってしまいましたね!^^;

DSC_1740.jpg

粘りで終盤に良い型がきましたね!

DSC_1744.jpg

 

やっと手にした1枚のカワハギ!私も嬉しかった~! 良い笑顔ですよ!!^^ 

DSC_1730.jpg

 

もちろんキッカーサイズも出ましたよ!

これは見事な竹岡カワハギでしたね!

DSC_1708.jpg

 

ラストにこれを上回る28センチは痺れましたね!

DSC_1732.jpg

 

野口さん これが勝利へのチケットとなりましたね!

DSC_1738.jpg

あー、皆さん難しい日だけど、面白そう!私も釣りがしたくなってきました^^;

DSC_1737.jpg

そんな中、今日もTKBならではの出来事?が!

カワハギ釣りはあまり経験がない様子の出口さん。

この日も、お兄さんとお友達との参戦で、レンタルロッドでのご参加でした

ポイントへ着き、何か解らない事でもあればとお話を聞くと、

「エサ(アサリ)の付け方を教えて欲しいです」という事で

ほぼ初めてカワハギ釣りをするという感じの出口さんでしたが・・・!

デカイのは、出口さんに集中!27センチ、25センチ、23.5センチ=75.5センチ!

お見事ダントツの1位となりました!

また、釣れた時の嬉しそうな笑顔がとても印象的で、こちらも凄くうれしくなりました^^

DSC_1728.jpg

まさに、TKBならではの面白さがここにあります!

私も、昨年から何度も予選会に参加してきましたが、

決して上級者の方が、入賞するとは限りません。むしろ初心者の方や

女性の方が、デカいカワハギを仕留めてしまうシーンを何度も観てきました!

これがTKBの面白さです!

誰にでもチャンスはあります!

 

ということで、今回7名様、決勝へのチケットが渡されました!

皆さん、おめでとうございました!

船長も一日頑張っていただき有難うございました!

船長と入賞の方々でパチリ!

DSC_1761.jpg

ついでに私も入れていただきパチリ!!

DSC_1764.jpg

出口さんは、ご兄弟でワン、ツー フィニッシュでしたね!^^

それでは皆様、TKB決勝大会では頑張りましょう!一日お疲れ様でした!

 

おまけ

という事で、やはり釣りがしたい私は、急遽本日11月3日、松輪の成銀丸さんへ単独釣行となりました!

DSC_1771.jpg

根のキツいポイントが多くなりますので、安定感ある丸型オモリも活躍します。

オモリトントンの釣りでも、オモリがコケにくいので仕掛けが安定してアタリの

判別がしやすくなるのではと思います。

DSC_1766.jpg

連休中日という事で、カワハギ船大盛況でした!

基本的に潮の早いエリアで、今日は大潮でしたので

案の定潮が速い時間帯ありましたが、潮が淀んだ時は喰いがたちました!

特に型の良いのは潮が淀むと喰って来ました!

 

今日は、ブログ用の写真などは撮らず、一日夢中になってカワハギ釣りをしました!

型は、大中小と混じりでした。

今日は、釣りお仲間の、新さんも来ていて楽しめました^^

正美船長 有難うございました!^^


 

無心になれるカワハギ釣り!最高です!

DSC_1779.jpg

 

DSC_1780.jpg

*船宿さんHPより拝借しました。

gsm251103a.jpg

 

 

| | コメント(0)

〈林〉DKO決勝

今年のDKO決勝は台風2つの台風の影響で翌週に順延、11月2日(土)が決戦の日となりました。

決勝では、正直DAIWAで優勝を死守したいという思いが強かったですが、当日朝のくじ引き後は、「右舷舳の堀江さん、左舷大艫の宮澤さんのどちらかが取ってくれれば」という思いが強くなりました。
ちなみに僕は右舷艫2番、左隣はカワ研の荒井さん
、右隣の大艫はツッキーくんの友達、「きっちょ」こと木島くんでした。

予報では北北東の風、下げ潮が止まった後上げ潮と、釣座はどこであれ潮は五分五分の予想でした。
実際開始30分は船中バタバタとカワハギが上り、やや艫寄りが有利な様相であったと思います。
ただ、序盤、中盤はDKOでは珍しく(初めて?)漁礁を攻めていて、真下で釣っていても、アタリが遠くなり投げても煩瑣に根掛り、ウイークポイントを持たせた僕の仕掛けでも3個ロスト、オモリも6個ロストしてしまいました。
ハリはパワースピード7号・ハリス2号5cmを中心に組み立て、ワイドフック3.5号・ハリス3号4cmなども混ぜ、高活性から潮止まりの低活性までのアジャストえを試みながら釣り進めましたが、どうやらカワハギは動かしている仕掛けには食ってこないようで、止っている自由度のあるエサを食ってくるようでした。
ただこれは、誘った後の「緩ませながらの止め」でという意味で、カワハギが誘いを掛けて動いている仕掛け、エサを見ていることが考えられます。
ここまでは導き出せたのですが、アタリから一瞬弛ませてもアワセに行けず、即アワセでのクチビル切れが煩瑣に起き、正解は、アタリ→ユックリ聞く→泳ぎだしたら本アワセが良かったのと、後記しますがハリも一因のようでした。

その後の終盤になり漁礁から砂地へ移動し、ラスト1時間、座った右舷艫付近でバタバタ入れ食いになったものの、1人蚊帳の外で僅かに1枚追加したのみで、この時間は急速に勝利が遠のいて行くことを実感してしまい、本当に辛く、心が折れそうになりました。
ですが、応援いただいた皆様の顔を思い浮かべ、それからは更に自分を信じ抜き、ラストまでは右舷艫付近ではで1番カワハギを獲ったと思います。

結果は右舷舳の堀江さんが優勝。宮澤さんが3位、鈴木孝さんは右舷胴中で2位の中、僕は同枚数のパン屋さんと重量勝負で11位でした。

個人的には今年はDKO強化合宿なども組み、セミファイナルに6名を送ることができましたが全滅ししてしまい、「よし、ここは自分が何とかしなければ」という思いは強かったのですが、応援虚しく冴えない結果となってしまいました。

終ってみれば表彰式前、堀江さん、鈴木孝さんと話す機会があり、誘い→アタリを出すは合っていたのですが、スピード7号・パワースピード7号とワイドフックに固執しハリを当て嵌めようと思っていましたが、ハリのサイズを上げることでクチビル1枚でのバラシを軽減させる考えに至りませんでした。

でも、準備を含めできうることは精一杯やってきました。

決勝終了後は清々しい気分で、堀江さんの優勝を自分の事のように嬉しく思えました。

皆様、心よりおめでとうございます!

131102_151128.jpg


これはもう過去の話しになってしまいましたが、去年のDKO優勝は釣り人生で1番嬉しかったことかも知れません。
これからは釣り教室でお知り合いになった生徒さん達が満面の笑みと共に、「りょうさん、取ったよ~~!!」という姿を見ることが、僕の今の釣りでの夢です。もちろん僕も、これからも頑張ってきますが(笑)


応援ありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

| | コメント(0)

<文>カワハギ釣り教室は、宝生丸でした。

今日は、宝生丸にて、

カワハギ釣り教室でした。

天気のこんちくしょう!!

後半は小雨でした。

寒い一日となってしまいました。

今日の潮は、

右ミヨシの流れで、薄濁りから、晴れ気味な感じで、

底潮は、水温が下がってない感じでした。

Dcf00021Dcf00025Dcf00026

この人、なんだかな~??

石鯛も良いサイズ!良く上がりました!

ついでに、クマノミが!!!

 

Dcf00024Dcf00022Dcf00027

Dcf00028Dcf00029_2Dcf00030

状況の悪い中、

トップは34まいだったかな?

みなさまお疲れ様でした。

機会があればまた!!

追伸、

写真が撮れずにすいません!

 

DKOも、優勝おめでとうございます。

え??

貴方に言葉を!!!

デットヒートだったようですが、

みなさん流石です!!!

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉ぶらりスミイカ釣行

スミイカのエギングは、以前も宙のゼロテンションというタイトルで紹介させていただきましたが、去年は予定が合わずスミイカ釣行はできなかった為、釣るのも楽しく、食味バツグン(個人的にはイカの中でスミイカが1番好みなのです)のスミイカ釣りに行ってきました。

10月31日(木)、浦安の吉久さんには8人のスミイカフリークが集い、僕は「湾フグ釣りに行く」と言っていたゴウちゃんを半ば強制的にスミイカに誘って行ってきました(笑)。出船前は峰岸船長による恒例のスミイカエギングのレクチャーです。大切な部分を丁寧に繰り返し、分かりやすく、乗船いただいた皆様によりスミイカを釣っていただきたい思いが伝わる熱心なレクチャーで、釣り教室を開催させていただいている僕自身も参考とさせていただいています。

131031_064003.jpg

今回のゴウちゃんのタックルは、メタリア湾フグスマック、PE08にフロロ4号のリーダーを1m取り、中オモリ10号、ハリスはフロロ3号をキッチリと1.5m、タナ取りが大切なスミイカエギングのこと、この1.5mを正確に取ることがキモになります。餌木は2号、2.5号、アイにループノットで結びます。

131031_071342.jpg

 

いざ出船。下げ残りがあると読んだ峰岸船長は、下げ潮時に実績があるポイントに船を航行させます。開始直後、艫よりからスミイカが姿を見せ始めますが、舳よりの僕らには、朝一はアタリが少ない展開、やっと掛けた、2年振りの1杯を水面バラシ・・・、暗雲が立ち込めます・・・(汗)

30分程で潮が止まると小移動、北風と緩い上げ潮が相殺し、海には変なウネリのような波が立ち、舳で波を割る度に、船はヘンテコな挙動を繰り返し釣り辛く、その揺れと風でアタリが取り辛い状況が昼過ぎまで続いてしまいます・・・(言訳)

しかし昼頃から風が治まり海は凪いでいき、上げ潮も緩く流れ始めるとサービスタイムです! ポイントを流し替える度に2連荘など、今までの遅れを取り戻すように、竿先の小さなアタリ=スミイカの食腕で餌木を掴んだ直後、8本の腕で抱く挙動 を察知して即アワセ! スミイカの目の付近、腕の根元に餌木のカンナが刺さっていて、餌木にイカの噛み痕が残っていなければ完璧なアワセとなり、バラスことはありません。

 131031_132557.jpg

131031_174722.jpg

釣り上げたスミイカは、水は入れずにスカリをセットしたバケツに、スミを吐く腹側を下にして静かに置くようにします。取り込みの最中、間違って船縁などにぶつけると大変です! 回転しながら、コールタールのような墨をスプリンクラーのように船内にまき散らします!! 気を付けましょうね、ゴウちゃん(笑)

前半冷汗でしたが、後半上手くアタリを捉えることができ15杯のスミイカを獲ることができました。

美味しいスミイカ。個人的には下足が好みで、塩で揉んでから湯がき、山葵醤油でたまりません!

131031_183248.jpg

 131031_183516.jpgもう一度行きたいですね~、テクニカルで美味しいスミイカ。

そうそう、イイダコも美味しいんですよね~(笑)

 

 

| | コメント(0)

<文>剣崎の取材は大成功!

今回の取材は、松輪、成銀丸でした。

地沖から、つぶ根辺り!

瀬から、だいぶ落ちて来ています。

固まりが出来だしていて、これから楽しみです。

Dcf00016ブチさんには、でっかいぺったんこのやつが!

こいつは美味しい魚ですよ!

刺身にしても最高です!

今回は、デカウマも多く、ボクも上げられたのが2枚ありました。

 

Dcf00017Dcf00018Dcf00015Dcf00019
カワハギも前半は、ワッペンから中型でしたが、

後半はでっかいのが多かったです!

 

 

今回の取材も、成功に!!

原稿に書くにあたって、

原稿を書くにも、

その日の状況は大切ですが、

釣り方をメインに書いています。

今回は、あまり書きたくなかったこと

「秘密にしておきたい事ってありますよね」

知っている人も居ると思いますが、

その辺を踏まえて書く予定です。

多分皆さんも分かっている事なんですが、

気が付いていないこと!

言われてみたら、「そうだよね」

そう感じる事でしょう!

松輪瀬!

楽しいカワハギ釣りでした!


 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。