船最前線ブログ

〈林〉カワハギの捨てオモリ仕掛けに一工夫!

カワハギ釣りで主に根の荒いエリアなどで使っている捨てオモリ仕掛け。破断強度の高い高品質のPE0.8号なら、捨てイトをフロロの2.5~3号を使うことによりオモリの根掛り時にはこの捨てイトから切れ、仕掛け、PEラインを守ります。

この捨てオモリ式のカワハギ仕掛けは永田さんも使っておられ、僕は湾フグ仕掛けの捨てカットウからヒントを得て使っています。

 

オモリには(ちょっと見辛いですが)このように、八の字結びで作った三つのコブがあり、オモリのアイ(金属製の輪)とヒラウチ時に擦れて切れるのを防ぐ為、直接アイにフロロが触らぬように硬質夜光パイプで補強しています。

 20120806172439.jpg

 

 この三つのコブのオモリから遠い方から自動ハリス止めに掛けていくのですが、自動ハリス止が大きい物だとハリス止め部分の線径が太く切れ難くなり、逆に小さな物だと線径が細く切れやすく、また、根掛り時の無理な加重で変形→すっぽ抜けなんてことも想像できます。

 

先の「 この三つのコブをオモリから遠い方から自動ハリス止めに掛けていく」ですが、なぜ「オモリから遠い方から」というと、例えば一箇所だけしかコブがない場合、宙釣りでヒラウチを繰り返した場合1日持たずそこから切れてしまうことがあるからで、運良く根掛りしない場合でも、しばらく釣り続け真ん中のコブに、最後はオモリに一番近いコブに掛け替えていく為なのです。

20120807074952.jpg

 

 

20120807075027.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「捨てオモリ式」オモリは容易に作ることができますし、快適カワハギ仕掛けの下部に自動ハリス止めを取り付ければすぐに使用できます。また、僕は自分で仕掛けを作るのですが、ハリス止めの下部にくるコブは八の字結びで、上にくるコブは一重結びで結ぶと、当然一重結びの方が弱く、複数の鉤が根掛かってしまった場合弱い一重結びから切れPEラインの高切れを防ぎます。もっともこの場合、幹イトをフロロの3.5号で作るなど、一重結びにウイークポイントを持たす特性ゆえ幹イトは若干太めとなります。

 

日頃から潮の早い剣崎エリア。先日の【剣崎沖解禁カワハギ仕立て】の前半、かなりの早潮で根掛りが頻発いたしました。ご参考になればと思いました。

 

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。