船最前線ブログ

2011年10月アーカイブ

<堀>フィッシャーマン府中店OFF会

 9月に行われたフィッシャーマン府中店釣り教室に参加された方の御誘いを受け、小網代 丸十丸でのOFF会に参加させていただきました。

当日はカワハギ仕立て船もあり、満員御礼の4隻出し!

IMG_0401.JPGIMG_0402.JPG

仕立て船のお客様はこちら~♪ チームダイワの皆さん♪ 伝説のカワハギ船長 小菅 正春船長操船の丸十正丸で出船です!

IMG_0403.JPG

 チームフィッシャーマンは裕治船長操船の15号船の半仕立て、片舷7名でゆったりの出船となりました。

スタートは小網代沖、浅場にはまだまだ小型もいるようですが、少しでも良型を!ということで裕治船長 今回は水深25M~40Mの中、深場を攻めました!

しかし今回は底潮動かず、2枚潮と悪条件(T_T)

1日を通してポツポツの拾い釣りとなりましたが、一瞬の時合や良いポイントに差し掛かった時は一荷や良型、3人同時ヒットなどなど、皆さん楽しんでいるようでした(^_^)v

渋い状況でのダブル~♪♪お見事!! 

IMG_0407.JPG

自作キラキラおもりでお見事ゲット~

IMG_0409.JPG IMG_0410.JPG

良型ダブルでチュッこちらも自作キラキラ~☆☆☆

IMG_0411.JPGIMG_0417.JPG IMG_0419.JPG

3人同時ヒット~!!!私は隣だったのにな~(T_T)

IMG_0418.JPG

 こちらは2人同時ヒット~!! んッ!?後ろに何かいるぞッ!?IMG_0416.JPG

 小網代のヤンチャ猿出没!(^_^;)

IMG_0414.JPG

このお猿さん、沖揚がり20分前に手の甲にハリを刺し、そりゃ~もう大騒ぎ(^_^;)

そんなこんな、若干1名を除き無事沖揚がりとなりました(^_^;)v

  

IMG_0420.JPGIMG_0422.JPG

たかはしサン、はやしサン釣行写真撮り忘れちゃいました(^_^;)ゴメンナサイm(__)m

たかはしサンは船中トップの35枚!乗船前に「堀江さんに教えてもらってから調子がイイです」なんて御褒めの言葉をいただいたのに‥・スイマセン(^_^;)

 

皆さんお疲れ様でした。

もう少し実釣でアドバイス出来れば、と思っていたのですが、あまりお役に立てず申し訳ありませんでしたm(__)m

これに懲りずまたの御誘い、お待ちしておりますm(__)m

追伸 

丸十丸の看板娘 綾香ちゃんは今勉強で大忙し!頑張ってね\(^o^)/

IMG_0423.JPG

 

小網代沖にヒゲハギ出現!?

IMG_0413.JPG

いったい何なんでしょう? 

寄生虫?それとも何かを食べて刺さっているのか?引っ張ると唇もついてくるんです!?

宮澤さんのブログにも登場していたような?

 

| | コメント(0)

<湯>週末カワハギ地獄~松輪編~

10月30日 松輪・江奈港 成銀丸さんへ行ってきました。

宿に着くと、成銀丸さん常連の増澤さん、瓦林さん!

本日、カワハギ地獄の一丁目をご一緒する事に相成りました^^

2011103021250000.jpg2011103021240000.jpg

出船前、隣の仕立て船で、女の子が見事トラフグの

赤ちゃんを釣りあげました!

2011103021230000.jpg

これを見た増澤さんも早速、実釣!

2011103021230002.jpg

が、しかし・・・!見事ツンツルテンでした~(笑)

2011103021230001.jpg

さてさて、和やかムードで晴天の中、剣崎沖向けて出船です!

2011103021220002.jpg

北の風やや強く、ウネリは結構ありました。

2011103021220000.jpg2011103021210000.jpg

タックルは、最近バリバリに使っているリーディングA-1

針は、宙を意識して、サクサスワイドの4.5号を上2つ

下をサクサスPワイドの4号

やや潮速く、ウネリが大きく釣りずらい状況ですが、

一投目から、瓦林さんが掛けます!

2011103021220001.jpg

ウネリで仕掛けがかなり上下するので、時々オモリが底に

着く程度の層で誘っていると、ガツガツっと掛かってきました。

サクサスワイドフックは、しっかり口を捕えていました。

 

瓦林さん、ウネリの中での竿先に出る繊細なアタリに集中して

良型を掛けていました!

2011103021200000.jpg

剣崎で24、5枚釣ったところで、エリアを城ケ島沖へ移動

こちらは、風裏になり、釣り易い状況です。

2011103021190002.jpg

何度か仕掛けを入れますが、アタリも出ず、エサも取らず・・

おかしいなぁ・・・

反応が出ていると思うので、底から1メーター程度切ったところで

待つと、小さなアタリが!掛けられずあげてみると

見事に完食です。。。

 

ここで、タックルチェンジ。

幾分深いですが、レッドチューン・ボトムに変更しました。

シンカー0.8号を打ち、針はサクサスPスピード7.5号

底~50センチ位の範囲を釣りました。

RTボトムを深場で使用するのは初めてですが、

あらためて感度の良さを実感しました。

特に、底で押さえ込むようなアタリ(なんと表現したらいいのか・・)は

凄く良く判別できました。

 

城ケ島沖の深場では、小型の数釣りという感がありますが、

今日の城ケ島沖は違っていました!!

デカイのがいるんです!

大中小混在しているので、油断するとツルツルにされます。

増澤さんも城ケ島で良型!終盤こんなのが船中ボコボコ上がりました!

2011103021190001.jpg

RTボトムでの深場の釣りは本当に面白かった!

大人げない表現かもしれませんが、楽しくてしょうがなかった!

 

終盤、連発は続きましたが、お時間となりお開きとなりました~

釣果は42枚で、剣崎沖、城ケ島沖と2度おいしい?

至福の時間を過ごせました^^

剣崎沖、城ケ島沖、正に健在!といった感触でした。

特に城ケ島・・・マジで・・・ヤバイです。。。^^;

 

今日は、正美船長、同船いただいた皆さん、有難うございました^^

 

追伸:今日の海は曇天となるとだいぶ寒くなってきました。

快適に釣りが出来るよう、そろそろ防寒の準備もしたところですね。

2011103021190000.jpg

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

<湯>週末カワハギ地獄~館山編~

カワハギシーズン最盛期ですね!

10月29日 館山釣りセンター くろしお丸さんへ行ってきました!

夜中に港に着き、右舷ミヨシにクーラーを置き

何気なく夜空を見上げると・・・驚きました!

数えきれない程の星くずが!☆☆☆

まさに、満天の星空でした!

静寂な闇夜に感動的な光景でした。

しばし見とれて車中で仮眠を取り、夜明けを待ちました。

(見とれ過ぎて、首が痛くなったのは内緒にしておきました・・自爆)

 

さて、釣りセンターさんは、カワハギ名手の集まる宿として有名です。

この日も、凄腕のみなさんいらっしゃいました!

ご存じ、佐久間師匠鈴木さん柳澤葉子さん

2011102921410000.jpg

花輪船長も、朝から元気に声を掛けておられます^^

2011102921400000.jpg2011102921400001.jpg

タックルは、リーディングA-1に、サクサス・ワイドフック4.5号で

朝陽に向かって第1投!至福の瞬間です

2011102921380001.jpg

潮の流れイマイチのせいか、速い誘いには付いてこない

感じなのですが、遅い誘いでは見事ツルツルと・・・

微妙な感じでのスタートでしたが、ポツリポツリはあがります。

潮が効いてないせいか、魚がエサを咥えても、

首を振らず、居食いのような感じです。。

 

それでも中にはマッチョな個体もいて、十分楽しませてくれました!

2011102921380000.jpg2011102921370001.jpg

 左舷ミヨシには、鈴木さんと、ヨーコさん

様子をみにうかがうと、丁度ヨーコさんの穂先にアタリが!

ガガガ!と宙で一撃!流石ですお見事でした!

2011102921370000.jpg2011102921360002.jpg

終日、潮の流れ不足でしたが、終盤一時喰いがたち、

鈴木さんは連チャンしておられました!

私は、その時失速・・・まだまだ課題を残しました^^;

 

魚がイマイチやる気がない時、散漫な状態の時、

誘いが気に入らないと、エサも取らずに、仕掛けから遠ざかって

しまう感じでした。難しかったですが、良い経験をさせていただきました。

釣果は、船中トップは鈴木さん32枚。

私は25枚でした。

潮替わりした午後便では、喰いも好調だったようですよ!

同船いただいた皆さま、花輪船長、今日はありがとうございました^^

また、綺麗な星と館山カワハギに会いに行きたいですね^^

 

2011102921360000.jpg2011102921360001.jpg

追記:訂正と、お詫び

当ブログ公開時、鈴木様のお名前を、誤って高橋様と記載して

しまいました。大変失礼致しました。

この場をお借りしてお詫び申し上げます。

湯澤安秀

 

| | コメント(0)

<文>今シーズン初の松輪

今日は、松輪 大松丸から、

つり丸の カワハギ釣り取材でした。

私を含めて 6人でした。

極鋭レッドチューンボトムで始めたのですが、

宙では風の影響と潮の重さでアタリがはっきり出なかったので、

同レンジに変更!こちらでは確実なアタリの伝達がありました。

潮の重さもあったせいかもしれませんが、

私にとってはベストでした!

釣り始めは、目の前の剣崎から!

上げ潮とやや強い北風!

流れが変わるまでの釣りでしたが、

これが朝からバラシの連発!

落ち込みますね。

今までのワッペン釣りのままのスタイルで、

針もそのままと言う 横着!

これがいけなかった!

針をチョイスしなおして!

この初めには、スピードでは掛からなかったのでした。

釣り方が間違っていたのでしょうか?

「吸い込ませよう」から「掛けよう」に変えて、

針はワイドフックが当たりでした!

その後に、また掛かりにくくなったので、フックを使って見たところ

これが当たりです!

潮が飛び出したので城ケ島に移動!

剣崎では良型、大型のみで放流なしでした。

こちらの昨日はよく食ったとのことでしたが、

今日は今一の感じで、針をスピードの変えて吸い込ますようにして、

こちらでは やや小型も混ざってきました。

後半潮の淀みを狙って剣崎に向かいました。

今度は最初からワイドフック!

これが正解でバラシなし!

針の選択が難しかったな~!!

そんな一日となりました。

F1010008.JPGF1010009.JPG

自分的には かなり楽しかったですが、

釣れている時は、写真撮り~?!

この差は大きいな~!!

結局放流は数枚でした。

釣果34まい

底から 

50センチから3メーターの間での釣りでした。

いよいよ 明日はDKOの決勝ですね!

二次予選を突破した方々!

そして カヤゴン!

頑張ってください!!

緊張感ある決勝の中でも楽しんでください!

| | コメント(0)

〈林〉宙のゼロテンション ~スミイカのエギング~

数年前までは今時期になると、カワハギ釣りとスミイカのエギングを6:4位の割合で楽しんでいました。

久し振りに思い立ち、今日は「宙のゼロテンション」の練習に、そして食味の良いスミイカのエギングに行ってきました。

タックルはDAIWAの往年バスロッド、ハートランドZ+エアド・レッドチューン、08のPEラインの先にリーダーを結節し、リーダーの先に10号の船アオリイカで使う中オモリを接続、もう一端にはフロロカーボン3号を1.5m取り、2.5号の餌木をループノットで結びます。

 

20111028085355.jpg

 

 

20111028084205.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なだらかな、そしておおむね砂地の海底がポイントで、そこで船を流しながら、煩瑣にタナを取り直しながらのこの釣り、出船前に吉久の峰岸船長が、スミイカエギングのキモを入念かつ親切丁寧にレクチャーをしてくれます!

20111028064613.jpg

 

 ポイントの着き「どうぞ~」の合図、餌木と中オモリを海面に放ち、餌木より早く沈んでいく中オモリが着底したところで竿を水平に保ちラインを張ります。

スミイカの生息場所は海底付近、そこで、潮の効いていない時間帯はおおむねハリス分の1.5mをリールに巻き込み、潮の効いている時間帯ほど餌木がハリスを斜めに引っ張りながら海底付近を泳ぐように、中オモリの位置をやや低くし、1.2mや1mを切ることもあります。

ここで重要になってくるのはタナ取りで、船が振れてラインが斜めになったり、たとえ真っ直ぐにラインが立っていても、海底直上を泳いでいる餌木を狙って近づいてくるスミイカをイメージしながらタナ取りを繰り返すわけです。

餌木と中オモリは海底を切って漂い泳いでいるのですが、船の揺れをパーミングで吸収しながら餌木が上下に暴れないよう集中していると、柔らかな穂先に「ツン」とくる、スミイカが2本の触腕で餌木を捕らえ、残りの8本で餌木を抱く挙動があったり、「ジワ~ッ」と重さが伝わってくるのがアタリで、すかさず鋭く竿を上げ、カンナをイカの皮を貫き筋肉に刺すわけです。

 

20111028092003.jpg

 

 

20111028111921.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワハギ釣りに当てはめてみると、ステージ4~5のいわゆる宙釣りでは、揺れる船上であっても、その揺れに翻弄されることなく、自分のイメージ通りのオモリの操作=仕掛けのコントロールが必要不可欠で、オモリをFD(fixed-depth:固定水深)で、外道は追えず本命のカワハギだけが泳ぎ寄り摂餌することのできる一定の水深に、仕掛けを船の揺れで上下動させずに留めておくことが肝要です。

宙釣り=タナ釣りと言われるよう、まさに宙にある仕掛けのコントロール、オモリのヒラウチなどを、船の揺れに影響されずに安定させてやることが、カワハギからのアタリに、釣果に大きくかかわってくるわけです。

使用する竿、オモリの号数、仕掛けは違えど、スミイカのエギングとカワハギの宙釣りにはこんな共通点があると思います。

 

ゆるりゆるりと船を流す船長、釣り人は「今スミイカが餌木を見ているだろう」とイメージしながらタナ取りを繰り返すいわば「静の釣り」であるスミイカエギング・・・

今日はスミイカの活性が良く、38杯獲れました!

 

20111028085705.jpg

 

「墨イカ」と言われるだけあって墨はご覧の通りですが、その身は刺身に、ゲソはボイルしてワサビ醤油と和えたり、イタリアンでも中華でも、何に料理しても美味しいスミイカ、冷凍保存もきき、重宝な食材この上ないです。

たまにはこんな釣りもいかがでしょうか。

| | コメント(0)

<堀>金谷 光進丸 カワハギ釣行

10月27日 金谷 光進丸に行って来ました。

IMG_0394.JPG IMG_0392.JPGIMG_0388.JPG

 ここ数回の金谷釣行では、完全にカワハギに主導権を握られている感じ(-_-;)

今日こそは!

気合い入れて釣るゾッ!! 

IMG_0391.JPG

まずはいつもの航程1分金谷真沖、水深15Mほどの「腕試しポイント」からスタート!

前日の予報では北寄りの風が少し強そう、アクアラインの吹き流しは真横にたなびいていたので、少しウネリが残っているかな?と思っていたのですが金谷沖はベタ凪!東寄りの風が混ざるとここは凪なんです(^_^)v

スタートタックルは極鋭レッドチューン&エアドレッドチューン。

IMG_0396.JPG

 

 ハリはスピード7号(1.7号6cm市販)、朝一は意外と素直に喰ってくる印象があるので、あまり余計な事はせず、着底→束1M程底を切り→宙での反応を見ながら探り落とし→再び着底→アタリ→スイープな合わせ。

こんな感じで3投で3枚。

次の投入ではツルテン(>_<)

ここで真ん中のハリをスピード7号(2.5号5cm市販)に交換、着底と同時に海底30cm程の幅で上下しながら叩き→叩きのスピードを序に々落としていきカワハギの喰ってくるタイミングを探ります。

こんな感じの釣り方で30分で13枚!1時間で20枚を釣り上げます(^O^)/ IMG_0397.JPG

この口、歯で巧い事食べるんです(^_^;)

IMG_0400.JPG

  

出船前に裕治船長に「今日50枚釣れたら御褒美をあげます」と約束(^_^)v

頭の中では「50枚はイクな!」と思っていたのですが、序々に様子が変わっていきます。

潮止まり前の浮いた反応、潮止まり直前までワイドフック3.5号(サクサス)でなんとか拾い続けますが、ここでこのポイントで見切りをつけ型モノ狙いのポイントへ。

 沖目にポイントを移したのですが少し濁りが入ってきています。

そして完全に潮止まり、ここからは完全にカワハギに主導権を握られてしまいました(T_T)

型モノ狙いにハリのサイズを上げればツルテン‥・下げればすっぽぬけ&伸ばされてサヨウナラ~等々

特に沖揚がり前1時間はシビレました。

動かしていると反応せず‥止めるとツルテン‥微妙な誘いでカワハギとのズレを作り、掛けるところまではいくのですが、首振りをしてくれないので巻きあげ途中でバラシ&海面バラシ。

ならばと、しっかり合わせても全てスッポ抜けてしまいます(>_<)

上がってくるカワハギは唇に掛かっているか、ハリがのっているだけ、フッキングしていません‥・

裕治船長も、潮が動き出すのを期待して延長してくれますが‥・The End

結果

E氏と私が船中トップ47枚でした(別船トップ52枚)47枚釣ってボヤくな!と聞こえてきそうな釣果なんですが‥・(^_^;)

沖揚がり後、裕治船長とハリの話等々聞きました。次回試させて頂きます(^_^)v

 

キープしてきた22cm~25cmのカワハギ、肝の状態がイイ感じになってきましたよ!

まだ表面に薄っすら血が残っていますが、中は真っ白包丁でサイの目に切っても形がしっかり残ります(^_^)v(個体差はあります)

下処理でニガだまを取るのはもちろん、表面にあるスジも丁寧に取って召し上がってみてください!

肝を美味しくいただきたいなら血抜きはお忘れなく!

朝一にクーラーBOXの中にたっぷりの氷で海冷水を作っておきましょう!

血抜きをしたカワハギをいつまでもバケツの中に入れておくのも×です。生きている間にクーラーBOXに入れましょう。

 

裕治船長

次回は褒美を貰って帰ります!よろしくです(^_^)v

| | コメント(0)

〈林〉カワハギ教室

先日この船最前線ブログでも告知(http://maruika.funesaizensen.com/marumaru/2011/09/post-602.html)いたしましたが、僕が講師を務めさせていただくCSCナオミさん主催のカワハギ教室が間近に迫ってまいりました。

そしてこの度ダイワさんより下記のカワハギ竿をお貸しいただけることになりました。

①極鋭RTレンジ
②極鋭AIR1332
③メタリアM180
④AブリッツM180
⑤〃    MH175

1、4、5は今年のモデル、今カワハギ竿に迷っている方、是非船上で実際に使ってみて下さい!

11月5日(土)、茅ヶ崎の一俊丸さんにて、まだまだ募集しております!!

 

| | コメント(0)

<堀>横浜皮研 秋季大会

 10月23日、私の所属する横浜カワハギ釣り研究会の秋季大会に参加してきました。

前々日の天気予報では、開催が危ぶまれたのですが、当日の海上は少し波っ気はあったものの、沖揚がりのPM3時まで無事、終える事が出来ました。

結果、2011年秋季大会優勝はダントツの66枚!を釣り上げた、横浜皮研会長 長谷川さ~ん!(右側)

IMGk0379.JPG

準優勝は,最近絶好調で52枚を釣り上げた大野さ~ん! 

IMGk0380.JPG

3位は47枚を釣り上げた五ノ井さ~ん!

IMGk0381.JPG

 私は37枚、12位に終わりました(T_T)

大会表彰式の後は恒例のジャンケン大会!

でっ!いただいちゃました

IMGk0382.JPG 

 こちらの御二人も見事ゲット!

 IMGk0384.JPG

 皆さん、次回も宜しくお願いします(^_^)v

お疲れ様でした。

 

そして、10月30日に行われるダイワカワハギオープン決勝!

我が横浜皮研から3名、厳しい予選会を勝ち抜きファイナリストが生まれました!!

柴田 英毅さん(2年連続!) 大野 浩司さん 佐藤 剛さん おめでとうございます(^O^)/

横浜皮研みんなで応援しています!頑張って下さい\(^o^)/

10月16日に行われたG社の大会でも1位、2位を横浜皮研で決めるなど(1位御手洗 和彦さん 2位佐藤 忠男さん)輝かしい活躍!

とても誇らしいかぎりです

 

私ももう少し頑張らねば<(`´)> 

 

| | コメント(0)

〈林〉DKOセミ→吉久カワハギ大会

先週の土曜日はDKOセミファイナル、日曜日は湾奥の船宿吉久のカワハギ大会でした。

土曜日のセミファイナルは結果敗退。

自分を出し切り追い込み臨みましたが、思い届かず、力及ばずでした。

しかし、去年の一次予選敗退のときよりも、次の釣りに繋がる内容を多く得られた感がありました。

 

翌日は浦安の船宿吉久さんのカワハギ大会でした。

ここは釣友おケイさんの常宿で、それをきっかけに通うようになり、今回のカワハギ大会のお誘いを受けた次第なのです。

当日は大型船に20人超の乗船、会場は竹岡沖、丁度前日DKOセミでも同エリアの竹岡沖でした。

開始~前半は13m付近を攻めましたが、朝一アタリが煩瑣にあり、立て続けに4枚GET!その後アタリは遠のきましたが、右舷艫付近(僕は右舷ミヨシ2番)では煩瑣に竿を曲げているようです。

後半25m付近に移動、終始誘いをかけてのゼロテンションで一枚一枚丁寧に掛けて行き、終わってみれば27枚、枚数部門で優勝でした(2位は15枚でしたが、20枚釣った方が大型賞のため繰上げ)。

 

20111024073310.jpg

 

 

これでまた、懐が寂しいときに一度乗船できます(笑)

| | コメント(0)

<文>22日と23日は!?

先週から風邪をこじらせてしまい、

熱があって、ようやく声が出るようになって迎えた

22日 DKO二次予選!

予想通り、抽選の段階から思うようにいかなかった。

これは言い訳でしかないのだが、

拾い釣りはきつかった!

その通りの釣果で14まいで終了となった。

次回も頑張らないと!!

二次予選を通過した方々は

29日の決勝にベストを尽くしてください!

翌 23日は、勝山の宝生丸より、

カワハギ釣り教室をお願いされて、

楽しく一日を過ごせました。

私自身の竿を出すことはなくお客様とのコミュニケーションに終始しました。

少しでも興味や、ヒントになればと思います。

この二日天気予報は最悪だったのですが、

皆さんの行いが良かったのか言われるほどのことはなく

なんかいい感じの天気になっていました。

多少の雨は仕方なかったのですが、

天気もまあまあでした。

残念なのはこの雨のための濁りが入ってしまったことです。

来月の釣り教室やチャリティーなどがありますが、

天気が良いことを祈ります。

F1010002.JPG

F1010003.JPG

F1010004.JPG

F1010006.JPG

 

釣風景の後ろ姿で申し訳ありませんでした。

次回、機会がありましたら

また、よろしくお願いします。

F1010001.JPG

プライベートで参加?

ティップラン アオリイカの午後船が目的だったのかな?

カワハギならぬ?

狙ってかけた大中小でした?!

応援 ありがとうございました!

 

| | コメント(0)

<湯>カワハギいよいよベストシーズンですね!

先週末に続き今週末も、サンデーアングラーの私にとっては、

天気予報とにらめっこな日々を過ごしていました。。。

予報は、激しい豪雨かぁ・・・

救いは、午前中一杯は北東風という事で、行ってきました!

 

10月22日 鎌倉・腰越港 多希志丸さん

6時頃、港に着くと、車から降りるのも腰が引けてしまいそうな 

激しい豪雨でした。。。

2011102219070000.jpg

出船前の江の島は一面雲に覆われていました。

2011102219010000.jpg

港脇の河口からは、ド茶濁りの水が流れ込んでいました。。。

それでも、準備を始める頃には、小降りとなり

沖には日差しも見え隠れしています

2011102219030000.jpg

なんと急速に回復!?晴れ間となりました!^^

2011102219020001.jpg

北東の風もほとんど無く、予想もしない最高の

コンディションでした!

それでも時折、ポツポツは降りましたね;

 

エサ置きトレイはいつもの船ベリではなく、下に置きますと

幾分ですが、エサが濡れませんので、雨の日はこうしてます

オモリが入った、重めの道具箱で押さえると、動かなくていい感じです^^

2011102219020000.jpg

RTボトムにワイドフック3.5号で開始し、3連釣するものの、

後が続かず、時折ポツポツ程度の開始1時間でした。。。

ワイドフック4.5号とP・スピード7号を混ぜて3種混合で

試しますが、これといった針が決まらず・・・

 

それまでのオモリを少し切った釣り方から

オモリを底に置いた、ゼロテンションに切り替えてみました。

ポイントはいつものカジメ林に突入です

操作性重視で、リーディングA-1に持ち替え、カジメの面で

誘いますが、どうしたことかアタリすらありません。。。泣

着低後、カジメの中をゼロテンションで待ってみると、

いきなり良型がきました!

他の針は見事ツンツルテンですけどね;;・・・苦笑

gs2310n0192.gif

カジメ林の中で、おそらく隙間のようなところでしょうか、ゼロテンで

待つと、ボコボコ釣れてきました!これは面白かったです!

アンダーステッカーサイズも沢山いるので、度々ツルツルにされました・・・(>_<)

2011102219030001.jpg

いつの間にか、ベタ凪で、ウィンドサーフィンを楽しむ方も

立ち往生でしょうか・・?(笑)

心配していた、午後からの南西風も全然吹きませんでした。

2011102219050001.jpg

後半は、幾分深めをやりましたが、こちらはオモリを

少し浮かせた宙で、連発でした!

群れが固まってきている感じでしたよ^^

最後まで夢中に楽しんで、52枚で終了となりました。

 

久しぶりに、翔君に会いました! 大きくなりましたね^^

将来はサッカー選手かな?スケボー選手かな??

多希志丸船長ならよろしくね^^;

2011102219040000.jpg

釣りとは話がそれますが、腰越は、ご存じ江ノ電が走っていますが、

腰越界隈の一部は路面電車となっています。

路面での江ノ電を見るのも楽しみの一つなんです。

2011102219040001.jpg2011102219050000.jpg

今日は、お天気も好転し、沢山のカワハギに遊んでもらい

なんだか嬉しい一日でした^^

感謝☆ ありがとうございました(^-^)

2011102214300000.jpg

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>出た~!束!!!

 出ました束越え103枚!

私のホームグラウンド小網代 丸十丸で早々と束越えが出てしまいました!くぅ~!(^O^)/

先シーズンに引き続き今シーズンも新子(ワッペン)の数がヒジョ~に多いので、11月に入れば水温の低下と共に束越えも!?と思っていたのですが、ここ数日の水温低下が影響したのか、早々に103枚~!\(^o^)/

激熱になってきましたよカワハギ釣り!!!

 

| | コメント(0)

<文>今日は腰越

今日は、

つり丸の取材に、

腰越の池田丸に行って来ました。

帰りに聞いたら

2~3日前に来ればよかったのにと?!

ええええ??

喰い方が全然違うし、

良型も多かったとのことでした。

F1010019.JPG

 

 

これだけは釣ったので十分です。

 

寒い為

防寒を持ってきたので、

それでも体が慣れていなくて寒い~!!

チョット早めに終了させてもらいました。

 

 

船長としては、もっと良型を釣らせてあげようと、

やや深いところも探してくれました。

 

 

F1010022.JPG
F1010021.JPG



このサイズが

混ざりで良型が来る感じでしたが、

浅いところで

秒殺で、

ツルテンの連発になってしまいます。

カジメの釣りがメインとなっているので、

余計なものを付けない方が

今は良いかもしれません。

 

 

 

| | コメント(0)

<湯>激荒れの内房

10月16日 勝山港・宝生丸さんへ石澤さんと行ってきました。

2011-10-16T15_29_21-1.jpg

今週末は各地大荒れでしたね

それでも、何とか週末はカワハギ釣りを楽しみたいと

大勢のファンが勝山に集まりました!

やはり楽しいカワハギ釣りが、明日への活力となるのでしょう!

 

ここ勝山では、島陰など場所限定での出船となりました。

南西風12,3メーター位吹いているでしょうか・・・

結構な荒れ具合でした。。。

 2011101616240000.jpg2011101616280000.jpg2011101616300000.jpg

潮色は沖から陸へ向けて徐々に濁りがきつくなり

決して条件は良くない中、みなさん掛けていきます!

たなっちさんに茅野さん^^

2011101616230001.jpg2011101616220000.jpg

強風とウネリでアタリは非常に出にくい状況でしたので

シンカー2号に、サクサスワイドフック4.5号&3.5号

全体的に張りを出してやってみました

やはりサクサスは貫通力いいですね!

2011101616260000.jpg

エサ取りには、ヨソギも結構います

2011101616230002.jpg

 こんな海況の中、キャッチした1枚は嬉しいものですね!^^

2011101616230000.jpg2011101616220001.jpg

石澤さんは、柔らかめのエサで上手く吸い込ませ、時折連発していました!

 

このシケも治まり、水温も低下し始めると、いよいよ魚が固まる頃と

なるのでしょうか、次回はさらに期待持てると思います。

とりあえず今日は最後まで釣りが出来て良かった~^^

激荒れの中、みなさんお疲れ様でした!

 2011101613140000.jpg

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>日刊スポーツフィッシングサーキット内房カワハギ釣り大会順延

 本日開催される予定だった、日刊スポーツフィッシングサーキット内房カワハギ釣り大会は、強風により順延となりました。

11月5日に変更の予定ですが、決定ではありませんので光進丸ホームページで御確認下さい。

集まった顔見知りは中止を聞き、駐車場でしばし歓談。

プチ撮影会&釣り談義 

長~くなりそうなので、お先に失礼させていただきましたm(__)m

皆さん次回は宜しくです(^_^)v

で、私とパン屋さんは海ほたるで朝食。

IMGk0360.JPGIMGk0361.JPG

風速15メートルでまっすぐ立っていられません(+o+)

IMGk0362.JPG

 地元に戻り、元町ルノアールでお茶をしながらある人の噂話(^_^)

「最近釣りに来ないねぇ」「どうしちゃったんだろうねぇ」

それじゃ帰ろうか、とお店を出ると噂の本人!

 

 

IMGk0364.JPG

マフィアではありません、あべチャンです(^_^;)  去年の11月11日、私の2束釣りを邪魔した男です(-_-;)

今度は元町スタバでお茶の2次会!

積もる話をしてお開きとなりました(^_^)v

裕治船長、「束釣りができる海になったら遊びに行く」と言ってました(^_^;)

ヨロシクとの事です。

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉誰もが4番バッターに成り得るか!?

伊集院 静 という小説家をご存知でしょうか。

先日テレビ番組で初めて彼を観たのですが、今の時世をズバッと切るような、それでいて的を得た的確な発言、滲み出てくる男っぽさ、競馬では数千万円を携え勝ちに行き、過去にはあの夏目雅子、篠ひろ子と結婚していた経歴を持つ人気小説家なのです。

「伊集院作品には、生きることに不器用な、それでいて繊細な人物が数多く登場している」とは、その番組でのナレーション。

番組の中の取材で、「チャーミングな大人とは?」の質問に、「自分第一の考え方をしない。その場の損得の感情が見えない人。」と、間髪入れずに応え、その眼光の鋭さたるやに惹かれ画面に観入っていたのでした。

そこで彼は、「小説家が皆4番バッターではないんだよ。様々な読者がいるわけだから、その一人一人を満足させるというのは不可能なことなんだよ。」とも話していました。

書くべきものを書く小説家の個性、それを様々な感受性を持つ読者が判断し、「この小説家は大好きだから4番バッター、また別のこの小説家は何番バッター」など、それぞれ格付けしているということでしょうか。

 

カワハギ釣り。

一昔前は、「宙の釣りでは○○名人」、「ハワセの△△名人」など、各々得意とする釣り方があり、それぞれが得意とする状況での4番バッターだったと言い換えられるのかもしれません。

近代カワハギ釣方では、宮澤さんの提唱するステージ1~5までの、そのときその時のカワハギの活性、摂餌、外道の活性等に合わせた釣り方が紹介され、それぞれのスキルの細分化がなされていています。

例えば今期発売されたレッドチューン・レンジでは、ステージ4~5の想定、鉤はフック、又はワイドフック系を軸に、状況に応じて更なる鉤のチョイス、ハリスの長さや太さ=張り、集器などのハンドリング性を生かし仕掛け操作の機敏を付けていく等、短くは書ききれない程のフローチャートの組み合わせが存在すると思います。

その日の状況を読み、その細分化された一つ一つに当て嵌めることができれば、どんな状況でも4番バッター間違いなしのホームランならぬ釣果が結果として表れるかもしれません。

その幾通りもの組み合わせに嵌れ切れない状況を「負のスパイラルに陥る」といったりもしますが、それを過去の経験、その時々の閃きで当てて行くのもカワハギ釣りの醍醐味だと思いますし、そうして(釣れたではなく)釣った一枚の価値を見出したときほど嬉しいことはありません。

 

 伊集院 静さんは、「小説家とは、いついかなるときも『瑞々しい(みずみずしい)文章』を書かなければいけない」とも言っていました。

僕は無論小説家ではありませんが、このブログを書かせていただいている僕の胸にはたいへん響く言葉でした。

| | コメント(0)

<堀>金谷 光進丸 カワハギ釣行

 10月11日、金谷光進丸に行って来ました。

金谷に向かう道中、同行者と話し合いの結果、今日は午前船&午後船のダブルヘッダーで楽しむ事に

 同行者はこの方 

IMGk0344.JPG

鉄人パン屋さん!

AM7:00 出船です。

IMGk0345.JPG

まずは宮澤さん曰く「港前の腕試しポイント」からスタート!

ロッドは長い入院生活から戻ってきた極鋭カワハギレンジマスター&スマックレッドチューン。 

IMGk0347.JPG

ハリはスピード7号(1.7号6cm市販)でスタート。

いつも通り着底→叩きで海底から50cm程を上下。活性の高い時はこの時に餌に触ってきます!

しかし今回は少し様子が違います。

3連休でかなり叩かれた為か?エサへの触りがゆるい感じ。

アタリ→即合わせでは掛かってくれません(T_T)

ゼロテンもしくはオモリを海底から少し切り、 カワハギが自ら掛かるのを待つ感じ?

IMGk0350.JPG

そんな釣り方で、連チャンとはいきませんが10枚をつり上げ、ここでハリをワイドフック3.5号に交換。

イメージ通りの合わせで今日最少のワッペンGET!

 IMGk0356.JPG

よしっ!このまま数を伸ばすぞ!と思ったのですが、後が続かず(T_T)

アタリはあるのに掛けられず、5回連続のツルテン‥・

今回もここから負のスパイラルに突入です(T_T)

ハリをスピードに戻しても× ハリスの長さ、ハリの大きさ、餌付けの方法、誘いの方法、カワハギの捕食時の姿勢作り、合わせのタイミング等々、色々試しますが何ともしっくりくるモノが掴めず‥・

その後型モノを狙いに行くも潮動かずで苦戦(T_T)

しか~し 餌は盗られるんです、ここが金谷の凄いところ!

どんな状況でもカワハギは船の下に!仕掛けのまわりに!

もう頭の中は宇宙~??? 

結果38枚、トップA氏&パン屋さん42枚でした。

 

AM1時に午前船を終え、港に戻りお弁当タイム♪

そこでのお話

パン屋さん「あの小さいのを掛けるの面白いな~♪」

私「車の中ではあんな小さいの釣ってもしょうがないって言ってたじゃないですか?」

金谷というフィールドがワッペン嫌いのパン屋さんを変えてしまったようです!めでたし めでたし(^_^)v

間違えてほしくないのはワッペンオンリーではありません!

朝の数流しは「腕試しポイント」で! その後はビッグサイズの現れるポイントを海の状況を考えて楽しませてくれます!

IMGk0354.JPGIMGk0359.JPG

ポイントを変える時は随時、そのポイントの水深、特徴を裕治船長がアドバイスしてくれるます!お聞き逃しなく(^_^)v

 

そんなこんなで午後船突入です! 

 

午後船は型モノ中心で狙っています!

私もパン屋さんも初体験の午後船!マヅメの荒食いを期待しましたが、潮動かずで「爆発」とはイキませんでしたが、こんなサイズが楽しませてくれました♪ 

IMGk0352.JPG

納得の29cm!!

 こいつが姿を現したのが金谷沖A級ポイントのひとつ、通称ジャングルジム!

海底に沈んだ巨大なコンクリートの漁礁にBIGサイズが潜んでいます!!

皆さんも午後船経験しては如何ですか?

テクニカルな釣りを楽しみたい方は午前船!?良型を楽しみたい方は午後船!?1日カワハギ釣りを満喫したい方はダブルヘッダー!?

裕治船長、今回はダブルヘッダーでたっぷりカワハギ釣りを楽しませて頂きました♪ありがとうございます(^_^)v

次回も宜しくお願いしますm(__)m

 

あっ!次回は日刊スポーツフィッシングサーキット内房カワハギ釣り大会ですね!

 今年のメンバーは凄いですよ!!

私も気合い入れて頑張りますっ!!(^_^)v

皆さんお手柔らかに(^_^;)

| | コメント(0)

<宮>カワハギ午後船へ

石川県能登半島エギングから前夜戻り。

流石にお疲れモード。

一番自宅から近い午後カワハギ船は?!

ってことで金谷の光進丸さんへ!


実は午後船って乗ったことなかったんで、渋滞など見えない部分が多く、早めに船宿岡澤釣具さんに到着。

a1f2c02c.jpg

 

出船前のお勉強タイム!

堀江名人の記事を熟読!

 

 

 

 

 


13時半過ぎに7名で出船!

午前船はトップ54枚ということで期待が持てます!

 1e0d088b.jpg

 

今回の釣りは明後日行われる予選会のプラということで

小針中心にセレクトしました!

 

15d49687.jpg488ee626.jpg港前のワッペン腕試しコースからスタートします。

スタートからバッチリ手が合って『スピード7号8センチハリス』のみで8連荘!!

あっという間につ抜け達成!

しかもこんなサイズも・・・。

 




今回はママも普段の労をねぎらい一緒に参戦です!

気持ちよさそう!
747adf59.jpg2432e535.jpg7c49abcf.jpg



その後は釣果より、ワッペン釣りのチェックをしながらポツポツの釣り。


そしてマズメ時!

通常『ジャングルジム』へ移動、良型メインでガツガツありました。

3028b6ad.jpg9cfc4612.jpg


若きエース克ちゃんもバチバチヒットさせてました!

流石!
54fa0f1e.jpg991905c4.jpg655cc423.jpg





午後便、いいですね!

時間(4H弱)も値段(船代餌別5800円)とお手頃。

何より体力的に非常に楽です!
616d2401.jpgf3c31cd4.jpgゆうじくん、今回もありがとうございました。

またよろしくお願いいたします

 

| | コメント(0)

<堀>傷心カワハギ釣り

 10月8日 DKO初戦敗退に落ち込む自分の気持ちを復活させるべく、好調の小網代沖、丸十丸に行って来ました。

私の釣行日前日には、今シーズンの最多尾数62枚を記録!なにやら良いポイントを見つけたとか>゜)))彡

海水温の低下と共に、カワハギも固まりだしたかな!?

IMG_0335.JPGIMGk0334 (2).JPG IMGk0334.JPGIMGk0341 (2).JPG

船着き場の岸壁にはこんなのが!

IMGk0340.JPG 

見た目はカワハギそっくりの「アミメハギ」の姿、ココにいたのは全長3~4cmくらい、大きくなっても8cmくらいにしか育たないそうです。

こいつが岸壁などに沢山いるシーズンはカワハギ釣りも好調なんですよ(^_^)v

 

今回は緊張感から解き放たれて、ワクワクモードで AM8:00、定刻通り出船です。

ポイントは小網代湾を出てすぐの水深15M、今回の使用タックルは極鋭レッドチューンボトム&スマックレッドチューン、今でもちょくちょく使っている極鋭1342改&エアドレッドチューン、そしてハリはワイドフック(サクサス)3.5号、4号、4.5号をメインに使って釣行に臨みました。

ワイドフックを使用するなら極鋭レンジマスターの様なパワーのあるロッドがベストの選択と思うのですが、入院が長引き、今回はボトム&1342でどれくらい対応出来るのか!?

スタート直後、早々にワッペンサイズをゲット出来たのですが、どうも後が続かず(-_-;)

船中どこかしらでポツポツ釣れているようですが‥・

船長も試行錯誤、根の際、小さな根が点在する砂地、ゴリゴリの根の中、かけ上がり、かけ下がり、様々なポイントを流したり、止めたり‥・

IMGk0341.JPG

 今日はワッペンもご機嫌ナナメ?

結果28枚、トップ33枚でした。十分な釣果なんですが‥・

  

しか~し!9日65枚!!10日シーズンレコード71枚!!!

 

カワハギに嫌われちゃったかな?(ToT)?

小網代沖、ヤバイ事になってきました!Xデーはいつ!?

裕二船長、またお邪魔しますm(__)m

今度は釣れるとイイな~(^_^;) 

 

| | コメント(0)

〈林〉息子のカワハギ釣りデビュー

初夏、低調だったマルイカ釣りで船釣りデビューした6歳の息子、船酔いも手伝い、船釣初戦はボウズでした・・

そしてここのところ、週末になるとカワハギ釣りに興じている僕へ、「パパ、カワハギ釣りに連れてってよ! 明日?それとも明後日??」と、釣堀にも連れて行ってないせいもあるのか、仕切りに釣りに行こうよと誘ってきます。

そして先日、息子がこんな手紙をくれました。

 

20111007182405.jpg

 

 

船体には「せトまる」。船を「運転」しているのは親方船長、釣っているのはパパ、(人形のように見える)仕掛けの左横にはチョウチンアンコウ、そしてイカが泳いでいるのだそうです。

「では行こうか、カワハギ釣りに!」と相成り、昨日の午前三時に息子を揺り起こし、まだ夜の明けぬ高速道路を松輪の瀬戸丸さんに小さな相棒と向かうのでした。

 

今日は目標カワハギ(絶対)1枚。宿で朝食を済まし、今回は酔い止めもバッチリ飲んで港に向かいます。

港では親方船長、長男の昌司船長、一儀丸のユキ船長とご挨拶。昌司船長はまだ出船前のワラサ船の操舵室に息子を座らせてくれ、「これは車のハンドルと同じで、右に回せば船が右に曲がるんだよ。これはカーナビと同じで・・・」など、初めて操舵室に座らせてもらい、朝から鼻の穴を膨らませる息子なのでした。

そして今日僕らのカワハギ船は次男信吾船長の船、船上で用意をしていると釣友のきんちゃん、フジノさん、makoさんと合流、左舷ミヨシから5人の布陣で剣崎沖のカワハギに臨みます!

 

20111009065716.jpg

 

ポイントは剣崎灯台付近の20m前後、僕はニューレンジ+ニュースマックで、息子はアナゴ竿+スマック、仕掛けは2本鉤で臨みます。

最初はエサ付けから教え、オモリが着底したらオモリトントン、ストロークが足りない1.2mのアナゴ竿のこと、重めのシンカー3号を仕掛け上部に付け、竿を上下すればそれが誘いになるようにやらせてみました。

生涯初めての船釣での獲物は・・・(笑) 「カワハギ釣りは中々難しいねぇ~~」とは本人談(爆笑!)

 

20111009073041.jpg

 

船中ポツポツと上がりますが、中々息子にはアタリがありません。自分の竿を傍らに置き、しばしマンツーマンのレクチャーに徹します。

しばらくして息子の竿を手に取って見ると、まだ6歳では非力なので短いアナゴ竿をチョイスしてみたのですが、穂持ちが柔らかでオモリ負けしてしまい、アワセの力も不十分な為、カワハギのアタリらしきものがきてもフッキングに至りません・・・

そこで先を斜め下に向け柔らかな穂持ちを殺し、本命カワハギのアタリにビシッとアワセ、竿を息子に手渡すと・・・、「パパ、引いてる引いてる! すご~い!!」と、仮面ライダーを観ているときよりも真剣な面持ちでリールを一生懸命巻いています(笑)

 

20111009071848.jpg

 

 「次は自分一人で釣るんだよ」と、エサを付け直し再投入。オモリが着いたかなと、ふと息子の竿を見やるとアタリ→アワセ→なんとリールを一生懸命巻いているではないですか!

 引きはカワハギのそれなのですが、「カワハギであってくれよ~」と、胸中ドキドキで息子がリールを巻く姿を祈るように見守るのでした。

海面に姿を表したのはカワハギ! 隣の釣り座のきんちゃんのタモ入れもあり、息子にとっての記念の初カワハギ、今日の目標を達成できました(ちょっと顔がこわばっていますが、釣友からのやんやヤンヤの声援に臆したようです・笑)。

 

20111009101007.jpg

 

 

僕はそれから息子と変わり番子に釣りをしながら、主にボトムの展開が多かったですが、宙でも数枚獲り、大型と思われるカワハギに鉤を2本伸ばされながら、小型、中型主体で25枚、トップは35枚でした。

 

帰りの宿では名物「瀬戸丸そば」を堪能し、横須賀PAでは、釣りを誘ってくれた息子に大好きなソフトクリームを感謝の意味と今日のご褒美でご馳走、その後帰宅するまで車内で爆睡だったことは言うまでもありません(笑)

25394389_1357500328_52large.jpg

 

 

20111009153959.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで思い出に残る釣行となりましたが、今回「親ばか」丸出しのブログになってしまいました・・・  最後まで読んでいただきありがとうございました(感謝)

次回からまたガチンコ釣行記、テクニック論など書いていきます!

 

 

| | コメント(0)

<湯>こちらも好調です!腰越より出船~

10月8日 鎌倉市腰越港 多希志丸さんへ行ってきました。

2011100820060000.jpg

朝、雅船長にお話しをお聞きすると、ここのところ喰いも良好!との事で

期待を胸に出船となりました。

いつも感じますが、朝の江の島の景色は心を癒してくれます☆

2011100912440000.jpg

ロッドは終日通して、リーディングX A-1&NEWスマック

針は、ワイドフック4.5号をメインに組みました。

船長のお話通り、朝からエサ取り活発でした!

が、、、なかなか手が合わず、針を替えたり、ハリス長さを替えたり・・・

非常にハイスピードなワッペンとともに、キタマクラ、キュウセンベラ、オハグロベラ

などの外道も非常に活発で、仕掛けのスピードを合わせるのに序盤苦戦しました。

終日、カジメ林、岩礁エリアのポイントをやりましたので、

必然とほぼ宙層での釣りとなりました。

2011100820050001.jpg

ワッペンばかりではなく、中、大型も混じり、非常にエキサイティングな

カワハギ釣りが楽しめました~^^

gs2310n0076.gif

結局、ワイドフック4.5号に戻し、連荘もあり、68枚で沖あがりとなりました。

 

非常に活発な良い日に釣行出来、久々に数釣りを楽しめました^^

雅船長、ありがとうございました^^

2011100912310000.jpg

カジメの発育も順調のようです。

カワハギにとっては、絶好の棲家なのでしょうねぇ~

ここ、相模湾でも只今元気なカワハギ達が、釣り人を迎えてくれてます。^^ 

2011100814360000.jpg

| | コメント(0)

<文>練習か~?

8日は、勝山 宝生丸に行って来ました。

今日の潮は、昨日とは違って、

底潮に濁りが入っている感じ?!

船上からは薄濁りのようだが、

水深5~6メーターからのオモリの消え方が、

濁りの時のような消え方をしていた。

カワハギも餌が見えないかのように追掛けていなかった。

昨日は流し変えが3回で済んだとか?

うらやましいな~!

そんな中で、

スピードを使ったのだが、吸い込みが甘く、

ワイドフックで針先勝負をしてみた。

前回はスピードが断然良かったのだが、

今回は、ワイドフックに軍配が上がった!

釣り方の問題もあるが、

私の釣り方でのこと!

 

F1010008.JPG

 

 

ちっちゃい~

 

と思ったのだが、

10.5センチあるのでした。

今回も底近くでのアタリが多く、

宙で「1~2メーター」は 数枚であった。

0~1メーターの間がほとんど!

今日は竹岡もあまり良くなかったのか?

先日の雨の影響だったのかもしれない?!

 

 

F1010007.JPG

 


こんなのが

釣れたのですよ!

これって?

カモハラトラギス、でしょうか?

温暖化の影響でしょうか?

今日はほんとに練習になったのか?

 

 

 

宝生丸からのご案内です

10月23日(日曜) に

カワハギ釣り教室を開催します。

講師は、??

 

 

 

「私です!」

 

 

この機会に宙のカワハギ釣りをマスターしましょう?

「本当か~?」 「マスター出来るのか~?」

 

一緒に乗って、お話ししましょう!

「こちらが正解か?」

 

 

 

ロッドを何本か持って行きますので、

お使いになってもらってかまいません!

 

 

どうなることやら?!

一日楽しめればOKでしょうか?

詳細は、宝生丸にご連絡ください。

0470ー55ー2777
090ー1663ー9552

参加費:7、000円
生アサリ: 一袋 1、000円
出船:6時
沖あがり:12時30分

今日の状況では、アサリ2袋は使いそうですよ!

ちなみに釣果は 35枚でした。

| | コメント(0)

<宮>10月7日:カワハギ地獄トークショー開催!!

ダイワ新製品展示会&カワハギトークショーが10月7日(金)渋谷の上州屋さんで開催されます。

僕は16時くらいからお店におります!

そして18時半くらいから『カワハギ地獄へようこそトークショー』を行います。

■カワハギ釣果アップ間違いなしのDVD『カワハギ地獄バイブル』の裏話

■今年のカワハギ釣り、傾向と対策

■5ステージ理論+α

などなど


短い時間ですが、カワハギ談義で盛り上がりましょう。


会社終わったら、みなさんダッシュで渋谷に来て下さいね!

e6bc3e88.jpg

 

| | コメント(0)

<宮>富山湾テップランエギングノリノリ!!

関東でもブームになりつつある「テップランエギング」に現在シーズン最盛期の富山湾に行って来ました!

富山県伏木沖、ライトティップランエギング!!

小さなアゴリグつけたライトティップラン!

インターライン82Lは、インターラインとソフトティップの組み合わせで糸絡み無く、アタリも明確!!

快適なティップランエギングが出来ます。


いや~!!

朝から乗り乗り!!


日本海ボートエギング最高!!

ddc8df88.jpg2ec04473.jpg1ada8512.jpg
c532ebd4.jpg9df967f3.jpg2a94d340.jpg
1910a9ff.jpg89432c4e.jpg9c8a8d9f.jpg
9704e19f.jpge3b68ef1.jpg98bdcb88.jpg


後半風が強くなり、深場狙いに変更しましたから、しっかりしたティップランエギングに!

エメラルダスボートも仮面シンカーもめちゃくちゃ快適!

乗り乗り!!
c0d2d5ed.jpg6188f9da.jpga08afee9.jpg
0190cced.jpgc0c2c9ed.jpg2f57a7a8.jpg

また関東でもスタートしました。

こちらでもカワハギの合間にチャレンジしたいと思います。



 

| | コメント(0)

<湯>2011 ダイワ・カワハギ・オープン

2011 ダイワ・カワハギ・オープンに今年もチャレンジしてきました!

結果から申しますと、見事惨敗に終わりました。

まずは、プラクティスからまとめてみます

 

DKO直前の10月1日 まずは、一次戦前に竹岡沖へ行ってきました。

その日、その時ごとに状況が刻々と変化していくカワハギ釣りなので

プラクティス(予行練習)は、あまり効果がないと思われがちなのですが、

私個人的には、竹岡沖の雰囲気を一日通して感じておく事。

それと、当日朝、どんなタックル仕様で挑むかを決めておきたかった事が

目的でした。

2011100513160000.jpg2011100513170001.jpg

DKO直前という事もあり、みなさんプラにきていました。

そういっちさんが来ていたので、右舷胴の間で並んでご一緒させていただきました^^

2011100513160001.jpg2011100513160002.jpg

手持ちのロッドの中での候補は、RTボトム、1332AIR、1455でした

開始から、そういっちさんがコンスタントに掛けていきます

中には良型も混じります

2011100513170000.jpg

私はというと、いまひとつ掴めない状況でしたが、今日はプラだ!と自分にいい聞かせ

それぞれのタックル、仕掛け、釣り方を試しました

簡単に分別すると、叩きタルマセ、ゼロテンション、宙・・・

そういっちさんの釣り方も非常に参考になりました

ありがとうございました^^

33枚でしたが、手応え十分でもあり、この状況が継続したら、予選から壮絶な争いに

なるだろうな・・・という感想を持ってのプラでした

とにかく目的は果たせたプラでしたので満足でした

2011100513180000.jpg

 

2011 ダイワ・カワハギ・オープン B予選

久比里 巳之助丸さんにて開催されました

受付時に、東日本大震災による被災地へ向けて、参加者皆さんで募金をしました

 2011100513120002.jpg

このB予選では、知り合いの方々も多く、過酷な大会ながらも、スタート前は

終始和やかな空気に会場が包まれました~^^

 

内房からは、佐久間師匠率いるチームくろしお丸のみなさん^^

 2011100405390000.jpg

 B船には、お馴染み三石忍さん^^  おかっぴさんは陣中見舞いに来てくれました^^

2011100513110000.jpg2011100513120000.jpg

 同じくB船、私の後部右舷ミヨシにはホームグランド腰越から、うりパパさん

右舷トモ3番には、こちらも腰越から新さん

なにもつぶし合わなくても(笑)との声もありましたが、これも何かの縁ですね(笑)

過酷なDKO予選 それでも久しぶりにお会いできる仲間に、つい和んでしまいますね^^

 2011100513120001.jpg

2011100407050001.jpg

ポイントは竹岡沖 水深15メーター前後 プラとほとんど同じ場所です

北の風ややあり、上げ潮がやや流れ、開始早々まずはミヨシ有利な条件でしょうか・・・

決めていたスタートタックルは、ロッド:RT・ボトム

仕掛けは間合い10センチの3本針 

1.5号のシンカーを打ち、針はワイドフック ハリス3.5号 長さ5センチ

3.5号をメインに組みました

釣り方は、ゼロテンションをメインにしました

開始早々は、船全体としては思ったよりスローな状況でした。

カワハギ自体も単発でいる感じなのか、あまりエサに対する執着心がない感じでした

ポツポツあがる感じで、連荘はない感じです・・・

とにかく前半にどれだけ釣る事が出来るか・・・という思いがあったので、

丁寧な釣りを心がけました。 アピールする為にエサをやや大粒にしたと思います

これらが正解かは解らないのですが、前半約1時間半位で10枚位と思います・・

このペースをキープしたかったのですが、そう簡単にはいかないのがDKO・・・

中盤、満潮の潮止まりで、顕著に喰いが悪くなりました・・・

釣れない時間の始まりです・・・どんどん時は過ぎていきます

時折聞こえてくる、リリースの声・・・ 他ではポツリポツリながら釣れています

このポツリポツリが後から効いてくるのは十分承知しています

焦る気持ちは、仕掛けを動かし過ぎてしまいました

これが敗因の一つかと今では思います。

結果B船では、トップ25枚、予選通過ボーダーラインは20枚でした

私は17枚で2011・DKOの幕を閉じました。

 

またひとつ良い経験が出来ました。来年もチャレンジしたいと思います!

1次予選通過の皆さま、おめでとうございます!2次予選もどうか頑張って下さい!

応援しています^^

ダイワスタッフの皆さまも、連日御苦労さまです。まだC,D予選とあります

さらに熱い予選が展開される事と思います。スタッフの皆さまも頑張って下さい^^

ありがとうございました! 

2011100513100000.jpg

| | コメント(0)

〈林〉DKO B予選

11月4日(火)、久比里の己之助丸さんで行われたDKO(ダイワ・カワハギオープン)の一次予選に参加してきました。

総勢100名余り、5艘立てで行うこの予選、エントリー受付が始まると下馬評通り、そこここの名うての方々がズラッと並んでいらっしゃいました。

 

20111004061344.jpg

 

 

競技者全ての受付が終了し乗船、僕は功一船長操船のC船、左舷ミヨシから3番目の釣り座を引きました。

己之助丸さんの宿の前にある平作川に架かる歩道橋から、ダイワの小堀さんより大会のルール説明、大塚プロから競技者への激励の挨拶の後各船出船となりました。

 

20111004074618.jpg

 

大会の舞台は竹岡沖の15m前後、ツブ根が点在する砂地を攻めて行きました。

功一船長の合図と共に緊張の第一投、オモリ着底後仕切りなおしし、中オモリを揺すっているともうアタリ!

若干送り込み聞きあげると小気味よい引きで、上がってきたのは小型のカワハギでした。

その後もアタリが煩瑣に続き、開始30分で7枚の好スタート!

45分で9枚ほど獲り、アタリが一段落したのかパターンが変わったのか、途端にノー・シグナル状態に突入してしまいます・・、でも、両隣の方々はポツポツと釣り続けていて、僕一人だけ蚊帳の外状態がそらから一時間半ほど続き、審判の方からも、「林さん止まっちゃっいましたねえ~、どうしちゃいました?」と、今まさにその時嵌れていないことを指されてしまうのでした・・・。

でも、そんな最中、「まだ競技時間は半分以上ある、大丈夫だ、自分を信じて冷静に考えて!」など、先日大ヒットした高校野球をモチーフにしたスポ根ドラマの教師が野球部員に言うようなセリフを自分に言い聞かすのでした(苦笑)

誘いのパターン、間合い、仕掛け、鉤、エサ等、手持ちで考えうることを状況に合わせ試して行く内に好転、一荷も二度あったり、こんな小さなコッパも掛けられたりと、今この時のパターンに嵌められたようで、そこからラストまで一気に数を伸ばし、45枚で終了でした。

 

20111004125350.jpg

 

下船後は結果発表まで、ダイワの長沢さんより新製品の説明があり、皆さん興味深々で聞き入っていました。

 

20111004142029.jpg

 

終わってみればC船ではトップ49枚、僕は2位通過できました。

※ダイワ公式HP B予選結果 http://all.daiwa21.com/fishing/event/fune/2011/111029/download/kekka_b.pdf

今回運良く予選を通過でき、22日のセミファイナルに臨むとこができます。

熱いカワハギ、熱いDKO、今年もその熱き渦の中で揉まれていることを感謝しています。

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>2011 DKO 惨敗(ToT)/~~~

 2011DKO、堀江晴夫は惨敗に終わりました(T_T)

自己採点は80点、1日集中して状況対応も出来ていたと思いますが、エサに触ってくるカワハギの活性を上げる事が出来ませんでした。

一次予選通過の皆さん、おめでとうございます(^O^)/

IMGk0330.JPG

 2次予選も頑張って下さい\(^o^)/(画像右にもう御一方いらっしゃいました、ゴメンナサイm(__)m巳之助丸HPで御確認下さいm(__)m)

 

 私はこのブログを書いた後、四国八十八ケ所お遍路に旅立ちますm(__)m

 

ウソです(^_^)/

 

惨敗の報告を私のホームグラウンド、小網代丸十丸の小菅裕二船長に電話しました。

私 「惨敗でした」

裕二船長 「小網代に癒しに来い!」

私 「ぐすっ(T_T)ありがとうございます、よろしくお願いします(ToT)/」

絶好調の小網代カワハギに癒されに行きますm(__)m

| | コメント(0)

今シーズンは良好?

前回の状況を踏まえて、

レッドチューンボトムを使う事にした。

宝生丸から11人を乗せて、

目の前から釣り開始!

ところが、カワハギの喰い方が........

単発で続かない!

前回とは比べ物にならないほど?!

賢ちゃん船長と話をすると、

前日は、バクバク餌を食逃げしていたそうだ!

今日は、単発で油断すると一瞬で餌がない!

当たらない時は餌が残ってくる。

カワハギの遊泳層も前回は1〜2メーター

上のタナで食ったが、

今回は、底から50センチまでがほとんど!
釣果は48枚あったが、
金谷もバクバク

竹岡も50、51枚だったとか連絡があったし、

小網代や腰越、佐島と
調子良い地域が多い!
楽しみなことだ。

? 喰えない速度

? 喰わす瞬間

この?〜? の移り方が大切だ!

楽しかった〜!!!

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。