船最前線ブログ

2011年7月アーカイブ

<文>夏カワハギ釣り!

夏カワハギに行って来ました。

勝山の宝生丸がカワハギ釣りを始めたとのことで、

天気も見ないで予約したら、雨だって?

確かに、前半から、雨模様!

暑さはなかったので良しとしたのだが、

後半は、晴天無風となってしまった。

やっぱり暑さ対策は必要ですね。

前日まで、固まった群れがあったとのことだが、

昨日の天気のためか、雨水がかなり入って、

活性が悪いとのこと!?

今回のロッドとリールは、

F1010008.JPG

レンジマスターが好きなんです!

8月に発売されるレッドチューンレンジも楽しみですね。

今回の失敗は、スピードを使ったことでしょう!

食い込まないために、7.5号を使ったのですが、

アタリがあっても食い込まない!

カワハギは居るようでしたが、私は1枚!

その間皆さんは、数枚の釣果だとか?!

ここで、パワーフックの5号に変更!

これで食わせることができました。

10時頃からは、パワーワイドフックの5号で宙を狙って、

一流し2~3枚続けて釣れるようになったのですが、

その後が続かず、単発勝負でした。

吸い込まない時に陥る失敗は、小針を使いたくなるのですが、

案外大きめの針のが良いことが多くあります。

F1010001.JPG

型は、良型です。

ワッペンは1枚でした。

ワイドフックの宙の釣りはこれからが本番でしょう!

底にオモリを着けてしまうと、釣りたくない魚が、

ダブル、トリプルで来てしまいました。

これらをかわしながら宙で掛けると引きが強かった!

あげてみたら予想より小さいカワハギでした。

引きが強い浅場のカワハギです。

注意しながら巻き上げましょう!

船長曰く

魚探にカワハギの反応がけっこう映っていたそうです。

 

| | コメント(0)

<湯>難しかったマルイカ

土曜日の23日は、葉山あぶずり港のたいぞう丸さんからでした

台風通過でだいぶ水温下がりましたね  

約3~4℃は下ったようです

朝から北風ビュービューで寒い朝でした 

Tシャツ1枚でいた私は思わず車の暖房を入れた程でした・・・

なんだか、季節は秋のような・・空気も乾いた朝で、江の島&富士山もクッキリ観えました

2011072314420000.jpg

この日は亀城根50メーターラインからスタートとの事で、

比較的型の良いマルイカ狙いで、48Sのスッテメインで組みました

 2011072314450000.jpg

亀城根に直行し、しばし広範囲に探りますが、今一つ落とせる反応なく、

本船は一気に城ケ島方面を目指します

 

三戸輪沖~小網代沖で船団です 松輪、小網代、佐島、葉山の船が集結となりました!

2011072412540000.jpg

この日は終始、北東風が強く、やや海悪かったですね。。。

やはり繊細なアタリを取るマルイカ釣りでは、どうしてもキツい海況でした

しかし、やや波っ気ある方が、イカのヤル気はある時が多いので期待は出来ました

 

こちらも水深は50メーター前後、水温の低下と澄潮のせいか、

先週の内房と同様、やや深みに落ちているようです

1投目から乗りましたが、残念ながらバレてしまいます・・・

掛かりどころが悪かったのでしょう

アワセのタイミングが遅い証拠です・・・

この後も、アワセが決まらず、掛け損じやバラシの連発でした

スッテが合えば、抱きアタリもしっかりと出るかと思い、

色々なスッテを試みますが、どうもイマイチでした かなり右往左往していました(苦笑)

 

11時まで、わずか3杯で、寒くて着ていたレインを脱ぎ、気合を入れました!!(笑)

後半とにかく集中して、なんとかつ抜け、終わって11ハイでした 

 2011072314440001.jpg

反応ある割には、手強いこの日のマルイカでしたが、いろいろと発見もあり

今後に役立てばと感じました

 

7月も下旬になると、幾分深場に落ちて、そのまま終わっていくのが

例年のパターンですが、今シーズンはどうなっていくんでしょうか・・・?

始まりが遅れた分、まだ楽しみたいのが本音です^^;

今日も一日頑張ってくれた山本船長!有難うございました!^^

 

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉釣友からの嬉しい連絡

釣りと出会い、細いイトを通して魚と対話する喜びを覚えて行く・・・、そう、釣りに没頭している僕は、アタリを出そうと集中、狭い視界の先にある竿先を真っ直ぐに見つめていて、頭の中では今まさに海底で、仕掛けの周りを警戒しつつエサを摂(盗)ろうとしている魚の気持ちを慮ろうと思考を凝らしている・・・、そんな釣り座の隣には、同じ心境で竿先を見つめている釣友の姿が・・・。ふと目が合うとお互いに照れ笑い・・、いやいや苦笑い・・・。

人生の先輩であったり後輩であったり、時として釣技を競うライバルとなりうる釣友。

釣行を重ねる毎にフランクになって行く会話、釣り宿に向かう道中など、釣友の笑顔を引き出したいが為に考え付いた笑い話に、ハンドルを握りながらついつい一人笑をかみ殺す・・。

船上での貴重な時間を分かち合いながら、それぞれの楽しみ方に興じていく、そんな仲間がそろって皆良い顔で釣りをしている光景、その日釣友皆が主人公という微笑ましい情景。

そんな豊かで満ち足りた気持ちにさせてくれるのものが釣りであり、釣りを通して尊く大切な方々とお知り合いになることができ、今なお新たな出会いが度々あり、その度に胸逸るものです。

 

僕の釣友にKさんという人がいます。

彼とはご多望にもれず釣りが縁でお知り合いになり、DKOのファイナリストでもある彼、年の頃は僕より幾つか下になり、釣り対する熱意や研究心が全く同調、ある時からお互い船で会うのを心待ちにして釣りに出かけて行ったものでした。

ところが彼、仕事の都合でしばらく釣りに行けない状態になってしまい、たまに連絡は取り合うものの、もう2年近く彼とは会っていないのではないでしょうか・・・。

 

そして7月初旬の朝、仕事を始めようとしているとKさんから携帯にメールが、そこには・・・

「おはようございます。 最近釣り行かれてますか? もしかして何かありましたか? 毎日暑いですけど頑張りましょうね!」

という文面がありました。

 

何より久し振り、そして嬉しさのあまりすぐにKさんに連絡をしてみると、「最近このマルマルブログや、林さんの個人ブログの中の釣行記が少ないようなので、釣りに行っていないということは、何かあったのかと思いメールをしたんですよ」とのことでした。

そこで彼には、釣りには行っているが、今季は先日迄思うようにマルイカが釣れず釣行記が書けなかった事、先の大震災を受けて、釣りを通しての被災地支援を行っていることなどを短く話し、お互いの元気な声を聞き合い安心して受話器を置いたのでした。

釣りを通して知り合ったのにもかかわらず、2年近くも釣りに行っていないKさん・・・。

でも、そんな境遇の中でも僕を心配して連絡をしてきてくれたKさん・・・。

 

電話を通して生涯の友と再認識できたその朝、嬉しい思いを通り越し、暑さの中仕事がはかどったことは言うまでもありません。

釣りを通しての素晴らしい出会いに一人何度も頷き、心から良かったと思える一時でした。

 

 1085.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

<湯>勝山は熱かった!

7月18日 内房 勝山の宝生丸さんへ行ってきました

約1カ月前の釣行の時は、超マイクロ相手に熱くさせられ楽しめた勝山でしたが、

その後、どんな状況になっているか、非常に気になっていました

2011071820370000.jpg

大型台風の接近に伴い、やや波長の長いウネリ気はあるものの、さすがに湾内だけあって

釣りには全然問題なしでした!

ご一緒した、小山さん、茅野さん、私と右舷ミヨシから並び、左舷にもお客さん3人乗せて

計6人でゆったり出船となりました

2011071820340001.jpg2011071820350000.jpg

出船して間もなく入った朗報!なでしこジャパンのW杯制覇のニュース!!

凄いですねぇ! 実釣開始前から船中喜びに沸きました~! 

ついでにマルイカもたくさん釣れちゃえばいいのにねぇ!と(笑)

 

潮は非常に澄んでいて、マルイカも幾分深みに落ちているようです

浮島沖側45メーターあたりで反応捕まえました!

2011071820360001.jpg

1投目から着乗りです! いいねぇ勝山って感じです^^

潮が速く、なかなか連荘とはいかないものの、ダブルもあり感触バッチリです!

しかもイカのサイズが結構良いんです

あまりスレていないせいか、気持ち良い程の大きなアタリを出してくれました!

 

今日は、こんな感じのスッテで釣りました オモリは30号でも良かったんですが、

潮が速いので35号を使用しました

最近は4+1の直結ブラを毎回使用しています

 2011071820340000.jpg

この時期、マルイカが居る水深に幅があるので、一応、27号、30号、35号と

いつも手元に用意しています(混雑時など、指定号数以外は船長の了解のもとご使用下さい)  

 2011071820330001.jpg

途中、こんな場面もありました

巻きあげ途中に、いきなりグググーンと持っていかれて、揚がってきたのは・・・

2011071820360000.jpg

無残にも胴体まるごと食いちぎられていました 青物かなにかでしょう

 

途中、6人全員巻きなんて場面もあり、かなり盛り上がりました!

みんな、リールを巻きながらニコニコです(笑) 

また、沖揚がり直前に捕えた反応は、ちょっかいが凄い新子の群れのような感じでしたので

まだまだイケそうな感じがしました!

 

釣果は良型混じりで21ハイで 、もう少し潮がゆるく連荘できれば数は倍々となりますから

まだまだ楽しみですね!

2011071820330000.jpg

賢一船長と石塚さんが頑張ってくれたお陰で十分に楽しめました^^

2011071820340002.jpg

帰港後、間髪入れずに午後便(LT五目アジ)のお客さんを乗せて港を出て行った二人でした

丸一日の操業は大変ですね お疲れ様でした^^

2011071820320000.jpg

約1カ月ぶりの内房でしたが、まだまだたくさんのマルイカが居る事と

スレていないなぁ、という印象を感じました

台風通過後は面白いかもしれませんね~

自然相手なので、どう転ぶかは解らないのですが、注目ですね!

帰りは、女将さんと皆さんで、勝山ご自慢のお寿司をいただいて帰路に着きました

ご馳走さまでした^^ 美味しかった~

2011071820380000.jpg

 

 

| | コメント(0)

<文>二日続きの マルイカ!

16日マルイカに行き、下船後船宿で一人でいたら、ブチさんが

17日に来ると連絡があって、前日は勝山から夜釣りだとか?!

私も付き合ってしまった。

事務所にいると、パン屋さんもやって来た。前回と同じだ。

16日は、かなり厳しかった。

 

F1010058.JPG

こんな釣果でも楽しく過ごさせてもらいました。

17日は、

F1010051.JPG

こんな釣果でした。

どちらの日も、決め手がないスッテであったが、

やっぱり強かったのが、

ケイムラハダカとブルーペイントハダカ

この2本にはいつも助けられる。

例年時期的に、

ブランコの乗りが良くなって、直結ではかなわんくなってしまいます。

直ブラからブランコにチャレンジするのも良いかもしれません。

色々テストしたい事があって、釣りに集中できないこともあって、

アタリを逃してしまう事もありました。

先週から今週にかけて、束釣りする地域もあって、盛況だったようです。

渋いながらも20近くの釣果になっていたことは、台風通過後に期待です。

 

 

松輪の港に異変が!

船が居ません!

成銀丸に二日間お世話になって、港に入って来たら、

みなさん避難港に船を持って行ってしまい、あれだけある船が居ないのです。

ウネリが大きく出ていて、明日はって感じでしたが、地域的、釣り物的に

出船する地域はあるでしょう。

F1010056.JPGF1010052.JPG

反応があっても乗らなかった!?そんな時間もあって、

ゆっくりテストもできてしまったりして、

一週間休憩して、

来週からまたマルイカかな?

| | コメント(0)

<湯>まだまだマルイカ!

今週は、茅ヶ崎の烏帽子岩周辺で模様出始めましたね!

二ノ宮、大磯~烏帽子と、マルイカが入っていてもおかしくはないだろうなぁ・・・

と内心期待していました

好模様が、火、水、木と続き、金曜にいきなり下降ぎみ・・・

果たして土曜日はどうなるのか・・・!?

とにかく行ってみなきゃ解らない!というわけで行ってきました

2011071614210000.jpg

7月16日 鎌倉市腰越港の多希志丸さんへ、寺西さんと行ってきました

目の前に江の島を望む腰越港はいつ行っても癒されます

さぁ、雅船長ヨロシクね!烏帽子沖へ直行です!

2011071614100000.jpg

すでに、何隻かの船が固まっています 期待膨らみます!

2011071614170000.jpg

いつもとあまり変わりないですが、こんな感じのスッテでスタート

一番下にはレインボーハダカの浮スッテを入れてみました

落下中に周りのマルイカを寄せてくれないかなぁ~的な軽いお遊び感覚です(笑)

2011071614190000.jpg

水深20メーター前後で開始となり、船中ポツリポツリ揚がります

とにかく、叩かれないうちが勝負的なところあるので、朝一は集中します。

初めの数回の流しで、8杯取り、さほど活性は悪くないような感じでしたが、

次第に船が終結し、触りも少なくなりました・・・

 

いつも通り、スッテに悩む時間の到来です・・・

表層の潮色はかなりキツイ濁りでした。底の潮はさすがにここまで濁っては

いないだろうと、基本ハダカ系で、チャートリュースのハダカも混ぜました

このチャートリュースが私の中では結構良かったです

 

気づけば、かなり密度の濃い船団となっています・・・

2011071614140000.jpg2011071619420000.jpg

久しぶりのマルイカ船団です!

今シーズン、こんな光景は見れないのかと思っていただけに、嬉しかったですね~

すると始まりました~プチ爆乗り!

ベテランの寺西さんは連チャン止まりません

寺西さんは、マルイカからのちょっかいは完全無視で、抱きアタリだけ合わせていきます

ですので、掛かりどころが良いので、迷いなく非常にスピーディーに釣っていきます

2011071614160000.jpg

プチ爆乗りもお開きとなり、今度は烏帽子岩の際周辺を探ります

烏帽子岩も近くで観ると、かなり迫力というか鋭さを感じますね

2011071614110000.jpg

その後、辻堂沖側も様子を伺いますが、やはり今は烏帽子岩周辺のみ

いるようです

再び船団となりましたが、反応はバッチリなのですが、まるで触りがありません

すぐ隣の船では、入れ乗りなのですが・・・

こんな場面には良く出くわします。

その群れが何かによってスイッチが入らないとダメなんでしょうか・・・?

ヤル気のある群れが、ヤル気の無い群れと混ざるとスイッチが入るのか。。。

ベイトがらみなのか・・・色々と考えていると、本船の下の反応にもスイッチ入ったのか

ようやく触りが頻繁に出だしました 本日のハイライトでした!

 2011071619390000.jpg

サイズは小型メインながら揃っているので、まだまだ沢山いそうですね!

私は26ハイ、寺西さんは断トツの35ハイでした

2011071614080000.jpg

今シーズン、マルイカ不調と言われながらも、内房、三浦、葉山、湘南と各エリアで

マルイカ釣りが出来た事に非常に喜びを感じています。

楽しいからまだまだやりますよ~!^^

2011071619550000.jpg

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

〈林〉久し振りのカワハギ釣り

約半年振り位でしょうか、久し振りにカワハギ釣りに、久比里の己之助丸さんに釣友の郷ちゃんとおケイさんと行ってきました。

20110714062223.jpg

 

今日は南よりの風が吹く晴天、外道にマルイカも混じることがあるそうで、カワハギ仕掛けの中オモリ代わりに、メタルのスッテを付けてみました(笑)

20110714072019.jpg

鈎はパワーフック4.5号ハリス8cmを下に、後の2本はパワースピード7.5号ハリス6cmを使い、竿はボトム、リールはスマックで挑みます。

20110714070758.jpg

 

20110714071740.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日最初のポイントは、港を出てすぐの久里浜沖、水深10mちょっとの浅場ですが、潮は夏の色で結構濁っており、濁り潮でも比較的反射光でアピールするといわれている金色系のオモリをチョイスし、仕掛けにケミホタルも付けてみました。

底を意識してスッテを揺らすも、たまに訪れるアタリに手が合わずにフッキングに至らず苦戦、隣を見やると郷ちゃんが2枚目のカワハギを取り込んでいます。

聞くと宙で掛けたとのこと、そこで、中オモリを揺らし底でアタリが出たらオモリを切り、船の揺れに任せ宙で待っていると、立て続けに2枚きました!

 

潮止まりを前に、浩喜船長竹岡沖にポイント移動です。

竹岡もやはり濁り潮。下げ残りと上げ始めの潮で宙で数枚、その後上げ潮が早くなってくるとボトムでの展開、なのですが、アタリが出ると食うのが早い夏カワハギに、竿を1454AIR+チューンバットに持ちかえ、硬い竿先を生かし、仕掛けのレスポンスを良くします。

20110714070713.jpg

 

早潮に翻弄されながらもポツポツと釣れ、29cmも飛び出しました!

image11052.jpg

 

 

朝はアサリを剥きながら「今日は渋いかもね」などと、3人で話していたのですが、終わってみれば17、13、8枚とまあまあの釣果でした。

image5308.jpg

 

最後に運良く一荷、久し振りのカワハギ、今回も楽しい釣行でした。

image4375.jpg

 

 

| | コメント(0)

<堀>7月10日マルイカ釣り

 前回に続き、今回も松輪 江奈港 成銀丸にマルイカ釣りに行って来ました。

今回の釣行では、前回 永田さんに指摘いただいた「アタリを必要以上に待ちすぎる」という点に注意をしようと考えていました。

当日朝4時半、船宿に着くと永田さん、ブチさんのお姿(^_^)

しばらくするとパン屋さんも登場です!

今回も名人多数♪勉強になる方々ばかり(^_^)v

前日、前々日と良い釣果だったので、出船前の船宿では話が弾みます!♪

今日もみんなで楽しませてもらおうと、定刻5時半、出船です。

 

 スタートスッテはこんな感じ、前回のMVP!オレンジのウイリー巻きを下から2番目にセット、直結5本でスタートしました。 

PA0_a112.JPGPA0_a111.JPG 

 今回も前回同様、毘沙門前の浅瀬からスタートかと待ち構えていましたが、毘沙門沖スル~(T_T)

一路 城ケ島西沖のポイントに向かいました。

 PA0_a109.JPGPA0_a110.JPG

城ケ島西沖 水深25M程からスタートしますが、アタリがありません…

 

開始1時間、数回の流し替えで、なんとか1パイをゲットしますが…(*_*) 

PA0_a113.JPG 

しばらくして気がつくのですが、今回は暗色系のスッテに反応がイイようで、艫に座るブチさんは緑色のスッテに反応がよく、永田さんも暗色とケイムラをうまく入れてポツポツではありますが確実に掛けてゆきます。

 

私もお二人を見習って暗色系のスッテとケイムラに変更をしますが、なにせ今日のマルイカは反応が悪すぎ(>_<)

 今回も直結で通そうと決めていたのですが、序々に潮も速くなり、私の経験と実力では「無理」と判断し上2直結、下3直ブラに変更、結果 どうにか10パイを釣り沖揚がりとなりました。

 

PA0_a114.JPG

PA0_a116.JPG

今回は船長も苦労していたようで、反応はまばら、イカのやる気も無しでTHE ENDでした。

城ケ島周辺には10数隻の船がいましたが1度も船団にはならず…「これもマルイカ釣り」と自分を慰めました(T_T)

 

 と、今回はさみしい釣行となりましたが、西の方からバリバリの反応が出てきたようです!!(^O^)/

夏本番!マルイカ釣りもいよいよ熱くなりそうです!!!

| | コメント(0)

〈林〉アングラーズ・エイド チャリティー仕立てオフ会

釣りを通して被災地の支援活動を行っているアングラーズ・エイド。今回で4回目となるチャリティー仕立てオフ会を昨日、神奈川県松輪の瀬戸丸さんと一義丸さんにて行いました。

 

8460847_1210730819_122large.jpg

 

総勢35名参加の今回、瀬戸丸では好調になってきたマルイカ狙いをしながらカサゴも視野に入れ、一義丸はこれもまた好調のイサキ狙いで出船いたしました。

前日に梅雨明け宣言がなされ、スカッとした晴天、南風の割には湿気がなく快適な釣行となりました。

瀬戸丸は18人、片舷9人づつくじを引いて釣り座を決めました。

20110710045203.jpg

 

20110710072202.jpg

20110710072221.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀬戸丸はまず朝一港前から、反応はあるようですが不発、城ヶ島大橋をくぐりポイントを探します。

そこにはマルイカ船が数隻、成銀丸にはパン屋さん、堀江さん、永田さん、ブチさんのお姿がありました。

 20564696_1209986308_156large.jpg

 さてさて、肝心の本船のマルイカですが、朝のうちは船中ちらほら顔を見せてはいたのですが・・・

20110710054550.jpg

 


日が高くなると段々と反応がなくなっていってしまい、マルイカの反応を探しながらのスローな航行が長くなって行きます・・・。

頃合をみて港前付近の浅場に移動、マルイカとカサゴを同時に釣ることのできるポイントで釣り再開、船中マルイカとカサゴが同時に釣れ出し、暑い日差しの中嬉しい声が飛び交います。

23264272_1209695708_226large.jpg

 

一方一義丸はイサキ狙い、朝の浅場のポイントは高活性で煩瑣にアタリはあるものの、中々食い込込まなったりがありましたが、大型のイサキも姿を見せ盛り上がりました。

 33736978_1209737423_21large.jpg

 


中には泳がせで一発大物狙いのロマンを求めて竿を出した方もいましたが、アタリがあったりエサを取られたりはしたものの、大きく竿を曲げることはなかったようでした(残念)

その後はポツポツとアジ混じりで釣れ続け、深場に移動し中型のイサキを狙い、最後に40cm級のアジ狙いでお土産十分な釣行となりました。


沖上がり後は恒例のバーベキューです!

暑い中アイスの差し入れなどもあり、冷やしたキュウリ漬けやキャベツ漬けを頬張りながら、いつも定番の牛肉やフランクフルトに加えて今回はカジキの切り身が登場! コンガリ焼くほどにやわらかで、上品な脂と相まって美味でした。

20564696_1209986159_244large.jpg

こちらは何とイシナギです! 幻の魚と言われているイシナギ釣で大物を獲った方がいて、こちらは味噌漬けで、珍しさも手伝ってカジキと共に大人気でした!

20110710140641.jpgそして今回、スペシャルメニューとしてマルイカカレーを作りました。

これは、釣ったマルイカを使い、自家農園で収穫したタマネギ、ジャガイモを使った、贅沢な一品です!

20110710144446.jpgそしてそのタマネギとジャガイモは、志を募金していただく形での詰め放題もあり、皆さんニコニコ顔でビニール袋に詰めていました(微)

マルイカカレーを煮込んでいたら、成銀丸に乗っていたブチさんと堀江さんもバーベキューに飛び入り参加、ブチさんからは釣ったマルイカを提供いただき、即興でマルイカオークションを開催、売り上げは義援金箱へ入れられました。

23264272_1209695608_134large.jpgさてさて、マルイカカレーがいよいよ完成、ご飯も炊き上がり、絶品マルイカカレーに皆さん舌鼓です!!

20110710144511.jpg

 

20110710144519.jpg

 

お子さん達に嬉しいカブトムシやクワガタが! これにも親御さん方が募金箱へ志を入れてくれました。

8460847_1210734396_247large.jpgそして、今回の義援金と、第1回、第2回の裏エイド(ウイーク・デイズ)、アングラーズ・エイド・スピンオフの義援金の総額は93,481円は本日、(財)日本釣振興会へ振り込みをいたしました。

参加していただいた皆が主人公のアングラーズ・エイド、第4回も無事終了し大成功、ご参加の皆様ありがとうございました。

次回は8月21日に小網代で、その前にALJ剣崎解禁カワハギ企画があります。

20564696_1209985716_181large.jpg20110711083553.jpg

 

 

 

| | コメント(0)

<文>10日のマルイカ

昨日は、晴天に」恵まれ、風も丁度いい感じだ高?

中盤風が納まって来たら、蒸し暑くなってきた。

松輪も、釣り人が少ないのか車の数がいつもより少ない気がする。

マルイカの方も少なかったのか?

左舷艫より、ブチさん、私、堀江さん、パン屋さん、その前にはお客さんが3人

城ケ島西口辺りをせめていました。

今回のスッテは、グリーン系とケイムラのハダカが当たったようだ。

潮は見る限り晴れてきていたが、芯の潮はどうなんだろう?

表面だけ晴れたなら、底「芯の潮」は濁ったままだが、

底の方まで晴れて来たようだ。

それにともないスッテも朝からケイムラ系に乗っていた。

 

F1010044.JPG

こんなサイズで16パイでした。

 

 

この日は朝から晴れた空だったので、ブヨ?

ブヨ⇒磯ブヨ⇒ヌカガ⇒イソヌカカ

本来の名前は、「イソヌカカ」 ?でしょうか?

渓流やアユをやっていた時代、

刺されてすぐ痒くなるのは 「蚊」

しばらく時間がたって(数時間~1日) 痒くなるのが 「ブヨ」

刺された痛みが伴ってその後痒くなるの 「アブ」

こんな分け方をしていて、時間がたってから痒くなるのは、

すべて 「ブヨ」でかたずけていましたが、

どんより曇った雨上がりの湿気が多い日には、

この通称磯ブヨ「ヌカカ」が襲い掛かってきます。

人によって「アレルギー反応」 腫れがひどかったり、

入院することがあります。

私の車には、殺虫剤、防虫剤、これらのスプレー缶が数本あります。

外気が暑くなったこの時期スプレー缶にも注意が必要かもしれません。

車室内のペットボトルは40度を超えていました。

毒虫だけではなく、この辺にも注意しなくてはならなくなった時期です。

| | コメント(0)

<湯>初夏の葉山より

7月9日 葉山あぶずり港 たいぞう丸さんへ行ってきました

初夏の週末、マルイカ船賑わっていました!20名程のマルイカファンが集まりました

2011070914480001.jpg

宿に着くと、左舷大ドモが空いていたので釣り座を構えました

例年、5月のゴールデンウィークあたりまでには、ここ葉山沖にマルイカが入って

くるのですが、今季遅れませながら、7月に入りようやく入ってきているようです!

浅場の岩礁帯ポイントがメインの葉山沖は本当に面白い釣りが出来るので

私も以前から大好きなスポットです

 

今日、お隣には、ご夫婦揃ってマルイカ釣りが大好き!というお客さんがいました^^

西山さんご夫婦 とにかく仲の良いご夫婦で、タックルもバッチリ!

今日一日よろしくお願いします!とご挨拶させていただき、スタートとなりました!

2011070914400000.jpg

 今日は、こんな感じのスッテで始めました

ここのところお気に入りの、グリーン・ハダカ、レインボー・ハダカを軸に

ケイムラ青ヘッドから5本です

2011070914480000.jpg

まずは鎌倉沖のポイントへ!

2011070914440000.jpg

久しぶりに江の島を眺めながらのマルイカ釣り、スタートです!

1投目から、左舷胴の間のお客さんが3点掛けでした!います、マルイカ!

私も久しぶりの着乗りを味わい、気持ち良かったですねぇ^^

海の状態は、ややウネリ残り、波っ気があり、船が上下するので

幾分、アタリ取りにくい状況でしたね

でも、朝のうちは曇天模様で、笹濁りの潮が非常に良い感じでした

2011070914470001.jpg

鎌倉沖では、流し換える度にマルイカが上がり、確実に手応えありました!

10時半を過ぎた頃になると、反応ややバラけてきたのか、触りも少なくなり

ポイントを名島周りに移動する事となりました

待ってました!という感じです

2011070914470000.jpg2011070914450000.jpg

ここは、ロウボートで様々な釣りを楽しむ方々が多いスポットとはご存じの事ですが

一艘のロウボートアングラーがマルイカを狙っていました

旋回中眺めていると、なんと釣りあげています!2回見させていただきました!

2011070914410000.jpg

ロウボートで静かに待っていると、群れが入ってきた時に釣れるようです

お見事です! 良いものを見させていただきました^^

目の前での光景に我々も期待膨らみます!

 

本船も名島周りで開始すると、着底と同時にバリバリ触ってきます!

群れの移動が若干速いのか、なかなか長くは続かないのですが、直ぐにまた別の反応が

見つかりました それでも、良い時は3回位は続きましたので非常に面白いです

確実に、マルイカが沢山いる事を実感できました

掛けそこないやバラシもあり、ミスも多く、反省点を残しましたが

久しぶりに葉山御用邸を眺めながらの釣りを満喫できました!^^

釣果は23ハイで、皆さんまんべんなく釣れていました

おそらく船中250ハイ位は揚がったと思いますので、かなりのポテンシャルを感じました!

葉山沖ついに始まった!と言っても過言ではないと思います

型もマイクロばかりではなく、釣り味のある中小型も混じりました

2011070914390000.jpg

お隣の西山さんご夫婦も、ここまで楽しい釣りが出来るとは!とご満悦でした^^

とにかくご夫婦で仲良く釣りを楽しまれている光景が印象的でした

またどこかの港でお会いしましたら、よろしくお願いします ありがとうございました^^

2011070914380000.jpg

今季、例年にないくらい厳しい状況であったマルイカ。

それでもマルイカの看板下ろさず、頑張り続けてくれた山本船長 ありがとうございました!

常連名手の菊池さん ウネリの中、ミヨシ先端部での釣り、キツイ釣りでしたよね;

お疲れ様でした^^

 

皆さんも、葉山のマルイカを是非楽しんで下さい^^

とにかくマルイカからのコンタクトが多く楽しい一日でした!

2011070914370000.jpg

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

アングラーズ・エイド・ウィークデイズ 【裏エイド】

仕事のお休みが平日の仲間が自主的に気楽に開催しているのが、 アングラーズエイド・ウイークデイズ。

通称【裏エイド】。

2回目となる今回は7/6(水)にマッスーさんの幹事で開催です。

さて、マルイカにしようかイサギにしようか?どっちでも良いよってお気楽さも魅力。

当日集まったメンバーは5名。

芦ちゃん:一義イサギ船

クマ先輩:瀬戸丸マダイ船

ことねちゃん:瀬戸丸イサギ船

そして私はマッスーさんと瀬戸丸マルイカ船(10号船)に乗りました。 みんなバラバラです。

瀬戸丸マルイカ船には、つり丸の取材でダイワの早川友治さんが乗船。

 

 

07-101.jpg

 

 

他にも名人963さんとカンベさん。 この人たちに釣れなかったらしょうがないってメンバーです。

ポイントは毘沙門沖~城ヶ島の間 水深10~25m。

前日のシケの影響か潮が澄んでしまって、反応はあるのですが、イカの活性はイマイチ。

ポツリポツリと拾う展開。 何とかツ抜けでフィニッシュでした。 TOPはマッスーさんの14杯。

後半ひとり連釣モード。お見事でした。

 

07-105.jpg 

07-106.jpg

 

他船の皆さんは好釣だったようです。

さて、イカの方はパッとしませんでしたが、この日は“磯ブヨ”対策に用意したハッカ水の 効果を検証実験。

 

 

07-109.jpg

 

ドラッグストアで購入したハッカ油を水で薄めてペットボトルに入れ100均で購入したスプレー を取り付けました。

 

07-108.jpg

 

300mlほどの水に対してだいたい20滴位でしょうか。

これを手足や首など露出している所に直接噴霧します。

日に焼けた肌がスーッとして爽やかな香り。とても気持ちイイです!

 

07-102.jpg

 

 

前週に89箇所も刺されたマッスーさん。 ハッカ水の効果かこの日は一箇所のみ。

私は全然刺されませんでした。

ブヨが少なかったからかも知れませんが、ときどき飛んでいましたので効果はありそうですよ。

爽快感だけでもおススメです!

 

沖上がり後に瀬戸丸事務所に集合。 美味しい冷やしたぬきそばを頂きました。

 

07-103.jpg

 

カンベさん、早川さんも寄付して下さいました。 ありがとうございました。

 

07-104.jpg

 

7月10日のアングラーズエイドチャリティー仕立の義捐金と一緒に(財)日釣振経由で 日本赤十字社へお送りします。

 

07-107.jpg

 

 

| | コメント(0)

<湯>城ケ島のマルイカと遊んできました!

7月2日 松輪の成銀丸さんへお邪魔してきました

昨日は、同ブロガーの永田bunさん、堀江さん、前田さん、皆さんこのエリアで好釣果で

かなり楽しめたようでしたので、期待膨らみます!

今日はどんなマルイカが僕等と遊んでくれるのでしょうか~

 同行いただいたのは、寺西さん、田淵さん

先週も共に内房でご一緒したお仲間です^^

 

寺さん、まずは最近お気に入りのおやつ、ポッキーを堪能!

そうです!釣りは大人の遠足なんです(笑)

2011070218150000.jpg

ブチさん、ステッカーチューンのマイ投入器 キマッてます!

2011070218170000.jpg

ポイントは港真沖から城ケ島大橋東沖あたりのエリアで水深は20メーターそこそこ、

ツブ根が点在し、マルイカが居着きやすいポイントという感じがします。

 

三浦半島先端の城ケ島沖の景色は、いつ観ても最高ですね!

こんな景観を眺められるのも沖釣りの楽しみでもあり、幸せと感じました。

2011070218140000.jpg2011070218160000.jpg

さて、実釣開始となり、着低後ゆっくり聞きあげていくと、スッテへのチェイスはありますが、

なかなかしっかりとは抱いてくれない感じです・・・

しばらく船を流し込んでいくと、ミヨシ側より次々にマルイカが上がり始めました!

しかし反応がややバラけぎみなのか、なかなか後が続きません・・・

小さな群れが船下に入ると一時的にバタバタっと触ってくる感じなのですが、

ちょかいだけで終わったり、逃げアタリで掛け損ねたり・・・と(苦笑)  

 

でも、このマイクロサイズに翻弄されながらも、これが楽しく、皆で「悔しい~!」など連発でしたね(笑)

マルイカ君に遊んでもらっているわけなんです^^;

でもマルイカ釣りって、これが楽しいんですよね!

 

いつ訪れるか解らないアタリに、ブチさん、寺さんも集中しています!

2011070218120001.jpg

もちろん私も真剣モードです;

2011070218120000.jpg

この日、いわゆるブッコミ一発の乗りはあまり無く、しばらく誘ってからのアタリで皆さん連発していました

前半はタタキに良く反応してくれましたが、後半はさすがにスレてきてしまったのか

タタキにはあまり反応せず、見切られてしまう感じがしました。

 

ここからスッテを動かさずに、静かに待つ釣りのスタイルにシフトしました。

じっと待つので少しジレったく疲れるのですが、辛抱強く待つとアタッてきました

待ち釣りでは比較的サイズは良型でした  久しぶりにマルイカのズッシリ感を楽しめましたよ!

 

今日は、こんなスッテでやりました。

2011070218110001.jpg

水深も浅いので、今日はウェイトの無いタイプを終始使いました

中でも、今季リリースの泡ハダカのはお気に入りで、最近は毎回入れています。

 

週末の各船、お客さんも沢山訪れ賑わっていましたね~ やっぱりマルイカは人気者ですね!

2011070218130000.jpg

あまり集中し過ぎても疲れますから、しばし談笑などしながらリセットし再度勝負!ですね(笑)

2011070218150001.jpg

釣果は、小型メインながらも、中型クラスも少し混じり29ハイでした。

終始、マルイカに翻弄されながらも、今日も皆さんと楽しく遊ばせてもらいました^^

やっぱりマルイカ釣りはホントに面白い!楽しい!!

2011070218390001.jpg

まだまだ、沢山のマルイカが皆さまのお越しをお待ちしていると思います^^

季節はもう初夏、まさにマルイカの時期です

皆さんも是非、今季貴重なマルイカと存分に遊んでみて下さい

今日は、船長、同船いただいた皆さん、ありがとうございました。

本当に楽しかったです!

 2011070218350000.jpg

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

<堀>堀江 晴夫 2011マルイカ釣り スタートです(^O^)/

2011年マルイカ釣り、やっとスタートすることが出来ました。 

私の釣行日(7月1日)前日、パン屋さんから電話をいただき 話を伺ってみると、

どうやら かなり小さな「新子」と呼ばれるマイクロマルイカに皆さん遊ばれている様子。

内房、三浦半島廻りの船宿ホームページをのぞいても「バラシ多数」の文字(^_^;)            

色々な事をイメージしながら前日の夜に仕掛けを作り 就寝 zzzz…                    

 早朝(深夜?)3時起床、眠い目をこすりながら出発!松輪成銀丸に向かいます。           

 AM4時半 船宿に到着、定刻5時半 出船です。                                     

 カワハギ釣りとは違い、まだまだ経験不足のマルイカ釣り、2011初マルで少し心細かったのですが、今日は頼もしい事この上ないこの方が隣に!♪

PA0_a0103.JPG 

 ポイントは松輪港から城ケ島東口にかけての水深15M~20Mほどの浅場  

スタートは毘沙門前のポイント!

PA0_a0102.JPG 

こんなスッテ でスタートしました!(直結5本仕掛け)

PA0_a0104.JPG 

ほぼ1年ぶりのマルイカ釣り、

アタリがちゃんと判るのか?

アタリに体が反応してくれるのか?

乗せたマイクロの重さが判るのか? 

色々 不安はありましたが、この1パイで一安心(^。^;)

PA0_a0105.JPG 

 爆乗り!とはいきませんが、結構いいペースで楽しませてくれます♪

そして、情報どおり居ます!マイクロが!♪

上の画像よりも小さいのがちょっかいを出しているようです(^_^;)

私の今回の釣果の中には胴長(筒の部分)7cmに満たないマイクロも3ハイいました。

多分海の中にはもっと小さなマルイカも(^_^;)

PA0_a0107.JPG PA0_a0108.JPG

スタートダッシュはまずまず(^_^)v

中盤はぶっこみで獲れないと数が増えない状況が多く続き。 

沖揚がり 30分前の時合にはスッテの交換を横着してしまい… 

  

船長の話では「魚探に反応はあるんだけどな~」なんて状況が中盤続きましたが、 

沖揚がり 30分前の時合以外はイイ感じで拾う事ができたと思います。 

結果34ハイを釣る事ができました(^_^)v   

久しぶりのマルイカ釣り、毎年シーズン初めに引き起こすミスも無く1日楽しめました(^_^)v  

イカは小さく「食味」をメインに考えている人には少し物足りないかもしれませんが 、

「ゲーム性」は抜群!!

「今年はマルイカ釣りダメなんじゃないか?」なんて声もちらほらありましたが、しばらくの間は楽しめそうですね♪ 

皆さんもマイクロに遊ばれては如何でしょうか(^_^)v 

  

永田さんのブログにあった今回の当たりスッテはこれです!

PA0_a0109.JPG

 

 自作ウィリー巻きピンクベース!

今回の釣果の7割がこれに乗ってきました! 

特に朝一の毘沙門前では 永田さんをトリプルスコア-に(*_*) 

中盤も反応悪い中、ポツポツと拾ってくれました! 

 腕!というよりスッテに助けられました(^_^)v

 

参考までにm(__)m 

 

 

|

夏の釣りにはご用心!

 7月1日(金) 友だちのたかひろ君と常宿 松輪の瀬戸丸へ。

ポイント城ヶ島付近 水深13~30m辺りを攻めました。

岸寄りのポイントは磯の先端と言った感じの場所ですから、根掛りが多く、なんと自己ワースト新記録の

仕掛け全損7回を記録・・・

毎回PE結節部から切れてしまいましたので、船の上で7回ラインシステムを組みなおしました。

6本ツノ仕掛けですので、6×7=42本の一軍スッテをロスト。

オモリも7個ロスト・・・。ひょえ~><

 

と、さんざんな状況でしたが、たかひろ君にオモリや仕掛けを貸して貰い何とかカンとか釣りを継続出来ました。

持つべきものは良い友達です。たかひろ君ありがとう!

仕掛けの予備としてダイワの「快適イカリーダー」シリーズは心強いですね。

高切れでラインシステムを組みなおして仕掛けを張り直すときは焦っちゃうものですが、これを持っているだけ

でスムーズな仕掛けの張り直しができますので落ち着いて対処できます。

 

07-002.jpg

 

帰りに釣具店をハシゴして買いこんで来たのは内緒です。

 

さてさて、そんな散々な状況でしたが、マルイカの気配は濃厚でワタシの乗った瀬戸丸10号船TOPは

O名人の45杯。

 

07-010.jpg

 

2番手がたかひろ君で35杯。ワタシは論外の27杯に終わりましたが、トラブル頻発を考えれば、

船長の操船とたかひろ君のサポートに助けて貰ったおかげで決して悪い釣果ではありませんね。

 

20110701165611_22_web.jpg

 

 

07-008.jpg

 

成銀丸にはbunさんと堀江さん。お二人ともさすがの好釣で、目の前で怒涛の10連荘を見せて頂きました!

 

今回気づいた事。

よく「潮が流れない時は直結有利」と言いますが、TOPのO名人は直ブラ仕掛け。

何度も仕掛けを張り直したのを機に私も直ブラを使ってみましたが、昨日は潮が流れていないのに直ブラの方が直結よりアタリが大きくでました。違和感なく素直にスッテを抱いてくる感じです。

常に状況を読み、状況に応じて仕掛けを使い分ける。最適な手段を選ぶ事も好釣の鍵だなあ・・・と。

釣り方については好みもありますが、人間の好みにイカが合わせてくれることはなく、イカの状況にこちらが

合わせて行く姿勢も大事だと思いました。

 

そしてラインシステムについて。

いつもと違うノット(結び方)をしていたので結節部が外れてしまったことが一度ありました。

やはり、不慣れなノットはNGだなあ・・。と感じた次第です。

 

暑くなってきましたので1L用意していたペットボトルの水では足りなくなりました。

後半、きつかったです。クーラーに溜った氷の解けた水にタオルを浸して顔や首筋を拭いたりして

凌ぎました。充分な水分の用意もしておきたいところ。

 

また(bunさんも書いておられますが)磯寄りには“磯ブヨ”が湧いています。

沖上がりに合わせて顔を出してくれた友達のマッスー君が先日磯ブヨにやられたそうで・・・

 

07-005.jpg

 

3日経ってもこんな有様。かなり痒いとの事。

暑くて大変ですが、長袖長ズボン(サロペットなど)で防御した方が良いと思います。

 

ようやく楽しいマルイカ釣りがスタートしましたが、この時期アウトドアには危険がいっぱいです。

充分な準備を怠りなく、心ゆくまでマルイカ釣りを楽しみたいものです。

 

 

07-004.jpg

帰りのコレが堪らないです!

 

| | コメント(0)

<文>トリプルスコアーか?

 

今日は、松輪 成銀丸から、マルイカ釣り!

知った顔もあって、楽しい時間?

そうではなく、前半 中盤とトリプルスコアーのような差をつけられて、

後半の二流しで、16ハイ!

これがなかったら15ハイだったとか?

中盤まで堀江さんのスッテのみに乗ってくるのだった。

自分はスッテケースを半分持って行ったため、

使いたい色が無かったのでした。

あの色だけに乗るとは?!

自分の時間が来ると信じて、

最後の最後で連チャン出来楽しく過ごせました。

次回は月曜に取材を予定!

それまでマルイカ~

待っていてくれよ!!!

F1010039

F1010035

F1010034

このスッテの配色は、前回使ったままでした。

横着はいけません。

持参する物もちゃんとチェックしないと、

スッテを忘れるってこともあるんですから。

後半は、ケイムラのハダカ!!

ブルーヘッド、レッドヘッド、グリーンヘッド、ケイムラ、ケイムライエロー

こんな配色でした。

叩き止めの連続攻撃で勝負でした!

今日は各船20パイ代から40パイ代との釣果が出ていました。

ようやく本番かな?

堀江さんがどんな色を使っていたか?

きっと教えてくれるでしょう!

いつだったかパン屋さんと並んで二人でバクバク釣った時!?

イエロー系のスッテにだけ乗ったことがあります。

その時、最終的に4本使ったことがあります。

それでもその色だけしか乗ってこなくて、

お客さんが釣れなくて、その色を持ってなかったようで?

こんな事がまたあるとは?

確かに今日は中盤までその色!!

いつものスッテケースには同じような色があったのに?!

 

追伸

最近 海上や港に蚋「ブヨ」が大量発生していて、

刺されると大変です!

お持ちならポイズンリムーバーや、

虫刺されの薬、

虫よけスプレー!

等々あれば持って行った方が良いかもしれません。

万が一刺されたら早めの対処を!

アレルギーのある方は、腫れもひどくなってしまいます。

十分注意して楽しい釣りを!!!

 

| | コメント(0)
プロフィール
永田文生
永田文生

東京都文京区在住。
父親の影響で物心つく前から船釣りに目覚める。東京湾をホームグラウンドにマルイカ、カワハギ、アオリイカ、タチウオを中心に釣行。豊富な経験に裏打ちされた卓越したテクニックには定評がある。

宮澤幸則
宮澤幸則

本ブログのホスト。
カワハギやマダイ、の沖釣りなどで抜群の腕前を持っている。 実は、本職・グローブライドの仕掛け・エギ開発担当者である。

湯澤安秀
湯澤安秀

ホームグランドの相模湾で活躍。船釣り自体始めたのが宮澤のカワハギDVDを見たのがきっかけ。にもかかわらずカワハギ、マルイカなどでトップクラスの釣果を叩き出すセンスと集中力の持ち主。

林良一
林良一

テクニカルな東京湾のマルイカ、カワハギ、アナゴ、フグ、タチウオなどを得意とする。カワハギ大会では優勝経験もある。
2012ダイワカワハギオープンでは、接戦を制し悲願の初優勝。

堀江晴夫
堀江晴夫

2007、2012ダイワカワハギオープンファイナリスト。
過去には日刊スポーツのカワハギ大会の優勝もある、横浜カワ研のカワハギ名手として有名だがマルイカも得意。

前田俊
前田俊

船釣りはカワハギ、マルイカ、タチウオが得意。他に渓流釣り。年間釣行100日以上の自称、無節操系釣り士。船釣りは松輪がメイン。渓流は遠山川(長野県)が主。楽しい釣りを求めて東奔西走。

萱沼昌樹
萱沼昌樹

ダイワカワハギオープン4年連続制覇のご存じかやごん。その卓越した釣りセンスでどんな状況でも確実にカワハギを仕留める、ザ・トーナメンター。特に得意のタタキタルマセはまさに必殺の一言。