船最前線ブログ

2012年12月アーカイブ

<堀>忘年カワハギ2012

 恒例となっている忘年カワハギ釣り会に松輪 江奈港に行って来ました。

今回は38名!クジ引きで棒面丸さん、成銀丸さんに分かれ出船!

1日弱い雨に降られてしまいましたが、風も弱く海上は凪、この時期にしては比較的暖かかった?

防寒対策は万全でしたので私は快適でした(^^)v

剣崎沖カワハギさんの御機嫌は少しよろしくありませんでしたが、1日お隣の長谷川さんとおしゃべりしながら楽しい釣り会でした(私は21枚、結構面白かった(^^)v)

長谷川さん良型多かったな~!私の方が潮先なんだけど…(^_^;)

 

PAP_k0179.JPG

良型カサゴもGET!!

PAP_k0180.JPG

工藤さん渋い中でダブル~!!

PAP_k0178.JPG

前田さんも~!!

PAP_k0177.JPG

チャンプ林さんは極静の釣り!渋ッ(^^)v

PAP_k0181.JPG

あっちの船はにぎやかだったな~(^_^;)カワハギはこっちの方が釣れてたんだけど(^_^)v

PAP_k0182.JPG

棒面丸さん、成銀丸さん、ありがとうございました!来年も宜しくお願い致しますm(__)m

幹事の宮澤さんお疲れ様でしたm(__)m

PAP_k0183.JPGPAP_k0184.JPGPAP_k0185.JPGPAP_k0186.JPGPAP_k0187.JPGPAP_k0188.JPG

今回参加の皆さん、お疲れ様でした。

来年もまたこの場所でお会いしましょう(^_^)v

良いお年をお迎え下さい(^O^)/

 

 

 

| | コメント(0)

<萱>忘年カワハギ釣り会

12月30日、チームダイワハギ倶楽部 恒例の忘年カワハギ釣り会に参加してきました。
6時にエナビレッジに集合。2012.12.30_3_R.JPG

生憎の天候でしたが、港は盛況でした。38名の参加者が抽選で棒面丸さんと成銀丸さんに乗船です。
ワタシの引いた席は、棒面丸右トモ1番 今年最後にきて、くじ運がいい(笑)

使用タックル
竿:極鋭カワハギAGS リール:スマックRT100SHL 道糸:ハイパーメガセンサーX6 1号 集寄自作2号弱 針:SSパワースピード7.5 7センチ

 
棒面丸メンバー2012.12.30_19.JPG

出船の時間となり、成銀丸が先に出船し棒面丸も続き剣崎沖を目指します。2012.12.30_4_R.JPG

2012.12.30_17_R.JPG2012.12.30_5_R.JPG

ポイント到着、水深25mからスタート。先週、宙の反応が良かったので、先ずは、2mから誘い下げで様子をみますが、アタリません。2投探りましたが、当たらないので、ステージ3~2で中オモリを揺すって聞き上げ、これもダメ、次にいつもの叩き弛ませをすると2連荘。

しかし、流しかえると、叩き弛ませでは、当たらないので、再び、2mから誘い下げていくと、底から30cmくらいで「チッ」というアタリがあり、ユラユラさそうとオートマチックに掛かりました。このパターンで連釣はないものの30分くらいで5枚追加。これは幸先よいと思いましたがその後は・・・宙でまったく当たらなくなり、底でポツポツといった感じでした。


みなさんも良型を釣っていました。今年9月から始められてメキメキ上達中!2012.12.30_8_R.JPG仲良くダブルヒット!2012.12.30_10_R.JPG2012.12.30_15_R.JPG2012.12.30_16_R.JPG永田さん 選んでデカいのを釣ってましたね。TKBなら優勝(笑) 後ろに誰か?

2012.12.30_13_R.JPG浅居さん 体調不良になってしまって残念でしたが、しっかり良型釣ってました。2012.12.30_14_R.JPG工藤さんが掛けたカワハギは10cm以下! ダブルもやっていました。お見事!
2012.12.30_11_R.JPG

2012.12.30_9_R.JPG

途中、一義丸に乗船のメンタルトレーナーTちゃんと名手Jさんとご挨拶。2012.12.30_7_R.JPG

9時26分にツ抜け。そのころから、潮が効き始めたのか、ミヨシ側の方の竿が頻繁に曲がるようになり、すぐに追い抜かれてしましました(汗)中でも抜けていたのが右ミヨシ1番にいた鹿子嶋先生です。11時の時点で17枚トップ。ワタシは、12枚と大きく離されてしまいました。しかし、ここからいつもあまり遣らないパターンが嵌りました。根がきつかったので、丁寧に根歩きさせながら、中オモリを少し揺らす程度で、動かし過ぎないように誘い、ゼロテンで食わせの間をしっかりとって、少し聞いた時の竿先にでるオモリの重さのテンションとは違うモタレで掛けるパターンが良かったです。このアタリAGSだとわかりやすかったです。13時を回った頃に20枚で鹿子嶋先生に追いつきました。
潮が変わり、ワタシが潮先です。でも、全くアタリません。おかしいと思い2mから宙を探っていくと1mでアタリ!オモリが落ちていかないほどヤル気で、ここから4連荘。5連荘かと思ったら、サクラダイが釣れてその後は、宙で当たらなくなりました。
14時の終了間際に1枚追加して25枚で竿納となりました。
帰港してからエナビレッジで閉会式を行いみなさんの持ち寄ったプレゼント交換会をしました。

ワタシの頂いたのは、フリース地のハイネックとジップアップでした。
ありがとうございます!2012.12.30_20_R.JPG

なかには、写真を載せられないような物も・・・盛り上がりました(笑)

参加のみなさん 成銀丸さん、棒面丸さん 幹事宮澤さん疲れさまでした。

楽しい竿納めとなりました。ありがとうございました!2012.12.30_18.JPG


船ブログをいつもご覧頂きありがとうございます。
来年も頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。
萱沼
 

| | コメント(0)

<湯>2012忘年カワハギ釣り会!

12月30日 今年最後のカワハギ釣りは松輪江奈港より

チームダイワ・ハギ倶楽部 忘年カワハギ釣り会でした!

38名のメンバーが集まり、棒面丸さん、成銀丸さんへそれぞれ乗船しました~

2012123022290001.jpg

今日は、夜半はら早くも雨に降られ、昼前から南風に変わる予報で

午前中一杯出来れば良いかなぁ・・・という感じでした。

座席はクジ引きで決まり、私は成銀丸さん右舷ミヨシ4番。

お隣ミヨシ側に、家元っちゃん トモ側に、五力さん 共に名手の方々です!

ポイントは剱崎沖を狙います。北の風さほど強くなく、海は穏やかでした~

開始早々船中一発目にヒットしたのは、みやちゃんママ!!

2012123007410000.jpg

もうこの1枚を見たら、皆さん戦闘開始モードでした!(笑)

さすが剱崎沖、型が良く引きが強烈です!とにかく楽しい~!

2012123022280003.jpg2012123022280002.jpg2012123022280000.jpg2012123022280001.jpg2012123022270000.jpg

大潮周りの剱崎沖にしては、おとなしい潮で、下げ止まり以降は潮動かず

喰い渋りましたが、それはそれで皆さん1枚のカワハギを求め真剣に楽しんでいます!

2012123022270001.jpg2012123022270002.jpg

終日雨に降られましたが、予報に反し南の風が全く吹きませんでした~!

というわけで、最後まで剱崎沖のカワハギを楽しむ事が出来ました^^

寒い一日でしたが、皆さんカワハギ釣りを楽しむエキスパートです。

終始和気あいあいの船上で、あまり寒さは感じませんでした^^

e32db891.jpg2012123022240000.jpg

沖上がり後、江奈ビレッジで閉会式~

今日は宮澤さんのはからいで、それぞれ千円程度の気持ちを込めてのプレゼントを持ち寄り、

メンバー皆で分けました。こちらの交換会も盛り上がりましたね^^

ここでは、あまり書けないような物も持ち込まれていましたね(爆)

 2012123022260000.jpg2012123022250000.jpg

閉会後、来年へ向けて皆さんとご挨拶して帰路に着きました。

今年2012年は、DKO観戦ツアーや、TKB43など新しいイベントも加わり

それぞれに参加させていただき、また新たなカワハギ新時代、変換期を肌で実感させていただいた年でした。

また来年も楽しみです!

また、ダイワ・カワハギ最前線 船ブログをいつもご覧いただき有難うございます。

宮澤さん初め、ブログメンバーの皆さんとこれからも頑張っていきますので

これからもどうぞ宜しくお願い致します!

それでは、皆さまも良いお年をお迎え下さい。^^

2012.12.30  湯澤 安秀

 DSC_0192.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉つり情報1月15日号 No.825

今日発売のつり情報誌、第2特集として〔ガチハギ!スペシャル・チャンプに訊け!〕と題し、林 良一カワハギで丸ハダカです!

 

20121229123114.jpg

 

是非ご覧ください!

| | コメント(0)

〈林〉今年もありがとうございました!

早いもので後数日すれば新たな年がやってきます。この船最前線ブログ(前身はカワハギ・マルイカ最前線ブログ)を担当させていただき約3年と10ヶ月となり、釣行記はもちろんのこと、タックルのインプレッション、自分個人の釣り方、考え方、釣りに対する姿勢などを書かせていただいております。

今年自分が書いたブログを読み返してみると、釣り教室、電車釣行、震災から1年のアングラーズ・エイド、親子釣行、マルイカペアバトル、剣崎解禁カワハギ仕立て、超人達の技撮影、ザ・フィッシング撮影、TKB43、DKO、トークショーなど、この投稿を含めると107の記事をリリースし、今年は群を抜くリリース数となりました。

ブログを書いているとき思うこと、それは誤解を恐れずに書かせていただきますと、失礼ながら学業終了の頃より文章の勉強、練習などをしたことがなく、今でも自分が書いたブログを読み返すと誤字脱字、難解な表現などがあり、見つけ次第直していたりしているのですが、読みにくい箇所、理解しづらい箇所などがあることと思うのです。その反面と言っては甚だ生意気ですが、お読みになる方々を思い浮かべて書くように努めています。それは釣友であり、乗り合いで隣合った釣り座の方であったり、釣り宿の船長、女将さんであるのです。そして、このブログを通じて実際に釣り場でお声かけをいただく方も多く、釣りを通じての人の広がりにたいへん感謝しています。

 

でもやはり、僕にとって今年特筆しておきたいことはDKOでの優勝です。

以前も書きましたが、2008年はあるカワハギ大会で全国優勝を果たしながら、同年のDKOは予選はダントツで突破したものの二次予選ではジャンケン敗退。翌年は昨年全国優勝した大会にシード選手として参加するも総合7位、DKOは決勝に残るも左右の釣り座の選手が2位、3位、僕はブービー、かやごんさんが優勝でした。

それから2年、DKOは予選通過はするものの二次予選で敗退、「追っては逃げて行くDKO 」、「取りに行こうと意識すればするほど逃げて行くDKO」なのでした・・・。一時は開国橋の大会会場を嫌いになった時期も・・・(笑) でもこの間、釣り具屋さん主催や船宿主催の大会では優勝、または上位入賞は果たしていたのでした。

そして今年のDKO、予選を無事通過、そして二次予選のくじ引き前の朝の会場では、ブロガー同志で士気を高めて挑み、僕はDKO10周年特別ルール(決勝進出は船毎上位3人→4人)に救われ、それも枚数で同着4位の選手と1匹のカワハギの重量勝負で僅か5グラムの差で滑り抜け決勝へ駒を進め、忘れもしない11月3日の決勝では、くじ引きを済ますとミヨシとはいえ試合時間の2/3が潮裏の釣り座なのでした・・・、今思い返すと、よくあの最後の1時間でダブル3回を含め 13枚ものカワハギを獲れたものだと、自分のことながら感心してしまいます。

熱い決勝の戦いを終え大会会場に戻ると、そこには数日前に「DKOファイナルに向け整えてきた今年、二次予選を逆転負けしてしまい、今は夜寝ることもままならないほど悔しい」とメールをくれた釣友、釣り教室にご参加いただいた方々、観戦ツアーに参加いただいている方々で親しくしていただいている皆が次から次へと、目に溢れんばかりの涙をためて「よくやった、りょうさん感動をありがとう!」と抱きついきてくれ男泣きしてくれたのでした・・・。

表彰式、準優勝の次、司会の小堀さんから「2012年ダイワカワハギオープン、栄えある優勝者は林 良一さんです!」とのアナウンスを聞くと、右手の拳を高々と挙げガッツポーズ! 左手の拳は宮澤さんに突きながら表彰台へと向かったのでした。

11NCM_0067.jpg

 

決勝翌日に半分放心状態で書いた「DKO決勝戦」、これは午前2時半に起きてしまって書いたもので、決勝翌日は興奮が冷めやらぬ状態が続き、終始ハイな状態でした(笑)

 

そして後日、釣り教室にご参加いただいた方々から大きな花束を送っていただき、またまた目が潤んできてしまい、沢山の方々に祝勝会を開いていただき本当に感謝しきれないほどでした。

 20121106103626.jpg

1353735360_2.jpg

 

皆さんにとって今年はどのような年だったでしょうか? 

僕にとっては今年は特に思い出に残る年となりました。 このブログをお読みになっている方々の中から、釣り教室の生徒さんから、未来のDKOファイナリストが、そして優勝者が輩出されればと思っています。もちろん僕も頑張りますよ~(笑)

来年もよろしくお願い致します。

 

 

| | コメント(0)

<堀>12月27日 小網代 丸十丸 カワハギ釣行

2012年もあと僅か、思い返してみると 今年はあまり釣りに行けなかった(T_T)

そんな1年でしたが、私が所属する横浜皮研(横浜皮はぎ釣り研究会)の例会でも使わせて頂くようになり、

一番お世話になっている船宿が小網代 丸十丸、2012年最後の小網代カワハギ釣りに行って来ました。

前日のウネリが少し残っているかな?と思っていたのですが1日通して凪♪

朝一北東風が少し、残り1時間 沖のウネリが少し入ってきましたが、1日穏やかな海でカワハギ釣りを楽しめました(^^)v

しかし、あまり潮動かず、2枚潮で仕掛けのコントロールが非常に難しく、水深40mで居食いするワッペンには苦労しました(^_^;) 

2枚集奇の下に最大4号のシンカー(ダイワ鮎シンカーⅢ)を打って調整。

PAP_k0173.JPG

結果44枚!

釣果だけを聞くと「良い釣果」「楽しそう」と思われる方が多いでしょう。

しかし今日はシビレました(>_<)

開始から昼までの3時間で十数枚のバラシ!

諸磯沖水深40mからスタート、2回の流し替えまでアタリ無く 3流し目。

活性は高くないなと感じ、50cm位の誘い落とし→底トントン→マイナステンションからゆっくり聞き上げで素直な20cmほどのカワハギをワイドフック4.5号SSを使い掛ける事が出来ました!

しかし ここからが…バラす バラすで、昼までの3時間ほどで十数枚(T_T)

昼までに21枚のカワハギは釣ったのですが、何ともしっくりこない(-_-)

ワイドフックで掛けたカワハギは朝一の1枚のみで、全て巻き上げ途中にバレてしまいました。

今回は少し水温が下がった為か、潮があまり動かなかった為か、良型のカワハギは口を使ってくれず。

水深40mでも小型のカワハギがモゾモゾと食べている感じ。

スピード7号SSでも口に入っていかない感じ、スピード7号8cmハリスでもダメでした。

スピード7号でも吸い込んでくれない…

ならばと金谷のワッペン対策で1パック(10本)だけ残っていた マルチ7.5号SSを試してみると!

なんという事でしょう~ 

10本のハリで10枚!

それも全てイイ掛かり方をしてるんです!

もちろん「誘い」「合わせ」は丁寧に行いましたが、ハリでこんなに変わるものかと、改めて感じる事が出来ました(^^)v

私がいつもカワハギ釣りで心がけている事の1つ 「釣りを難しくしない事」

その状況にあったハリを選択して如何にオートマチックに掛けられる魚の数を増やすか!

そんな考えが間違っていないと改めて感じられた釣行でもありました。

それと終わり間際に気付いた初めての合わせ方。

今回の様に特別活性の低い時は「ゼロテン」「マイナステンション」で出たアタリで大きく「合わせ」を入れずに、

「竿先が曲がるがオモリは底を離れない状態」でグッと我慢して、カワハギが口に掛かったハリに違和感を感じ、後ろに下がりオモリの重さを利用してカワハギ自らフッキングさせる! 

こんな合わせが有効だったのでは、と感じました。

 

今回の釣行では、2012年の最後で1日バラシ地獄、しかも何の攻略も出来ずに終わってしまうところでした。

しかし1パックだけ残っていたマルチ7.5号SSが救ってくれ、考えさせてくれました!

これだけバラすと以前なら 家に帰ってグッタリするのですが、今回は充実感と満足感でかなりイイ感じ

 

 2012年最後にとても良い釣りが出来ました(^^)v

操船してくれた柳澤船長、有難う御座いました!来年も宜しくお願い致しますm(__)m

 

今回のタックルはリール スマックRT100SH極鋭カワハギAIR1234

特に極鋭カワハギAIR1234このロッドは私のフェイバリットアイテム!完全にファーストロッドです(^O^)/

PAP_k0168.JPG

そして今回 船縁トレイに一工夫!

PAP_k0171.JPG

日に当たってアサリが干乾びないように&雨対策にフタを付けてみました!

PAP_k0170.JPG 

そして竿掛けからオモリ置きまで距離を作り、移動中に集奇等が竿先に絡まないように工夫してみました。

ハリ置きマグネットの部分にプラスチックのオモリ置き、竿掛けから船べりトレイの穴まで板ゴムで20cmほど延長。

PAP_k0169.JPG PAP_k0172.JPG

2012年もあと僅か、皆さんも体調に気を付け 楽しい釣りを!(^_^)v 

もう1回くらい行けるかな~

 

 

 

 

| | コメント(0)

<文>23日~27日

23日は、久し振りに金谷光進丸でした。

中々渋いとは言っても流石金谷!カワハギの引きが魅力でした。

24日は、松輪棒面丸、風がビュービューで、島下に逃げて、これが正解で、良型、大型が楽しかった。12時を回って風も凪いできたので剣崎へ!こちらも楽しかったよ~!底からオモリを離しての釣りがメインでした!

一日休んで、

26日は松輪成銀丸で、つり丸の取材でしたが、今回は剣崎で一日楽しく釣らせてもらいました。腰の具合が良くなかったので、そこそこの時間釣りをしました。

事件はこの日の夜中の1時頃でした。

チョットお疲れの為、腰に注意しようと思っていたのですが、

今回は、寝返りをしようとしたときに襲ってきました。

腰から腹筋に掛けての筋肉が痙攣してしまい、

全く動く事が出来ず、この痛みにのた打ち回る始末!

のた打ち回れないですね!

あまりの痛みに唸っているだけ!

電話して明日キャンセルしなくちゃと思いながら、体重を手で支えて、

湿布してコルセットして、横になっていましたが、何とか時間には動けそうなので、

27日は勝山宝生丸にAさんとNさんと3人で行って来ました。

釣れなくても良いと?釣りが出来なかったら横になっていようと思いましたが、

我慢できずに休み休みやりあした。

F1010014

F1010010

私の釣果ですが、3人でビリでした。

良型、大型が多かったですね!

20121227t14_32_381 向かって右のAさん55枚!!

左のNさん34枚!

私は何とか30枚

F1010007

こんな50リッタークーラーを持ち込んでいましたが、

正解だったかな?

水深は28メーターってところかな?

ようやく群れが固まりだしたような?

こんな釣れた時に満足に釣りが出来ないなんて?!

悲しかったけど楽しかった一日でした。

| | コメント(0)

<宮>カワハギトレーニングIN松輪

寒~い!

風強~い!

うねり高~い!

松輪棒面丸さんから出船。

最近絶好調の剣崎沖からスタート!

しかしアタリが無い。
それより風とうねりでギブアップ。


城ヶ島沖へ。

アタリはポツリポツリですが風とうねりが少なく剣崎沖より釣りになります。

大中小交ざり!

ミヨシの笹やん、拾い釣り!25~28cmを連発!


文ちゃんはダブル!



ブチさんは40メートルの深場狙いとあってリールに一工夫!

『電動カワハギ!』

パワーレバーとチョイ巻きを活用してバリバリやってました!

楽しそう!



自分も次回はトライしてみます!

マルイカ電動がそのまま使えますね!



僕のタックルですが、いよいよ城ヶ島の深場!ってことで

低抵抗タングステンシンカーがご活躍の時期がきました!*早く落ちるし、巻き上げも軽い!根掛かりが無ければ感動の使用感です。


ラバースカートより低抵抗のタイラバ用スカートを装置、

波動でカワハギにアピールしました!

最近使ってますが非常にいい感じ。とりあえずシークレットにしときましょう。


午後からは風が多少納まってきたので再び剣崎沖へ!

文ちゃんは良型を宙でピラピラで!(画像は城ヶ島)

 

さあみなさま、年末が近づいてきました。

どこへ行きましょうか?

防寒&深場対策(道具)を行って、いいつりをしましょう!
 

| | コメント(0)

<宮>千葉県金谷沖へ

久しぶりの光進丸さんにて千葉県金谷沖です。

今季初めてグローブを出しました。
手感度は鈍りますが、お手手冷え冷えコチコチよりましです。
 
金曜日まで爆ってましたから、餌も多めに買い込んで張り切って行きましたが。

7時出船8時半の釣果。


金谷~保田~金谷~。

あちこち。

潮の変わりましに他船に場所に呼んでもらって到着すぐにプチラッシュ。

24~27cmくらいのがパラパラ食ってきました。

しかしすぐに湾奥からの落としの冷たい汚い潮が来て・・・、終了。

けど楽しかった!


明日は明日の潮が流れますよ!
魚はいますのでまた食ってくるでしょう!

年末予定されているみなさま、頑張って来て下さい!


 


 
| | コメント(0)

〈林〉久し振りの湾フグ釣り

12月23日(日)、クリスマスイブの前日、三連休では一番凪そうな日、釣友のき~よんさんと湾フグ釣りに行ってきました。

数日前の飲み会では、「カワハギも面白いけど、夏からやっていない湾フグに行こうか!」という話しになり、アカメフグが釣れだしていることもあり決定! 船宿は今年釣り教室、TKBと何かとお世話になったえさ政さんにいたしました。

当日は左舷ミヨシより僕、えさ政の女将さん、き~よんさん、そして朝「あれっ!?来てたの~!!」とばかり登場した大塚あけみさんの布陣、十数名を乗せ定刻に出船いたします。

本日のメインロッドはメタリア湾フグ+T-3で臨みます!

20121223082558.jpg

 

 

 

20121223082616.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のアカメフグのポイントは小柴沖周辺の10m立ち。潮はやや濁り、潮汐では12時付近に潮止まりの筈がほとんど潮が動きません。誘いを大きく、また小さく、スピードを変えてと試みますが、時たま大きなイイダコが釣れるものの、中々本命からのアタリがきません・・・

そんな中、開始1時間で沈黙を破ったのはき~よんさん! MCゲームで中型のアカメGETです!!

 

20121223083252.jpg

 

それからも渋~い状況は最後まで続きましたがラスト10分、小さな「コツン」というアタリにガクンと竿が止まり倒されていきます! フルロックのドラグを緩め徐々に竿を起し対応していると、「ゴクンゴクン」と頭を振りながらの重い引きが伝わってきます。 「ひっとして大型のトラ(フグ)か~!」と、アミを持って常連さんが駆けつけてくれます!!

やり取り5分、上がってきたのは1メートル近いサメでした・・・(ガックシ)

 

でも、やっぱり湾フグ釣りは面白く、揺れる船上でその柔軟な穂先をゼロテンションでキープしているとき、それより硬いカワハギ竿に慣れているので上手くできずに苦笑い・・・。それも暫くするとアジャストできて貴重なアタリを捉えられるようになっていき・・・、シャープペンの芯1本をオモリが乗り越えるようなアタリ=変化とも言える穂先の動きにアワセに行くと大型アカメだったりと、その奥深さを再確認した釣行でした。

20121223103745.jpg

 

 さて今年も残すところ後数日。もう一度カワハギ釣りに行って納竿になりそうです。

 

| | コメント(0)

<湯>今シーズン初の亀城根カワハギ

連休中日の12月23日 久しぶりの相模湾!

腰越港・多希志丸さんへ行ってきました!

数年前から港の改造工事が始まり、多希志丸さんが着岸していた堤防も取り壊され

新しい船着き場へと移りました。

注):受付の場所は基本従来通りです。その他、平日、土日で若干変更の場合ありますので

   釣行の際は、お問い合わせください。

2012122320130000.jpg

連休初日は、低気圧によるシケでしたので、今日へスライドしたお客さんも居て

多くのカワハギファンで溢れていました!

2012122320140000.jpg

今日は、2012・DKOファイナリストの坂巻さん(うりパパさん)と一緒の釣行です^^

2012122320110002.jpg

久しぶりの江の島は癒されます。

2012122320110001.jpg

今日のタックルは、極鋭カワハギAGS & NEWスマックRT SH

2012122320120000.jpg

まずは、江の島沖から開始となりました!

水深はハイシーズンと変わらず、15~25メーター程度です。

朝一、アタリ遠く外道も含め、エサ取り鈍い状況でした。

3枚程取ったところで直ぐに亀城根へ向かいます!

移動中、操舵室にて雅船長に直近の状況をお聞きすると

シケ前までは、非常にクリアな潮が入り、復調の兆しだったようです。

しかし昨日の低気圧による雨で、水温もやや低下、 

なにより予想以上に大きなウネリが残っていました。

亀城根に向かうに従い、潮の色がクリアになり、雰囲気は良さそうでした。

亀城根にて再度実釣り開始!久々の亀城根には、カワハギ船が沢山浮かんでいます。

まずは、縦の釣り中心で、下2つをワイドフック4.5号 上をパワースピード7.5号

共にサクサスで開始しました。

しばらくすると・・・・

お隣の坂巻さんに、なにやら大物が!??

掛かった外道のトラギスをヒラメが喰ったようです!

同じくAGSが絞り込まれます!!;;

もうすぐ水面!というところで残念ながら外れてしまいました・・・・

その数分後にまたも坂巻さんのAGSが絞り込まれます!!!

ドンドンドンと三段引きです!

こちらは先ほどよりデカイ!! 

しかし!残念ながらハリス切れ~となってしまいました。。。

横で見ていてもスリリングでした~ 坂巻さんはリベンジ?を誓っていました^^

今年はヒラメ居ますね!

 

さて、カワハギはというと、大きなウネリのせいか、アタリが出ても

仕掛けが動いてしまうと、追いかけてこない感じです・・・

宙でもアタリますが、仕掛けが大きく動いてしまうせいか、その場でなかなか上手く掛かりません。

やはり、底へゆっくり下げていってからの聞き上げで掛けれました。

ほとんどがワイドフックに掛かりました。

2012122320090001.jpg

坂巻さんには良型が!

2012122320100001.jpg

そんな感じでようやくツヌケした中盤、中だるみ~

あまりにも寒いので、用意していたカップ麺で一休み~

単なるカップ麺も真冬の船上ではご馳走です。なにより冷えた身体が

芯から温まり、また元気がでます!(笑)

2012122320100000.jpg

さて、一休みした後、後半戦へ突入~!

相変わらずウネリは納まりません。。それに加え、潮が速くなり

先ほどまでの釣りではアタリが出せなくなりました。。

針をスピード7.5号 8センチロングハリスを混ぜ、ゼロテンションで釣ってみました。

ロッド1本分強のウネリがありましたので、船が下がる(ロッドが上がる)状態で誘い

船が上がる(ロッドを下げる)状態でゼロテンでアタリを待ちました。

その際、AGSの穂先に出るアタリが最高でした!

また、掛かる針がほぼ8センチロングハリスでしたので、後半から全て

ロングハリスで通しました。

釣果は20枚でしたが、亀城根は魚が沢山居ますので、

ウネリ納まれば、またバリバリ喰いそうな気配はムンムンでしたよ!^^

gs2412n0091.gif

まだ一部工事中ですが、新しくなった腰越港 皆さんも是非遊びに行ってみて下さい^^

2012122315000001.jpg

今日は、久しぶりの腰越・多希志丸さんでしたが、いつもながら気さくな雅船長に

宿の皆さん、有難うございました! とても楽しい一日をのんびり過ごさせていただきました^^

 

「黄昏の江の島」

2012122315170000.jpg

「江ノ電」

2012122320080000.jpg2012122320080001.jpg

 

 

| | コメント(0)

〈林〉極鋭カワハギ友の会忘年会

12月19日(水)都内某所でFacebookの「極鋭カワハギ友の会」の第一回忘年会が開催されました。

幹事の品田くんによると参加者は31名! その皆さんがカワハギ、マルイカ、そして極鋭フリークなのです!!

集合時間を少し過ぎて会場に入ると、既に始まる前そこここから釣り談義が聞こえてきました。ほどなくして我らが宮澤さんの挨拶の後乾杯、3時間余りの楽しい宴の開宴となりました。

425676_399319100148413_1528584947_n.jpg

 

1時間程経った頃一人ずつ立ち上がり自己紹介タイムです! 釣りにかける想い、来年の抱負、一番釣れなかった話し(笑)など、良い感じの酔いも手伝い野次も連発!滑ったコロンだの楽しい時間が過ぎて行きます!

407282_306186102831631_116155641_n.jpg

 

僕はDKOでいただいたトロフィーを持って行ったのですが、いきなりトロフィーがオークションに・・・(汗)、「300円!」、「いや290円!!」など、なぜか値が下がっていくのです・・・(笑) その直後は「やっぱりジャンケン大会にしよう!」と、ノセラレタ僕は危うく「最初はグ~~」などとやってしまうのでした(大汗)

 230393_10200333241238410_1159280479_n.jpg

 

 ガチンコのジャンケン大会では、ブチさんプレゼンツのワラサを賭けて行われました。勝ち取ったのはもすらさんこと瀬川さん! やりましたね~!!

224840_10200333490724647_1157135110_n.jpg

 

 3時間半以上に渡る楽しい時はあっと言う間に過ぎていきました・・・

 416801_10200333664208984_1513316157_n.jpg

 

この後有志で二次会となったようです。 

今回は記念すべき第一回、永らく続けていきたいものです! 

 

| | コメント(0)

<萱>TKB43決勝

12月16日、TKB決勝にえさ政釣船店さんから参加してきました。前日、開催予定でしたが荒天のため順延しての開催でした。
予選でご一緒した増澤さんと今回も同乗して宿に向かいました。到着順に整理券を渡されて、その順番で釣座の抽選を行い引いたのは、左舷トモから3番目。増澤さんが4番目・・・またお隣同士(笑)潰し合い決定(爆)
同船者の中には、ワタシのメンタルトレーナーの一人、埼玉のTちゃんもいます。今回はいませんでしたが、もう一人は、静岡のTちゃんね。Tちゃんの釣座は、右舷トモから4番目、とりあえず離れたので、一安心(笑)

12.160062_R.JPG12.160060_R.JPG

出船が近づき、ミヨシに集まりダイワの加藤さんから大会のルール説明。12.160067_R.JPG

12.160065_R.JPG総合順位。船内での順位。アベレージバトル、船ごとの平均の長さを競うチーム戦です。tkb_R.jpg

12.160069_R.JPG

出船の7時15分となり集合場所の浦賀右舷浮標No,4を目指します。到着まで1時間ちょっと、みんなで楽しく話しながらのクルージングの筈でしたが・・・12.160073_R.JPGメンタルトレーナーからのお叱りが・・・DKOで負けたバツだといきなり裏拳が・・・カワハギと戦う前から身も心もボロボロです。22310308_1849253646_236large.jpg

8時30分、集合場所に15船が集結。12.160075_R.JPGスタートの合図で一斉にポイントを目指すさまは、壮観でした。

航路脇の30m前後のポイントからスタート。
カワハギの活性は、低く厳しい状況です。そんな中、増澤さんが13センチくらいのコッパを3枚釣り、ワタシも1枚。まわりもポツリポツリの状況が続きます。
流し変えたところで、早掛け賞がスタートしました。本気モード・・・しかし釣れない。
一番に上げたのは、Tちゃんでした。いやな予感・・・背後に視線が・・・そしてワタシと増澤さんをいじって、ドヤ顔で釣座に帰っていくのでした。しばらくすると、ワタシにもアタリがあり、コッパでしたが2番目に早掛け賞を頂けました。

途中、スター船の隣を流したときに宮澤さんと手を振りご挨拶。両隣には、児島玲子さんとあべなぎささんの姿が美女に囲まれて羨ましい。12.160079_R.JPG

22310308_1849256676_203large.jpgここからなが~い沈黙に入り、11時過ぎまで追加なし、ここまで中オモリの釣をしていましたが、なにか良い打開策はないかと、ピラピラ集寄の釣に変更してみました。すると少しアタリが出て、4枚追加して13時のストップフィッシング。合計54センチで撃沈でした。

表彰式会場は、平和島の「まる八」さんの港で行われました。
12.160085_R.JPG

まずは、船別の表彰式が行われました。

BB賞12.160086_R.JPG

7位12.160087_R.JPG

ワタシが6位 Tちゃんが4位 

3位

12.160003_R.JPG

2位12.16_0002_R.JPG

優勝12.160001_R.JPG

ワタシ達の船は、会場から一番遠いところの係留だったので、豪華ゲストが小さかった(笑)総合の表彰は写真が撮れなかったのでごめんなさい。12.160089_R.JPG

そして、この係留場所は、一番残念だったからとからかわれ、萱沼さん消えかけているとみなさんに声を掛けていただき悲しかったです(爆)

来年は、絶対に超豪華賞品をゲットできるように頑張ると誓う二人でした。attachment00_R.jpg

大会参加のみなさん、各船宿さん、大会運営スタッフのみなさんお疲れさまでした。

| | コメント(0)

<湯>TKB43 東京湾カワハギバトル決勝大会!

元々、TKB43決勝大会は、12月15日(土)の予定でしたが、

悪天候の予報により、予備日の翌日16日(日)に開催となりました!

私は、東葛西の「須原屋」さんからの出場となりました。

2012121620050002.jpg

江戸川下流域の東京都サイドに位置する須原屋さんへ訪れるのは

初めてで、桟橋から対岸には、吉野屋さんが位置します。

2012121620040000.jpg

準備をしていると、やっぱり皆さん盛り上がっています!

数勝負ではないという事もあるのか、やんわりとした雰囲気でした~^^

今日は、各船、DAIWAスタッフが乗り込み、こちらは稲垣さんが頑張ってくれました!

2012121620050000.jpg

定刻7時に出船 江戸川を下り、8時30分のスタートに向けて

一路、竹岡沖を目指します!

それにしても良いお天気で、久々に穏やかな?東京湾クルージングを

同船の皆さんと楽しみました^^

2012121620030001.jpg

スタート前、沖には大会各船15艘が集結しました!この光景と雰囲気は圧巻でしたよ!

2012121608320001.jpg2012121608340000.jpg2012121608330000.jpg

2012121608320002.jpg

そして定刻の8時30分 スタートの合図とともに各船ダッシュ全快で各ポイントへ!

2012121608380000.jpg

今回のタックルは、極鋭カワハギAIR1234NEWスマックRT

TKBの決勝は、以前からこのタックルに賭けていました!

2012121620050001.jpg

話はそれますが・・・外道が掛かった時に非常に便利な、クイック針外し。

非常に便利なのに、なんと私、今までこれを何本海へ奉納したことか・・・

まったくおっちょこちょいでお恥ずかしい話なんです(笑)

先日の、DKOの本番の時も・・・・・・落としました(泣)

予備を持てば良いのでしょうけど、予備を買う程でもないし・・・

というわけで、なんでもっと早く気付かなかったんでしょう。。

ダイワから発売になったストレートタイプの尻手ロープ

これで今後安心して使えます^^

締め込み部がしっかり締まるので、ダイレクトに装着できますから

勿論、ロッドには最適です!

2012121620000002.jpg

さて、釣りの状況ですが、なかなか難しい釣りをしいれられてしまいました、

序盤、潮も効いていて、少し浮いたカワハギも居ましたが、次第に終息~

非常に小さいバッチサイズは居るのですが、なかなか中型以上を釣るには

難しかったですね~ 

おそらくこの日は、竹岡のカワハギもその釣り人の多さにびっくりしたんでしょうね?(笑)

 

また、須原屋さん船長、とても気さくな船長さんで、終日快適に釣りを

楽しませていただきました!一日有難うございました^^

2012121620030000.jpg

今日は、コンビナート?を4つも乗せた船が航行していました。

大きかったなぁ~!

2012121620000001.jpg

13時のストップフィッシングを迎え、各船が平和島、まる八さんの

船付き場へ、表彰式~閉会式の為再度集結しました!

2012121614380000.jpg

まずは、各船での、1位、2位、3位 飛び賞7位、ブービー賞が

各船にて和やかに表彰式が行われました~

我、須原屋さん 上位3名様はこちらの方々です!おめでとうございました^^

 2012121619570001.jpg 

 2012121619590000.jpg

2012121619580001.jpg2012121619580002.jpg

2012121619580000.jpg2012121619590001.jpg2012121619550001.jpg

私もなんと飛び賞7位をいただきました!有難うございました!

 2012121619570000.jpg

続いて、船対抗の結果、総合順位の発表、等々、豪華景品が飛び交いました!!

こちらも圧巻でした!

メインステージでは、宮澤さんが、スペシャルゲストの児島玲子さん阿部なぎささん

楽しいトークで会場の雰囲気は最高潮でした!

2012121614590000.jpg2012121614590002.jpg2012121614590003.jpg

この日は、釣り情報さんや、つり丸さん、他、各メディアの取材が沢山入り、

各情報紙にて、この日の模様、総合上位の方々など

詳しく記載されると思います。こちらも楽しみですね!

 

今回、東京湾カワハギ・バトル(TKB43) 初の試みという事で

大会関係者の大勢の方々、本当に御苦労さまでした。また、有難うございました。

なにより、予選会から決勝までご参加された、約1,000名余りの皆さま

お疲れ様でした&有難うございました! 

私もまた来年もこの一大イベントを楽しみにしています!

 

 

 

 

| | コメント(0)

<宮>東京湾カワハギバトル(TKB)43決勝戦!

東京湾カワハギバトル(TKB)43決勝戦!
超がつくほどの盛り上がりのうちに無事終了!
tkb43.jpg
ご参加のみなさま、都合でご参加出来なかったみなさまもありがとうございました。


詳細はつり情報さん・つり丸さん・つり場速報さんの特集を心待ちにしましょう!

<写真集>

朝一番から「TKB号外」が配られた!!

*総合順位で競え

*船内の順位で競え

*アベレージ・チームバトルで競え!!

3つのルールで競われた!!

出船前から各船の盛り上がりは半端ない!!

各船竹岡沖に集合!!一斉にスタート!!

僕はスター船(?)ということで豪華メンバーで、「まる八」さんで釣りをさせていただきました!

型狙いということで一枚一枚丁寧に!!

みなさん良型をゲット!!ニコニコ笑顔!!

数釣りのギスギスした雰囲気は全くありません!

船上では早掛け大会も開催され、そこでも景品ゲット!

ちょっとすごいカワハギが出ました!!タックルにも注目!! 

 

今回のタックル

あっという間に大会も終了。

楽しい時間はほんとうに短いです。

表彰式会場の平和島「まる八」さんの港に着いてみると!!

超がつく程の豪華景品

各船での上位は当然景品ゲット!!

各船でも表彰式が同様に行われました!!

さらに船の平均釣果で上位3船には船全員にクーラー・バックをゲット!!

もちろん総合上位6名も!!高沢さん、カメラ目線でナイスショット!!

表彰式はスペースの関係でみなさまを上陸させることができずより多くの方々と関われなかったこと大変申し訳ございませんでした。

しかしその分船上での一体感をも楽しめる大会になったかと思います。
今回の大会で得たことや反省をしっかり来年にいかしていきたいと思います!

ご参加のみなさま、船宿さま、協力メーカーさまありがとうございました!

 また来年も絶対やりましょう!!

そして今後も「ダイワカワハギ」をよろしくお願い致します。


 

| | コメント(0)

〈林〉大盛り上がり! TKB43決勝戦!!

12月16日(日)、前日の悪天を考慮し開催されたTKB決勝戦、湾奥の十数件の船宿さんに分乗した200名を超える選手、聞けば予選参加選手を加えた延べ人数は1000人超えとか!

当日僕の乗る船は松陽丸さん。まだ星が綺麗な明けやらぬ冬空、荒川土手にある桟橋に向かうとそこには、審判と進行役のダイワの荒田の笑顔が待っているのでした。

多分竹岡沖に一番遠い松陽丸さん、5:45、比較的暖かな冬の朝ですがまだ暗いうちから受付開始です!

20121216054515.jpg

 

 当日僕はAGSにニュースマック、尻手ロープに最近リリースされたST1200-RSを繋いでみました。これはコイル状ではなく張りのあるストレートな素材でできており、タタキなどの時の尻手ロープの違和感が軽減されている使い心地です。

20121216082515.jpg

 

そして、この小物入れも優れもの! シンカーなど効率良く収納できてスゴク便利ですよ!!

20121216061903.jpg

 

20121216061914.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決戦会場の竹岡沖には荒川を下りながら2時間近くの行程があり、釣友のTERUさん、キャスティング川口店の泊さんと釣り談義をしながら向かいます。

20121216063843.jpg

 

竹岡沖に到着するとそこには各船が集結、晴れ渡った空、青い海、実に壮観です!

20121216083135.jpg

 

写真撮影の後決勝戦開始です! が、中々アタリがありません・・・。 時に大きく移動しながら何度も船を回す船長、そのうちにちらほら、コッパちゃんが顔を出します。

20121216090931.jpg

 

20121216091906.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は2時間ほどノーフィッシュだったでしょうか、最初の1匹は10cm未満のコッパ・・・、いや、落ち葉でした・・・(笑)

泊さんは動かさない釣りで着々と大型カワハギをGETしていきます!

20121216102555.jpg

 活性の低いカワハギに皆様苦戦の様相。船長最後に水深17m付近のやや浅みに移動しそこで当てます! 船中パタパタとカワハギが上がりだしますが、流し替えると「・・・。」なのでした(涙)

定刻13時にストップフィシング。各船表彰式会場のまる八さんの桟橋に向かいます。

 20121216141459.jpg

 

 整然と並んだ、戦いを終えた選手を乗せた各船、これも滅多にみられない風景ではないでしょうか。

20121216144045.jpg

 

そして圧巻なのはこの商品群! 釣具屋さんで見るよりも多い量ではないですか!! 正に壁です!!!

196202_397898973623759_1339508739_n.jpg

 

さて、まずはわが松陽丸での表彰式、入賞の方々は沢山の賞品に大盛り上がりです!

20121216144353.jpg

 

 

 

20121216144432.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20121216144522.jpg

 

 

 

20121216144757.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 松陽丸トップは大型を連取した泊さんでしたが、総合順位に絡むということで船内順位を繰り上げ、僕は2位となりました(嬉)

156179_179268368885439_950016013_n.jpg

 

そして船毎の表彰に移るとわが松陽丸は2位! 船長賞他乗船の方皆さん全員にキャスター、キャリーハンドル付きのモバイル用クーラー、シークールキャリー S 2500 が賞品として授与されました! これには皆さん喜びの表情を隠せずでした!!20564696_1849352297_122large.jpg

 

気になる泊さんは総合6位! 賞品の一つである圧力鍋を抱え「昨日買っちゃいましたよ~」と照れ笑いでした(笑)

  吉久さんトップの鈴木さん。

20121216145611.jpg

個人的にはこんなに大規模なスケールの釣り大会の参加 は初めてでした。大盛り上がり、大成功だったことはご参加の皆さんの表情が物語っていました。20121216185052.jpg

 

余韻を噛みしめての帰港途中、「来年も開催するといいな、TKB」と思うのでありました。

20121216162557.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉つり情報 1月1日号 No.824

今日12月15日発売のつり情報誌。その160~161ページの記事広告に「スーパーメタルトップ搭載 極鋭GEARで冬タチウオの〝繊細さ〟と〝深さ〟を楽しむ!」と題し、冬タチウオにおけるシーボーグ 300MJ-Lと極鋭GEARのインプレッションが掲載されています。

20121215103710.jpg

 

可能性が広い両タックル、詳しくは本誌をご覧いただければ幸いです。

| | コメント(0)

〈林〉TKB決勝大会は翌々日(16日)になりました

今年東京湾奥から発信しましたTKB48!

明日の決勝戦は雨天模様に加え南よりの風の為、あえなく翌々日(16日)に順延となりました。

決勝進出の皆様のパホーマンス、是非明後日16日(日)に発揮していただけたらと思います。

 

明日、また考えちゃいますね「デカハギ攻略」・・・

でも、もしかして「それもまた楽しです」なのでは(僕も・笑)!

では明後日、表彰式での笑ったの泣いたの笑ったの笑ったの(笑) 楽しみにしておりま~す! 

| | コメント(0)

〈林〉デカハギ攻略を考えてみる!

TKB決勝を前に、文字通り「デカハギ攻略」を考えている方も多くいらっしゃるかと思います。

「カワハギ地獄」などの水中映像を見ると、コッパと言われる小型のカワハギは仕掛けに追従して上下に俊敏に動き(泳ぎ)、一瞬止まった仕掛けに対してその小さな口を使って果敢に何度もアタックし、短時間の内にハリからエサのアサリだけをキレイに食い去ります。

それに対して大型カワハギは動きが緩慢で、ホバリングしながら様子を窺うような素振りを見せながら、やはりコッパよりは用心深くエサを摂るようです。

そこで、エリアやその日の活性云々を抜きとして考えてみると、誘いのつもりで動す仕掛けではありますが、動かし過ぎては大型カワハギはそのスピードに付いてくることができないのではと考えれます。

また、ハリの選択では、「大型に大バリ」はセオリーだと思いますが、「小バリを吸い込ませてみては?」などの考えも浮かび、飲んでしまってハリのフトコロまでガッチリとハリ掛かりしてしまえばそう折れることはないのではとも考えられます。

そして、「大型カワハギには赤いケミが効く」という大型カワハギ釣師もいらっしゃり、それも一手かと考えられるのです。

でも、誘いのスピードを遅くする≒外道が食ってくる が成り立ち、数多くの外道を釣りながら1日あまり誘わない釣りを通しても、意図する大型カワハギが確実に釣れるかというと何とも言えず、ハリの選択、赤いケミ・・・、さてとどうしましょう(笑)

また違った角度から考えてみると、「数多くのカワハギを釣れば、大型カワハギに出会うチャンスも多い」筈なわけなのですが・・・。

 

「では結果、大型はどうやって釣ればいいのか?」なのですが、数釣りを主眼に置くことが多いカワハギ釣りの事、今年のTKBをきっかけに、今後大型カワハギ釣りのスキルが発達していくかも知れません。

僕もまだ試行錯誤中の大型カワハギ狙い、一所で釣っていても型は混在していたり、これから面白いカテゴリーのカワハギ釣りのジャンルになることうけあいではないでしょうか。

20121006104842.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉カワハギ釣り教室再日程

先日の強風でやもなく中止いたしましたえさ政さんでの【りょうさんのカワハギ釣り教室】ですが、えさ政さんとの協議で1月20日(日)に再日程を組むことにいたしました。

冬カワハギ真っただ中の季節ではありますが、水温がやや高めに推移している今季、もしかしたらまだ食い気満々のカワハギがいるかも知れません!?

当日文字通り「冬カワハギ」の展開であれば、それはそれで冬カワハギならではの難しさを面白さに転化させたいと思いますし、その価値のある1枚を是非ご一緒に手にしてみませんか!

 

参加ご希望の方は、直接えさ政釣り船店さんにご予約下さい。

よろしくお願いいたします。

 

1352697578_1.jpg

 

 

| | コメント(0)

<宮>2012柳邦丸カワハギトーナメント!!

山口県柳邦丸さんカワハギトーナメント決勝戦


毎年のことですが荒天早上がりにもかかわらず、めちゃ盛り上がりました!

今回のみなさんのタックル。



赤い竿、金の竿!


僕のタックル


針は20センチクラスが多く、たまに25センチ以上のアップサイズ(25センチ以上をアップサイズ、30センチ以上をデカパンサイズと呼びます)が来るのでパワー系が良いです。



予選会で決められた釣座です。
be5716fa.jpg2bed593a.jpg



トーナメントも天候悪化までの2時間という短時間勝負でしたが頭15枚という好成績でみなさまの日頃の鍛錬の成果が出ました!
cb6bb995.jpg1815d6ef.jpg01b150ad.jpg
3f0d2c23.jpg4c391a56.jpg9aa85528.jpg


今回は『数+型』ということで新たなポイント制で順位が決められます。
15枚+23㎝=38ポイント!
この新たなカワハギ釣りの競技基準、おもしろいですよね!今後自分達も意識していきたいです!


そして、2012カワハギトーナメントを制したのは!?

大庭名人!




雪降る寒~い中、熱~いカワハギ反省会はエンドレスですが流石にこれにてお開き。





りゅう船長、チーム3%のみなさまありがとうございました!また春には違う釣りにてよろしくお願いいたします。


 

| | コメント(0)

<宮>山口県柳邦丸さん2012カワハギ宮澤塾

山口県柳井市柳邦丸さんカワハギ宮澤塾

出船が危うい天候でしたがみなさんの願いが通じ、短時間限定ギリギリ出船!


湾内しか釣りができないので釣果はさておき、実際の自分の釣りをしっかり見ていたく実地講習会スタート。

しなやかな『誘い』と食わせの『間合い』

『百聞は一見にしかず』です。


ところがこちらも願いがつうじたのか!?
デカパン混じりで終始入れ食いタイム!一時間あまりで8枚。
26caa990.jpg6c9df31e.jpga16bdf95.jpg


残り時間は塾生のみなさんにご覧いただいイメージ通り各人が釣りをしていただき、自分がアドバイザーとして船内を回りました。

もちろん釣果はごらんの通りです!
9f11b638.jpg3ab7015e.jpged379662.jpg

9525c300.jpg2961b6a0.jpg1a14fb3c.jpg

コンスタントな食いの中、お約束の時間に大風が来て残念ながら早上がり…。

もちろん、港に戻って反省会と移ります!

寒いのに熱気ムンムン!
046701b3.jpg23955ab7.jpg4beca6e3.jpg

宮澤塾ご参加のみなさま!
これからも中国地方カワハギ釣り発展の原動力となってくださいね!


りゅう船長!ありがとうございました。


 

| | コメント(0)

<堀>時化後の金谷 光進丸

12月7日 金谷 光進丸に行って来ました。

4日の時化後には78枚の好釣果!

6日も西の強風で時化、期待は膨らみます!

出船前、隣の方と「前日かなり吹いたから、今日は期待できますよ~♪」なんて話をしながら7時、出船です。

前日 吹いた風の影響も無くほぼ凪、港前からスタートです!

今回使用したロッドは、極鋭カワハギAGS M-170A!ギリギリまで極鋭カワハギAIR1234と迷いました。

なぜ迷ったかと言うと、お気に入りなんです1234が!(^_^;)

購入から使い続けてきて、もう少しこの柔軟な調子がデメリットとなってしまうのか?と思っていたのですが、そんな部分が見当たらない!

あとは現在 好釣果(爆釣!?)が続いている剣崎沖の宙層カワハギにどれくらい対応できるか!くらいかな?

そんなこんな迷った末、今回はAGSを選択しました。

 まずは港前のワッペン対応。

ハリは3本ともマルチ6.5号SSでスタートしますが掛からず(>_<)

2番目(中央)をスピード7号SSに変えるもやはり掛からず(>_<)

一番下にワイドフック3.5号SSに変えると♪(^^)v

久しぶりのハイスピードワッペンに色々迷いすぎましたが、1時間で18枚!

納得!とはいきませんでしたが、やっぱり面白い!港前のワッペン釣り(^^)v

ポイント移動

ここでは小型~良型、様々なサイズのカワハギが釣れています。

しかし、ここでも迷う時間が多すぎて…(>_<) カワハギのサイズ、泳層、誘いの方法、潮の速さ、根中での対応…

だいぶ迷いましたが、浮いた反応では無いと判断したので、ピラピラ集奇2枚Lサイズをセットし、直下に打つのシンカーの重さを調整し 誘いが決まると!!

暫くの時間 小、中、良型の確変タイム~(^^)v

この時間帯はパワースピード7号SS7.5号SSでGOODでした(^^)v

しかし残り1時間、道糸が斜めになる時間が終わりまで続き、対応できずに終わりました(T_T)

な・ん・で・す・が!

結果86枚!!!

ユウジ船長操船の11号船ではトップを頂きました(^O^)/

しか~し!

正栄丸(光進グループ)では以前 私がアドバイスして頂いたM氏が104枚!束越え~!! 参りましたm(__)m

そうなんです 今回の金谷沖、1日アタリが途切れる事はなく、如何にそれに対応出来たかで釣果の差が出てしまいました。

「金谷カワハギ釣りは1日にして成らず」 まだまだ修行が足りませんでしたm(__)m

でも、やっぱり楽しかった~♪♪♪

ユウジ船長!また宜しくお願いします(^^)v

 

 

| | コメント(0)

〈林〉チョイ置きをちょいと・・・

さて、今日は出船中止となってしまいましたが、そんな時もやはり釣り、釣り具をちょこっと改造、いかがでしょう!

今やカワハギ釣りでは無くてはならないチョイ置き船べりトレイですが、カワハギ釣りではアサリとオモリを置き、そして湾フグ釣りではアマエビを置いて愛用しています。今年からはカラーバリエーションがピンク、オレンジ、グリーン、そして従来からのホワイトと4カラーのランナップ! これらのカラーにコーディネイトできるチョイ置きホルダーもリリースされています。

そんな便利なチョイ置き船べりトレイをご自分で更に使いよくカスタマイズされている方もいらっしゃると思いますが、僕はこんな感じで使っています。

 

エサを置くプラのネット部分がありますが、このネットを外し、ペットのトイレ用の高分子吸収体の入ったシートをトレイより一回り小さく切り、吸収面を上にして入れます。

 

20121102080244.jpg

 

次にトレイの幅にカットした割り箸を数本シートの上に並べます。

20121102080316.jpg

 

その上から、天地をひっくり返し、上面凹になるようにネットをはめ込みます。

20121102080330.jpg

 

ネットを凹面にセットすることにより、エサはトレイの中央付近におけるようになり、アサリやアマエビからのドリップ(体液などの滴り)がネットを通して割り箸の数ミリ下の吸収マットに吸い込まれます。船べりは当然船と共に揺れ、水平が取れている場所ではないですから、ドリップをマットに吸収させればトレイの底でドリップが暴れることがありません。

「でも、雨天のときはトレイの中に雨水が溜まってしまうのでは?」とお考えの方もいらっしゃると思います。そんな時にはトレイの底を水捌け良く切り取ったこちらをマット無しで使います。

20121102081129.jpg

 

そんな工夫も楽しく、実際に船に乗っていないながら釣りをしているときと同じときめきがあるものです。そしてこれもまた愛用しているチョイ置きホルダー万力にもこんな工夫をしてみました。

20121102080818.jpg

 

 

20121102080846.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不意に釣れてしまうオニカサゴの稚魚などの毒魚、そして外道を外すのに便利なクイックハリハズシが丁度入る内径のパイプの内側を面取りしステイに取り付けました。まだ仮止めの状態ですが、強度面もあるのでどのように取り付けようかと、これまた楽しい思案中です!

 

 チョイ置き船べりトレイの改造は専門の工具など必要なく、カッターやキッチンバサミでOKです! 家族サービスのない休日、鼻の穴を広げながらホームセンターのコーナーを巡るのも楽しいもので、その前後に必ず釣道具屋さんに寄るのも必須なのです(笑) 

 

| | コメント(0)

〈林〉海況悪くあえなく出船中止でした

本日(12月9日)はえさ政さんでのカワハギ教室でしたが、よりによって前日から北海道付近の低気圧が発達、昨夜のNHK天気予報でも東京湾内波1.5mと、ややもすると台風並みの風が吹くことが予想され、えさ政さんと協議した結果泣く泣く中止といたしました。東京湾現在の風力風向

えさ政さんHPより

明日はりょうさんのカワハギ釣り教室でしたが、予報的に不可能と判断し残念ながら中止となりました。 良さんとも電話で話し合った結果、出船という強行手段もありましたが、皆様に満足していただける物には至らないという事もあり、泣く泣く決断いたしました。 参加者21名様の方々には大変ご迷惑をおかけいたしましたが、ご理解いただければと思います。 次回は1月に予定をしておりますので、ぜひとも参加してただければ嬉しく思います。 12月は年末にかけてのイベントで、皆様お忙しい中での教室ではありましたが、次回予定の釣り教室にご参加いただければ幸いです。 りょうさん直伝は必ずカワハギハンターの皆様にはプラスになること間違いなし!お約束しますのでぜひ参加してくださいね!

1月にまた日程を組み直しえさ政さんでカワハギ教室を開催したいと思っています。

よろしくお願いいたします。

| | コメント(0)

<文>カワハギパラダイス!

今年の冬は流行っているそうです。

インフルエンザ、ノロウィルス、風邪!

3日に何だか身体がだるかったので、早寝したのでした。

4日に体温計を買いに行って測ったら、

微熱がありました。

風邪かなと安静にして、4日にはまだ微熱が!

5日に成銀丸でカワハギ釣りの予定が入っていましたが、

これをキャンセルしました。

5日の昼には熱も下がり何もなかったかのようで、

いつもほったらかしにしてしまうニャンコと遊んでやりました。

最近あまり遊んでやれなかったので!

一日置いて、7日に成銀丸に行って来ました。

微熱があったことと、腰の具合を考慮して、

日の当たる右舷の真ん中の番号札を取りましたが、

片側7人だったので前から2番目の席となりました。

身体を冷やさないようにと考えたのですが、

一日暑いくらいの暖かさでした。日陰はかなり寒かったようです。

釣果は、かなり休みながらやっても31枚の釣果!

トップは46枚!

半数の方が30枚ほどの釣果がありました。

ようやく潮が落ち着いてきたようですね。

剣崎の25~30メーターあたりを攻めていましたが、

これからは深場へ釣り場が変わっていくことでしょう。

潮の影響でなかなか剣崎が出来なかったので、

どうやらカワハギが温存されているようです。

良型が多く、かなりの引きを見せてくれます。

島下もこの前30分ほどやったのですが、

数枚の釣果を見る事が出来、

こちらは手付かずなのか、ベラもトラギスもデカイこと!

カワハギも温存されていることでしょう。

F1010498オモリと変わらぬ大きさの小さなトラさんでした。

 

F1010497 それに引き替え こちらは50センチほどのウスバハギ!

重かったな!タマですくったかって?

スムーズな動きで持ち上げて抜きました!

ハリは口にちゃんとかかっていましたが、

切れるか伸びるかと思いましたが、優しく抜いたのでOKでした。

この魚は、美味しい魚ですよ!

身がコリコリした感じなので、刺身で食べるときは、

サクにして冷蔵庫で少しねかせるのが良いでしょう。

剣崎の水温はようやく下がって来ましたが、

底潮がまだ下がりきっていないようで、

あと1~2度下がって、喰い渋ったカワハギが水に慣れたころから

本格化しそうですね。

それでも良い釣果では40~60枚と記録されているのですから、

剣崎のカワハギパラダイスはまだまだ続く!

ですね!!

| | コメント(0)

<文>第二回鋸南町カワハギフェスティバル

1日は、鋸南町のカワハギフェスティバルに参加してきました。

船数は10隻と盛大に行われました。

宝生丸右舷5番!

真ん中ジャン~!

そしたら隣の4番には、 ヤスちゃん「湯沢さん」

背中は、船長の操舵室の入り口!

これって策略か?

抽選の結果なんですけどね!

大型2枚の長寸で優勝が決まるという誰でもチャンスがある大会です。

早々に25センチをゲット!

あと一枚を狙っていましたが、ヤスさん26センチを釣り上げ!

なんとか狙っていたのですが、残念ながら負けてしまいました。

最初は、3枚集寄で狙い、中盤からは、宙から底を狙って掛けていく釣りを展開!

チクチクとした軽いアタリは早めの聞き上げでスルーして、

重めのアタリで食わせるようにしていったのですが、

もう一枚の大型には会えませんでした。

みなさん1枚は大型を釣っていましたが、なかなか2枚目が難しかったようですが、

2枚の長寸ですから、この2枚目がキーポイントになりましたね。

勝山ではワッペン釣りと思われますが、中型のカワハギも多く、

この日は、ほとんどが20センチ前後でした。

本来は小さい軽いアタリでも掛けていくのですが、

今回はスルーしていたこともあり、20枚でしたが、

ワッペンも釣ってしまえば数も伸びそうです。

水深もやや深くなってきました。

海面温度は下がって来ましたが、海底ではまだ、水温が下がっていない感じでした。

今月中頃からは、30メーター辺りがポイントになりそうです。

中型、大型の群れが固まり、爆るのは例年今頃からですから、

楽しみが増えましたね。

カワハギ釣りが各地で本格化してきています。

関係者の方々、運営お疲れ様でした。

来年も良い大会になりますよう期待しています。

| | コメント(0)

〈林〉一俊丸さん新築リニューアルオープンイベント

12月1日(土)、先の11月27日に新築、リニューアルオープンした湘南茅ケ崎の一俊丸さんにて、『2012年DKO初勝利、林良一さんのカワハギ講習会』(←主催のC.S.C.ナオミさんが考えたのですよ・汗)を開催いたしました。

当日は早朝より22名もの方々にご参加いただき、出船前のレクチャーはその新築の宿の中(左側の海に面した座れるスペース)で行いました。

20121201060834.jpg

 

今回はエキスパートの方々のご参加もあれば、アサリの付け方からお教えする方、そして一俊丸さんに初めてきたいただいた方も多く、季節によるカワハギの動向と釣り方、タックルの基本的なお話しをさせていただきました(下船後はDKO初勝利のトークショー有・大汗)。

 

さて、いつも優しい笑顔の堂満船長、まずは烏帽子岩回りの岩礁帯から攻め始めますが、ここではあまりカワハギからのシグナルはなく、早めの見切りをつけて亀城根に向かいます。

20121201093835.jpg

 

亀城根では既にカワハギ船が30艘近くいたでしょうか、開始と同時に船中あちらこちらでカワハギが顔を出します!

20121201090950.jpg

 

 

20121201092251.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

状況は外道が活発でカワハギもいるようですが、潮があまり効かずにアタリが極々小さい模様。そして、動いているエサには興味を示すが食うまでは追わず、必ず食う間=ステイを必ず作ることが大切で、それも若干長めのステイでアタリが出ることが多いようでした。

そんな展開であったので、オモリをヒラウチしながらゼロテンションでステイ。数秒後の極小さなアタリを掛けに行ける方にはそのゼロテン釣方を、ステイ後にややタルマセて聞き上げるといった、カワハギの食いを即した釣り方などを、皆さんタックルの違いなどを加味して行ってみました。

20121201100714.jpg

 

 

 

 20121201100828.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20121201103836.jpg

 

 

 

20121201110712.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20121201112604.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半主催のナオミさん、あろうことかノー・フィッシュ・・・、そこで僕の仕掛けをセットししばし傍らで見ていると、すぐに小型ながら顔を出し、あれよあれよという間に3連荘!

20121201121432.jpg

笑顔のナオミさん、「分かった、カワハギ解っちゃったよ~~、カワハギ!」と一人興奮しているのをよそに、船長は笑顔で「まだまだ、分かってない分かってないよ~!(笑)」と大賑わい! でもこの30分位の間に7匹を釣り、竿頭が10枚ちょっとの日に一番上達したかも知れません!!

ラスト1時間は物凄く冷たい突風が吹いてしまい、アタリも遠のき30分早上りでした。

 

沖上り後、着替えを済まして新築の宿に向かうと、手洗い場には個別のタオルが用意されていました。アサリの塩で汚れた手には嬉しいサービスで、各々真新しい一枚を使うことができます。

20121201144940.jpg

また、冷えた体に暖かいシチューとパンのサービスも! これにもビックリ、シチューに「つけパン」して食べちゃいました(笑)

20121201145349.jpg

 

最後は僕の「DKO初勝利トークショー」です・・・(大汗)

皆さんの痛いほどの真剣な眼差しで見つめられる中、幼少の頃ザリガニ釣りをしたこと、船釣りを始めたきっかけ、カワハギ釣りを本気でやめようと思ったこと、追っては逃げて行くDKO、今回10周年記念であり、大塚さんの訃報、1次予選、2次予選は特別ルールに救われた5グラム勝利のこと、決勝では終盤に1人奮闘したこと、そしてこれは決して1人で成しえた勝利ではなく、一緒に戦った戦友の思いでもあり夢、悲願であったこと・・・、など、このお話しをまとめる最後に不本意ながら涙が溢れてきてしまい、お聞きになっている皆さんには恥ずかしいところをお見せしてしまいました・・・

 

約1年前、釣りを続けて行くにあたってひとつの夢であった釣り教室が実現したのがこの一俊丸さんでした。今年はもう一つの夢であったDKO優勝を果たせました。そして、その後すぐ新たな夢ができました。それは・・・

釣り教室にご参加いただいた方の中から是非DKOファイナリストを輩出したいことです。その後の夢は言わずもがなでしょうか(笑)

「楽しく真剣に」の「真剣に」の部分。そこを突き詰め日頃感じることのない緊張感に立ち向かって行くことをも楽しみたいものです。

 20121201144923.jpg

当日の模様をナオミさんが毎日更新している 一俊丸釣果ブログでご覧いただけます。

 

また、僕にとっては年内最後のカワハギ教室が、羽田のえさ政釣り船店さんにて12月9日(日)に開催いたします。まだ若干の空きがございますので参加ご希望の方は直接えさ政さんにお申込み下さい。よろしくお願いいたします。 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉釣場速報2誌

釣具店ではレジ横などに、コンビニでは新聞などと一緒に販売されている「釣場速報(つりそく)」。関東エリアでは現在、12月7日発売号の2誌が発売されています。

まずはこの36ページある厚い方の釣場速報ですが、本号より〔林良一の船カワハギ集中講座〕と題し連載をスタートいたしました。

 20121202063827.jpg

 

記事は21ページに掲載されております(写真は表紙の一部です)。

 

もう1誌は28ページ構成の釣場速報関東版。本号には〔林良一presents 本気のカワハギ・今から間に合う準備編〕と題し、14~15ページの見開きカラーで紹介されております(写真は表紙です)。

20121202063805.jpg

 

連載は最初基礎的なことからテクニカルなことへと、下記の準備編は僕のタックルの細かな部分が掲載されております。

ご一読いただければ幸いです!

 

 

| | コメント(0)

<湯>第2回 鋸南町・カワハギフェスティバル!

12月1日 土曜日 今週も千葉県鋸南町・勝山港へ行ってきました。

第2回 鋸南町カワハギ・フェスティバルに参加してきました!

今年も大盛況!カワハギ人気凄いですね!

新盛丸さん、利八丸さん、宝生丸さん(2艘)、萬栄丸さん(3艘)、庄幸丸さん、

柾木丸さん、村井丸さん(保田港) 全10艘にて開催されました。

大会ルールはいたってシンプルで、釣りあげたカワハギの最大2匹の長寸です。

 

夜明け前より、漁協にて開会式~

我らが宮澤さんの軽快なトークと、各宿の船長の元気な挨拶で寒さも吹き飛びます!

なによりご参加の皆さん、朝から元気一杯ですね^^

2012120123060000.jpg2012120123050001.jpg2012120123040000.jpg2012120123040001.jpg2012120123050000.jpg

さて、私は宝生丸さんからのエントリーでした。

座席のクジ引きにより、右舷4番 お隣5番には、皆さんご存じ文さんこと永田さん

また、3番には内房釣り仲間の茅野さん

やっぱりみんな並んじゃうんだよねぇ~とお互い苦笑い(笑)

開会式を終え、皆さん各船に乗り込み、一斉に出船となりました!

2012120123030000.jpg

今日は、型狙いという事もあり、やや大きめの生アサリを用意し、

出船前に、アミノシュリンク原液に約10~15分程度アサリを漬けて使用しました。

このアミノシュリンク、抜群に良いですね!

程良く締まり、非常にエサ付けし易くなります。

締め塩だけですと、時間経過とともに締まり具合にどうしても差が生じて

しまいますので、細かな調整が必要ですが、こちらは非常に簡単に

安定したアサリの締まり具合が実現できました。

これは本当に優れ物だと思います。是非お薦めしたい1品ですね!

2012120123020000.jpg

タックルは、極鋭カワハギ1234AIRスマックレッドチューンSH

非常に喰い込みの良い穂先に、超優れたクッション性と

ハイスピードなリールのコンビで、良型でもゴリ巻きでバラシ防止!というセッティングです。

仕掛け部では、ワンタッチシンカーⅢを使用しました。

重さ1.5号でもスタイルが細身ですので、水の抵抗すくなく使えます。

また、ラインを挟む部分の特殊ラバーシート加工により

従来のシンカーに比べ、外れたり、ズレたりする事がほとんどなくなり

今季こちらも非常に重宝しております。

2012120123010000.jpg

針は、エサの大きさに合わせて、パワースピード8号、8.5号を使用しました。

ポイントは型狙いという事で、終日、富浦沖がメインとなりました。

文さん、序盤から良型あげていきます!

2012120123000001.jpg

茅野さんも良型です!

2012120123000000.jpg

型狙いという事もあり、船上は終始穏やかムードで凪も良く楽しめました~!

私はこの2枚でウェイン 26センチ+23.6センチ=49.6センチで

入賞に絡ませていただきました~

2012120122590001.jpg

帰港後、各船上位の計測~表彰式~閉会式等盛り上がりましたね!

 2012120122580000.jpg2012120122590000.jpg2012120122580001.jpg2012120122540002.jpg2012120122570001.jpg2012120122540001.jpg2012120122550000.jpg

 2012120122540000.jpg2012120122560000.jpg

閉会式進行は宮澤さん、プレゼンターはスペシャルゲスト・アングラーズアイドルの

阿部なぎささん! 沢山のご参加の方々に賞品を手渡ししていただき有難うございました!

2012120113540000.jpg

2012120122530000.jpg2012120122510000.jpg2012120122490000.jpg2012120201510000.jpg

今日はこんな可愛いいちびっこアングラーのお姿も!

お父さんと参加してくれた茉弥ちゃんです。

25センチ級を水深30メーター以上から見事抜きあげたようですよ!

お父さんとの良い思い出にしてくださいね^^

 2012120113290000.jpg

みなさんおめでとうございます!

2012120122480000.jpg2012120122480001.jpg2012120122500000.jpg2012120122480002.jpg

閉会式終盤の、いきなりの突風には驚きましたね!!;;

とにかく無事に大会終える事が出来て本当に良かったと思います。

本大会運営の皆さま、各船宿様、鋸南町の皆さま、

皆さまのご協力のお陰でこんな素晴らしい大会を楽しませていただきました事、

深く感謝致します。

鋸南町がカワハギの町となる日が、いずれ訪れるのではないかな・・?

という気がします^^ 

自然豊かでロケーション素晴らしい鋸南町。また遊びに行きます!

今日は、有難うございました。

2012120122470000.jpg

さぁ、いよいよTKB43決勝大会が迫ってきました!12月15日開催です。

今回、TKB43 第一回開催という事で、関係スタッフの皆さん、決勝に向けて

最終調整頑張って実行していただいているようです。

第一回大会という事で、基本的に全て初の試みです。

ご参加の皆さまのご協力と、ご理解いただき、記念すべき第一回大会が

素晴らしい大会になればと思います。

皆でTKB43を築き上げていきましょう!

楽しみましょう!よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。