船最前線ブログ

2013年9月アーカイブ

<萱>DKO最終プラ

9月28日、巳之助丸さんよりブチさん、村上さんとDKOのプラに行ってきました。
駐車場から宿に向かう途中、山下丸の駐車場で、DKO特急券をお持ちの鈴木さん、DKOファイナリストの鶴岡さんグループにお会いしてご挨拶しました。みんさんもDKOのプラのようです。
船に行き常連の方とご挨拶。久々にお会いできて嬉しかったです。他にもプラで、DKOファイナリストの御手洗さんが同船でした。他船には、生田目さんが乗船されていました。2013.9.28_003_R.JPG

出船前、増澤さんか爆釣コーヒーを差し入れてくれました。
前日、勝山で石澤さんが108枚と金谷、亀城根も爆っていたので期待が膨らみます。2013.9.28_002_R.JPG

8時になり出船。航路脇の水深25mくらいからスタートしました。第1投目、オモリをトントンしたあとゼロテンで待つとアタリ、いきなり釣れて幸先よい。これはもしやと思いましたがそうは上手くいきません(笑) 周りでは、ポツポツ上がっています。

ダブルお見事!2013.9.28_004_R.JPG

村上さん良型!2013.9.28_005_R.JPG

ワタシは、長い沈黙に入り、黄昏かやごんが登場してしまった・・・アタリを感じないでツルテンなんてこともありました。見かねたブチさんが秘密兵器をわけてくれました。あの状況になったら使わせて頂きます。
画像はありません(爆)ブチさんありがとうございました。

 10時過ぎくらいから中オモリ、集器、シンカー、仕掛けの長さ、針の種類を取っ替え引っ返して、ポツポツいい感じに釣れるようになりました。シンカーの釣りでは、ワイドフック、集器の釣りではスピードが良かったです。ご参考までに。

トップは、F田さんで26枚 ワタシは、21枚でした。他船トップ 生田目さん24枚 流石ですね!

まぁ少し・・・な部分はありますが、竹岡の状況は、だいたい把握できたので、後は、くじ引きの練習と自分の釣りができるように頑張るだけです。

明日から予選1日目が始まりますが、周りに惑わされず、自分の釣りに集中して、カワハギとの勝負を楽しんでくださいね!

みなさんお互い頑張りましょう!
天気がちょっと心配ですが・・・


同船のみなさん、ブチさん、村上さん、浩喜船長、巳之助丸スタッフのみなさんお世話になりました。

| | コメント(0)

<文>カワハギパラダイスの取材でした。

取材をダブルでお受けして、

釣る時間は半分に!

Dcf00025Dcf00026

Dcf00031

 

 

 

洲崎、早川丸です!

Dcf00027タマガシラ

群れで来るんですね?

みんなこれが釣れてました。

 

 

集寄を使って、ユラユラ!

「ガガガ」じゃなくて、「ガンガンガン」だもの!

灯台下や、港前は、潮が速くあまりできなかった!

ここがメインポイントなのに!?

すべて外して、底をトントンしていると、

「ガンガンガン」

後半は漁礁回りで、

Dcf00030Dcf00028Dcf00033Dcf00032

2メーター浮いた反応に、ユラユラ「ガンガンガン」

この時間、この二人が釣っていたのでした!

面白すぎです。

渋ちんな「アタリ」なんてな~い!

釣ってくれと言わんばかりのアタリでガンガンガン!!!

こんな釣りもいいな!!

そんな取材でした!

 

| | コメント(0)

TKB カワハギバトルin東京湾  ~ 第二泉水予選

9月29日(日) TKB第二泉水予選へ参加して来ました。

ワタシ自身初めての船宿さんでしたが、船宿スタッフさんは皆さん親切で良い船宿さんでした。
 

20130929TKB 002.jpg


電車釣行のお客さんは地下鉄東西線の南砂町駅や都営地下鉄東西線東大島駅まで送迎してくれます。
お手軽なトレインフィッシングも可能ですね!

船も大型船で綺麗に手入れされていて快適でした。

参加メンバーは20名。既にほかの予選会で決勝の出場権を獲得されたオープン参加の方がおひとり
いましたので、選手は19名。6名が決勝進出できます。
各自受付を済ませ、参加賞を受け取ってくじ引きで席を決めてから目の前の土手を超えるとスグに
船着き場です。
近い距離ですが、スタッフが車で荷物も運んでくれます。
 

now-dainisensui-2013-09-29T07 04 38-1.JPG


みなさん揃ったところでお集まり頂きルールの確認。
(画像は第二泉水さんのHPより)

竹岡沖まで一時間ちょっと、秋めいた陽気で海上を渡る風も爽やかです。
顔見知りの方も多く、移動中はそれぞれのHGの状況やDKOの情報交換などしながら過ごします。

ポイントは竹岡沖15~20mエリア。
北東よりの風、今日は長潮で14時過ぎまでずっと上げ潮。
私は右舷艫から3番目。完全に潮裏の胴の間でちょっと微妙な感じです。

タックルは2セットを用意しました。
大型狙いの縦の釣り用に、極鋭RTボトムエアドRT 快適カワハギMV仕掛け
もうひとつは集寄を使った斜め~横の釣り用のセッティングで、極鋭AGS170AスマックRT/SH100L 
こちらには自作の3本鈎仕掛けをセット。

まずは静かな縦の釣りで大型を狙います。
が、まったくアタリがありません。
周りの方は小型のカワハギをポツポツ上げています。
(大型狙い大型狙い・・)と自分に言い聞かせながら静かな縦の釣りを続けますが、そうこうしているうちに
右舷では私だけがボウズと言う事態に!

このプレッシャーに負ける格好でタックルをチェンジし、ピラピラ集寄を使った横の釣りへスイッチ。
スグに3枚釣り上げますが、型が小さい・・・。20㎝に満たないカワハギばかりです。

途中、ボトムに根を感じたところで一瞬宙にカワハギの気配。
コレを掛けると今日イチの手応え。ところが間もなく姿が見える残り3-4mのところで反転され痛恨の
フックアウト!
縦の釣りのタックルにチェンジして餌を付け再度投入しますが、既に根を通過した後で宙の気配は
消えていました。

その後、横の釣りに戻してポツポツ掛けますが、相変わらず同じようなサイズばかりで、8枚でフィニッシュ。
数的にはTOPが13枚。20名中ツ抜けした方は3-4名と言った感じでした。

私は19.5cm-19.5cm-19.7cm。合計で58.7㎝でした。
TOPは女性で76㎝。予選突破ラインとなる6位の方は64㎝くらいでしたので、一枚25㎝級が入っていれば。
と言ったところでした。
最後の一投までどなたにもチャンスがある。そんな状況でした。
 

20130929TKB 006.jpg


見事、予選を勝ち抜いた皆さん。おめでとうございます!皆、晴れやかな笑顔です。

TKBは何回でも予選に参加できますので、私もまた次回頑張りたいと思います。

沖上がりには第二泉水さんでこんな嬉しいおもてなし。ご馳走様でした。

20130929TKB 007.jpg


活性が低い中、何度となく流し替えて一所懸命反応を探してくれた船長、ありがとうございました。

そしてご参加の皆さん、お疲れさまでした。またどこかでお目にかかれましたら宜しくお願いします。


 

| | コメント(0)

<堀>金谷カワハギ ダブルヘッダー!!

 実は今回、10月14日に金谷で開催される日刊スポーツ新聞主催「日刊スポーツフィッシングサーキットカワハギ釣り大会」の傾向と対策と題して取材を受ける予定でしたが、台風20号の接近に伴い 海上が荒れると予想された為、取材は残念ながら中止。

でしたが

26日夕方、DKOに備えて仕掛けを作っていると、金谷 光進丸の裕治船長から電話。

船長 「堀江さ~ん、台風が予想より東の海上を抜けたから、少し波が残りそうだけど船出すから来る?」

私 「行きま~す!」

ということで、前回 精神的に痛めつけられた金谷光進丸へ…違った

精神的に痛めつけられた金谷カワハギに再び挑戦しに行きました!

AM7:00 午前船、14人のカワハギフリークを乗せ出船です。

スタートポイントは港前、航程2分!

PAP_k0357.JPG

 

この時期恒例、ワッペンゲームからスタートです!

前回は悩みに悩んだワッペン攻略、今回はスピード7号マルチ6.5号にプラスして、以前は確かこのハリをよく使っていた事を思い出し、フック4号フック3号を使ってみました。

タックルは極鋭カワハギAGS-Fスマック100SH PE UVFハイパーメガセンサー6Braid 0.8号

PAP_k0358.JPG

 

今回は過去を思い出したハリ選択が正解だったのか?金谷ワッペンが素直だったのか?

スタート直後ははまずまずのペースで釣果を重ねる事ができました!

海底から50cm程の泳層をフワフワ→フワフワさせながら誘い落とし→底スレスレをフワフワ

・底スレスレフワフワの速度を調整しながら誘い掛け

・オモリ着底後 底トントンで誘い掛け

・オモリ着底後→底トントン→完全にテンションを抜いて30cmほど送り込み→聞き上げ掛ける

誘い掛けの速さ、送り込みの幅、喰わせの間は様々ですが、この様な釣りをやっている時はスピード7号フック4号フック3号が有効だったように思えました。

また、完全に待ちの釣りになった時はマイナステンションでマルチ6.5号がオートマチックに掛けてくれました。

1時間で27枚PAP_k0359.JPG

 

ダブル2回!!

PAP_k0354.JPG

 

こんなゲストもチラホラ、もう少し大きくなると塩焼き最高!(^^)v

PAP_k0360.JPG

操舵室から顔を出した裕治船長に「ほりえさ~ん、復活!?」と声を掛けられ、少しニヤニヤ(^_^;)

  

しか~し 1時間を過ぎたあたりから難しくなっていきます

前回ほどまったく掛けられない、という事はないのですが、アタリはあるのに掛けられない…そんな時間が増えてしまいました。

特に残り1時間半はまったく掛けられず(T_T)

そんな中、内房の名手M分さん、前半は私が7~8枚リード!中盤3~4枚に縮まり、残り1時間半でブチ抜かれました~(ToT)/~~~ 午前船トップ53枚! お見事でした!参りましたm(__)m 私47枚(最大25cmキープ6枚)

ハリの事などなど勉強になりました(^O^)/ またヨロシクで~す!(^^)v

PAP_k0361.JPG

 

昨日の電話では午後船は出船しないとの事でしたが、遅くに予約が入り午後船 出船決定!

私は少し風邪っぴきでしたので乗ろうか やめようか 少し考えましたが、海に出て体調も少し良くなったし、「午後船 乗りま~す!」

 

午後船は私を含め3人の大名釣り~♪

私の舷には私 ひ・と・り (^_^;)

PAP_k0363.JPG

 

PAP_k0362.JPG 

 

午後は型モノ狙いですよ~ 

なんて言ってたから 大きめのハリをセットしてたら、まずは港前からスタート(^_^;)

初めてのカワハギ釣りの女性が乗船なので1枚でもワッペンで遊んでもらおうとの事でした(^^)v

で、船長にか~るくレクチャーを受け、お見事ゲット!

午前船で私が苦戦したワッペンを簡単に釣られちゃ~困るな~(^_^;)  後ろには~!

PAP_k0364.JPG



FBでもお友達の横山さ~ん(^^)v

私が金谷で191枚釣った時も同船したんですよ~♪ 横山さんは156枚!!

PAP_k0365.JPG

 

その後、ポイント移動しますがアタリが遠のいてしまいます。

トイレに行く際に裕治船長に「最近ジャングルジムはどうなの?」と聞くと「ジャングルジム!?忘れてた」だってさ~ なんだかな~(^_^;)

ということで通称ジャングルジム(高さ1m程の舛型の漁礁)でスタート!

もうここからはパラダイス!!!

今回は尺越えは釣れませんでしたが、殆どのカワハギが25cm以上!最大29cm!!20cmはリリース!

PAP_k0366.JPG

 

ただし、ここのカワハギ、ビッグサイズが面白いように簡単に釣れると思ったら大間違い!

漁礁の中、周辺を泳いでいるので、掛けた後 のんびり引きを楽しんでいると、漁礁の中に潜りこまれてTHE END

私の仕掛けは先糸を結ばないPE直の60cm

深く潜り込まれたらPE擦れてアウト~!

ぎりぎり潜り込むのを最短に止めても 簡単には出てきてくれません!

ロッドをぐりぐりと持ち上げ潜り込んだカワハギを漁礁から引っ張り出したり!直接PEを手繰って引っ張り出したり!

やっと引っ張り出すと今度は3段引き!4段引き!!ロッドを叩きまくります!!

今回は潮流が少し早かったので、潮流の重さも加わって、パワフル!スリリング!エキサイティング!

ただし、今回 漁礁に潜り込まれてPEを切られる事 5回(T_T)

仕掛けロスト7本(T_T)

当然オモリも7個 ロスト(T_T)

このポイントで釣りをする際はこんな仕掛けがイイかも!

PAP_k0370.JPG

 

 この仕掛けをEGジョインターで接続すれば、仕掛けの長さも簡単に調整出来て、簡単漁礁対策仕掛けの出来上がり~♪

PAP_k0371.JPG

次回はタックケースに常備しておきます(^^)v

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、日が傾いた頃にはアタリも無くなり、沖揚がりとなりました。

PAP_k0367.JPG

 

PAP_k0368.JPG

 

 

 午後船は46枚!(20cm以下はリリース26枚)

御覧の通りの良型揃い!!!

PAP_k0369.JPG

午前船はワッペンちょっと攻略、でも残した課題は山盛り

午後船はこれぞ金谷といえるエキサイティングゲーム!

ダブルヘッダーで金谷カワハギを満喫させて頂きました!(^O^)/

同船した横山さん、横山さんと同船するとハズレ無しの爆爆ですね!!

次回も宜しくお願いします(^^)v

裕治船長、やっぱ金谷はスゲ~や!!

またお邪魔します!ヨロシクです!(^^)v

 

楽しすぎました~♪ \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

<文>宝生丸カワハギ釣り教室

前日までの食いが無かった。

宝生丸よりカワハギ釣り教室でした。

潮流不足で、喰いの方が悪い感じです。

型もあまり良くなかった。

今回は、カワハギ釣り初めての方が、4人!

エサの付け方から初めて釣り方まで!

慣れない方が多く、釣り方が確立されていませんでした。

なかなか自分の釣り方を見付けるのは大変です。

そんな方にお勧めなのは、色々な地域のカワハギ釣りをすることです。

同じ釣り方では通用しないので、最初は釣れないかもしれませんが、

慣れてくれば、案外自分の釣り方が見つかるものです。

Dcf00019Dcf00020

Dcf00022Dcf00021Dcf00023

全員の写真は撮れていません!

すいませんでした。

また次回に期待しましょう。

今回のちょっとしたお話しをさせてもらった事を、

次回に思い出していただければ!

ヒント位にお考えください。

やったことをそっくりやろうとしても、

難しいと思いますし、そんなに簡単に物には出来ないかも知れません。

今回お話ししたことと、また次回にお会いしたら、

違う事を言うかもしれません、

それは自然相手であり、状況が違えば答えが違うとお考えください。

毎回毎回参加されている方も、少しずつ変化されてきています。

一気にではなく少しずつ勉強していきましょう!

私も、ちょこっと竿を出させていただきました。

取材があったので釣った写真が欲しかった。

そんな訳で、いつもは自分の竿を使う事は無いのですが、

30分ほどで、4枚釣れました。

カワハギは居るのでしょう!?

次回参加された時は、今日と違う答えを一緒に見つけましょう!

Dcf00024

 

 

| | コメント(0)

<湯>TKB51予選第3弾!まる八さん

9月28日 TKB51(東京湾カワハギバトル)の予選に参戦してきました!

今回で予選3戦目の挑戦です。

会場は、平和島のまる八さんです。昨年のTKBでの決勝会場です^^

DSC_1232.jpg

今日の参加者は18名で上位 5名様が決勝大会へのチケットを受け取れます!

座席はクジ引きで、右舷トモ2番となりました。

今日は、久しぶりに極鋭カワハギAIR1234を持ってきました。

針は、パワーフック5.0号と、パワースピード8.5号 各7センチハリスで

一日通す覚悟で臨みました!

DSC_1237.jpgDSC_1239.jpg

ポイントは竹岡沖で、潮はまた若干濁りが入ったような感じでした。

北東風7、8メーターくらいか、やや海上ポチャポチャしている感じです。

今日も、開始早々、胴の間で型の良いカワハギが上がり、序盤から盛り上がっていました!

私はしばらくして、ワッペン1枚・・・今日もいやな予感がしました。。。

メゴチなども釣れてきます。潮があまり動いてない状況です。

それにしても、お天気は最高で、皆さん楽しく、真剣に、1枚の大型を狙っています!

DSC_1244.jpg

DSC_1242.jpg

DSC_1240.jpg

DSC_1251.jpg

DSC_1247.jpg

 

やや風が強まってきたところで、ロッドを極鋭カワハギAGS175Fにチェンジしました!

糸もフケてしまうので、Mサイズ2枚集奇(3号)+1号シンカーで釣りました。

その後、私にもようやく大きいのが来てくれました!

船長にネットですくっていただき、暫定29センチでした!

ようやく3戦目で大きいのが来てくれました^^; ヒヤヒヤ・ドキドキ堪りませんでした。

その後、立て続けに暫定28センチが来てくれました!

普段の釣行と違い、このドキドキ感がTKBの最大の魅力ですね!

左舷の皆さんも、渋い状況ながらカワハギ釣り楽しんでおられました!

DSC_1254.jpg

DSC_1256.jpg

DSC_1255.jpg

今日は、クライマックスにTKBならではの出来事がありました!

それまで、グッドサイズながら2枚で推移していた浅野さん。

なんと残り時間1分を切ったところで、28センチの大型を釣り上げ

終了間際に見事3枚揃えて、2位に食い込むという素晴らしいシーンを

演じてくれました!素晴らしい粘りです!ホント圧巻でした!!

DSC_1252.jpg

2時30分 定刻沖あがりとなりました。

デカいカワハギを求めて、一日頑張っていただいた高橋船長!

有難うございました^^

DSC_1258.jpg

港へ戻り、検量&表彰です。 

昨年のTKB決勝大会のウィナーの林さんも応援に駆けつけてくれました!

林さん、有難うございました!^^

DSC_1265.jpg

ご参加の皆さまのご協力のお陰で、検量、表彰式共に和やかに行えた事、感謝いたします^^

DSC_1263.jpg

DSC_1268.jpg

DSC_1274.jpg

私の成績は、28.5+27.7+25=81.2センチとなり、予選を通過させていただきました。

今日は、混戦でした!予選通過ライン71.2センチと今回もレベルの高い予選となりました。

やはり竹岡沖には大きいカワハギが居ますね!

今後のTKB予選会でも、驚くほどのメガハギが揚がるのではないでしょうか!

今後のTKBも楽しみです^^ 

入賞者の方々です。おめでとうございました!

DSC_1281.jpg

 

船宿まる八さんスタッフの皆さん、ご参加いただいた皆さん、

楽しく熱い一日を有難うございました!

まだまだTKB予選は続きます。これからもよろしくお願いいたします!^^

DSC_1280.jpg

 

 

| | コメント(0)

〈林〉99パーセントの向こう側には

カワハギのエサであるアサリは剥きたてでは柔らかく、エサ持ちを良くするために、グルタミン酸ナトリウムを添加した塩であるアミノソルトアミノシュリンクなどを使ってアサリを〆て、意図した固さにしてから使う場合が多いかと思います。

そんな「塩」ですが、安価なものほど「塩化ナトリウム99パーセント以上」などの表示があり、海水を原材料に、塩の純度を高めての製造工程ゆえ、いわば「ピュア塩化ナトリウム」と言い替えられる「工業製品の塩」に対して、「おいしい塩」と銘打つ物は、今でも昔ながらの塩田で作っていたりして、海水そのものや製造工程での不純物により、それが塩の風味、うま味でもありますが、前途の塩は何とも味気ない物になってしまったようです。

また「水」では面白い現象があり、浄水器で濾過された塩素などの不純物を取り除いたの水を飲みなれてしまうと、蛇口から直接の水道水の味には辟易してしまいます。また、天然の不純物が入ったいわゆる「おいしい水」は、浄水器で濾過した水よりも断然高価にもかかわらず、皆さんもよくお飲みになるのではないでしょうか。

 

釣りの、特に船釣りの世界では、近年のタックルの進化には目を見張るものがあり、穂先に感度抜群の金属素材であるメタルトップ。リールのケーシングには、金属のような強度を持ちながらにして軽量な樹脂ザイオンを。ガイドフレームには軽量高硬度のカーボン繊維のAGSを。アワセ切れなかった微細なアタリにも、滑らかなコーティングにより刺さりが良いハリSaqSasを。名手の感覚を数値化した感性領域設計システムESSなど、まだまだ数え上げればキリがありません。

これらは、より微細な魚からのアタリを、竿を持つ釣り人に大きく伝えることに集約≒1匹の魚により近づくテクノロジーの結集で、今現在の最高峰と言っても過言ではない〔高感度+軽量+高性能〕の集約と言えるのではないでしょうか。

 cut01.jpg

 

 

 

 

 

smak-redtune.jpg

cut02.jpg

 

 

 

 

 

 

このようなタックルを携え、いざ船上で好敵手と向き合う時、「99パーセントは完璧なタックル」とは言わないまでも、研ぎ澄まされたモノを使いこなそうとする釣り人には、決してタックルに翻弄されることは無しに「このタックルで未知のアタリを感じ取るんだ」という意気込みが大切だと思いますし、それを持続する集中力も不可欠だと思います。

 

99パーセントの向こう側には、高性能とはいえタックルに釣りのほとんどを依存するのではなく、「10人のカワハギ名手がいれば、10通りの釣り方がある」の喩えのように、ご自分の釣りスタイルを見つめることも大切で、「釣りは自己流の極み」であるとするなら、その1パーセントのタックルの使い手にこそ、釣りにとっては大切な部分である場合も多く、その1パーセントを、時には大きなパーセンテージと変化させながら、ご自分を未体験ゾーンへと誘うこともあるのではないでしょうか。

 

【カワハギ釣り教室・参加者募集】

 

10月13日(日)、羽田のえさ政釣船店さんにて、カワハギ釣り教室を開催いたします。

秋本番、カワハギシーズン真っ只中! 更なるステップアップに、カワハギ釣り大会の最終調整にいかがでしょうか!?

参加ご希望の方は直接えさ政さんへ連絡いただくか、Facebookに宮澤さんが主催している「極鋭カワハギ友の会」にイベントを立てましたので、そちらにコメントをいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

| | コメント(0)

TKB51内木丸予選!

27日は、内木丸さんで、TKB51の予選会でした。

お手伝いと試したい事があったので、少し釣りもしてみました。

19名参加で、6人が決勝に行けます。

最初はこんなところもやってみましたが、

小型が多かったです。

Dcf00017Dcf00018

ここでは、カワハギ船が沢山居て、

50枚からの釣果も出ています、

小型ばかりの為、

大型の実績のある場所を探しながら、

竹岡沖まで探ってきました。

前日の台風の影響か?海底がひっくり返ったのか?

尺越えの大型は出ませんでしたが、

天気の良い大会となりました。

Dcf00012Dcf00016

Dcf00013Dcf00014Dcf00015

まあまあのサイズが来ていました。

最大で28センチで、上位入賞者は、

25センチクラスは持っていました。

このサイズを1枚釣れればって感じでした。

参加されたみなさま!お疲れ様でした。

残念ながらって方は次回楽しんでくださいね。

予選通過のみなさま!

決勝も頑張ってください。

Dcf00007

内木船長を中心に、

予選通過のみなさまとパチリ!!

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

<宮>いよいよ大会シーズン!!プラに行ってきました。

つりニュースさん取材&DKOプラへ久比里やまてん丸さんへ!

荒天と速い潮に悩まされましたがかなりイメージが整いました!

自分なりの作戦は

〇誘いは誘い下げをやり通します。

〇ハリは迷わず、サクサススピード7.0とサクサスワイドフック3.5に絞ります。

〇ロッドはAGSM-170A、自分のフェイバリットロッドにこだわります。

   極鋭スピニングは最悪の状況なら引っ張りだそうか?いや、悩みは逆効果ですね(笑)

 

もう一回プラ行けるかな???

昨年はプラが良過ぎて本番ドボンだったから・・・。

今年もそんな流れを引きずっているかも?

写真

写真写真

 

もうひとつの大会!!

TKB(東京湾カワハギバトル)51の予選会も開催されています

私は10/8(火)川崎つり幸さんから出場予定です。

平日ですが、是非みなさまも一緒に参加しませんか?

詳細や申し込みは直接船宿さんにご連絡をよろしくお願い致します。

定員がありますのでお早めにご確認をよろしくお願い致します!

 

| | コメント(0)

<宮>「カワハギ」と「ワカサギ」の共通点とワカサギ最前線ブログスタート!!

「カワハギ」と「ワカサギ」の共通点
 
◎アタリを取る
◎手返し重視
◎数釣り      ・・・etc
 
なんか微妙に文字も似てるから、いい間違えます。
 
 
こんな共通点の多い釣りなんでワカサギ釣りも大好きです。
 
9月22日(日)はいよいよスタートした山中湖ワカサギ釣りへ!

しゅうすいやさんに行ってきました!


いやいや!やっぱり今シーズンも熱いぞ!ワカサギ釣り!

昨シーズン末からオープンしているダイワホームページ内『ワカサギ最前線サイト』の『ブロガーミーティング』です!

今回は群馬、宇都宮、埼玉、神奈川、さらには新潟からも各エリア、湖の名人級ブロガーメンバーをお呼びしての第一回目の集まりです。

二歳魚中心に当歳も時より混じり終日釣れ続きましたので取材をしながらの釣りでしたが流石実力者!ガンガン数を伸ばしていましたよ。

笑いがありながら、多点、連チャン時には無口な真剣モードありあり!

まさに『楽しく、真剣に!』のワカサギ釣りです!

ワカサギブロガーもほんとにいいメンバーが揃いましたね!

これからのワカサギシーンでもますますダイワから目が離せなくなること間違いなし!です。

是非今後とも『ワカサギ最前線サイト&ブロガー』の活躍を乞うご期待下さい!
68328237.jpga2790519.jpg46833bb9.jpg
8ce202db.jpg3123c26e.jpg8df3c5c0.jpg
59982af9.jpge5a6d35e.jpg43d7bd29.jpg



 
| | コメント(0)

〈林〉【参加者募集・カワハギ釣り教室】

10月13日(日)、羽田のえさ政釣船店さんにて、カワハギ釣り教室を開催いたします。

秋本番、カワハギシーズン真っ只中! 更なるステップアップに、カワハギ釣り大会の最終調整にいかがでしょうか!?

参加ご希望の方は直接えさ政さんへ連絡いただくか、Facebookに宮澤さんが主催している「極鋭カワハギ友の会」にイベントを立てましたので、そちらにコメントをいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

 1069818_287093831431766_1566886798_n.jpg

 

| | コメント(0)

<宮>釣りビジョン沖釣りギャラリー:カワハギ

釣りビジョン「沖釣りGallery」今回は本業(?)のカワハギ釣りです!


今回は1時間番組!神奈川県腰越沖、多希志丸さんです!

みっちりマンツーマンで「楽しく、真剣に!」カワハギと向きあってます。


じっくりご覧ください。

初放送は9月30日(月)21:00~です。


http://www.fishing-v.jp/program/program_data.php?p=91&pcd=0407010

| | コメント(0)

剣崎でかハギ仕立て

カワハギシーズン佳境を迎えTKBがスタート。そしてDKOの予選も間近に迫ってきました。
ワタシはと言えば上期末ゆえに何かと気ぜわしく、またマグロ&カツオ釣りに数回出掛けて連続ボウズを
食らったりしていて、なかなかカワハギへシフトチェンジできてません。

そんな9月23日(祝・月)
剣崎の良型でかハギをガンガン釣りましょう!との後藤っちの呼びかけで、16名のカワハギフリークが
松輪瀬戸丸に集まりました。

20130920 082.jpg

出船前にパチり!
BUNさんブチさん、パン屋さん始め、チャンプ小泉さん、ツッキーくん、ファイナリストの山下くんに林くん・・・いずれ劣らぬ猛者ぞろい。

港前~間口港前の浅場ででかハギを狙いますが、北の風が強く海も悪くて釣りにならないため剱崎ポイントを断念。
風裏となる城ケ島島下へ移動しました。

沖にはワラサ船団。まだまだ人気ですね!

こちらでは大中小混じりで渋目の展開。
ワタシは間口港前での釣りを想定し極鋭カワハギAGS-175FにエアドRT100L / PE0.8号にピラピラ集寄と言う
セッティング。
潮が重く集寄の選択に悩みながらもフォールを意識した釣りでポツポツ掛けて行きました。
 

20130920 084.jpg


なんとかツ抜けしたのを機に船中を回って皆さんの写真を撮ったりおしゃべりしたり。
この時点ではTOPの人が11枚。5-6枚の方が多かったので、まあ悪くないなあと内心安心していました。
 

20130920 086.jpg

前半苦しんだツッキーくん。ホッとした表情です。

後半、城ケ島東の砂地のポイントに移動。
潮が下げに転じ、みなさん徐々にペースを上げて手のあった人は連チャンモードに。
 

20130920 087.jpg

20130920 088.jpg

20130920 089.jpg



そんな中、ワタシは前半のイメージから状況判断を誤り対応が遅れ大失速。
ラスト30分。ピラピラ集寄を外しシンカーを打ってキャスト&フォールで掛ける釣りにチェンジし数枚追加した
ところで沖上がり。13枚で終了でした。
TOPはパン屋さんが25枚でしたので、釣果的にはボロボロだったのですが、
思わぬところでDKOの舞台となる竹岡の練習ができて得した気分です♪

HGでの釣りと言うことで「いつものパターン」に固執してしまって、ちょっと釣り方に柔軟性を欠いていたと反省。
リセットしてDKOに臨みたいと思います。

 

ご参加の皆さん お疲れさまでした&ありがとうございました!
でかハギ本命ポイントで、できなくて残念。またご一緒いたしましょう!

 

 



 

| | コメント(0)

<湯>TKB51予選第2弾!荒川屋さん

9月23(祝)は、葛西橋の荒川屋さんから、TKB51予選に参戦でした!

前回、予選落ちでしたので今回は張り切って、一番に宿に到着!

その後、参加者のみなさんが続々と到着すると・・・

皆、お知り合いの方たちばかりで朝から盛り上がりました!

釣り情報誌の根岸さんはじめ、お馴染みの皆さん^^

DSC_1199.jpg

一昨日、一緒に釣りを楽しんだ、うめさん!

DSC_1207.jpg

 

私のお隣には、野々宮さん! 

写真1_~1.JPG 

 

朝からヒートアップしてますが、この驚きもTKBの楽しみの一つですね!

 

さて、連休最終日という事もあり、参加者11名と若干少なめでしたが、

少ないと、予選通過人数も減るので、ここは微妙なところです・・・

11名×30%=3名 

本日の予選通過人数は、わずか3名です!!きびしぃ~

河川敷ののどかな風景の中ですのでレギュレーション説明ものんびりと^^

DSC_1205.jpg

いざ、竹岡沖目指して出船です!

ポイントへ到着すると、一昨日の濁り潮が、結構澄んでいました。

昨晩からかなり北東風が吹いたので、濁りが取れたのでしょうか。

今だ、北東風強い状況でしたが、澄み潮に期待!といったスタートでした!

タックルは、極鋭カワハギAGS170Fを使用しました。

朝一、5連装程しましたが、全てがコッパサイズで苦笑いをしていると、

すでにミヨシ側では、立て続けに2枚、3枚と大型が上がっていて

湧き上がっています。

野々宮さんと私はこんなサイズに悩まされました。。。

DSC_1209.jpg

中盤から後半に掛けて、さらに海悪くなってきた中、右舷で尺オーバーが上がり

船中盛り上がりました!

私も最後まであきらめずに釣り、19枚の内、20センチオーバーはたったの1枚・・・

今回も蚊帳の外となりました。。。

■検量風景

DSC_1210.jpg

根岸さん デカイの3枚揃えています!お見事!

DSC_1211.jpg

 

先ほどの、右舷での尺オーバーは武川さん 31.5センチ!

DSC_1217.jpg

お見事、入賞はこちらの3名様!

DSC_1223.jpg

 

1位の武川さんは、合計81センチ!2位の鈴木さんは78.5センチ、

3位の根岸さんは76センチと総体的にレベルの高い結果でした。

今回も惨敗でしたが、またまた次回奮闘してきます!

カワハギは今シーズン初出船ながら、良い釣りをさせていただいた船長にも感謝の気持ちでいっぱいです

楽しい一日を有難うございました!^^

ご参加の皆さん、海あまり良くない中、お疲れ様でした。

また予選通過目指して頑張りましょう!^^

DSC_1226.jpg
| | コメント(0)

〈林〉DKO強化合宿・2日目

DKO強化合宿・1日目の続きです。

前日の実釣、反省会を踏まえての2日目です。2日目のみご参加の方を含めての22人、ほとんどの方が6時頃よりアサリ剝きを始めています。当日はつり情報さんの取材も入り、沖藤編集長と談笑しながらアサリを剥いていると、山下丸さんに乗船する鈴木 孝さんがご挨拶に来てくれました。ノリの良いお2人は・・・(笑) つり情報ライターの朝倉さん、新さんもいらしてくれましたが、写真が小さく掲載できず・・・、すいません(謝)

130922_072442.jpg

 

出船前のレクチャーでは、前日の釣況を踏まえ、今日はどこか変わっているであろう竹岡沖の「どこか変わっている」ところに注意を払うこと、それを見つけ、早い段階での釣り方のアジャストを示唆し出船となりました。

942771_504839999607191_801453361_n.jpg

ポイントの竹岡沖に到着すると、前日の撃濁りがやや濃い薄濁りに変わっていて、船を数巡した後竿を出してみると、昨日より活性が高そうで、ゼロテンションで掛けに行くと、小型カワハギながら小気味よい引きです!

130922_081041.jpg

前半は船で平均に釣れますが、まだまだ群れは固まっていないようで、流し替えるとポツリポツリとカワハギが顔を出します。

130922_082815.jpg

 

 

130922_083551.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日釣れた方、上手く釣れなかった方、全てのご参加の皆さまが前日を思い出し、その攻略法に固執することなく、当日の竹岡沖のまさに今と対峙しカワハギと向き合う真剣な釣りが続いて行きます。僕は中盤以降、移ろう状況をリサーチするため、釣り方をお見せするたみに竿を持って皆さんの間に割って入り、状況の変化を伝えながら、自分でも釣ってみました。

130922_094733.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

130922_103810.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は、3艘出しだった巳之助丸さんで僕らの船がトップとなり、ご参加の皆さん各々、次の釣行に繋がる、大会に繋がる何かを持ち帰っていただければ幸いと思いました。

下船後は、巳之助丸さんの宿の横のスペースをお借りし、当日の総評、トップの方の攻略法の後、沖藤編集長よりご挨拶をいただきました。その後のジャン系大会では、ご参加の方が持ち寄ってくれた品物、巳之助丸さんからは1日無料乗船券をいただき盛り上がりました。

130922_155140.jpg

「真剣に、真剣に!」と銘打って、今回初めて開催したDKO強化合宿。釣りという、ある意味正解がない場であり、仕事でもない場において、船上で大の大人が真面目に、そして真剣に取り組む姿勢が印象的でした。最後に皆さんに「この合宿、どうでしたか? 端的に良かったですか? 『もう少しこういう方が・・・』などありますでしょうか?」との僕からの問いかけに皆さん「・・・・・。」。どうしたものかと「それでは、来年もこんな合宿があったら参加してみたい方手を挙げて下さい!」の問いかけに、全員の手が挙がった時には感無量でした・・・

130922_155329.jpg

 

これは、ご参加いただいた方からのSNSへの複数の書き込みの中から2つご紹介いたします。

『1つどころか糧だらけな合宿でシタ。。
1日目は、自分の引き出しのどこを探しても、あの状況に対応できる術が無く、途方にくれたまま終わった釣行でした。。それこそあのまま家に帰ってたら、しばらくカワハギお休みするっくらい打ちのめされてまシタ。。
それが、反省会であの状況を制したトップ5人の方の意見を聞いて…。。あの状況を制するコトができる。。ってコトとそれなら自分ではどーできるのか?ってコトを考えるコトができました。。
酔わずに吸収したい気持ちからか、気づけば途中からお酒はウーロン茶に切り替わってましたし。。
2日目は、自分の一番得意な、フグで極めた秒速1cmの落とし込みとゼロテンの組み合わせが、あんなにハマる状況があるってコトを知ることができましたし。。
早くもまた来年が楽しみデス。。』

こんな書き込みもありました。

 『この合宿を主催して頂いたりょうさん、参加された皆様、2日間にわたりお疲れ様でした。
DKOに向けてのスキルアップを目標とし、皆さんと時間を共有できたことを大変嬉しく思います。
ありがとうございました。
実践さながらの釣り教室の集大成、天候にも恵まれ大盛況に終わりましたね。
皆のために時間を作って頂き、ひとりひとり熱心に指導して頂いたりょうさんには感謝の言葉がいくつあっても足りません。
合宿の夜の反省会で、上位5名の方々の仕掛け、攻略法を教えて頂いたことは大変為になり、今後自分の釣りを組み立てるヒントにさせて頂きます。
また皆さんの釣り歴、りょうさんとの出会いも聞けて、より一体感が深まった気がします。
この合宿に参加できて本当に良かったです。
これからも楽しく真剣によろしくお願い致します。(^o^)』

 
 
 
そして今回、DKOという、1番ステイタスがある大会に標準におき、久比里出船で実戦さながらに行った2日間でした。僕自身大会での競技中、個人的に感じることは、野球などのチームプレイとは違い、個人プレーの釣りの事、競技中は全てを1人で考え1人で実行しなければならず、失敗したとき励ましてくれる仲間もいなければ、上手く釣っても褒めてもらえない環境であるとがあります。そんな環境の中を戦う大会、孤軍奮闘でも「1人じゃない、皆がいるよ、皆で戦っているんだよ!」と、振り向けばバッグやクーラーに貼ってあり、釣友の応援を身近に感じられればとの思いを込めてステッカーを作ってみました。モチーフは「R」の文字を僕独自のゼロテンション・パーミングで包み込むデザインで、「EXPERT & EPICUREAN」とは「名手であり快楽主義者である」という意味合いで、「楽しく、真剣に!」に通ずるところがあると思っています。
 
130921_075341.jpg
 
今日も、あるカワハギ釣り大会に釣友が参加しています。僕は応援しかできませんが、是非全力を尽くしていただき、笑顔の吉報を今後の糧にしたいと思っています。
 
 
 
| | コメント(0)

<堀>横浜皮研9月例会

9月22日 横浜皮研 例会に小網代 丸十丸へ行って来ました。

9月例会の参加者は27名、2隻に分かれて、AM8:00出船です。

前日には44枚の好釣果が出ているので、かなり期待しながら船に乗り込みますが、船長さん情報では、前日とは違い 潮色がかなり濁ってしまっているらしい…

今回のポイントは1日通して小網代沖、小網代沖にある数か所のポイントを攻めました。

第1投目からワッペンサイズが姿を見せてくれて一安心。

しかし問題はここから。

一日を通して同じ喰いであれば、何も考える必要はないのですが、そうはいきません。

数年前は この時期のワッペンゲームは得意分野のつもりでいたのですが、ここ2年ほどは完敗続き(T_T)

今回は迷いの要因になる事を出来るだけ少なくして、私がワッペンゲームで一番注意して見ている、エサの取られ方、他の人のエサの取られ方、エサの締め具合、丁寧な餌付けを改めて心掛けました。

今回のロッドは極鋭カワハギAGS-F、リールはスマックRT100SH(PE:UVFハイパーメガセンサー0.8号

 ロッドは状況がどう変わってもAGS-F1本!そう決めていました!

PAP_k0350.JPG

 

そしてハリ

最近使っていなかった「フック」

このハリを状況によって使ってみようと用意していました。

このハリは 金谷で毎年行われている「日刊スポーツフィッシングサーキットカワハギ釣り大会」を過去 2連覇した時に使っていたハリでもあります。

そんな過去を振り返った試みが良かったのか、結果50枚!キーパー12枚、リリース38枚。
(スピード、マルチ、フックを使い分けました)

久しぶりに例会優勝をする事ができました(^^)v 

 

今回はVSカワハギ 7対3くらいの戦いが出来たと思います! 私が3です(^_^;)

ワッペンゲームの事ばかり書いているので「小さいカワハギ釣っても」と思っている方も沢山いると思います。

しかし この時期は、ワッペンサイズとメガサイズが混在する時期でもあります!

私の最大は28cm!同じ船のOさんは29.8cmをゲットしています!

PAP_k0353.JPG 

PAP_k0351.JPG

PAP_k0352.JPG

(このあと私の最少記録8cmを釣りましたが画像が撮れていませんでした(ToT))

 

さっきまで釣れていたワッペンサイズの反応がフッと消えた時に、メガサイズがロッドを震わせ、しならせる!

この時期にしか味わえないスリリングなカワハギ釣り!

 数を狙うか!型を狙うか!それとも両方!?

楽しすぎます!この時期のカワハギ釣りは!!

フィールドで会いましょう!(^^)v

 

| | コメント(0)

〈林〉DKO強化合宿・1日目

予てから9月21日(土)、22日(日)の両日に1泊で予定していたDKO強化合宿。場所はDKOの開催地となる久比里、巳之助丸さんからの出船です。今回は、僕にとっては約2年間行ってきた釣り教室の集大成とも言え、その釣り教室でお知り合いになった方々から自発的に持ち上がった今回の合宿、講師を務めさせていただく僕も数日前から気持ちが高まるのでした。

初日のご参加は21名。参加者の1人井上さんより、海上安全と大漁を祈願する御守りをいただき、ここでまたテンションアップ! この2日間に期待は高まるのでした!!

130921_074756.jpg

今回2日間とも親方船長の船。初日の釣り座は先着順で、四隅に入るのも良し、あえて潮裏に入るも良しで、翌日に繋がる何かを見出す釣りとなります。出船前に皆さまには舳部分にお集まりいただき、DKO決戦の場となる竹岡沖の特長、予想できうる攻略方など、この合宿の意味も含めてお伝えした後出船となりました。

130921_073258.jpg

航程20数分の竹岡沖に到着してみると、TKBで出船した一昨日とはことなり、潮色がかなり濁ってしまっており、目でエサを探すカワハギのこと、ちょっと苦戦する予感がします・・・

130921_081019.jpg

開始してしばらく舳で様子を窺いますが、外道からのアタリも遠いようです・・・。そこで、潮色を鑑み、濁り潮の中でもアピール度の高いと言われているゴールド系や夜光系のオモリ、集寄、ケミホタルなどを試してみることをお伝えし、船内を数巡した後、僕も皆さんの間から竿を出してみます。そこで感じたのは、エサの吸い込みの悪さで、ゼロテンションではアタリも小さく、掛けてもクチビルに浅く掛かっているようで、リールを数回巻くとバラシてしまい、かといって、吸い込ませようとするとツルテンにされる展開で、アタリも遠く苦戦します。でも皆さんは、ワイドフックでショートハリスで掛けに行く釣りをしたり、投げてはサビキを繰り返し、食う間と誘いを繰り返しながら、やや不機嫌なカワハギの注意を引き掛けて行きます。

130921_083119.jpg

 

 

 

 130921_083908.jpg

 

 

130921_091625.jpg 

 130921_100341.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、御守りが効いたのか井上さん、生涯初のトリプル達成! おめでとうございます!! 

 130921_103515.jpg

午後から潮がかわり、ややアタリも増えだしますが、厳しい展開には変わりはなく、幹糸を張る、緩めるを繰り返し誘う中で、その「張る」が聞きアワセになるような、ハリ先部分がカワハギの口に当たった瞬間に仕掛けをずらし掛ける釣り方が良かったようでした。 

 130921_103743.jpg

 

 130921_104335.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

130921_105637.jpg

 

初日はトップ25枚、平均13.6枚の釣果でした。

 

下船後は初日のみ参加の方と別れた後、予約しておいた宿に向かい、大浴場で汗を流し夕食を取った後、合宿の裏メインである反省会を行いました。

反省会は和室8畳2間の襖を取り去りお膳を突き合せ、軽く1杯呑りながら19時より開始、今日の釣れ方の変遷の解説後、僕の今までのカワハギ釣りの経験から、DKOを勝ち抜くのに効果的なお話しをしばらくさせていただき、質疑応答の後、「DKOでは皆さん同士がライバルとなりえることがありますが、今宵ばかりはそこのところよりも、こうしてお集まりいただいたのですから」と今日の竿頭から5位までの方に効果的であった釣り方、なぜその釣り方に至ったのか、仕掛けやハリなどを詳しく解説いただきました。

写真.JPG

いつもは「楽しく、楽しく、真剣に!」の釣り教室も、今回は反省会も含め「真剣に、真剣に!」で、皆さんの表情から窺い知れるように、「明日の釣りに何か一つでもプラスになれば」と(本当に)真面目な反省会は続いていきます。終盤は釣り歴などの自己紹介をお1人づつしていただきましたが、多くの皆さんが「りょうさんとは・・・」から言葉を発していただき、たいへん嬉しく感じましが、「僕を通じて皆さんがお知り合いになっていただき、たいへん嬉しく思います。そして、釣り教室でお知り合いにになった個々の皆さんで連れだっての釣行などもあったり、こういった場の有効性をすごく感じています。ただ、大会においては皆さんお1人で奮闘しなければならず、そういった意味からも、僕ができるのは応援だけで、実際に釣るのは皆さんです」と、3時間に渡る反省会を締めくくり、その後は仕掛けを作る方、飲みながらの釣り談義に興じる方など、また明日の展開に胸を膨らませての夜でした・・・・

次の「DKO強化合宿・2日目」に続きます。

 

 

 

 

| | コメント(0)

<湯>内房カワハギ絶好調です!

9月21日 内房の上総湊の福丸さんへ行ってきました!

カワハギも本格的シーズンになってきましたね!

TKB51、DKOは勿論、各大会なども目白押しになってきました。

そんな中ですが、今回はユルく楽しもうと、寺西さん、うめさんと遊んできました^^

カジるなよぉ~(笑) カワハギじゃないんだから^^

DSC_1160.jpg

タックルは、私と、うめさんは極鋭カワハギAGS175F

寺西さんは、極鋭カワハギ AIR1455

針は、オールマイティなこの辺りから開始しました。

DSC_1179.jpg

金谷から竹岡よりにかけてをやりましたが、下げ潮が非常に速く、

濁りぎみな沖でした。

うめさんは、ピラピラ集奇を使って、ダブル交えて好調に掛けていきます!

DSC_1165.jpg

寺西さんは、いつもの得意な縦の釣りで、AIR1455を使いバシバシ掛けていきます!

DSC_1168.jpg

私は、Lサイズ1枚集奇(1.5号)+1号シンカー&ヒラヒラスカートでやってみました。

写真2_~1.JPG

皆それぞれ、違うセッティングでしたが、それぞれに手が合う時間には

連装していました。しかもサイズ揃いで面白かったですね!

中盤から、10センチロングハリスのパワーフック5.0号

寺西さん、うめさんも連発していました!

喰い渋りには勿論ですが、速潮にも10センチ・ロングハリスは効きますね。

今後も10センチロングハリスは、絶対に船バックには入れておこうと思いました!

寺西さん、倍のペースで掛けて行き、ダントツの37枚!

うめさんも30枚近く!

私は17枚と半分以下!;;; 参りました!

でも大きいのが釣れたから楽しかった一日でした^^

IMG_4873.jpg

 

さて、9月も後半に入り、TKB51予選も各地で開催されています!

予選お申込み未だの方は、是非とも一緒に楽しみましょう!

10月に入ると、早々からDKO予選!

忙しくなりますが、これも楽しいカワハギ釣り。

これからも各地でカワハギ釣りを楽しみたいと思います^^

 

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>磯子キャスティングカワハギMTGからのアサリ掘り

 9月20日横浜磯子キャスティングさんで開催されたカワハギミーティングに行って来ました。

今回も沢山のカワハギフリークが集まり、盛大に開催されました!

PAP_kmtg9200.JPG

宮澤さんのトークショースタート!

PAP_kmtg9201.JPG

 

ロッドをおまたに挟んで熱弁です!

PAP_kmtg9202.JPG

 

宮澤さんのカワハギ釣りトークの後は、恒例ジャンケン大会!

PAP_kmtg9203.JPG

 

ナイスゲット~!おめでとうございます(^O^)/

PAP_kmtg9204.JPG

 

最近、ジャンケン激弱の私ですが、今回は!

極鋭カワハギ友の会 ちょ~プレミアムステッカーGETしちゃいました~(^^)v

おまえが貰ってどうすると周りからブ~ブ~言われちゃいました~(^_^;)

ゴメンナサイm(__)v

PAP_kmtg9205.JPG

PAP_kmtg9207.JPG

 

皆さん、次回はフィールドで会いましょう!(^O^)/ お疲れ様でした~(^^)v

kawahagimtg.jpg

 

 

カワハギミーティングの後は皆でラーメン食べて、その後 行ってみたかった金沢八景海の公園でのアサリ掘り!

皆さんウェーダー履いて本気モードです!

PAP_asr9201.JPG

いざ海へ!

PAP_asr9202.JPG

私も皆さんと沖までと思いましたが、水深が膝上以上あるので断念(ToT)/~~~

PAP_asr9203.JPG

 

 

この明かりの中に7体、妖怪アサリ掘りがいます\(◎o◎)/

PAP_asr9204.JPG

 

 

午前様の帰宅となりました。

PAP_asr9205.JPG

 

 

次回はしっかり身支度をして参加させていただきます!

ヨロシクで~す(^^)v 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉TKB51・松陽丸さん

僕のTKB第1戦は地元近くの松陽丸さんです。ここは、東京都に隣接する埼玉県川口市、荒川土手に桟橋があり、僕のウォーキングコースでもあります。9月19日(木)当日、ご参加の皆様は17人、5人が決勝に残ります。

さて、まずは荒川のほとりでTKBのルールをご説明させていただいた後、6時半に舫いを解かれた船は荒川を下り、東京湾を、そして竹岡沖を目指します。

66141_339217929557148_1832398844_n.jpg

130919_064211.jpg

タックルはこのところ本当に手に馴染んできた感のある1455AIR、仕掛けには「大型カワハギに効く」と言われている、赤いケミホタルをピンクにして試してみました!

130919_080815.jpg

 

竹岡沖では水深15m前後を攻めますが、上潮は北に流れて行き、下潮は南に流れて行く二枚潮で釣り辛く、開始30分で3枚揃えるも、艫の僕にはアタリがありますが、船中あまり芳しい感じではありません・・・

130919_095854.jpg

 早々に揃った合計で60cm数センチの3枚に慢心してはいなかったのですが、ここから・・・ 終盤連荘もあったのですが・・・・

 

130919_101727.jpg

 

 

 130919_130920.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

前半の下げ潮時は二枚潮ながらもアタリを拾い、僕がツ抜けしたころ船中は30枚位の釣果・・・、昼過ぎ船長と打ち合わせをし、「このまま上げ潮を待つか、型は細かいが、皆さんがカワハギの顔を見られるポイントに移動するか・・・」を思案。

130919_111603.jpg

 

程なくして、永田さんが乗船している須原屋さんから「ダブルが上がったよ!」との情報で移動し、ラスト1時間、そこで船中バリバリと釣れ出しました!

130919_131223.jpg

 

 

 130919_132033.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃潮は舳側に流れていましたが全体に高活性! 僕は「朝一の3枚で何とかなるだろう。コッパと遊んじゃおうかな!」と、小型~コッパ対策を当て嵌めるのに夢中になり、舳付近で大型が釣れていることは知ってか知らぬか(写真撮ってるし・自爆)、5連荘、ダブルを含め29枚、次頭の2倍、平均の3倍釣りましたが、順位は17名中10位でした・・・(爆死)

 130919_133330.jpg

 

今回松陽丸さんでは5人の決勝進出者が誕生いたしました。おめでとうございました。

130919_164532.jpg

日並良く楽しい大会となりました。僕はまた次回、頑張らねば(笑)

130919_164443.jpg

 

 

| | コメント(0)

<文>TKB予選、須原屋さん

TKB予選

須原屋さんから参加してきました。

Dcf00001

定員の16人で、片側8人も

大型船ではゆるゆるでした。

席は先着順とのこと、

左舷トモから3番目の席でした。
 

竹岡沖に到着して見ると、

濁り潮であった。

台風の影響でしょう。

底潮は上手にカッ飛び!

上潮は、下手へえいやこらと流れている。

釣りにならないよ~!

そんな中、ワッペンは捨てて、

集寄は、Mサイズで、3枚合計4.5号分を使用。

小さく誘って待つ作戦!

ワッペンのアタリはスルー!

このため数は、12枚でした。

大型狙いに徹したのが良かったか?

前半で26.5センチゲット!この時点では暫定トップ!

その後風が西に掛った北風の為、

右舷だ好調となり、左舷は小型が多くなっていた。

終了30分前になり、

竿を置いて、測定のお手伝い!

検量を始めたのでした。

死んでしまったカワハギ君は、みなさんと同じように計ろうと、

整体はしませんでしたので、測定結果は、

1セン縮んで、25.5センチになりました。

右舷の方は大型を持っていて、

あと一枚デカいのが来れば入れ替えですね!

そんな話をしたとたんに31センチのデカハギを釣られていました。

その後も、29センチ、27センチと大型が上がっていたのでした。

1~4位までが右舷の方たちでした。

 

Dcf00006Dcf00005
Dcf00003Dcf00004

予選通過おめでとうございます!

決勝も頑張って、楽しんでください!

 

ついでに、

私も!!

Dcf00002

参加の皆様

暑い中、お疲れ様でした。
 


 


 

| | コメント(0)

<堀>9月15日 TKB51千住大橋 入舟 予選会

9月15日  千住大橋 入舟 TKB51予選会に行って来ました。

入舟さんは TKB第一回大会の予選会にもお世話になった船宿さん!

型狙いの大会に出場するのは初めてで、少々不安もあったのですが、思いもよらず1位通過させていただいた、げんの良い船宿さんです!

なのですが、決勝大会が荒天により延期になってしまい、予備日に出場することができませんでした。

せっかく出場権を頂いたのに…申し訳ない気持ちで…

そんな気持ちから、直接 お詫びを言う為にも 初戦は入舟さんと決め、参加させて頂きました!

な・ん・で・す・が 当日台風が接近(>_<)

入舟さんのホームページを確認すると、雨は多少降るが東寄りの風の為、出船可能とのこと。

少々不安もありましたが、千住大橋に向かいました。

横浜から羽田まではワイパー最速(+o+)

首都高 横羽線は排水が良くない?道が悪い?ので慎重に運転。

上野近辺に差し掛かると 雨も小降りになり、AM5:30入舟さんに到着。

船着き場には巨大なブルーシートで簡易テントを用意して頂いていました。

出船前に釣り座抽選、ルール説明をしていると大雨~(゜o゜)

1日釣りが出来るのか、少々不安でしたが、雨が小降りになったところで乗船!

AM7:00 出船です。

PAP_k0329.JPG

ポイントまで色々話に付き合っていただいた入舟常連の皆さん!

船酔いしないでポイントまで行けました、ありがとうございます(^_^;)

PAP_k0331.JPG

 

参加者の中には娘さんと親子で参加の御姿も!がんばりましょう(^^)v

PAP_k0330.JPG

 

スカイツリーは霧に煙ってます

PAP_k0332.JPG

PAP_k0333.JPG

 

低く立ち込める黒い雲

PAP_k0334.JPGPAP_k0335.JPGPAP_k0336.JPG

 

 移動中は雨も小降り、風も弱く涼しい 快適なクルージングでした(^^)v

スタートポイントは第2海堡周り。

船長判断で、竹岡沖の海の状況が悪いので 、先ずはこのポイントで型を見てからとの事でした!

2,3日前から状況が上向きになっているポイント!

2013TKB第一投!

予想はしていたのですが、やはり潮が速い(>_<)

スタートは上下にワイドフック4.5号、中にスピード7.5号でスタートしましたが餌は盗られるのですが掛かりません(ToT)

私の釣り座は左ミヨシ2番目、3番目に座る入舟常連の松井さん、今シーズン初めてのカワハギ釣りとの事でしたが着実に掛けています!

私も自分の釣り方でなんとか掛けようとしますが…松井さん6枚の時にやっと1枚…

型も小さいようなのでハリをスピード7号、また10cmハリスも試しますが…

やっと まあまあサイズが掛かったと思ったら!    ギマ~(T_T)

海堡周りでは定番の外道のようですが、私が良く行くフィールドではあまり釣れない珍しいお魚!

写真を撮ろうと掴んだら!ネッバネバのヌッルヌル(^_^;) 撮影を断念(この画像は終了後撮ったものです)

でもこの魚、旬を迎えた時期には肝も太り美味しいみたいですよ!

PAP_k0338.JPG

 

その後、数回の大雨に見舞われ悪戦苦闘(+o+)

しかし、暫くすると、台風来てるの?と思わせる青空が広がり始めます!

PAP_k0337.JPG

 

すぐ近くに高速船も走っています!

凄い勢いで波しぶきを上げて走ってますが、浮上して走っている為か、意外と近くの船に影響を与える様な波を作らないんですよ!

PAP_k0339.JPG

 

そんなこんな、少し景色を見る余裕も出てきた頃から ポツポツ掛かるようになりました。

このポイント、今日は小さめのフックが有効かなと思ったのですが、今回の釣りだけで 釣り方云々は語れませんm(__)m

潮の速さを考慮した仕掛け立て、水中をイメージした釣り!

経験と腕の差が釣果に繋がるフィールドでもありますね!でも潮が落ち着けば爆爆!?

なんとか攻略したいフィールドでもあります!

なんですが、今日は型狙い!

お隣の松井さんが20枚近く釣っている時に私は10枚(>_<)

自分に言い聞かせました「今日は型狙い」

しかし、クーラーの中には最大19cm…(ToT)

そんな気持ちをデビル船長が察してくれたかどうかは分かりませんせんが、残り2時間!

竹岡沖(大貫沖?)に移動!

船長の話では前日にBIGサイズを3枚バラしたポイントでもあるそうで、期待が高まります!

しかしポイントに着くとウネリ少々、波もバシャバシャしていて風も海堡周りより吹いています。

波の影響を受けやすいミヨシの釣り座という事もあり、底の釣りで勝負しようと決めました!

しかし、釣れてくるのはトラギス、ベラ、小型のカワハギ…

これはアカンぞと残り30分。

不定期なウネリを出来る限り吸収しながら宙層1mを探っていると小さなサワリ!

30cmほど落とし込んでステイ。

メタルトップを振るわせるアタリ!

スッと合わせにいきますが痛恨のバラシ(+o+)

カワハギを散らすようなバラシではなかったと思ったので「近くにいてくれ」と祈りながら再びバラシたと思われる泳層でフワフワと誘い、30cmほど落とし込んでステイ!

すると再びあたり!

今度は誘い掛けを狙ってゆっくり仕掛けを上下、すると持ち上げたロッドの穂先がフッと持ち上がり、即合わせ!

間違いなくカワハギの引き!しかも今日一!!

「バレないでくれ」と祈る思いでゆっくりリーリング!

海面でドキドキの一暴れ、祈るように抜き上げ無事船上へ!

カワハギを掴んだと同時にハリが「フッ」と外れました…あっぶねぇ~(+o+)

なんとか取り込んだ23.6cm!(写真撮り忘れちゃいました(^_^;))

1cmでも大きなやつをもう1枚!

頑張りましたが18cmくらいを2枚釣り、終了となりました。

検量は仲乗りさんと私で確認しあいながら1mm単位で行いました。

トータル60cm越えが4名、その中に私が入れたのを知りホッとしましたm(__)m

 

PAP_k0340.JPG

PAP_k0341.JPG 

PAP_k0342.JPG

PAP_k0343.JPG

PAP_k0344.JPG

 

 

やっぱ右のメタルトップより左のメタルトップの方が好きだな~(^^)v

PAP_k0349.JPG 

 入舟常連の皆さん、ありがとうございましたm(__)m

前回のTKB、そして今回と、まだ2度しか訪れていない船宿さんなのに、とても和やかムードの中 楽しむ事が出来た事を感謝しますm(__)m

PAP_k0345.JPG

 

TKB51入舟予選会 参加者の皆さん、お疲れ様でしたm(__)m

台風の接近もあり一時はどうなるかと思いましたが、皆さんの協力もあり、無事終える事が出来ました!

TKB51の予選会はまだ始まったばかり!ロングラン、複数日行われる予選会にチャレンジして決勝戦で会いしましょう(^^)v 入舟さんの予選会は9月23日、10月13日です!

PAP_k0346.JPG

 

決勝戦進出の皆さん おめでとうございます\(^o^)/

今回はBIGサイズが口を使ってくれませんでしたが、決勝戦はデカイの獲って盛り上がりましょう!

宜しくお願いします!!(^^)v

PAP_k0347.JPG

 

そして、こんな1日 一番苦労するのが船長。

状況判断、タイミングの見極め、また台風の接近等々、大変な1日 お疲れ様でしたm(__)m

個人的には最後の最後、デビル船長に釣らせて頂いた1枚だと思っています(^^)v

決勝戦のシステムが分からないので何とも言えませんが、また船長の船に乗る事が出来たら、必ずBIGサイズ獲らせて頂きます!(^O^)/ とりたいな~(^^)v

宜しくお願いします!!!(^^)v

ほんとうにお疲れ様でしたm(__)m 

PAP_k0348.JPG

 

個人的にはTKB51決勝戦の切符をいただきホッとした1日でした。

予選会は最終11月17日松陽丸さん、須原屋さん、えさ政さんまで続きます!

是非 挑戦して決勝戦で超盛り沢山の豪華賞品をGETしましょう!

決勝戦でお待ちしてます(^^)v

| | コメント(0)

〈林〉カワハギミーティング→上州屋さん釣り教室

9月13日(金)は我らが宮澤さんのカワハギミーティングでした。会場はキャスティング岩槻店さん。我家から首都高に乗り、夕方のやや混み出した時間帯でしたが45分位で到着、お店の入口には意中の人の笑顔が待っているのでした。

130913_170423.jpg

カワハギミーティングが始まる前には、このブログをお読みになっている方々からお声かけいただき、皆さまのカワハギ釣りに対する熱い思いをお聞かせいただきました。

今回のミーティングでは、基本的なカワハギ釣りのお話しを中心に、後半は僕も飛び入りし、DKOのお話しなどをさせていただきました。

1003228_450417791738412_650860633_n.jpg

526537_518774054869583_153714250_n.jpg

終ってからも興奮冷めやらぬカワハギミーティングでしたが、僕は翌日の釣り教室の為に早めに帰宅の途につくことにいたしました。

 

さて、翌日14日(土)は久比里の山下丸さんにて、上州屋さんのカワハギ釣り教室です。

しかし、曇り予報を大きく外しての朝から雨・・・、18名のご参加の皆様の表情も曇りがち・・・、出船前のレクチャーの頃は小雨になるも、やはり普通に降ってきます・・・。天候が不安ながら、今回はDAIWAカワハギ新製品の実釣会を兼ね、AGS5本を始め、今年のロッドとリールを無料貸し出しさせていただき、「ニュータックルを携えてのカワハギスキルアップ講座」の意味合いが強い教室となりました。出船前のレクチャーでは、夏から秋へ向かうカワハギの動き、これから釣りをする竹岡沖の特徴、攻略するための効果的な釣り方、タックルなどを解説させていただきました。

 

ポイントは竹岡沖。水深15~20m前後の、あまり起伏のない根が点在するブレイクラインです。最初は気になっていた雨も止み、湿気の無い心地良い秋の風に皆さん一息、これから「楽しく、楽しく、真剣に!」カワハギと向かい合います!

前半は小型ながら、船中ポツポツをカワハギが上がります!

130914_084058.jpg

 

 

 

 

 

130914_085314.jpg

 130914_090003.jpg

 130914_092344.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は何度となく船中を回り、「コッパと呼ばれる小型カワハギはエサ取りが上手く、ハリスを短くし、コッパがエサを摂る挙動がより釣り手に伝わるように」、または「小粒のアサリを〆加減で使ってみては」など、今回は竿は完璧なわけですから、今船上でできる仕掛けのリメイク、エサ使いのコツなどをお話しいたしました。

そうしていると、「是非宙釣りを見せていただけませんか?」との声に、心中は冷や汗をかきながら「ハイ」と、手渡される1455AIRを握るのでした・・・。「1m底を切ってヒラウチし、その後ごくユックリと50cmほど下げて行き、変化(アタリ)がなければもう一度その場でヒラウチ、またユックリと下げて行きます」と、解説しながら、自分の宙釣りをしていきます。「もう20cm位で着底します・・、んっ、今アタリましたね~、ここで少し下げてカワハギに下を向かせ、モタレでアワセに行きます」と、このときばかりは絵に描いたように宙釣りが決まり、かなりホッとする不肖講師なのでした(汗)

 130914_135821.jpg

さて、晴れ間も見えてきて凪、朝の暗雲は何処へやら! 皆さん穂先を凝視する眼差しが痛いくらいです!!

途中2回の早掛け賞も設け、その時ばかりは特に皆さん、より真剣に釣りをしていたようにお見受けいたしましたよ(笑) 

 130914_094747.jpg

 

 

 

 130914_102635.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あらあら、一番手前のガイドにラインを通し忘れたまま釣り続けていた川崎さん、「笑いを提供していただきありがとう!」の声にこの表情(爆!)

 130914_112521.jpg

 130914_111653.jpg

 

 

 

 130914_142119.jpg

 130914_133428.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は大型も出るポイントに移動し、中型を中心に大型もちらほら顔を出し始ます! 皆さんの集中力は沖上りまで途切れることはなく、その熱心さに驚かされると共に、「今日、皆さまにとって充実した釣行になれば・・・」と思いました。

沖上り後、船は久里浜湾で一時停止。この時間を利用して1日の総括、枚数賞、大型賞の発表、ジャンケン大会です!

総括では、「カワハギは『エサ取り名人』と呼ばれていますが、それを逆手に取り、『それではエサを動かしてカワハギに食べさせないようにし、その後止めた瞬間に食いにくるカワハギのアタリに集中すること』で、自分で間合いを作り、その間合いにカワハギを招き入れ、そこで釣り人主導でカワハギにアタリを出させ掛けに行くこと」をお伝えし、「決してカワハギ釣りは難しい釣りではない」ということ、「生涯遊べる好敵手であると思う」ことと締めくくりました。

さてさて表彰式です。枚数賞は小林さんの16枚! 彼は、海に落としてしまったクイックハリハズシを、この賞で、新色でGETしていました!!

130914_151651.jpg

大型賞は29cmを釣り上げた井ノ内さん! 彼女はこの後のジャンケン大会で、その大型カワハギをさばくためのまな板もGETしたいました!!  

 130914_151719.jpg

上記のお2人は、下船後不肖講師から肩をたたかれ、「開幕したTKB、これからのDKOの運を使い果たしてしまいましたね・・・」と、言われたとか言われなかったとか・・・(笑)

 

「楽しく、楽しく、真剣な!」カワハギ実釣会も無事終了。ご参加の皆さん、今回次の釣行に繋がる何か一つでもお持ち帰りできましたでしょうか? ご参加ありがとうございました。 山下丸さん、坂本船長お世話になりました。今回この機会を与えていただきました上州屋さん、ダイワさん、ありがとうございました。

 130914_152209.jpg

 

 これからも「楽しく、楽しく、真剣に!」 港や船でお見かけした際は、是非お声かけください。 ありがとうございました。

 

| | コメント(0)

<湯>デカハギ ラッシュな剱崎カワハギでした!

9月14日 今日はお仲間内でのカワハギ仕立てに参加してきました!

神奈川県 三浦市・松輪の瀬戸丸さんへ行ってきました。

ポイントは、剱崎の浅場での大型狙いです!

タックルは、まずはメタリアM-175で開始しました!

(先ほど、テレビ東京の「ザ・フィッシング」で宮澤さんと高槻さんのカワハギ釣りが

放映されていました。皆さん、ご覧になられましたか?

放映中、高槻さんが使用していたのが、メタリアM-175です!

カワハギを掛けてからの、あのクッション性!楽しいロッドです!)

 

このメタリアM-175で大型のカワハギをGET!と行きたいところです!

DSC_1073.jpg

シンカーは、根のキツいポイントがメインとなるので、根掛りしにくい丸型を選択しました。

針は、下2本をパワーフック5号、上1本をパワースピード7.5号

共に、10センチロングハリスを10センチ~7センチくらいを

いろいろ試してみました。

10センチハリスは、「長さは短さを兼ねる」という感じで

例えば、ハリス7センチ位のところをビーズに装着すれば、簡易的に7センチハリスとなりますので

ハリスの余り分があまり気にならなければ使い方として面白いと思います。

DSC_1078.jpg

水深7メーターから開始、1投目からまずまずのカワハギに出会えました!

宙でもアタリましたが、しっかりエサを喰うのは、底といった感じでしたので、

集奇で誘って、ゼロ~ややマイナスでアタリを待つ感じで釣りました。

この時の穂先の動きには注意ですね!

ガツガツ食べてくる感じではなく、静かに食べてくる感じで

居食い状態でしたので、針が口に入ると、出にくいパワーフック5.0号が

良かった感じでした。今日の9割はこの針で釣りました。

 

さて、周りの皆さんも次々に大きいのをあげていきます!

今日は、2011年のDKOチャンプ 小泉さんも乗っていました。

小泉さんやってくれました!いきなり尺オーバーの34センチ!!

またかと思ったらウスバハギ!^^; 

DSC_1092.jpg

DSC_1096.jpg

良型マッチョなカワハギが船中あちらこちらで上がり、物凄く盛り上がりました!^^

DSC_1081.jpg

DSC_1082.jpg

DSC_1085.jpg

DSC_1083.jpg

DSC_1084.jpg

あれ!?ご愛敬^^

DSC_1106.jpg

まだまだ!!

DSC_1090.jpg

DSC_1109.jpg

DSC_1108.jpg

DSC_1110.jpg

DSC_1107.jpg

私にも32センチ!(TKBで釣れて欲しかった・・・(笑)

DSC_1098.jpg

こんな感じで皆で大きなカワハギを堪能出来た一日でした!^^

親方も皆さんの楽しそうな光景に操舵室から乗り出し、思わず笑みもこぼれる一日でした!

有難うございました!

 

DSC_1113.jpg

明日から接近する大型台風に備えて、約1時間半ほど早上がりとなりました。

でも皆さん大満足!

宿では、久しぶりに瀬戸丸さんの美味しいお蕎麦をいただき帰路につきました。

今後の剱崎カワハギに大注目ですね!

みなさん、お疲れ様でした!^^

DSC_1117.jpg

■瀬戸丸さん HPより写真をいただきました。どれもデカいですね!

sedo_20130914131429_10_large.jpgsedo_20130914131354_11_large.jpgsedo_20130914131429_12_large.jpg
| | コメント(0)

<文>マゴチだぞ~!!

12日は、マゴチ釣りでした。

??????

そんなことするの?そう聞かれそうですが?

その昔、昔が3つくらいの昔は、

かなりやったのでした!

ロッドは何が良いか考えに行って来ました。

行先は、こちらも懐かしい、

羽田の釣り船、かみや!!

http://blue.ap.teacup.com/kamiya-13/

 

 

その3つ昔は、ココの近くの蒲田に職場があって、

船に乗ったのですよ!!

今回のマゴチ用のエサは、ハゼ!

ボクはハゼエサの釣りが好きです。

どちらかと言うと、サイマキ餌の方が食い込みが速いようですが、

ハゼは中々食い込まないことも多々あって、

それが楽しいのです!

朝方ミヨシは良かったのですが、

その後は艫の潮になってしまいました。

本当に久し振りで、最初のアタリでは掛け損なってしまいました。

Dcf00005Dcf00007

潜水艦浮上!!!

2回目のアタリで、

ななななんと!60センチ!

最長は63センチを釣ったことがあるのですが、

その引きはすっかり忘れていて、ゴンゴンゴンとすごい!

締めてあったドラグも軽く出されてしまったのでした。

Dcf00003

53センチが2本とレギュラーサイズが、4本でした。

潮下の少ないアタリを逃さないように!!

それでも十分な7本でした。

常連さんは、2本竿でやられて釣果を伸ばしていましたが、

どの竿がベストか見ていたので、

1日手持ち1本竿でやりました。

Dcf00006

仕事をやっつけて!

竿を出したら57センチ!

初マゴチ釣りでこのサイズはなかなかこないよ!

なんたって!潮先で3回アタリ掛け損なって、

4回目に掛けたとか、そのかん私にはアタリが来ないよ~!

潮上では、かなりアタリがありました!

掛け損なうのも練習ですね!

Dcf00008

20センチほどのヒラメ!

これは流石に海に帰ってもらいました!

マゴチ!!

今年は釣れています!

絶好のチャンスかもしれませんよ!

各船宿に確認して、エサが何か聞いて、

さあ!支度しましょう!

ハゼ餌は、針と糸、天秤でOKです。

仕掛と言っても、チヌバリ5号にフロロ5号を結ぶだけです!

すご~く簡単でその都度船上で結わきます。

注意しないといけないのは、針先!とアワセ!

楽しんでください!!

 

 

| | コメント(0)

〈林〉アサリと取材とミーティング

カワハギシーズンスタート! そこここの船宿さんから毎日更新される釣果情報に思案することが楽しい今日この頃、好みの粒を揃えてアサリを剥き、塩漬けを作るのも楽しいものです。

130910_180159.jpg

この日は頑張って6キロ剥き、粒の大きさを分けて、活躍するまでは冷蔵庫で眠っていていただきます(笑)

130911_081625.jpg

 

さて、カワハギ釣りには沢山のエリアがありますが、江の島を望む腰越でもカワハギ釣りの乗り合い船が出だしました。そこで9月12日(木)、つり情報さんの取材で宮澤さんと一緒に腰越の池田丸さんに行ってきました。

出船前、カワハギプルーフボックス‐2000を開けると、左側にはヒラヒラスカート、ケミホタルなど、中央はタッパーを2段にし、下段には30号、上段には25号のオモリやピラピラ集奇を、隣には、ワンタッチシンカーやスナップ等が入った小物入れを。湯澤さんの記事にもありましたが、事前に家で、「ここにはこんな・・・」など、思いを馳せながら用意をするのも釣りの楽しみの一つですね!

 130912_060622.jpg

今回のタックルは1455AIRスマック、ラインは1号。出船前船長に状況をお聞きすると、かなり急峻な根があること、コッパが多いが中大型も混じることなどが主だった感があり、根掛りを避けるために、オリジナルの4個ビーズの上から3個を使い、下バリ2本はコッパ対応としてワイドフック3.5号、大型を考えパワーワイドフックの4号などの短ハリス、上1本はスピード系にしてみました。

130912_060640.jpg

 130912_063316.jpg

いざ出船。船長は江の島を北西に望むポイントから始めるようです。水深は15m前後。潮の流れは緩く、ほんの少し濁りが入っているようです。期待の第1投、オモリ着底、動きの速いコッパを想定してすぐに1m近く切り、ハンドリングの良い1455の穂持ち部分を使い、ステージ5のようにやや激しく揺らしながら、オモリをヒラウチさせながら徐々に底付近へと仕掛けを下げて行きます。オモリ着底1秒で「チッ」というコッパからのシグナルに、今度は30cm程オモリを切り、同様に激しく仕掛けを揺すりながら着底、直後のアタリに掛けに行くと、重さはないですがカワハギの引きです!

130912_140432.jpg

当日は6~7割がコッパで、混在する中大型に冷やっとさせられる展開の中、流石は隣の宮澤さん、タックルを替えながら次々とカワハギを掛けて行きます!

 130912_081311.jpg

中盤船は、七里ヶ浜沖付近に移動。ここでは、やはり急な根があり、その根付近にカジメが点在している様相で、チョイ投げして斜めになっているリーダーに触れるカジメの挙動がアタリとソックリなことがあり、掛けに行くと、仕掛けがカジメを擦る「ゴソゴソ」感に苦笑いです・・・

スマックのレッド 、決まってますね~~!!

130912_130108.jpg

 

反対隣の田淵さん、流石コッパをバシバシ掛けて行きます!艫の工藤さんには嬉しいハタのお土産が!!

 130912_122109.jpg

 130912_132850.jpg

 971974_518004564946532_140148725_n.jpg

終盤はまた江の島付近に戻り、コッパ~大型を釣ることができた取材は無事終了、船長お疲れさまでした。

 130912_143010.jpg

この取材の内容は、10月1日発売のつり情報誌に掲載される予定です。

 

さて、当日はこの後都内某所にてブロガーミーティングです! あべなぎささんも参加され、華やかなことこの上なしでした!! 写真は、真剣なミーティング後ですからね~(苦笑)

 1237739_518130801600575_218147092_n.jpg

宮澤さん始めDAIWAスタッフの方々、皆さまお疲れさまでした!

 130912_222005.jpg

 

次回お会いするのはきっと船上ですね。今から楽しみでなりません・・・・

 

【カワハギミーティング】

本日(9月13日)、キャスティング岩槻店さんにて、宮澤さんのカワハギミーティング開催です! ミーティングは19時からです。皆様のご参加をお待ちしております。

 

| | コメント(0)

<堀>金谷でメンタルずたボロ釣行

 9月8日 金谷 光進丸へ行ってきました。

 

 前回は体調不良で、トイレを行ったり来たり、折角の金谷釣行で勿体無い1日を過ごしてしまいました。

今回は体調万全!

さぁ~どうやって金谷ワッペンを攻略してやろうか!

気合いを入れて船へ乗り込みました。

 

PAP_k0317.JPG

 

PAP_k0318.JPG

 

ママさん、渚ちゃんのお見送り♪

行ってきま~す(^O^)/ 

PAP_k0319.JPG

 

 スタートはもちろん!金谷カワハギ名物、港前のワッペンゲームからスタート!

前回はかなり小型のカワハギは存在しているようでしたが、釣れてくるのは中型(22~24cm)のカワハギがほとんどでした。

しかし今回は居ます!

PAP_k0320.JPG

 11cm

PAP_k0321.JPG 

11.5cm 

PAP_k0322.JPG

 

 10.5cm

PAP_k0323.JPG

 

順調に数は伸ばしていたのですが、何とも掴みどころが見つかりません…

「釣った」 というか 「釣れた」 といった方が正解のカワハギがほとんどでした。

釣ったと言えるカワハギは3枚居たかな?

途中色々やりすぎて何だか分からなくなってしまいました(T_T)

結局 最後まで何も掴めず…31枚  トップ33枚お二人。

動かすと喰ってこない、止めるとツルテンの状況の中で、

ハリの形状やハリスの長さ、太さの正解探し。

誘いのスピード、喰わせの間の調整。

エサ付けの方法

集奇を付けたり、シンカーに変えたり。

船下で釣ったり、沖を探ったり。

ロッドはAGS-FメタリアMH-175レッドチューンボトムAGSーFレンジマスター

どの方法、交換にもそれなりに考えがあり、試すと1枚 2枚は釣れるのですが、後がまったく続かない(T_T)

試す事がすべて裏目、という訳でもないのですが、今回はとにかく色々迷いすぎました。

中、大型の喰いは緩慢、ワッペンもバリバリは喰ってこず、おそらく8cmを切る様な、意識して掛けるのは非常に難しい超小型も存在するのでしょう。

次回はもっとシンプルに考えて釣りたいと思います。

 

このくらいのサイズは物凄く巧みにエサを盗みます! ナイスゲットです!(^O^)/

PAP_k0324.JPG

 

 間合いが合えばダブルも!お見事です!(^O^)/

PAP_k0325.JPG

 

 もちろん良型も確実に存在します!GOODサイズ!(^O^)/

PAP_k0326.JPG

 

 高性能タックルちゃん、上手に使えなくてゴメンナサイm(__)m

PAP_k0327.JPG

 

 リズムを変えようと沖にキャスト!

着底と同時に掛かってきたのは!

ベラ!ベラ!ベラ! なぜかサイズも揃ってます(^_^;)

PAP_k0328.JPG

 

 精一杯の笑顔です(^_^;)v 27cm!!

p9084871.jpg

 

おわりm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

<文>佐島は楽しいな~!!!

佐島、つね丸より

カワハギ釣りの、つり丸取材!

潮の変わり、

天気、

風、

底の状況!

これらの変化で、

宙あり、底あり、変化に対応しければならない。

楽しい取材となりたかったが、

「いしくん」に危うく1ダースの差を付けられるところでした。

何とか11枚差で完敗でしょうか?

これも潮の流れが関係していました。

32対43でした。

Dcf00005Dcf00002
 

Dcf00003

大型ではないですか?!

ボクもそんなサイズを多点掛けを狙ったら、

トリプル!!!!
 

 

Dcf00004

トラギスさんご苦労様!!

 

 


 

| | コメント(0)

<萱>TKB51 ミナミ丸 予選

9月8日、TKB51 予選 南六郷ミナミ丸さんに行ってきました。
釣友の増澤さんと5時前に横須賀を出て、並木料金所を過ぎたところで、東京五輪決定を聞き、二人で「やったね!良かった!」今日は、良いことがありそうな予感と話しながら宿に向かいました。

到着すると、何人かの方が到着しており、知り合い方も多くいました。
宿にご挨拶をして、いよいよ釣り座の抽選です。じゃ~ん 前から5番、後ろから5番のど真ん中5番です。相変わらずの引きに笑えます。おまけにチョイ置き船べりトレイMを忘れてしまい不吉な予感です。2013.9.8_006_R.JPG

船長からのご挨拶の後、ワタシからレギュレーションの説明をさせて頂きました。
2013090807310000_R.jpg

使用タックル
竿:極鋭カワハギAGS MH-175F リール:スマックRT 100SH-L 
ライン:UVFハイパーメガセンサー1号
7時半に出船。1時間ちょっとでポイントの大貫沖に到着。水深15m前後を流しました。
活性はあまり良くなく、上がるサイズも小型が多かったです。コッパなのに魚が遅く、早い誘いには、ついてこないで、エサが残る。止めると少しずつ啄む感じでツルテンにされました。ピラピラ集器も試しましたがあまり反応は良くなく、振っていて飲んだのは、1枚のみでした。SSパワースピード7.5の10㎝ハリスで飲み込ませる作戦でしたが、なかなか吸い込んでくれないので、SSパワーフック5.0の7㎝を使い叩き弛ませで掛けにいくとポツポツ取れるようになりました。もう少し針サイズを小さくしノーマルフックにすればもう少し取れたかもしれませんが、あくまでも型勝負なので、変更はしませんでした。

そんな中みなさん、良型カワハギをゲットしていました。すばらしい!2013.9.8_008_R.JPG

2013.9.8_009_R.JPG

2013.9.8_014_R.JPG

2013.9.8_015_R.JPG

大貫沖は、フグも多いですね。良型アカメ!2013.9.8_011_R.JPG

渋い中のダブルお見事でした!2013.9.8_010_R.JPG2013.9.8_013_R.JPG2013.9.8_012_R.JPGお昼を過ぎた頃に、大きく竹岡沖に移動。移動の最中に左舷の状況を見に行くとみなさんけっこう良型をもっていて、びっくりです。ちょっと黄昏かやごん登場(笑)
竹岡沖に到着すると潮がいい感じに流れていて、すぐにお隣の方が28.5を上げ、船上が盛り上がります。
2013.9.8_016_R.JPG

ワタシもステージ2~3で少し誘いゼロテンで間を作り、モタレあたりで、掛けると良型がヒット!上がってくると23cm位のまずまずのサイズ。
すぐにまた良型がヒットするが、水面で反転されバラシ・・・正直凹みましたが、気持ちを切り替えるのと、しっかり吸い込ませようとSSパワースピード7.5の7㎝に変更しました。

すこし時間がたち、するとモタレアタリ!合わせ!海底をはがす感触・・・きたデカイ!いつもなら気持ちいいなどと言いながら、周りに笑顔を振りまくのですが、(あっ、いつもキモかったらごめんなさい)超真剣モード(笑) 慎重にやり取りをして、上がったのは29㎝の大型でした。
残り時間わずか、後一枚欲しいところです。しかし、なかなかアタリません。あと10分で上がりますのアナウンスが入ります。5分たったくらいでお隣の方が、良型を上げました。絶対に居るとAGSの穂先に集中!すると、モタレ!少し聞くと!ゴンゴン、キター!上がったのは、23cmくらいの良型でした。上がったところでタイムアップ。最後まで諦めないでよかったです。

多摩川に入ったところで、ワタシと仲乗りさんと常連さんで検量をしました。

港に着いて、結果発表! 19名参加なので6名が決勝進出です。
1 萱沼     75㎝  (29 23.5 22.5)
2 増澤さん  73㎝  (25 24.5 23.5)
3 松岡さん  68.5㎝ (24 24 20.5)
4 塩見さん  68㎝  (24.5 23 20.5)
5 岸さん    67.5㎝ (23.5 22.5 21.5)
6 青木さん  65.5㎝ (28.5 22 15)2013.9.8_002.jpg

決勝進出のみなさんおめでとうございます!

一緒に行った増澤さんとワンツーフィニッシュでき、朝言っていた良いことがあるかもが実現して良かったです。2013090816300000_R.jpgまだ始まったばかり!予選会はたくさんあるので、決勝に行くチャンス大です! TKB今年も熱いです!

船長、今日は、丁寧な操船で頑張って頂きありがとうございました。
参加のみなさん、ミナミ丸スタッフのみなさんお疲れさまでした。

去年のTKBのえさ政さんで、ご一緒した大熊さんがお出迎えしてくれて、素敵なプレゼントを頂きました。ご趣味で作られているそうですが凄い完成度です!CA3J0030_R.JPGありがとうございました。
 

| | コメント(0)

<湯>TKB51 予選大会始まりました!

9月7日 TKB51(東京湾カワハギバトル) 予選会に行ってきました!

船宿は、東京都東大井の、いわた釣り船店さんからでした。

本日、実質初日の予選会で、総勢21人満員での開催でした!

お知り合いの方々もあちらこちらに^^

IMG_20130907_151021.jpg

このTKB予選会は、参加人数の30%の上位の方が決勝大会へのチケットを

受け取る事が出来ます。

本日は、21名参加*30%(端数四捨五入)=上位6名が決勝へと進出です。

その日に釣りあげたカワハギの大きいサイズ3枚の合計長さで競います。

勿論、3枚揃わなくても検量対象となります。

 

座席はクジ引きで決められました。私の引いたクジは右舷トモ2。

お隣のトモ3には、釣友の斉木さんとなりました!

今日のタックルはこちらの2本!

DSC_0995.jpg

極鋭カワハギAGS 175FメタリアM-175

メタリアM-175には、2013NEWスマック カスタマイズキャンペーンバージョンの

ブルーカラーチューンを施したリールです。

メタリアにお似合いですよね!?

今シーズン、2011~2013のスマックに格安でカラーチューニングを楽しめる企画が

ありますので、こちらもお楽しみいただけたらと思います!
 

さて、ポイントは大貫沖~竹岡沖に掛けて、比較的水深の浅いポイントをメインに

行いました。

前半潮が動かず、メゴチの猛攻に苦戦を強いられる船中でしたが、

右左舷、各胴の間で良型が上がりました!

カワハギからのシグナル遠い状況でしたが、皆さん真剣にカワハギと

向かい合っている船中でした!

DSC_1005.jpg

お隣の斉木さんは、極鋭カワハギAIRスピニング 170に持ち替え、より広範囲を

狙う作戦に打って出ました。

DSC_1010.jpg

ロングキャスト→リフト&フォール→シンカーを細かく弾き、

見事、キッカーフィッシュの26センチをGET!

DSC_1012.jpg

ほんの気持ちドラグを緩めていたのが功を奏したのか、

浅い掛りでしたが、バラさずにGETでした!

今日のように水深12メーター程度ですと、かなり広範囲に探れるので

スピニング・カワハギも非常に面白そうでした!

 

当の私はというと、掛けてもワッペン、掛けてもワッペン。。。

中々良型が来てくれません。

総体的には仕掛けを動かし過ぎてしまったと反省しています。

数を釣るのも難しいですが、大きいのを釣るのも難しいですね・・・

最後まで、頑張りましたが、私の釣果は、

20センチ+20センチ+16.5センチ=56.5センチで入賞圏外となりました;;

残念でしたが、まだまだ予選会はありますので、次回また頑張ってこようと思います!

お見事、上位6名様!おめでとうございました!

DSC_1014.jpg

DSC_1015.jpg

DSC_1016.jpg

DSC_1017.jpg

DSC_1018.jpg

DSC_1019.jpg

(注:写真の順番と着順は無関係です)

 

まだまだ始まったばかりのTKB東京湾カワハギバトル予選!

数を沢山釣る楽しさもありますが、一発逆転デカイのを仕留める

楽しさ、緊張感!

何とも言えない面白さが、このTKBにはあります!

是非、皆さまもご参加いただき、楽しんでみてください!^^

船長、今日は丸一日頑張っていただき有難うございました。お世話になりました!

ご参加の皆さまもお疲れ様でした!

また予選会でお会いしましょう!(笑)(少し泣)

DSC_1021.jpg

 

 

| | コメント(0)

<文>サンスイ&ダイワ、実釣会&講習会

本日、「7日」は、サンスイ&ダイワ実釣会でした。

単に竿を使ってもらうと言うのが実釣ではあるが、

折角お集まり願ったので、カワハギ釣りの講習会を含めての

実釣会で、私自身は釣り道具を持ち込んで釣りをするスタイルではなく、

教室と同じように、それぞれの方の釣り方を見せて頂き、

その中から、アドバイスをしていく感じにしました。

自分の釣り方を押し付けても、身には付かないからです。

10人いれば10種類の釣り方があります。

その釣り方は??そう思っても次の瞬間に釣れてしまう事もありますからね。

自然相手では絶対はないのですから、

今現在の釣り方を尊重したアドバイスをさせて頂きました。

お客様の中には、この釣り方を勉強したいという方もいらっしゃいます。

それには、お答えしていきました。

Dcf00001船長!!

真っ黒で、後ろも前も分からなくなりますよ!!

今日は、ありがとうございました。

予想以上の釣果でした。

濁り、雨水、いいところが無いと感じたのですが、

実釣会としては、ナイス釣果だと思います。

トップが、19枚、18枚と続きました。
 

Dcf00002Dcf00004Dcf00005

Dcf00007早掛け賞は、

今日のカワハギを料理するために「まないた」です。

入れて速攻で掛りました!

Dcf00006_2Dcf00014_2Dcf00008


 

Dcf00011_2Dcf00013_2ワッペンは速攻でエサを喰ってしまいます。

十分気を付けましょう
 

Dcf00015_2Dcf00010Dcf00009

本日も全員の写真が???

また機会がありましたら!!

本日の最高齢の方は、79歳だとか?

しっかり1日釣りをされていたのは、

見習いたいものです。

流石でした!

今回は、

久比里、みのすけ丸の仕立てでした。

竹岡の、「コ」の字型の漁礁での釣りでした。

下側が空洞タイプと言えばよいのでしょうか?

知らない人は単なる根に感じる事でしょうが、

上が平らで、この上ではあまり釣れません、

漁礁と漁礁の間の谷間がポイントになります。

そこを探した人の勝ち?

本来根の中は下に落とさないようにしますが、

このポイントは金谷方面から、大貫方面に入っている

漁礁で、水深により何段階か入っているところです。

ココの釣り方はチョット癖がありますが、

みなさん、一日頑張って頂きました。

楽しんでいただけたら幸いです。

機会がありましたら、また、お会いしましょう!!

お疲れ様でした。
 

 


 

| | コメント(0)

〈林〉湾奥よりカワハギへ!

9月の声を聞くと、湾奥出船のカワハギ船も出だします。9月6日(土)、1日より出船している浦安の吉久さんに釣友の佐藤くんと行ってきました。宿に入ると、親方船長が座る受付の脇にはTKBの大きなポスターが貼ってありました。TKBは僕も吉久さんからエントリーしています!

130906_053758.jpg

吉久さんは今シーズン3日目のカワハギ乗り合い船となりますが、天候その他の影響で、実質当日が初日の様相で、出船前、舵を取る峰岸船長とポイントの打ち合わせをしばし、夜明け前、真夏より低くなってきた気温とは裏腹に期待は高まってきます。

今回のタックルはメインに1455AIR、リールは今年のスマック、カラーを「ムーブ」にし1455とベストマッチです! カッコイイでしょ~~!

130906_081017.jpg

 

 今回佐藤くんは剥き身を持参。小粒で使い良さそうです! 

130906_061938.jpgのサムネール画像

ポイントは航程1時間半ほどの大貫沖です。ここは、湾フグの大場所ですが、夏の間沿岸、堤防などについていたカワハギが水温の低下と共に深場に落ちる祭、途中のフグのポイントである数々の根に寄りながら落ちて行くようで、僕が初めて32cmの尺ハギを釣ったのも、9月の湾フグ釣りで同じポイントでした。さて釣り開始!序盤は水深のごく浅い粒根のポイントを攻めて行きます。

チョイ投げしてオモリ着底。すぐにオモリを50cmほど切り、ヒラウチ+カーブホールでカワハギにアピール! オモリが再度着底したら、平たい根を感じながらオモリトントン、この時仕掛け上部に取り付けたワンタッチシンカーもイレギュラーに揺れているイメージで、エサを食いに来ているカワハギを焦らします。食う間を与えるためにステイ、ゼロテンションのスーパーメタルトップが早く、そして重く2mmほど目感度入り込んだところで即アワセ! 上がってきたのはコッパでしたが、開始1分で1枚のカワハギGETです!! 2投目も同様な攻め方で釣り上げ、「今日はもしかして爆っちゃうかも・・・!?」と、内心ほくそ笑んだところでアタリがストップ(よくあることです・苦笑)、厳しい時間が過ぎて行くのでした・・・

130906_122404.jpg

船の移動直後、船中のどこかでカワハギが上がるものの、高活性のベラやトラギスとは相反して、カワハギのアタリは遠いままです・・・、船長意を決して沖目のやや深いポイントに移動しますが、ここでもあまり状況は変わらず、また浅場に戻ってジックリと攻めて行きます。

 130906_101116.jpg

 お昼で潮がわりですが風向きもかわってしまい、佐藤くんも苦戦しながら釣り上げています。

終盤の浅場ではベラの猛攻を交わしながら、潮があまり流れず、居食いするカワハギのアタリを0.5mmのスーパーメタルトップ登載のAGS175-Fに持ち替え、小さなアタリもより大きく目感度で、手感度でさえも掛けに行ける超感度をフルに生かし、1枚、また1枚と獲って行きました。

 LINEcamera_share_2013-09-07-09-59-43.jpgのサムネール画像

まだ群れが固まっていなく、高水温で外道も活発でしたが、外道達を交わしに交わし、「これは」と思うアタリを掛けに行くと竿はご機嫌な曲りを見せてくれます! ついつい逸ってリールを巻いてしまい、水面直下で反転するカワハギにヒヤヒヤさせられ・・・ 

カワハギ釣り、また行かなくちゃ!!

 

9月6日発売の関東版釣場速報誌。今回の「林 良一のカワハギ道」のテーマは、「適切なリールとライン」です。是非お読みいただけたらと思います。

 130907_093206.jpgのサムネール画像

 

 

 

| | コメント(0)

<文>この天気に船に乗るかぁ~?

朝起きて、行ってしまった。

木更津を過ぎたあたりで、

前が見えないような土砂降り!!!

港に付いたら、

Dcf00003
 

真っ暗な空に晴れ間があって、

虹がかかっていました!!

船宿に着いたら、

知った顔ばかりでした。

流石にこんな日にくる人たちでした。

 

10時頃まで、雨が!

背中を向けていても痛いような!!!

上げ潮がぶっ飛び!

ミナミの風はそよそよ!!

どっちみち真ん中の席でしたから!

ポツポツ拾って、

後半の潮がゆるんだら、

バリ食い!

宙宙宙で喰っていました。

Dcf00002
 

Dcf00001
 

あっちもこっちも、バリバリ喰っていた時間、

誰だ~!!!!

この釣り人は?

紳士で有名な金谷の船長らしい?

そうだった!この時間バリ食い!!

もしかしたらバリ喰われ?

そうだそうだ金谷の、

光進丸に行ったのでした。

http://koushin.blogzine.jp/

 この素晴らしい天気の中、

みなさまお疲れ様でした。

本気モードには、まだまだ遠いな~?!

バリ食いの時間昼食だったし、

代わりに釣りしている人がいたし!!

時間までできただけでOKですよね!!!

| | コメント(0)

<堀>2013金谷 光進丸 カワハギ開幕!

 私の第2のホームグラウンド、金谷 光進丸

2013年の開幕戦に行って来ました!

8月31日開幕予定でしたが、強風によるウネリがかなりあり、これでは折角のカワハギ開幕が楽しめないと、波が収まった9月2日、改めてスタートとなりました。

前情報ではワッペンサイズもかなり出てきているとの事!

今シーズンこそ港前のワッペンゲームで五分の戦いが出来ればとスタートしました!

スタートタックルは極鋭カワハギAGS-FスマックRT100SH! 

PAP_k0303.JPG

 

スタートはもちろん港前!水深15m。

ワッペンサイズのチクチクというアタリを期待しましたが、2013初ハギは23cmのGOODサイズ!

前回動画撮影の際 訪れた時は、ヒレがボロボロのカワハギもかなり居たのですが、今回のカワハギはベッピンさん、男前がほとんどでした。

PAP_k0304.JPG

 

 お隣の女性アングラーもお見事ゲットです(^O^)/

PAP_k0307.JPG

 

今回 同行してくれた坂本さんは良型ゲット~!! 

PAP_k0309.JPG

 

アタリが無いな~、なんて油断していたら、お隣さんはダブル~\(◎o◎)/

この方は速潮の中、ショートハリスのハゲ鈎でワッペンサイズを上手く掛けてたな~(@_@;)

 

こちらの方は、前半苦戦しているようでしたが 残り1時間、振り向くとGOODサイズを掛けていました!7連チャン?8連チャン?

沖揚がり間際のワッペンダブルはお見事でした!降参です(T_T)

PAP_k0310.JPG

 

金谷カワハギ釣りでは色々アドバイスを頂いている村井さん!

前半は苦戦していた様ですが、残り1時間、港前でワッペン10連チャン!

42枚を釣り、船2着!お見事でした!

今回教えて頂いた事をヒントに色々やってみます!

ありがとうございました(^^)v

PAP_k0308.JPG

 

 本日トップのKさん、右大艫で丁寧な宙層の釣り、45枚の釣果はお見事でした!m(__)m

今回は極鋭カワハギAGSーAだったかな!? 違いますね 腕をもっと磨きます(^_^;)

PAP_k0311.JPG

 

私は前半戦 潮の速い中、今シーズン発売になったスピード7号SS10cmハリスが良い仕事をしてくれ順調にスタート!

中盤、タックルをメタリアカワハギMH-175NEWザイオンスマック100SHにチェンジ!

PAP_k0313.JPG

 

潮が少し緩み宙層で反応が出始めた際は、3本バリの一番上にセットしたワイドフック3.5号SSがオートマチックにワッペンを掛けてくれました(^^)v 

PAP_k0305.JPG

 

まだまだ海の中は夏の様相なのか?外道も多く混ざります。

そんな時に重宝するのがクイックハリハズシ!

私も以前使っていたのですが、2個 海中に落としてしまい、それからは他社の物を使っていました。

また発売当初のものは簡単に魚が外れてくれないという印象がありました。

しか~し!

今回 カラーバリエーションも新たに発売されたクイックハリハズシ

フック部分が改良されたのか?も~気持ちイイほどサクサク外れてくれます!

棘のある魚、毒のある魚を外す際、とても安心です!

また、これだけスパッと外してくれると、競技の釣りの際も 無駄な時間を短縮してくれます!

是非!是非!使ってみて下さい(^^)v

 落下防止に尻手ロープ(ST1200-RS)付けました(^_^;)

PAP_k0314.JPG

 

そんなこんな、ブログ用の画像撮影や同行した坂本さんへのアドバイスと、気持ちに少し余裕を持ちながら、久しぶりの金谷カワハギ釣りを楽しんでいたのですが…

乗船前に飲んだ牛乳500mlが10時頃から効いてきてしまい、トイレを行ったり来たり…

後半はしんどかった~(>_<) どうやら夏風邪による腹痛だったみたい(^_^;)

結果33枚で終了となりました。

 

待ちに待った金谷カワハギ開幕!

今回は潮流速く苦戦しました、それでもトップ45枚!

改めて金谷沖のポテンシャルを感じました!

今シーズンに入って益々カワハギ熱の上昇を感じます!

カワハギアングラーの増加、特に女性アングラーが増えた事を感じます!

手軽だけど熱くさせてくれるカワハギ釣り!

裕治船長!今シーズンもヨロシクです 

PAP_k0315.JPG

スマホ水没注意(^^)v

| | コメント(0)

<萱>2013TKB51開幕!

いよいよ2013カワハギバトルin東京湾 予選が開幕ですね!
2013.9.3_001.jpg

ワタシも今週末、9月8日(日)南六郷ミナミ丸さんから参戦します。

ダイワニュータックルデカハギを仕留めたいと思います!2013.9.3_003.JPG

参加のみなさん、よろしくお願いいたします!盛り上がっていきましょう!

 

| | コメント(0)

<宮>先週のみや

金曜日夜は!
 
今季一回目のカワハギミーティング!

渋谷の上州屋さんです。

たくさんのみなさまにお集まりいただきありがとうございました。

過去最高の人数だったでしょうか。

また今回もりょうさん、ブンさんもありがとうございました!

そしてうめちゃん!

『極鋭カワハギ友の会(非)公認キャップ&ジャンパー』!?

c229d5d8.jpg29206d91.jpg86f39a54.jpg

そして恒例の懇親会もなんと膨らんで21名に!


こちらもお集まりいただきありがとうございました!


次のカワハギミーティングは!

初開催!
9月13日(金)キャスティング岩槻店さん!

翌日9月14日(土)はキャスティング市原店さん!

翌週9月20日(金)はキャスティング磯子さんです!

詳細はまた別途ご案内いたします!
 
 
 
日曜日は!
萬栄釣りキチ倶楽部さんのカワハギカップへ!

第一回目からめちゃくちゃな盛り上がり!

台風で開催も危ぶまれましたが天候、釣果もまずまずでほんとうに楽しく、真剣にみんなで盛り上がった気持ちいい大会でした。
運営スタッフのみなさまありがとうございました!

しかし小泉さんは強いね。

個人的には微妙な成績ですがステキな商品ゲット!

ありがとうございました!

a4550ab8.jpg2c8cc2cf.jpgceee795d.jpg

勝山から羽田空港まで送っていただき、京急で品川経由名古屋へ!

名古屋の夏の食事といったら『ひつまぶし』ですね!

ちょっと有名店へ
aaeb5a3e.jpg5e60a982.jpge1623f50.jpg
4分割して

1うな丼として普通に食べて

2刻みのネギとのりで食べて

3茶漬けで食べて

4残りは好きなパターンで食べる


師崎に移動して月曜日もカワハギ釣り!
 
 
月曜日は!
 
約10年ぶりの知多半島松新丸さんでカワハギ釣り!

ザ・フィッシングカワハギロケ、思い通りの釣りができ、もちろんバッチリ釣れました!
ピラピラの釣りあり、スピニングの釣りあり、宙の釣りあり!
カワハギ釣りの楽しさが伝わる大変面白い番組に仕上がると思います!

放映は9月14日(土)

17時30分~

テレビ東京12CHです!
 



 
| | コメント(0)

<文> サンスイさんカワハギ実釣会

 

 




 



緊急募集!! ダイワ カワハギ新製品体験釣行会

日 時: 2013年9月7日(土) 

場 所: 横須賀 久比里

参加費: 10000円(エサ・保険代含む)※参加費が変更になりました。

定 員: 20名

なんと釣行会に永田名人が同船!!
超人の技を体感ください!!!

更に更に!
今秋発売の新製品の貸出も致します!

今後のカワハギ釣りのご参考に!!


ご参加お待ちしております!!

ご参加・お問い合わせはこちらまで
サンスイ 船釣り館
℡03-3400-1424

担当は、菅原「すがわら」さんです。

 
 

当日は、製品のご質問も、

お客様の釣り方のアドバイスや、

こんな釣りがしたいと言うお手伝い、

色々な質問も、

お話をする時間を作りたいと思います。

 

| | コメント(0)

〈林〉DAIWAカワハギ新製品・試釣ツアーのご案内

上州屋さん主催のカワハギ新製品実釣会を、9月14日(土・予備日翌日)、神奈川県の久比里・山下丸さんにて開催いたします。

お手持ちの現行モデルと、今年のモデルのカワハギロッドを使い比べていただくまたとないチャンスです!今年もTKBを始め、カワハギ大会が各所でスタート、そしてカワハギトップシーズン間近です!

講師は僕が務めさせていただきます。ご参加いただいたカワハギ釣りビギナーの方には揺るぎない基礎を、経験豊かな方には「おっ、こんなやり方もあったのか!」など、今後のカワハギ釣りに役立つものを是非お持ち帰りいただきたく思っております。

参加ご希望の方は、上州屋渋谷店さんのHP内の新製品試釣ツアーのご案内をクリックしていただければと思います。

tpc159535-1.jpg

楽しく、楽しく、真剣に! 皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。